さつまいもダイエット体験者5人の結果は?韓国で流行している理由と失敗しないレシピ3選

こちらの記事もおすすめします。

さつまいもダイエット失敗の原因解明スペシャル!韓国で大流行中のコグマ痩せの極意とは?

さつまいもダイエットは、韓国でとても人気となっているダイエット方法で、コグマダイエットとも呼ばれています。

1日150g程度のさつまいもを置き換えで食べるという方法で、時間もかからずお手軽です。

しかし、多くの人が実践する中で、成功者と失敗者が分かれてしまうという現象が起こっています。

果たしてその理由とは一体なんなのでしょうか?どのような期間でやればいいのか、さつまいもの種類はどれを選べばいいのか?短期で行なった方がいいのか?など、正しい実践方法とおすすめレシピをご紹介いたします。

さつまいもダイエット5人の体験者の結果

ポイントを示す女性

では、早速さつまいもダイエット体験者の失敗例と成功例を見ていこうと思います!

その前に・・・
簡単にさつまいもダイエットがどのようなダイエット方法なのかをご説明します。

 

さつまいもダイエットとは、さつまいもを置き換えて食べるダイエット方法です。
主に、ごはんなどの炭水化物を同じ量のさつまいもに置き換えて食べることで、糖質の摂取量を減らしダイエットを行うことができます。

ただ単にさつまいもを食べればいいわけではなく、以下のような食べ方をすると効果的にダイエットが行なえます。

  • 蒸して食べる
  • 皮ごと食べる
  • 食べるタイミング

それぞれ、順にご説明します。

 

1.蒸して食べる
まず、最もダイエット効果のある食べ方は「蒸して食べる」という方法です。

さつまいもは熱を加えることで甘みが増し、無駄な味付けをしなくてもおいしく食べられるので、余分なカロリーを摂取しないで済みます。
お店で売られている石焼きいもは、何もつけなくても非常に甘くておいしいですよね?
あれを想像してもらえばいいと思います。

熱を加えると甘くなるとはいえ、油で揚げたり油を使って炒めたりしてしまうと、油を使っている分無駄なカロリーを摂取してしまうので気をつけましょう。
また、甘い砂糖でコーティングされている大学芋もかなり摂取カロリーが高くなってしまうので、注意が必要です。

 

2.皮ごと食べる
さつまいもの皮はゴワゴワしていて味もないので、むいて食べてしまう方も多いかもしれません。

しかし、実はさつまいもの栄養分は甘い身の部分だけではなく、皮や皮と身の間に部分にも豊富に含まれていることが分かっています。
なので、皮をむいて食べるのではなく、皮をつけたまま調理して食べてしまうことが最もおすすめです。

ダイエットに効果的な栄養はもちろんのこと、健康にもいい栄養がたくさん含まれています
ですから、ぜひ皮ごと食べられるおいしい調理法で調理してせっかくさつまいもに含まれている栄養を無駄なく摂取してしまいましょう!

 

3.食べるタイミング
さつまいもダイエットおいて、調理方法や皮ごと食べることも非常に重要ですが、実は食べるタイミングもダイエットの成功に大きく影響しているのはご存知でしょうか?

さつまいもを食べるタイミングは、お昼もしくは夜食べるのが非常におすすめです。
なぜかと言うと、人間は基本的には朝起きて夜まで活動する訳です。
なので、朝ごはん→お昼ご飯→夜ご飯の順で摂取したカロリーが消費されやすくなります。

つまり、夜ご飯にカロリーの高いものを食べてしまうと、その後寝るだけなので寝ている間に消費しきれなかったカロリーが脂肪へと変換されてしまうためです。
また、お昼ご飯も食べすぎてしまうと消化しきれずに、吸収されないまま夜ご飯を食べることになってしまいます。

さつまいもは、かなり腹持ちのいい食材になりますので、お昼に食べることで摂取カロリーを抑えつつ夜ご飯を食べる量を減らすこともできます。

お昼ご飯や夜ご飯のお米などの炭水化物をさつまいもに置き換えて、ヘルシーかつ腹持ちのいいご飯にしましょう!

では、ここから失敗者と成功者の例をご紹介していきます。

失敗者 4名

では、まず失敗者の例を見ていきましょう。

 

失敗してしまった人の例は、以下の点を失敗してしまったため、ダイエットに成功できなかったようです。

  1. 砂糖を入れすぎた
  2. 食べる順番を間違えた
  3. 食べ過ぎた
  4. 食事のバランスが悪くなった

では、順番に見ていきましょう!

 

1.砂糖を入れすぎてしまった
先程もご説明しましたが、さつまいもは熱を加えてやることで、甘みが増しおいしく食べることができます。
また、実はさつまいも自体はイモ類の中では、カロリーと糖質が高くなっています。

 

以下が、よく食べるであろうイモ類の100グラムあたりのカロリーと糖質です。

  • さつまいも→カロリー132キロカロリー/糖質33グラム
  • じゃがいも→カロリー76キロカロリー/糖質17グラム
  • さといも→カロリー58キロカロリー/糖質13グラム

 

このように、じゃがいもやさといもよりもカロリー・糖質ともにかなり高くなります
また、お米は100グラムあたりカロリーが168キロカロリー/糖質37グラムとなっています。

お米に比べれば、カロリー・糖質ともに低なっていますが、それなりにあることは覚えておきましょう。

では、なぜさつまいもをダイエットに使うのでしょうか?
それは先程もお伝えしたように、熱を加えるだけで甘くなりおいしく食べられることと、じゃがいもやさといもに比べて腹持ちがいいことです。

じゃがいもやさといもの場合は、加熱調理してもそこまで甘くならないため、何かしらの調味料をつけて食べないとおいしく食べられません。
余分な調味料をつけてしまうと、カロリーがかなり高くなってしまう恐れがあるため、熱を加えるだけで甘くなり、腹持ちもいいさつまいもがダイエットには最も適していると言うわけです。

しかしここにさらに、砂糖を加えて食べてしまったらどうでしょうか?
恐らく、お米を食べるよりもカロリー・糖質ともに高くなってしまうことが容易に想像できてしまうのではないでしょうか。

砂糖を入れすぎて失敗してしまった人は、そもそもさつまいもにこんなにカロリーと糖質があったことを知らなかったそうです。
置き換えダイエットを行う場合は、使う食材のカロリーと糖質は知っておかなくてはいけないですね。

 

2.食べる順番を間違えた
次に失敗した方の例は、食べる順番を間違えたことです。

ダイエットのときに関わらず、普段の食事から食べる順番を意識することは非常に重要です。
食べる順番を工夫することで、血糖値の上昇を緩やかにでき、減量をすることができます。

この食べる順番を意識して行うダイエットを「食べ順ダイエット」と言います。
このダイエット方法は、置き換えダイエットなど食べながら行うダイエット方法とは、併用することが可能です。

理想的な順番は、【野菜→肉・魚→さつまいも】という順番です。

野菜に多く含まれている、食物繊維を先に取ることで糖の吸収が緩やかになり、コレステロールの吸収も抑えることができます。
その後、徐々に糖質の多いものを食べていくことで、血糖値の上昇をかなり緩やかにすることができます。

逆に筋肉をつけたい時は、肉類などタンパク質の多いものを先に食べると、タンパク質を効率よく吸収できるのでおすすめです。

失敗してしまった方は、この食べる順番が重要だということを知らずに、【さつまいも→肉・魚→野菜】の順で食べることが多かったようです。
食べる順番だけで、ダイエットすることも可能なので、できる限り食べる順番には気をつけるようにしましょう。

 

3.食べ過ぎた
これはさつまいもダイエットだからといって、さつまいもを食べすぎてしまい失敗してしまった例です。

先程もお伝えしましたが、さつまいもは100グラムあたりにカロリー132キロカロリー/糖質33グラムが含まれています
なので、いくらダイエットに効果的な食べ物とはいえ、食べすぎてしまえば太ってしまうのは当然です。

この失敗をしてしまった人は、1回の置き換えでさつまいも1本を食べていたそうです。
さつまいもは1本平均でおよそ200グラム程度のものが多くなっています。

なので、置き換え時に丸々1本食べてしまうのは控えるようにしましょう。

 

4.食事のバランスが悪くなった
さつまいもダイエットということで、さつまいもしか食べずに失敗してしまった例です。

さつまいもダイエットは、食事の炭水化物をさつまいもに置き換えて行うダイエット方法です。
しかし、正しいさつまいもダイエットのやり方を知らない人は、さつまいもだけ食べていればいいと思ってしまったようです。

これでは、栄養のバランスが悪くなり、ダイエットもうまくいきません。
実は、ダイエットをするときに重要な栄養素があるので、ご紹介します。

 

それは以下の栄養です。

  • ミネラル
  • 鉄分
  • ビタミン

では、それぞれ効果をお伝えします。

 

1.ミネラル
ミネラルは、神経を伝える働きや細胞の働きをスムーズにすることができます。
神経伝達や細胞の働きがスムーズになることで、体の調子を整えることができるのです。

体調が整うことで、体を十分に動かすことができ、カロリーの消費が高まります。
そうなると、必然的に体重も落ちやすくなっていきます。

また、ミネラルは、体の代謝自体をよくする酵素を含んでいます。
体の代謝がよくなると、いつもと生活を送っていても消費するカロリーが増えるため、体重が落ちやすくなります。
ミネラルには、代謝を良くする効果と体調を整えて体を動かしやすくする効果の2つの効果があるため、ダイエットをする人にとってはしっかりと摂取したい栄養になります。

 

2.鉄分
鉄分には、血の流れを良くする効果があります。
血の流れがよくなることで、体を温めることができ、代謝を上げることができます。
また、体温が高い状態を維持することができるため、基礎代謝が上がった状態を保つことができます。

ミネラル同様、基礎代謝を上げることで、日常生活でよりカロリーを消費しやすくすることができるため、体重も落としやすくなります。

 

3.ビタミン
1つの食材を食べるダイエットを行う時は、どうしてもその食材を食べることを意識してしまうため、栄養のバランスが崩れやすくなってしまいます。
その中でも、ビタミンは不足しやすい栄養になっていて、ダイエットをしていない普通の食事をしているときでも、不足してしまう場合がよくあります。
1つの食材を食べるダイエットを行う場合は、よりビタミンが不足してしまうことが考えられるので、意識して摂取する必要があります。

そして、ビタミンの中には、脂肪の燃焼を助ける効果肌の調子を整える効果を持っているものがあります。
肌の調子を整えるビタミンは、ビタミンCが有名かと思いますが、脂肪の燃焼を助けるビタミンにはどんなものがあるのでしょうか?

脂肪の燃焼を助けるビタミンは、ビタミンB1とビタミンB2になります。
ビタミンB1とビタミンB2が不足してしまうと、脂肪を燃焼しにくくなり、脂肪の付きやすい体になってしまいます。

そこで、簡単にビタミンB1とビタミンB2を多く含む食材をご紹介します。

 

その食材は以下のようなものになります。

■ビタミンB1を多く含む食材

  • 豚ヒレ肉
  • たらこ(生)
  • ベーコン
  • 豚たん(舌)
  • 生ハム(促成)
  • 豚ロース肉
  • 鯛(生)
  • 豚もも肉
  • 豚肩ロース肉
  • 生ハム(長期熟成)
  • 豚ひき肉

豚肉はタンパク質も豊富に含んでいるため、ダイエット中も食べたい食材になります。
タンパク質をしっかりと摂取することで、筋肉の維持に繋がるため太りにくく痩せやすい体を維持することができます。

 

■ビタミンB2を多く含む食材
では、次にビタミンB2を多く含む食べ物をご紹介していきましょう。

  • 豚レバー(肝臓)
  • さば(開き干し)
  • 牛レバー(肝臓)
  • うなぎ(きも)
  • たまご(生)
  • 焼きのり
  • 鶏レバー(肝臓)
  • 納豆
  • 豚たん(舌)
  • 味付けのり
  • さば(水煮缶)

レバーには、鉄分も多く含まれているため、ダイエット中に積極的に食べたい食材です。

 

また、野菜の中にも、ビタミンB1とビタミンB2を多く含んでいる食材があります。
その食材は以下のものです。

  • きく
  • 唐辛子
  • かぶ
  • 大根
  • えだまめ
  • グリーンピース
  • にんにく

大根には食物繊維も豊富に含まれていて、カロリーも低い食材になっているので、ダイエットのときには使いやすい食材になりますね!

では、次は成功した人の例をご紹介します。

成功者 1名

成功した人は、以下の点に気をつけていたそうです。

  • 食べる量
  • 調理方法
  • 栄養のバランス

失敗例で挙げた要因の多くをクリアできているので、成功したこともうなずけます。

この方は、ダイエットを行う前にしっかりと情報収集をしたそうです。
やはり、ダイエットを成功させるためには、そのダイエット方法の正しいやり方や効果的な方法を理解しておくことが重要になりますね!

さつまいもダイエットで失敗しない方法

太った女性のおなか

ここで再度さつまいもダイエットに失敗しない方法をおさらいしておきましょう。

  1. 主食置き換えが効果的
  2. 昼食食べる
  3. 1度に食べる量は1本の半分

では、それぞれご説明していきます。

主食置き換えが効果的

先程からお伝えしていますが、さつまいもダイエットはお米などの炭水化物をさつまいもに置き換えて行うダイエット方法です。
日本人の主食とされている、お米よりもさつまいもの方が低カロリー・低糖質になるので、置き換えるだけで摂取カロリーと糖質を抑えることができます。

また、さつまいもは腹持ちもよくなっているの、お腹が空きにくく間食を控えることもできるようになります。

昼食に食べる

人間は、朝起きて活動を始め、夜睡眠を取ります。

そのことを考えると、朝昼晩のご飯は徐々に食べる量を控えるとダイエットには効果的です。
お昼ご飯にさつまいもを食べることで、昼食のカロリーを抑えることができます。

また、腹持ちいいため、夜ご飯を食べる量を減らせることも考えられます。

どうしてもお昼に食べられない人は、夜ご飯をさつまいもに置き換えることも効果的です。
できるだけ寝るときには、摂取した糖質を減らせるようにしておくと効率よくダイエットをすることができます。

1度に食べる量は1本の半分

さつまいもに含まれるカロリーと糖質は、100グラムあたりカロリー132キロカロリー/糖質33グラムになります。

さつまいも1本の重さはおよそ200グラムと言われています。
なので、丸々1本食べてしまうと、お米を食べるよりもたくさんのカロリーと糖質を摂取することになってしまいます。

置き換えるときの量は、半分程度が目安ということを覚えておきましょう。

では、次はさつまいもダイエットのデメリットをお話します。

さつまいもダイエットのデメリット

バツを作る女性

さつまいもダイエットのデメリットは、以下のことが考えられます。

  1. おいしいので食べすぎてしまう
  2. おならが頻繁に出る

それぞれ見てきましょう。

おいしいので食べすぎてしまう

さつまいもは甘くておいしいため、ダイエットを忘れてついつい食べすぎてしまうことがあります。

特に女性の方は、さつまいもが好きな方も多いため、食べ過ぎには注意が必要です。
自身でしっかりと食欲をコントロールして食べる量を調節しましょう。

おならが頻繁に出る

これは、ダイエットには大きく関係しないのですが、さつまいもを食べるとおならが出やすくなってしまいます。

では、なぜさつまいもを食べるとおならが出やすくなってしまうのでしょうか?

実は、さつまいもに含まれるデンプンがおならを出しやすくしている原因と考えられます。
おならは、大腸で最近が食べ物を分解するときに発生させるガスだと言われています。
デンプンは消化しにくい成分であるため、腸内細菌と腸の煽動運動が多くなります。
そのため、ガスが発生しやすくなり、おならも出やすくなります。

ダイエットには直接関係ありませんが、特に女性の場合、おならをすると恥ずかしいと感じる方がほとんどだと思います。
なので、デメリットの1つとして挙げさせていただきました。

さつまいものカロリーはどの程度?

考える女性

これは、先程からお伝えしている通り、100グラムあたりカロリー132キロカロリー/糖質33グラムになります。

お米の場合は、100グラムあたり168キロカロリー/糖質37グラムになります。
このように、お米をさつまいもに置き換えることで、摂取カロリーと糖質を抑えることができます。
さらに、さつまいもにはお米よりも食物繊維が豊富に含まれているので、よりダイエットには効果的です。

さつまいもだけではダイエットしづらい

体重にショックを受ける女性

ここまで、さつまいもダイエットに関して、様々なことをお伝えしました。

1つ言えることは、さつまいもだけではどうしてもダイエットがしにくいということです。
その理由は、「同じものを食べるのは飽きるから」です。

置き換えダイエットは難しい

さつまいもダイエットに限ったことではありませんが、置き換えダイエットのように、1つの食材を使って行うダイエットは成功するのは難しいと考えられます。

その原因は先程もお伝えしたように「飽きる」からです。
味に飽きてしまうと、他のものが食べたくなり、食欲が抑えきれなくなることが多くあります。

実は、この食欲こそがダイエットに失敗する根本的な原因なのです。

根本的な原因は食欲

実は、食欲さえコントロールできればどんなダイエットでも成功できると言っても過言ではありません。
どんな食材でも食べすぎてしまわなければ太ることはありませんし、ダイエットすることも容易にできると思います。

しかし、食欲は人間の3大欲求の1つであるため、何もせずに抑えることは非常に難しいです。
ですが、最近その食欲を抑える画期的な最新の方法が話題となっています。

食欲を抑える方法とは

食欲を抑える最新の方法は、「GLP-1」と呼ばれる、食欲抑制ホルモンを使うことです。
では、そのGLP-1とはどのようなものなのでしょうか?

GLP-1とは?

「GLP-1」とは、1971年に同定されたグルカゴン様ペプチド-1というホルモンの略称です。
血糖値を上げる働きのあるグルカゴンという、ホルモンの分泌を抑えることのできる消化管ホルモンの1種になります。

食べ物が、食道や胃などの消化管に入ったときに炭水化物を認識し、その後消化管粘膜上皮と言う胃や腸などの粘膜から分泌されます。

 

このホルモンには、食欲抑制や血糖値の上昇を防ぐ効果があると言われています。
GLP-1は元々人の体内で分泌されるホルモンで、GLP-1が多く分泌される人ほど痩せやすく、少ない人ほど太りやすいと言われています。

最近このGLP-1を使った肥満治療薬が開発され、アメリカやヨーロッパの国ではすでに肥満治療薬として承認されています。
アメリカでは実際に肥満の治療薬としてすでにたくさんの人の治療に使われています。
なので、確実に痩せると立証されていると言っても過言ではありません。
GLP-1は、まさにダイエットのためのホルモンなのです。

さつまいもで食欲を抑えられないあなたへ

GLP-1専門医の深堀純也先生

今回は、さつまいもダイエットについて詳しくお話してきました。

 

今回の内容をまとめます。

  1. さつまいもダイエットは、炭水化物をさつまいもに置き換えるダイエット方法
  2. 調理方法や食べるタイミングなどに気をつけなくてはいけない
  3. 食べ過ぎると太るし飽きてしまう
  4. ダイエットに失敗する大元の原因は「食欲」
  5. GLP-1という食欲抑制ホルモンを使ったダイエット方法がある

以上になります。

 

やはりダイエットの1番の敵は「食欲」です。
さつまいもダイエットを行っても、この食欲が抑えられなければダイエットに成功することはできません。

そして、最近この「食欲」自体を抑制することのできるホルモンを使ったダイエット方法が話題になっています。

GLP-1ダイエット」と言い、海外では肥満治療にも疲れている「GLP-1」と言う食欲抑制ホルモンを注射して行うダイエット方法です。
食欲自体を抑えられるため、他のダイエットと併用することも可能です。

実は、日本初となる「GLP-1ダイエット」専門クリニック「東京GLP-1クリニック」が東京にオープンしました!

気になる方は、以下で詳細をご説明していますので、ぜひバナーをクリックして確認してみてください。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

さつまいも
最新情報をチェックしよう!