【危険】GLP-1の個人輸入での実践は健康面が不安

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエット薬を個人輸入する危険性について解説!多くのリスクが存在します

 

 

GLP-1ダイエット薬は医師の診察による処方が必須となっていますが、面倒だから個人輸入でやろうという人もいるかと思います。
しかし個人輸入を行い、GLP-1ダイエット薬を使用することは非常に危険な方法です。

 

そこで今回は、GLP-1ダイエット薬を個人輸入して使用する危険性と正しいGLP-1ダイエットの方法、そして肥満の怖さについてお伝えしていきます。

なぜGLP-1の個人輸入が危ないのか

サプリメント
GLP-1は糖尿病の薬に含まれており、血糖値を下げる働きがあります。
通常は医師に処方され、使い方や使用する量などの説明をしっかりと受けた上で使用を開始します。

 

しかし、個人輸入となると用法・容量が分からず、使い方を間違ってしまったり、過剰摂取してしまう危険性があります。
用法・容量を守って使用する分には何の問題もありませんが、個人輸入で使用するとなると適切な使い方が分からず、過剰摂取により低血糖状態になってしまう場合があります。

 

これはGLP-1に限ったことではありませんが、医薬品の個人輸入は危険性と必要性をよく考えて行う必要があります。
日本国内で処方される薬や正規に流通している医薬品は日本の法律に基づいて、品質・有効性・安全性の確認が行われています。
個人輸入の場合は外国の製品になるので、日本の法律の基準をクリアできていない場合もあり、品質などが保証されていません。

 

GLP-1の個人輸入を考えられる方の中には、用法と容量を守って使っていれば問題ないと考えている方もいるかもしれません。

 

外国の製品でも、国によっては日本と同じような基準で確認が行われていない国もあります。
そのような医薬品は期待する効果が得られないばかりか、体に有害な成分が含まれている可能性もあります。
また、虚偽の記載や誇大な効能・効果が記載されている場合もあり、実際にGLP-1を含んだ製品かも判断できません。
もし、個人輸入をした医薬品を使用して副作用が出てしまった場合、日本の医師や薬剤師のような専門家でも成分や作用に関する十分な情報がないため、迅速に対応することが非常に難しくなります。

 

日本国内で「医薬品医療機器等法」とよばれる基準を遵守して販売や処方された医薬品を適切に使用したにもかかわらず、大きな健康被害が生じた場合は「医薬品副作用被害救済制度」という国の救済制度があります。
しかし、個人輸入した医薬品の場合は、いくら適切な使い方をしてもこの制度の対象にはなりません。

 

以上のことから、GLP-1を個人輸入にて使用することは非常に危険でリスクが高いと言えます。
では、実際にGLP-1と同じ効能を持つ糖尿病薬を個人輸入し、使用して起きた健康被害の実例をご紹介します。

糖尿病薬の個人輸入による健康被害の実例

以下が、糖尿病薬の個人輸入による健康被害の実例

平成10年9月25日
個人輸入した未承認糖尿病薬を服用後に発生した健康被害事例について

昨日、国民生活センターより、中国から個人輸入した未承認糖尿病薬を服用後に発生した健康被害事例について以下のような情報提供があった。薬の安易な個人輸入に対し注意を喚起するものである。
(概要)

  • 70代の男性が、昨年夏、軽度の糖尿病に対し、中国より個人輸入した糖尿病薬(製品名:漢方降糖薬、発売元:セルマ・リミテッド(香港))を服用した。
  • 服用2日目の夕方に体が震え、3日目の夕方に尿が出なくなり緊急入院、血糖値が12mg/dlであり、低血糖昏睡、半植物状態となる。
  • 服用約10ヶ月後死亡(死因は肺炎)

(分析結果)

  • 本薬の使用説明書には「純天然薬」と標記されていたが、国民生活センターの分析によれば、グリベンクラミド(血糖降下剤)が0.88mg/カプセル検出された。
  • 家族によれば、患者は3日間に15カプセル服用した。
  • なお、我が国におけるグリベンクラミドの用法は、「1日1.25~2.5mg、最高10mg」と設定されている

引用:報道発表資料「個人輸入した未承認糖尿病薬を服用後に発生した健康被害事例について」

かなり前の実例にはなりますが、実際に個人輸入した医薬品を使い容量を間違えてしまったことで死に至ってしまった例です。
この実例から、医薬品を個人輸入して使用することが、本当に危険だと言うことがお分かりいただけたかと思います。

GLP-1がなぜダイエットに作用するのか

GLP-1の投与頻度を教える看護婦
GLP-1は1971年に同定されたグルカゴン様ペプチド-1の略称で、血糖値を上げる働きのあるグルカゴンというホルモンの分泌を抑える消化管ホルモンの1種です。
食道や胃などの消化管に入った炭水化物を認識し、消化管粘膜上皮と言う胃や腸などの粘膜から分泌されます。

 

食欲抑制や血糖値の上昇を防ぐ効果があると言われていて、GLP-1が多く分泌される人ほど痩せやすく、少ない人ほど太りやすいと言われています。
アメリカでは実際に肥満の治療薬としても使われているため、確実に痩せると立証されている、まさにダイエットのためのホルモンなのです。

 

GLP-1は小腸に食べ物が入ってくると分泌され、脳に「満腹だからもう食べ物はいらないよ」という信号を送ります。
これにより食欲が収まり、食べすぎることを防ぐことができるのです。

 

GLP-1の分泌が不足してしまうと、「満腹」という信号が脳にうまく伝わらなくなってしまうため、食べすぎてしまったり、お腹がいっぱいなのに食べ続けてしまいます。
つまり、GLP-1が増えることで、食べすぎを防ぐことができるので、ダイエットに作用するということです。

GLP-1ダイエットのやり方

では、実際にGLP-1ダイエットを行う場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

単純にダイエットとして行う場合は、GLP-1の分泌を促す食べ物をしっかりと摂取することでダイエットを行うことができます。
しかし、確実に効果を実感したい場合や本格的な肥満治療としてGLP-1ダイエットを行いたい場合は、専門の病院を受診する必要があります。

GLP-1ダイエットは遠隔診療込みが正式な方法

女医
先ほども紹介したようにGLP-1ダイエットは、アメリカでは肥満治療にも疲れているダイエット方法なので、日本でも病院で治療として受けることもできます。
病院で行うGLP-1ダイエットは、実際にGLP-1ホルモンを注射して体内に取り込むことで、食べ物を摂取して分泌量を増やすよりも、楽にダイエットを行うことが可能です。

 

肥満治療として行う際は病院での診療が必要となりますが、日本国内で診療を受ける場合は、実際に病院に通院する方法と遠隔診療で治療する方法の2パターンあります。

 

遠隔診療による肥満症治療を行なう場合は、まずはスマホのアプリなどを利用して、個人情報を登録します。
個人情報登録後、遠隔診療を受ける日時の予約を取ります。
予約した日時にテレビ電話を使い、実際に医師と顔を合わせて診察を行います。

 

診察の際には、現在の健康状態などのヒアリングをしっかりと行い、実際に治療を行っていいかの判断を担当の医師が行います。
担当の医師が健康状態などに問題がなく、自身でGLP-1の薬を用いた治療を行っていいと判断した場合のみ、薬を購入することができます。

 

また、支払いに関しては、ほとんどの病院でクレジットカードによる支払いになります。
最初の個人情報を入力する際にクレジットカードの情報を入力する場合が多く、クレジットカードの情報さえ入力しておけば支払いも自動的に行うことができ、ほとんど手間をかけずに治療を開始することができます。
ただし、肥満治療には医療保険が適用されないため、実際の薬の金額をそのまま支払うことになります。

 

支払いが完了すると、およそ4~5日で自宅に薬が届き、治療を開始することができます。

肥満治療の薬はどんなものがあるか

肥満治療の薬には、GLP-1自己注射とGLP-1と同じ働きをする成分を含んだ錠剤タイプの薬があります。

 

1.GLP-1自己注射
GLP-1自己注射は肥満症治療で使う薬になります。

名前の通り、飲んで服用する飲み薬ではなく自分自身で注射を行い体内に取り込む方法になります。
極細針という、採血を行う注射針のおよそ1/3の細さになる非常に細い針の付いた特殊な注射器を使ってお腹などに注射します。
注射器の形はペン型になっていて、シャープペンの芯を出す容量と同じように、注射器の上部を親指で押して薬剤を針先から出し、注射を行います。
この注射の方法は、糖尿病患者のインスリン自己注射とまったく同じ要領になります。

 

2.ゼニカル
もう1つは、ゼニカルという錠剤タイプの薬です。

実はゼニカルは、日本の厚生労働省が認可していない薬になりますが、アメリカの食品医薬品局という、日本の厚生労働省に当たる機関では承認されている薬になります。
ゼニカルはスイスの製薬メーカーであるロシュ社という会社が製造・販売を行っていて、世界17カ国で使われている非常に信頼性の高い薬です。
日本で承認されていない薬でも、医師が実際に輸入して患者に処方する場合は法律違反にはなりません。

 

ゼニカルは、食べ物に含まれる脂肪分を体内に吸収されるのを防ぐ薬です。
脂肪分の吸収を抑えることで、脂肪を減らしダイエットを行います。
ゼニカルは、食べた食材の脂肪分を30%ほどカットする効果が期待できます。

 

以上の2種類の薬が現在日本で肥満治療の行える薬になります。

アメリカでは「肥満=病気」甘く見てはいけない

太った女性のおなか
日本では「肥満」と聞いても病気だと認識する人は少ないと思います。
しかし、肥満治療の進んでいるアメリカでは、「肥満=病気」とみられていて、肥満の人には積極的に治療を進められます。

 

実際にアメリカでは、GLP-1による肥満治療が2014年から取り入れられており医療として国に認められています。
アメリカは肥満とされる人の数が、日本よりも格段に多く肥満大国と言われています。

 

実際に肥満になると睡眠中の呼吸障害が起こりやすくなり、突然死や睡眠時間死亡を引き起こす可能性が高くなります。
また、肥満は以下の病気になりやすいと言われています。

  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 高血圧
  • 痛風
  • 胆石症
  • 骨粗鬆症
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 虚血性心臓病
  • 脳卒中
  • 乳がん
  • 子宮体がん
  • 大腸がん

このように多くの病気にかかりやすくなるリスクが高まり、時には突然死を引き起こす原因にもなりますので、少しで肥満かなと思い始めたら早めの治療を行うことが必要です。

GLP-1専門医、深堀院長のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生
今回は、GLP-1の薬を個人輸入してダイエットを行うリスクと、正しいGLP-1ダイエットについてお伝えしてきました。

 

では、今回のポイントをまとめます。

  • GLP-1の薬を個人輸入して行うことは死に至る危険もある
  • GLP-1は食欲抑制効果がありダイエット効果が高い
  • 日本の肥満治療は「GLP-1自己注射」と「ゼニカル」を使った方法がある
  • GLP-1ダイエットは遠隔診療で行うことができる
  • 肥満は様々な病気を引き起こす原因となるので早めの治療が必要

 

GLP-1を個人輸入で行うことは非常に危険で、時には死に至る場合もあります。
日本ではまだまだ、肥満治療という概念があまり一般的に浸透しておらず、肥満に対する危険の認識が薄くなっています。

 

しかし、肥満を放っておくと様々な病気を引き起こす原因にもなるので、早めの治療を行うことが必要です。
現在、肥満でお悩みの方でどんなダイエットも成功できなかった方は、GLP-1を使った肥満治療を一度検討してみてください。

 

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

怪しいサプリ
最新情報をチェックしよう!