おからダイエットの効果で本当に痩せるのか?おすすめレシピで失敗しない方法と3つの痩せる対策

おからダイエットが失敗するのは理由がある。それを知らないでダイエットしても、あなた痩せませんよ

 

おからパウダーダイエットをやってみたい女性
おからパウダーダイエット、テレビでやってたよね。
小さじ1杯コーヒーにまぜるだけっていうし、やってみようかな

残念ながら、おからダイエットに失敗した体験者としては、まったくおすすめすることができません。

今回はおからダイエットが失敗する明確な理由と、斬新すぎる対策についてご紹介します。

おからパウダーダイエットの効果とは

 

おからダイエットは2018年9月、民法バラエティ番組で楽やせ企画『おからパウダーダイエット』として紹介されました。

男女2人の芸人さんが挑戦した結果

・元力士の32歳男性 

体重 145.1kg→133.3kgで、-11.8kg
ウェスト 148cm→135cmで、-13cm

・32歳女性

体重 87kg→79.1kgで、-7.9kg
ウェスト 113cm→99.8cmで、-13.2cm

見事減量に成功しています。

2人ともこれだけのぽっちゃりさんなんだからそりゃ痩せるだろうと思いきや、これまで様々なダイエットに挑戦してきたにも関わらずいっこうに痩せなかったのだとか。

おからダイエットはどうして痩せるのか?

おからパウダーは、豆腐を作って残ったおからを乾燥させてパウダー状のさらさらの状態にしたものです。

おからは生の状態でも豆腐店やスーパーで購入することができますが、日持ちがせず管理がしにくいのが難点。

そこで保存がきいてジップ式袋に入ったおからパウダーが数年前からダイエットに重宝されてきました。

このおからパウダーを食べると、どうしてダイエットになるのでしょうか?

  • おからパウダーには栄養がたくさん
  • 食べすぎを防ぐ
  • 炭水化物の量が少なくなる

おからパウダーには栄養がたくさん

おからパウダーにはたくさんの栄養が含まれています。

  • 食物繊維
  • 大豆たんぱく質
  • レシチン
  • サポニン
  • β‐コングリシニン
  • イソフラボン

主なものは、大豆由来の食物繊維です。

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があり、どちらも摂取することが人間の健康には必要です。

おからパウダーには、この2種類の食物繊維がどちらも豊富に含まれています。

水溶性と不溶性、それぞれどんな役割があるかといいますと

水溶性の食物繊維は水に溶けてどろどろになり、腸内で栄養素を包み込んでゲル化し、糖や脂肪の吸収を遅らせる働きがあります。

対して不溶性の食物繊維は水に溶けずに、便のかさを増やしてくれます。

不溶性食物繊維により腸壁が刺激され、腸のぜん動運動が活発になって便の排泄を促します。

また、おからパウダーには食物繊維のほかにも血液中のコレステロール濃度を下げて正常にする効果があるといわれる大豆たんぱく質。

脂肪代謝や脳の活性化を促すレシチンや、老化や生活習慣病予防に働くサポニン。

骨粗しょう症や乳がんなどに効果を発揮するイソフラボンといった大豆が持つ栄養成分も含まれています。

また、大豆たんぱく質の主要成分である、β‐コングリシニンにも注目です。

β‐コングリシニンは、脂肪細胞がアディポネクチンを分泌する能力を高めるといわれています。

アディポネクチンは中性脂肪を劇的に下げることで、動脈硬化や高血圧、糖尿病予防に効果があるとされる生理活性物質です。

http://www.city.hiroshima.med.or.jp/hma/center-tayori/200905/center200905-06.pdf

食べすぎを防ぐ

おからパウダーダイエットは、食事の前におからパウダーを摂取します。

空腹の状態で食事をしないことで、食べすぎを防ぐ効果があります。

炭水化物の量が少なくなる

おからパウダーダイエットでは、おからパウダー→野菜→肉や魚のたんぱく質→ご飯やパン の順番で食事をします。

ご飯にたどり着く頃には満腹になっていることが多いため、相対的に炭水化物の摂取量が少なくなり、体重減少へとつながります。

おからダイエットに失敗!その原因とは?

私はこの番組を視聴する前から、おからパウダーダイエットに挑戦したことのある1人ですが、すでに失敗に終わっていました。

私のダイエット仲間もネットなどの検索でも、続かなかったという声が多いのです。

どうして芸人さん2人は成功して、私たち一般市民は失敗してしまったのでしょうか?

おからパウダーダイエット失敗の原因をまず2つご紹介します。

  • 糖質制限をすでにしていた
  • おからパウダーが不味い

糖質制限をすでにしていた

テレビに登場した芸人さん2人はこれまで炭水化物を普通に食べていたようでした。

炭水化物をこれまで普通に食べていた人は、おそらくおからパウダーダイエットをすることで結果がかなり出ると思います。

それは炭水化物の量が減ることによって、筋肉量が減るからです。

筋肉は重いので、体重が明らかに減少します。

また、炭水化物を摂ると血糖値が急激に上がり中性脂肪が増えるので太ります。

血糖値の急上昇が無くなるのですから、当然ですが痩せるんですね。

対して糖質制限をすでにしている人は、おからパウダーを足したところでたんぱく質の摂取量が減るだけです。

たんぱく質は筋肉を作るもとであり、筋肉は脂肪でしか燃やすことができません。

筋肉が減ったのでは、痩せる道理がありませんよね。

おからパウダーが不味い

おからパウダーがまずいと言う女性

食べてみてまず「臭い!」と感じました。

生のおからに感じるような独特の青臭さをさらに増した感じです。

番組では「ほとんど味がない」「何かに入れても味に変化を感じない」と言われていましたが。

私は番組でも使用されていた某有名豆腐メーカーの超微細分から、大手調味料メーカーのもの。

はては健康食品メーカーのパン粉状のものまで、国産品のほとんどを試してみましたがすべて青臭かったり、食味が不味く感じました。

私のダイエット仲間もネットの声も挫折した理由は同じでしたので、私1人の味覚が鋭敏というわけはないと考えられます。

対してどうして芸人さんたちは、「何も感じなかった」のでしょうか?

こうしたダイエット番組では、あまり有名ではない芸人さんがダイエットに挑戦しますよね。

憶測に域をでませんが、私はここにダイエット成功のカラクリがあるように思えるんです。

挑戦者の方々は本当に痩せたいという気持ちも多少なりともあるとは思いますが、本来の目的は「芸能界で売れたい」「テレビにたくさん出たい」と思ってダイエットにチャレンジします。

そこには強い意志の力があります。

少々おからパウダーを不味いと感じても、飽きたな、イヤだな、なんて思ったとしても、ダイエットに失敗するなんてことは『あってはならない』ことなのです。

どれだけ不味くてシンドクて辛くても、カメラが回れば「楽ちん、これ本当にダイエットなの~?」

「美味しい~、おからパウダー入れてるなんて全然分かんない」と言ってみせ、痩せてみせるのが芸人の芸の見せ所というものですよね。

対して私のような意志の弱い一般市民は、おからパウダーダイエットに失敗し、挫折感を味わうしかない、ということになります。

おからダイエットの失敗原因を克服する2つの対策

おからパウダーダイエットよりも栄養価の高い大豆ダイエット

おからダイエットの失敗原因を克服する対策はないのか?というということで先ずは2つの対策をご紹介します。

  • おからパウダーよりも良質の大豆を献立に取り入れる
  • 炭水化物は適量摂る

おからパウダーよりも良質の大豆を献立に取り入れる

おからパウダーは手軽な反面、所詮はおからでしかありません。

生のおからは、雪花菜(きらず)としてひじきや糸こんにゃくと料理して美味しく食べますが

おからよりも大豆の方が栄養面で優れていることは明らかです。

大豆たんぱく質に含まれる食物繊維も、レシチンやサポニンも、注目のβ‐コングリシニンだって大豆の方が断然含有量が高いわけです。

大豆をメインとした献立をコンスタントに作るようにし、副菜にも汁物にも大豆を取り入れることで、おからよりも多くの栄養素を取り入れることができるようになります。

和食はもちろん、洋食やフレンチ、イタリアンの具材としても大豆は意外と合いますから、積極的に大豆をレシピに取り入れるようにします。

炭水化物は適量摂る

おからパウダーを炭水化物の置き換えとして使うと、炭水化物が不足して筋肉量が落ちます。

炭水化物を抜く分、たんぱく質を摂らないと糖新生(脳が自己防衛しようと糖質を生み出すために筋肉を壊す働きのこと)が起きずに、筋肉量が低下します。

ところがおからパウダーには大豆たんぱく質が含まれているといっても少量なので、とてもたんぱく質が補いきれないのです。

また低炭水化物も高炭水化物も安全ではなく避けるべきだ、寿命が短くなる、特に低炭水化物では心因性の死亡率が50%増加したというデータがあります。

https://www.escardio.org/The-ESC/Press-Office/Press-releases/Low-carbohydrate-diets-are-unsafe-and-should-be-avoided

痩せても筋肉が減ってしまったらすなわち老人のような痩せ方ということですから、健康的ではありません。

しっかり大豆を食べて、アディポネクチンを出すことで健康的にダイエットしたいものです。

おからでも大豆でも食品ダイエットには限界がある

ここまで書いておいてなんですが、ご紹介したい大きな矛盾点があります。

それは、おからパウダーや大豆だけではなく、食品ダイエットのすべてに共通するパラドックスです。

おからパウダーにかえて大豆からダイエットに有効なアディポネクチン効果を得ようとすると、いったいどのくらいが必要なのか、調べてみました。

すると、アディポネクチンの分泌を促すくらいのβ‐コングリシニン5gを大豆から摂ろうとすると90~100gが必要なことが分かったんです。

https://www.fujioil.co.jp/healthy_soy/know/13/index.html

ちなみに、大豆でも100g必要なのに、あきらかにβ‐コングリシニンが少ないおからパウダーを小さじ一杯で良いなんていうダイエットは、眉に唾ものだと思わざるをえませんね。

豆腐だとなんと1kg!力士でもない限り、とても食べられません。

豆腐1kgを食べられるのか、力士

ところがここで朗報が!

最近では大豆の品種改良がさかんで、栄養価がより高い品種もつぎつぎと生まれているんです。

たとえば最近発売された新品種『ななほまれ』には、普通の大豆『たなほまれ』に比べてβ‐コングリシニンが1.8倍も含まれています。
参考:北陸作物学会報、ダイズ新品種「ななほまれ」の育成

ななほまれをお献立に加えることができれば、半量の50gで良いことになります。

ですが、これでも1回のメイン食材としては多すぎです。

アディポネクチンの効果を得られる50gの大豆

50gをたとえ完食することができたとしても、そのほかのメニューにはとても手をつけられそうにありません。

大食い選手権に出場できるような羨ましい胃袋の持ち主でないかぎり、ですが。

一般市民が毎日コンスタントに摂ることができる量としては現実的ではありませんよね。

これが食品ダイエットの矛盾点、限界だと指摘されている点なのです。

栄養素を取り入れようと努力して特定の食品を食べてしまうと、ほかの食品がお腹に入らなくなります。

特定の栄養素だけでは人間は生きていけません。

糖質・脂質・たんぱく質にビタミンやミネラルのバランスが崩れたら、ダイエットにたとえ成功したとしても、ほかの病気にかかってしまうのです。

栄養士さんはよくいろんな食品をバランスよく摂りましょうと指導しますが、それはすなわち

「どんな栄養素も突出して摂る必要はない」と言っているのと同じことです。

1つの栄養素に注目する食品ダイエットには栄養学的に限界があるんですね。

そこで、斬新すぎる3つめの対策をご紹介します。

おからダイエットの失敗に学ぶ斬新すぎる対策

我慢しないでいいんだねと喜ぶ女性

やめませんか? おからダイエット。

というよりは、食品ダイエット自体がもう限界だということが栄養学的に分かってしまいましたよね。

「何か1つの食品を食べましょう」なんてダイエットの時代は、平成とともに終わりを告げました。

『何かを食べなければいけない』ダイエットは、それだけでストレスになります。

令和の時代はそんなストレスとは無縁の時代です。

過酷な運動ダイエットをさせられるのではないかと疑う女性
わかった!
軍隊並みの運動をさせようって魂胆でしょ!?

それも違います。

新時代には運動のストレスも、まったく必要ないんです。

名前を『GLP-1ダイエット』といいます。

GLP-1ダイエットってなに?

GLP-1ホルモンは本来、小腸で生成されているホルモンといわれていました。

それが近年、GLP-1ホルモンは小腸だけれはなく脳でも作られ、食欲を抑えたりストレスを解消する効果があるセロトニンなどのホルモンの分泌を促すことが分かりました。

これは日本の自治医大の研究チームによっても証明されており、医学誌にも掲載されています。

http://www.jichi.ac.jp/openlab/newsletter/h34_spletter.pdf

そこでGLP-1ホルモンと同じ作用をし、しかも持続時間の長い製薬GLP-1受容体作動薬がダイエットにも効果的だと世界中で話題になったんです。

ダイエットだけじゃないGLP-1受容体作動薬のエビデンスがスゴイ

もともとGLP-1受容体作動薬は糖尿病治療の薬として用いられてきたものです。

2008年にFDAは「新規糖尿病治療薬の心血管系疾患発症リスク評価に関する新基準」を発表しました。

新規2型糖尿病治療薬の承認申請をする全ての製薬企業に、糖尿病治療薬の心血管系疾患発症へのリスク評価を求めたのです。

これによってGLP-1受容体作動薬も調査の対象となりました。

調査の結果、死亡・心筋梗塞・脳卒中のいずれもがプラセボ群(偽薬)に比して、顕著に抑制されるという結果が出ました。

http://diabetes.ebm-library.jp/trial/detail/51586.html

被験者は、糖尿病患者という疾患にかかりやすいリスクを背負った方々です。

GLP-1受容体作動薬を治療に取り入れた人の方が、死亡・心筋梗塞・脳卒中になるリスクが少なかったということです。

GLP-1受容体作動薬の効果は糖尿病やダイエットだけではないんですね。

新時代到来!令和はGLP-1ダイエット

日本でもGLP-1ダイエットはメディアやネットで多く取り上げられ、現在ブームの兆しが見えています。

GLP-1ダイエットに成功した体験者たち

んなブームの魁となるべく、東京にまったく新しいクリニックがオープンしました。

【東京GLP-1クリニック】日本発のGLP-1ダイエット専門クリニックです。

2019年4月に東京の表参道にオープンしたこちらでなら、GLP-1ダイエットの専門医による治療を受けることができます。

東京GLP-1クリニックでは、オンラインのビデオチャットでの遠隔地診療にも対応しているので、東京に行けないという方も診療を受けることができます。

GLP-1はGLP-1受容体作動薬を体内に注入するものなので、しっかりとした専門医の診察を受けてから臨みたいものですね。

診療を受けたあとは、診断結果から処方された診療キットが宅配便で自宅に届くという仕組みです。

自宅から一歩も出ることなく東京のお医者さんの治療を受けることができるというわけです。

 

母親の影響で注射になんの抵抗もない女性
痩せるホルモン?
へぇ~、成長因子注射ならうちのママが顔に打ってるけど

す、すごい最新美容法を実践されてるお母さまなんですね、GLP-1受容体作動薬は細く小さい針で腹部に注射するのが特徴です。

普通は『注射針』といえば皮下の血管まで達する、採血の時に使うような針を想像すると思います。

採血の針とGLP-1受容体作動薬用の針、くらべてみたのがこちらの画像です。

採血用とGLP-1受容体作動薬の注射針の比較

採血の針・・・太さ0.7~0.8mm、長さ38mm
GLP-1受容体作動薬の針・・・太さ0.23~0.25mm、長さ4~8mm

体験者によると「刺さっていたのが分からなかった」くらいなのだとか。

病院に行き慣れていない私など注射イコール痛いイメージしかありませんが、まったく違うようです。

皮下まで注入する必要がないから、このくらいの短く細い針でOKなんですね。

おからダイエットで失敗しない対策まとめ

今回はおからダイエットの失敗の原因と食品ダイエットの限界から学ぶ、斬新過ぎる対策として新時代のダイエット『GLP-1ダイエット』をご紹介しました。

これまでいろんな食品ダイエットを試したけれど、続かなかったり失敗してきたのは私たちの意思が弱いわけでも、我慢が足りないからでもありません。

ダイエットに必要な栄養が普段の食事量からは摂ることができない。

ただそれだけだったんですね。

だから下を向く必要はまったくないんです。

かといってサプリメントなんて効くのかどうか証明されていない、高いだけの食品に頼る時代はもう終わりました。

効果と効能がしっかりと証明されていて、臨床を重ねてきたGLP-1受容体作動薬を使った専門医による診療が、自宅にいながらにして受けられる。

そんな時代になったんです。

ぜひ一度東京GLP-1クリニックの詳細を、下のバナーからご覧ください。

我慢もストレスも一切ない、ダイエットの新しい扉が開けるかもしれませんよ。

 

 

我慢しないでいいんだねと喜ぶ女性
最新情報をチェックしよう!