はちみつダイエットって痩せるの?失敗しない効果的な方法まとめ

こちらの記事もおすすめします。

はちみつダイエットの失敗談!逆に太ることもあり得るのは蜂蜜の種類?量?痩せた口コミもご紹介

 

はちみつは砂糖に比べて低カロリーで、脂肪燃焼効果があるとしてダイエッター達の間で話題となった時期がありました。
しかし、いざやってみるとはちみつのカロリーで太り、失敗する人も続出したのです。

はちみつダイエットに失敗してしまう人は、なぜ失敗してしまうのでしょうか?
また、はちみつダイエットで本当に痩せるのか?失敗しない方法はあるのか?について詳しく解説していきます。

はちみつダイエットで失敗する理由

ポイントを示す女性

砂糖に比べて低カロリーで、脂肪燃焼効果があるためダイエットに効果的と言われいるはちみつを使ったダイエット。
失敗する理由をご説明する前に、まずははちみつダイエットがどのようなダイエット方法なのかご説明いたします。

 

はちみつダイエットは、夜の睡眠前にスプーン1杯分のはちみつを食べるダイエット方法です。
はちみつには、脂肪燃焼効果が期待でき寝ている間の脂肪燃焼効果が高まり、痩せると言われているイギリス発祥のダイエット方法です。

睡眠中も基礎代謝によって、エネルギーは消費しているため、通常の睡眠中も多少の脂肪燃焼はしています。
しかし、寝る1時間前にはちみつを食べることで、その燃焼率をさらに高めることができるそうなのです。

 

また、はちみつは、血糖値を上昇させるGI値が低くなっているため、インスリンの分泌を抑えてくれる効果があります。
インスリンの分泌を抑えることで血糖値の上昇も緩やかになり、糖の吸収も緩やかになります。
そのため、ダイエットには非常に効果的と言われています。

さらに、寝る前にはちみつを食べることで、睡眠の質を高めることもできます。
はちみつには、成長ホルモンを分泌するために必要な糖質を補充する効果もあります。
成長ホルモンは分泌されることで、脂肪分解とタンパク質合成の促進をしてくれます。

 

質の高い睡眠を取ることで、たくさんの成長ホルモンを分泌できるため、脂肪分解とタンパク質合成を効率よく行うことができます。
脂肪分解は、先ほどお話した脂肪の燃焼をしやすくする効果ですが、タンパク質合成はダイエットにどのような意味があるのでしょうか?

それは、筋肉をつけやすくするということです。
筋肉をつけることで、基礎代謝が高まり痩せやすく太りにくい体を作ることができます。

 

このように、はちみつにはたくさんのダイエット効果が期待でき、なおかつ購入もしやすいため、手軽に行えるダイエット方法として人気となっています。

では、そのはちみつダイエットで失敗する理由はなんなのでしょうか?

 

はちみつダイエットに失敗する理由は、大きく以下の2つが考えられます。

  • 量の入れすぎ
  • その他の食事の糖質を摂りすぎた

それぞれご説明していきます。

量の入れすぎ

まず、量の入れ過ぎです。
はちみつダイエットは、寝る前に「大さじ1杯」のはちみつを食べます。

 

先程もご説明したように、はちみつは砂糖よりも低カロリーですが、食べすぎてしまえばもちろん太ってしまいます
食べすぎてしまう人の多くは、沢山食べることで脂肪燃焼効果とタンパク質合成促進効果がより高まると思って食べすぎてしまいます。

寝ている間の脂肪燃焼とタンパク質合成を高めるだけであれば、「大さじ1杯」で十分です。
逆に食べすぎてしまうと、カロリーの取り過ぎで太ってしまいます。

はちみつ大さじ1杯はおよそ65キロカロリー、砂糖大さじ1杯はおよそ35キロカロリーと、実は同じ大さじ1杯の量を摂取したときには、はちみつの方がカロリーは高くなってしまうのです。
では、なぜはちみつの方が低カロリーと言われているのでしょうか?

 

まず1つ目の理由は、液体か固体かの違いです。

同じ大さじ1杯でも砂糖は9グラム、はちみつは21グラムになります。
つまり、砂糖は1グラムあたりおよそ3.9キロカロリー、はちみつは1グラムあたりおよそ1.4キロカロリーと1グラムあたりに換算すると、はちみつの方がカロリーは低くなります。

 

次に2つ目の理由は、甘みの強さになります。
はちみつは砂糖の1.3倍の甘味度があると言われています。

はちみつ1グラムと同じ甘さを砂糖で感じようと思うと、1.3グラムの砂糖が必要と言うことです。
1グラムあたりは砂糖の方がカロリーが高いのに、甘みは砂糖の方が感じにくいとなると、圧倒的に砂糖の方が太りやすくなりますよね!

そのため、砂糖を使って甘みを足すよりは、はちみつを使って甘みを足した方が摂取カロリーが低くなるため、太りにくいということです。
しかし、はちみつ自体にもそれなりのカロリーがあるため、食べ過ぎは禁物です。

その他の食事の糖質を摂りすぎた

次に考えられる失敗理由は、「食事の量を取りすぎる」ことです。

 

寝る前にはちみつを食べることで、脂肪燃焼効果が高まりますが、それ以上に食事で糖質や脂質を取りすぎては、はちみつの効果だけでは脂肪を燃焼しきれません。

そのダイエットにも共通して言えることですが、通常のダイエットの場合、食事を自身でコントロールして糖質制限を行うことは基本と言えます。
食べた以上に運動を行い、カロリーを消費できるのであれば話は別ですが、大人になり仕事などが忙しいと、毎日しっかりと運動することは難しくなります。
そうなると、食事をコントロールして糖質を摂りすぎないようにするしかありません。

ダイエットの基本は食事のコントロールということをしっかりと覚えておきましょう。

はちみつでの正しいダイエット方法

ダイエットでウエストが細くなった女性

では、はちみつダイエットの正しいやり方をご紹介します。

 

先程ご説明したように、寝る前に「大さじ1杯」のはちみつを取ること、これが正しいはちみつダイエットのやり方です。
大さじ1杯で65キロカロリーあるため、食べすぎてしまうと逆に太ってしまいます。
また、脂肪燃焼効果も食べれば食べるほど高まるというわけではなく、大さじ1杯が1番効果を発揮しやすいと言われている量なので、この量は守るようにしましょう。

 

そして、実は朝はちみつを大さじ1杯食べることも非常に効果的です。
朝は1日の始まりで、そこから体を動かすことになります。
動いているときの方が、寝ているときよりもカロリーを消費しやすいため、脂肪も効果的に燃焼することができます。

なので、より効果的に脂肪を燃焼したい方は、夜ではなく朝はちみつを食べることもおすすめです。
逆に夜ご飯を少し食べすぎてしまうことが多い人は、寝ている間の脂肪燃焼を高めた方が効果的だと思います。

自分の食生活や運動の量に合わせて、朝か夜どちらにはちみつを食べるかを調整しましょう。

はちみつダイエットの嬉しい効果

実は、はちみつにはたくさんの体に嬉しい効果があります。

 

その効果は以下のようなものが挙げられます。

  • 殺菌・抗菌効果
  • 疲労回復効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 抗酸化作用
  • 整腸作用
  • 血糖値の上昇を抑える
  • むくみの予防

では、それぞれご説明していきます。

 

1.殺菌・抗菌効果
はちみつは糖度が高いため、菌が水分を奪われて死んでしまう効果があると言われています。
また、はちみつ自体が酸性のため、菌にとっては行きづらい体内環境にすることが可能です。

なので、風邪の予防や喉の痛みが出たときにもはちみつを食べることをおすすめします。

 

2.疲労回復効果
はちみつの糖は、グルコース・フルクトース(果糖)などの単糖類と呼ばれる糖質になっています。
糖には、単糖類・少糖類・多糖類があります。

 

単糖類は、単一の糖となっているので、それ以上分解する必要がありません。
分解する必要がないので、すばやく吸収され、エネルギーに変換されるのが早いため、疲労の回復に効果的です。
また、分解しなくてもいいため、吸収される際に胃腸の負担にならないことも特徴です。

少糖類は、少数の単糖類が結合したものです。
分解するのに少し時間がかかり、その分単糖類よりもエネルギーに変換されるのが遅くなります。

最後に多糖類は、いくつもの糖類が結合しているものです。
分解に非常に時間がかかり、エネルギーとして変換されるのにも時間がかかります。

 

はちみつは、仕事や学校などの普通の生活による疲労はもちろんのこと、運動など大きくエネルギーを消費したあとの素早い糖分補給にも適しています。
そのため、疲労回復に非常に効果的な食品と言えます。

 

3.脂肪燃焼効果
先程もご説明した通り、睡眠の質を高めることができ、成長ホルモンの分泌も促進することができます。
成長ホルモンが分泌されやすくなることで、通常よりも脂肪燃焼が高まると言われています。

 

4.抗酸化作用
はちみつは、ビタミンやポリフェノールを多く含んでいます。
ビタミンやポリフェノールには、抗酸化作用があると言われていて、アンチエイジング効果が期待できます。

美白や肌の調子を整えてくれたり、シミやくすみを予防してくれたりすることが可能です。

美肌効果を発揮するためには、食べるだけでなく、直接顔に塗ることができるはちみつパックも非常に効果的であると言われています。

 

5.整腸作用
はちみつはグルコン酸やオリゴ糖を含んでいます。
グルコン酸とオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれる効果があります。

また、プロアテーゼという酵素も含まれており、胃の負担を軽くし、吸水性に優れているので便秘解消にも効果的です。
こちらも美肌効果や脂肪燃焼に効果があり、便秘の解消やストレス抑制にも効果があると言われています。

 

6.血糖値の上昇を抑える
初めにお話しましたが、はちみつは、血糖値を上昇させるGI値が低くなっているため、インスリンの分泌を抑えてくれる効果があります。
インスリンの分泌を抑えることで血糖値の上昇も緩やかになり、糖の吸収も緩やかになります。

 

7.むくみの予防
はちみつにはカリウムが含まれています。

カリウムには、体内の水分や塩分を体外に排出しやすくしてくれる効果があります。
特に暑い時期は水分を摂ることが多くなる事が多いので、カリウムを含んだはちみつを摂取することで、水分を体から排出することができむくみ予防に効果的です。

はちみつはどれを選べばいいのか?

はちみつとレモン

ここまで、はちみつダイエットについて色々とお話してきましたが、実際にはちみつダイエットを行おうと思った時はどのようなはちみつを使えばいいのでしょうか?

 

それは、「天然のはちみつ」です。
天然のものでないはちみつは、余分な糖分や調味料を使っている場合があり、天然のものよりも糖質が高くなっていたりする場合があります。

ここまで説明してきた成分に関しても、天然のはちみつに含まれる成分であり、人工的に作られてはちみつには含まれていない可能性もあります。
なので、はちみつダイエットを行う場合は、天然もののはちみつを使うようにしましょう。

そこで、次にはちみつダイエットにおすすめのはちみつをご紹介します。

 

はちみつダイエットに、おすすめのはちみつは以下の3つです。

  • レンゲはちみつ
  • アカシアはちみつ
  • ミカンかちみつ

では、それぞれの特徴を紹介します。

 

1.レンゲはちみつ
レンゲはちみつは最も一般的なはちみつで、レンゲという花から取れるはちみつです。
上品なコクがあり、柔らかくまろやかな食感が特徴的です。

また、色もこのあと紹介するはちみつより薄くなっているため、見た目も非常にキレイな色になっています。
ほんのりした甘みと酸味がうまくマッチしていて、レンゲのフローラルな香りもします。
国内で販売されているはちみつの中では、癖が少ないため日本人にも食べやすく、日本を代表するはちみつと言われています。

そのまま食べるのもいいですが、調味料として肉や魚料理、カレーなどの隠し味に使うこともおすすめです。
味にくせがないので、料理の味を邪魔せずに魚の生臭さや野菜の緑臭さを和らげてくれます。

また、料理にツヤをプラスし、身を柔らかくしてくれる効果もあります。
パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりと最も万能的に使えるはちみつ言えるでしょう。

 

2.アカシアはちみつ
アカシアはちみつは、ブドウ糖の含有量が少なくなっているため、固まりにくくなっています。
寒い冬でも固まりにくく、トロっとした水あめのような状態で食べることができます。

あと味もすっきりしていて、はちみつ独特の喉の焼けるような甘みではなく、上品な甘みとなっています。
なので、普段はちみつを食べ慣れていない人や、ちょっとはちみつが苦手だという人にも食べやすいはちみつなので、はちみつダイエットには非常におすすめです。

 

3.ミカンはちみつ
レンゲはちみつやアカシアはちみつに比べて、色がミカン色に近く、味もミカンのような独特の甘さと酸っぱさがあります。
最近は、レンゲはちみつやアカシアはちみつに負けないくらい人気のあるはちみつになっています。

色は透明感のある金色で、粘り気が他にはちみつよりも強くなっています。
ミカンのような柑橘系の甘酸っぱさがあるので、紅茶にとても合うはちみつです。

はちみつダイエットは食事制限と併用する

背伸びする女性

ここまで、失敗例やおすすめのはちみつも紹介してきましたが、結局はちみつダイエットを成功させるためには、どうしたらよいのでしょうか。

それはやはり、「食事制限」をしっかり行うことです。
先程もご説明しましたが、いくらはちみつに脂肪燃焼を高める効果があると言っても、食事の量を食べ過ぎては痩せるものも痩せません。

 

基本的にはダイエットは、運動する量を増やしてエネルギー消費を増やすか、食事制限をして摂取するエネルギー自体を減らして痩せなくてはいけません。
社会人になってしまうと、仕事や家庭のことで忙しくなってしまい、なかなか定期的に運動する時間を確保することが難しくなります。

なので、食事制限の方が手軽に行え、効果も出やすいと思います。

 

また、定期的に運動をしても、その消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなっては痩せません。
どんな方法でダイエットをするとしても、結局多少なりとも食事には気を使う必要があるということです。

食欲を抑える痩せるホルモンでダイエット

ダイエットしたい女性が腰にメジャーをまく

今回は、はちみつダイエットについてお話してきました。

 

それでは、今回の内容をまとめます。

  • はちみつダイエットは、朝もしくは夜に大さじ1杯のはちみつを食べるダイエット
  • はちみつには脂肪燃焼など様々な効果がある
  • 結局ダイエットには、食事制限が必要

以上になります。

 

先程もお話したように、ダイエットを行うためには食事制限が必要不可欠となります。
この食事制限がうまくできず、結局食べすぎてしまったり食欲を抑えられなかったりして、ダイエットに失敗する人が多くいます。

もし、あなたが本気で痩せたいけど、どうしても食欲が抑えられないという場合は、自然と食欲を落とせるダイエット方法を実践してみてはいかがでしょうか?

 

そのダイエット方法は、「GLP-1ダイエット」と呼ばれるダイエット方法です。
最近テレビ番組でも取り上げられている方法で、非常に注目度の高いダイエット方法になります。

食欲を抑制するホルモンを体に注射して行うダイエット方法で、もちろんはちみつダイエットなど他のダイエット方法と併用して行うことができます。
また、アメリカなど海外では肥満治療として用いられている薬になるので、減量の効果は立証されています。

 

そしてなんと、東京に日本初の「GLP-1ダイエット」専門クリニック「東京GLPクリニック」が開院しました。
遠隔診療で、GLP-1ダイエットが行えるので、東京にお住まいでない方でもしっかりとGLP-1ダイエットを行うことができます。

気になる方は、ぜひ下記のバナーから詳細を確認してみてください。

 

今回の以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

はちみつ
最新情報をチェックしよう!