お粥ダイエットは痩せずに失敗する?口コミとやり方やデメリットを解説

お粥がダイエットにいいという話は、耳にしたことがあると思います。でも、本当にお粥で痩せるのか気になりますよね。

果たして、お粥ダイエットは成功しやすいのか?失敗しやすいのか?経験者の口コミから、お粥ダイエットに期待できる効果やデメリットについて検証しました。

また、お粥をダイエットに取り入れたいという方に向けて、失敗しない効果的なやり方についても解説します!

お粥ダイエットで失敗した口コミ

お粥ダイエットで失敗した口コミ

お粥ダイエットに挑戦したものの、失敗した口コミを集めました。

体重が落ちない

炭水化物を全て、おかゆや雑炊にして1ヶ月続けたが、 体重は落ちなかった。自分はダイエットは食事療法では落ちない事が分かり、精神的に辛い事、ストレスが溜まった時に体重が減ることが分かった為、ここ数年 ダイエットはしていない。
(引用:ダイエットナビ

食事制限では痩せなかった、という口コミですね。炭水化物をすべて置き換えとかなりストイックにしただけに残念な結果でした。確かに食事だけで痩せるのは難しく、運動などを併用しないと効果は薄いようです。

普段の増減しかしない

2日おかゆ・1日普通食を繰り返すという、雑誌に載っていた土田先生のやり方で2週間やってみました。
ふだんから多少増減があるのですが、スタート日と比べると結果的に600g減っただけで、増減の範囲内といったところでした。
体脂肪が多く、代謝が落ちている人には向かないのでしょうか?
最近はそんなに食べてないはずなのに痩せないのです。
しばらくたってから、今度は2週間完全おかゆをやってみようと思いますが、あまり期待していません。
元々炭水化物好きの人間としては、残念です。
(引用:フィットネスクラブ検索 FIT Search

2日お粥・1日普通食という変形的なお粥の取り入れ方ですね。代謝が落ちていると、やはり効果は出にくいのかもしれません。そして何より、炭水化物が好きな人にとっては非常につらいダイエット方法のようですね。

2食ともお粥にしたが……

おかゆダイエット一週間経ちました。

おかゆとおかず

おかゆ

短期の結果を望んでいたので、二食ともおかゆにしたのですが、体重は500gも減りませんでした。
(引用:フィットネスクラブ検索 FIT Search

2食も置き換えたのに、残念な結果となってしまった口コミです。とはいえ、ダイエットを開始してから1週間とのこと。あまり短期間での急激なダイエットは体のためにもよくないです。なるべくならゆっくりと、運動とバランスの良い食事で痩せるのが健康的でオススメです。

全然痩せない

適正体重であれば、それ以上痩せるのはなかなか時間がかかるかもしれません。しかし、お粥ダイエットでお通じがよくなったとの口コミは多く見られました。体の中から健康でありたいですね。

いつやめたの?

ダイエットしていたはずが、いつのまにか挫折していた……ダイエットあるあるですね。特にお粥は味に飽きてしまいがち。1日の休憩のつもりが、2日、3日と段々間隔が空いてしまうのは誰でも経験があるのでは?

お粥ダイエットの口コミまとめ

お粥ダイエットの口コミを確認してみたところ、成功したという口コミもありましたが失敗の口コミも多くみられました。やはり、お粥に飽きてしまう、続けられないという声が多いようです。

3つのお粥ダイエットの違いを解説

3つのお粥ダイエットの違いを解説

お粥ダイエットといっても、いろいろなやり方が存在します。そこで、お粥ダイエットの代表的な3つの方法について、正しいやり方や期待できる効果についてまとめました。

・お粥ダイエットを始めてみようかな?
・ダイエットにお粥を取り入れてみようかな?

と思う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2週間お粥ダイエット

循環器内科の医師、土田隆氏提唱のダイエット法「2週間お粥ダイエット」

方法はシンプルで、2週間だけ、毎日の食事をお粥に置き換えるというものです。

1回あたり、お茶碗1杯分(約250g)のお粥を摂取します。回数に制限はありません。お腹が空いたタイミングで、1日に何度食べてもOKです。もちろん深夜でも大丈夫。お腹がすいてから食べることにより、血糖が効率よくエネルギーとして使用されるようになります。

食べるお粥は、米1:水5の割合で作る全粥がオススメです。おかずはNGですが、トッピング程度ならOK。タンパク質が不足しがちなので、卵や肉・魚と一緒に食べることは推奨されています。

注意点は、野菜は摂取しないこと。野菜は食物繊維が多いため、腸内に長くとどまるので、体内に食物をとどめておかないというお粥ダイエットの効果が出にくくなってしまうのです。

同じ理由で、お粥を玄米で作るのはNG。一見体に良さそうですが、白米と比べて食物繊維が多い玄米を使用することはやめましょう。

土田隆氏提唱のダイエット法「2週間お粥ダイエット」のデメリットは、お粥だけしか食べられないということです。

2週間という長い間、付き合いのランチも職場の飲み会もNGという制限はなかなか厳しいものです。

主食をお粥に置き換えるダイエット

毎食のご飯をお粥に置き換えるダイエット方法です。お粥にすることでカサが増し、お茶碗1杯食べても、普段よりも少ない量(カロリー)で収める効果が期待できます。

3食お粥に置き換えた場合、1日でおよそ240kcalカットが可能です。これを続けることで、1か月で1kgの減量が可能と言われています。

注意点として、1日のカロリーカットの効果は小さいので、長期間続ける必要があります。

また、いくらお粥が低カロリーでも何杯も食べてしまっていてはもちろん効果がありません。

主食をお粥に置き換えるダイエットのデメリットは、何よりお粥以外の主食が食べられないこと。毎食主食を置き換えるので、白米やチャーハン、オムライスなどのご飯ものを食べられるタイミングがありません。

短期間ならともかく、長期間続けるのは難しく挫折しやすいです。

1日の1~2食をお粥のみにするダイエット

1日の1~2食をお粥のみにするダイエットです。

この飽食の時代、意識していなくてもついつい食べすぎてしまいがちです。食べ過ぎで疲れた胃を休めてリセットするのに、お粥は大変効果的です。

お粥を食べるタイミングは決まっていませんが、朝昼は日中の活動に影響が出る恐れがあるため、夜の食事を置き換えることが推奨されています。
1日の1~2食をお粥のみにするダイエットのデメリットは、何よりも腹持ちが悪いこと。

お腹いっぱいと思っても、1時間もすれば空腹に……。成功するかどうかは、空腹感を耐えられるかどうかにかかっています。

お粥ダイエットの5つのメリットは?

お粥ダイエットの5つのメリットは?

デメリットが多いということもあり、失敗したという口コミも多いお粥ダイエットですが、どんなメリットがあるのでしょうか?5つのメリットをご紹介します。

ご飯に比べカロリーが低い

ご飯お茶碗1杯が240kcalに対し、お粥お茶碗1杯は90kcal。白米に比べおよそ1/3ほどと、お粥は圧倒的にカロリーが低いです。

消化がよく内臓に優しい

風邪や病気の時に、消化がよく内臓に優しいお粥がよく食べられます。これは消化吸収を妨げる食物繊維が少ないためです。内臓を休ませて機能を高めてあげることは、ダイエットにも非常に有効です。

消化吸収が早くすぐ満腹感をえられる

お粥は消化が良く、また温かいため満腹感を感じやすいです。そのため、ご飯の食べ過ぎを防ぐことができます。

水分の量が多く便秘の解消に役立つ

お粥は水分量が多いため、便を柔らかくしてくれます。便秘の解消にも、予防にも効果的です。

温かいので体の代謝アップに効果的

温かいお粥は代謝のアップにも効果的です。代謝をあげると、何もしていない状態でもカロリーの消費量が上がり、ダイエットにおいて痩せやすくなります。

お粥ダイエットの5つのデメリットは?

お粥ダイエットの5つのデメリットは?

お粥ダイエットは挫折する人も多いですが、原因は何でしょうか?5つのデメリットをご紹介します。

血糖値の急上昇を起こしやすい

お粥の材料であるお米は、当然ながら糖質の高い食材です。そのため、空腹時にお粥を食べたりすると血糖値の急上昇を起こしやすくなります。

血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌され、糖分は脂質として蓄えられてしまうのです。さらに急上昇した血糖値は急降下が起こりやすくなり、食欲を増してしまうことも。

おいしいので食べ過ぎやすい

柔らかくて美味しいお粥は、ついつい食べ過ぎがち。しかし、いくらカロリーがご飯より低いからといっても、2杯、3杯と食べてはカロリーオーバーになってしまいます。

おかずでカロリーオーバーになりやすい

お粥は満腹感を感じやすいですが、消化吸収がよいためすぐに空腹感を感じる食事でもあります。そのため、物足りずにおかずを食べすぎてしまう場合も…。せっかくご飯をお粥に置き換えても、おかずでカロリーオーバーしてしまっては台無しです。

栄養不足や偏りが起こりやすい

特にお粥だけのダイエットで気を付けたいのが、栄養不足です。当然ですがお粥だけでは一日に必要な栄養素には到底足りません。痩せたとしても、健康的な痩せ方とは言えないでしょう。

我慢からリバウンドを起こしやすい

日本人の主食である白米が食べられない、お粥だけで他の食事を我慢しないといけない、と我慢を重ねると、ストレスから過食に走るリスクがあります。

せっかくお粥ダイエットで体重が減っても、反動で食べ過ぎればあっという間にリバウンドです。

お粥ダイエットで失敗しない3つの秘訣!

お粥ダイエットで失敗しない3つの秘訣!お粥ダイエットで失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか?お粥ダイエットに成功するための3つの秘訣をまとめました。

ご飯をお粥に置き換える方法がおすすめ

「ご飯をお粥に置き換える」方法が一番オススメです。最も体に負担が少なく、無理が少ないのでリバウンドもしにくくなります。

なお、おかずは栄養バランスを考えてとることが大切です。バランスのとれたおかずとお粥を組み合わせることで、自然に摂取カロリーが減ります。

置き換えは夜が最も効果的!

ご飯をお粥に置き換えるのは、3食の中でも夜が最もオススメです。

消化が早いので、寝ている間に胃腸を休めることができます。また、夜は体を休める時間でありカロリー消費量は高くありません。

夕食でカロリーを多く取ってしまうと、余ったエネルギーが脂肪になってしまいます。そのため、お粥への置き換えは夜が効果的です。

適度な運動を取り入れてダイエット効果アップ

食事だけでなく、有酸素運動や無酸素運動を併用するとさらにダイエット効果が上がります。

まず、有酸素運動は体についた脂肪を燃焼させてくれます。無酸素運動は筋肉をつけ、代謝をあげてくれます。どちらもダイエットには非常に有効です。

なお、オススメの運動は以下の3つです。

・ウォーキング
⇒日常の中で取り入れやすい有酸素運動です。1駅前で降りて歩く、階段を使うなど、小さな運動から始めることができます。

・スクワット
⇒効率よく大きな筋肉を刺激して代謝のアップが期待できます。道具も必要なく室内でできるため、雨天でも問題ありません。

・ストレッチ
⇒血流が良くなり、むくみの解消や代謝をあげるのに効果的です。また、運動が苦手な人でも続けやすいです。

おいしいお粥を作る方法とアレンジレシピ

おいしいお粥を作る方法とアレンジレシピ

味に飽きてしまいがちなお粥ですが、おいしいお粥を作るにはどうしたらよいのでしょうか?基本のお粥の作り方とアレンジレシピをご紹介しますね。

お粥を作る2つの方法

まずは基本のお粥の作り方を見てみましょう。

米から作るお粥の作り方

米 50CC(g)
水 500cc(500ml)
塩 少々(おこのみで)

①米を洗う。米を30分ほど浸水させると、より美味しく出来上がります。
②米と水を鍋に入れ、蓋をして強火で沸騰させる。すぐに沸騰するので、吹きこぼれないように注意しましょう。
③沸騰したら、米を底のほうからひとかきして、弱火にする。底に米がひっつかないように、ここで一度かき混ぜます。後はお湯の対流でお米が自然と巡回します。
④蓋を少しずらした状態で、35~45分ほど煮込む。(吹きこぼれないように注意)
⑤お好みで塩を少々ふって、味を調える。
(引用:お料理まとめ

丁寧にお米から作る作り方です。コツは火加減をしっかり守ること。2口や3口のコンロは火力の違いがあると思いますか、最も弱い火力のコンロを使いじっくり火にかけると美味しくなりますよ。また、土鍋で炊くのもオススメです。

ごはんからつくるお粥の作り方

ご飯 100g(ご飯1杯弱)
水 200ml

①作り方は炊き粥とほぼ同じです。
「炊き粥」の作り方②~④の順に調理し、弱火にしてからの炊き込み時間を20分程度にして出来上がりです。
(引用:お料理まとめ

ご飯から作るお手軽な方法です。お米から作る「炊き粥」に対して、ご飯から作る場合は「入れ粥」とも言います。炊きあがってから5分程蒸らすと、とろりとした仕上がりになりさらに美味です。

お粥ダイエットにおすすめのアレンジレシピ3選

味に飽きてしまいがちなお粥ダイエットを乗り切るためにも、アレンジは大切です。オススメのアレンジレシピをご紹介します。

大根と生姜のお粥

ご飯 一杯
大根 2センチほど
生姜 少々
塩 小さじ1/4
水 120~150

①大根は7~8ミリの角切り、生姜は細切りまたはすりおろす
②ご飯、水、大根、生姜、塩を鍋にいれ沸騰するまで中火、沸騰したら弱火で2~3分煮る。ふきこぼれに注意する
③味をみてしょうゆなど、加えてください
(引用:cookpad

大根のシャキシャキとした食感が、飽きてしまいがちのお粥にアクセントを加えてくれています。大根は低カロリーで酵素が豊富。また、生姜は体を温めてくれるためダイエットに効果的です。痩せるのには最適な組み合わせです。

とろーり本格中華粥

生米(水で洗っておく) 1合
溶き卵 1個
鶏ガラスープの素 (代わりに中華スープなどでも可) 大さじ1
ほんだし 少々
塩 ひとつまみ程度
おろしショウガ 少々(お好みで)
水 1.3~2Lくらい

①厚手の鍋にたっぷりの水と洗っておいた生米を入れる。
②吹きこぼれしないように蓋を少し開いて 水から強火~中火で沸騰させ、沸騰後は弱火~中火で25分~45分程、火にかけます。
③火にかけている間底が焦げないように2、3回混ぜる。お粥はかき混ぜるとトロミが出るからあまり混ぜすぎないように。
④焦げないように10分に一回はかき混ぜて下さい。とろみが出すぎた時は水を足します。⑤かき混ぜ好みのトロミと柔らかさになったら鶏ガラスープの素、ほんだし、塩を入れ溶き卵を入れ蓋をして1分待てば完成。
(引用:cookpad

鶏ガラの旨味が優しい、ほっとする味です。シンプルなので薬味やトッピングが合うのがいいですね。かき混ぜるとトロミが出るので、好みに合わせて調整するとよいそうです。ごま油やコーンスープの素など、面白いトッピングがオススメされています。

和風トマトあんかけ粥

白粥 人数分
カットトマト缶 1カップ
玉ねぎ 1/4個
人参 1/4本 約35g
ハム 1枚
生姜スライス 2枚
水 50cc
白だし、またはめんつゆ 大さじ3
片栗粉 小さじ1.5
塩 適量
かいわれ大根 飾り用適量

①玉ねぎはみじん切り、人参は小さめ(7mm程度)のさいの目に切る。
ハムは細かく刻む。
生姜はみじん切りにする。
②鍋にトマト缶+水+めんつゆ+【1】の材料を入れて火にかけて煮る。人参が柔らかくなればOKです。
③【2】の人参が柔らかくなったら塩で味を調え、水溶き片栗粉(片栗粉+同量の水を溶いたもの)を加えてとろみをつける。
温かいお粥にかけて、かいわれ大根を飾って出来上がり♪
(引用:Rakutenレシピ

まるでトマトリゾットのようなお粥です。たくさんの野菜と生姜が入っていて栄養価も高いですね。あんかけでさらに体が温まり、代謝アップに非常に効果的なアレンジです。

ダイエットにお粥を上手に取り入れ成功させよう

ダイエットにお粥を上手に取り入れ成功させよう

お粥ダイエットで失敗するのは、食事の我慢やストレス、栄養のバランスの偏り、カロリーオーバーなどが原因です。実際に口コミを確認してみても、お粥ダイエットで失敗してしまったという人がたくさんいることが分かりました。

しかしお粥自体は体にも良く健康維持にもおススメです。1食をご飯の代わりに置き換えるなど、うまく利用することで健康的なダイエットに役立ちますよ。

あなたも美味しいお粥を作ってダイエットに役立ててみませんか?

お粥ダイエットは痩せずに失敗する?口コミとやり方やデメリットを解説
最新情報をチェックしよう!