はちみつダイエットを10人で実践検証!成功者と失敗者の体験談!

こちらの記事もおすすめ!

はちみつダイエットの失敗談!逆に太ることもあり得るのは蜂蜜の種類?量?痩せた口コミもご紹介

 

今までに、さまざまなダイエット法が考案されてきました。

中には特定の食べ物をテーマとしたダイエット法もたくさん考案されています。

でも、人によって、そのダイエット法との相性は大きく異なり、効果の現れ方も様々です。

自分にとって相性の良いダイエット法なのか、そもそも効果的なダイエット法なのかについては、経験者の体験談を知ることで判明することが多いです。

そこで、今回は「はちみつダイエット」にスポットを当ててみました。

はちみつダイエットは本当に痩せられるのか?10名の体験談をもとに、その効果を紐解いてみようと思います。

はちみつダイエットで「10人中7人」が失敗!

はちみつダイエットで失敗して苦笑いする女性

はちみつダイエットは、寝る前にはちみつを摂取することで「成長ホルモン」の分泌を促し、それによって脂肪燃焼を促進するという効果を期待するダイエット法です。

確かに、脂肪燃焼はダイエットにおいて重要課題の1つであるといえます。

そして、脂肪の燃焼は意識していても難しいものですが、そんな脂肪の燃焼を促す効果が期待できるのであれば、はちみつダイエットは誰でも成功する印象を持ちますよね。

しかし、はちみつダイエットを試してみた10人の体験談を分析してみた結果、なんと7人も失敗しているという結果でした。

なぜ、ダイエット効果が期待できると話題のはちみつダイエットに半数以上のメンバーが失敗してしまったのでしょうか?

その最大の理由は「はちみつダイエットのポテンシャルを勘違いし、過信しすぎた」ことにあると考えられます。

はちみつには睡眠中の成長ホルモンの分泌を促す効果が期待でき、その結果としての脂肪燃焼作用がダイエットに役立つのでしょう。

しかし、ダイエットの基本を無視したところで、ダイエットに成功するわけがないのです。

体験者のうち、失敗してしまった人たちに共通する失敗の要因をご紹介します!

第1に「はちみつを食べすぎた」ことが失敗の原因として挙げられます。

実は、はちみつは「砂糖」ほどではないのですが高カロリーな食材であり、100gあたり約300kcalほどカロリーを有しています。

はちみつダイエットに適している大さじ1の分量でも約60kcalあり、寝る前に摂取するカロリーとしてはなかなかの量です。

そんなはちみつを「脂肪燃焼の為!」と食べ過ぎてしまえば、就寝前の摂取カロリー過多となり、ダイエットどころか逆に太ってしまう可能性が高くなるのです。

第2の理由は「運動しなかった」ことです。

確かにはちみつには成長ホルモンの分泌促進とそれによる脂肪燃焼効果が期待できますが、それだけでダイエットの基本である「消費カロリーを増やす」ことにはなりません。

ダイエットするためにはやはり少なからず運動の習慣が必要なのですが、失敗した中の数人はほとんど運動しなかったそうです。

運動せずに痩せられると思うことが大きな間違いなのです。

第3の理由は「食事内容を変えなかった」ことです。

ダイエットの基本は食べる量を抑えて運動量を増やすことにあるはずなのに、運動しないどころか、食事内容(食べるものや量)もほとんど変えずに、それプラスはちみつを食べるという食生活を続けてしまったのです。

結果は言うまでもなく、はちみつを食べた分だけ摂取カロリーは増加しますから、中には逆に太ってしまった人もいるのです。

すなわち、「はちみつさえ食べればダイエットできる」という大きな勘違いがあった故に、ダイエットに失敗した人が多いのです。

はちみつはダイエットをサポートするという立ち位置であることを念頭に置いておけば、このように7割の人が失敗するという結果にはならなかったのかもしれません。

はちみつダイエットで成功した3人の実践方法

はちみつダイエットのはちみつ

ここまでにご紹介したように、7割の人が失敗に終わった…という結果の一方で、10人中3人ははちみつダイエットに成功しているという結果も無視することはできません。

では、成功した3人はどのようにしてダイエットに成功したのでしょうか。

まずは「摂取するはちみつの分量を守る」ことです。

毎日、寝る1時間前の時点ではちみつを「大さじ1」だけ摂取します。

この分量を守らなければ夕飯以降の理想的なカロリーを大幅に超えてしまい、痩せることが難しくなってしまいます。

次に「夕飯を減らす」ことです。

前述の通りはちみつ大さじ1の摂取カロリー量は約60kcalです。

寝る前に摂取するカロリーがこれだけ増えるのですから、夕食の摂取カロリーをその分だけ減らすのが理想的です。

他には「きちんと運動する」ことです。

運動はダイエットの基本であり、消費カロリー量を増やして代謝を促進するために欠かせません。

運動が苦手な人も、軽めの運動から始めてください。

あとは「睡眠の質を向上させる」ことです。

はちみつダイエットの効果は成長ホルモンの分泌促進であり、そのための基本は質の良い睡眠を心がけることです。

食事は終身の3時間前には済ませ、就寝直前のスマホ操作などは控えて良質な睡眠をとるように心がけましょう。

はちみつダイエットおすすめレシピ

はちみつ レモン

はちみつを食生活に取り入れるためには、さまざまなレシピを食生活に取り入れることをお勧めします。

ダイエットと栄養面を考えて、オーソドックスで簡単な2つのレシピを紹介します。

はちみつレモン

まずは「はちみつレモン」です。

ビタミンとブドウ糖が豊富なはちみつレモンは、疲労回復効果や風邪の予防、美容効果などが期待できるレシピとなります。

ダイエットには運動が欠かせませんが、運動後の疲労回復にもオススメ。

作り方は以下の通りです。

  1. はちみつレモンを入れる瓶容器を煮沸消毒する
  2. レモンを水洗いする
  3. レモンを30秒ほど熱湯消毒する
  4. レモンをスライスする
  5. 消毒した瓶容器にレモンとはちみつを入れる

砂糖を加えることで甘みを足すこともできますが、長期保存することを考えるとはちみつの甘味だけで楽しむことがオススメです。

ある程度は保存できますが、できるだけ早めに食べきってしまいましょう。

豆乳はちみつ

次は「豆乳はちみつ」です。

文字通り投入にはちみつを混ぜたもので、好みに合わせて適量のはちみつを投入に混ぜるだけで完成します。

また、アレンジすることも容易であり、レシピサイトでは数多くの豆乳はちみつ+αのレシピが投稿されています。

ダイエットや健康面を考慮した、オススメのアレンジ食材は以下の通りです。

  1. レモン汁
  2. きなこ
  3. ヨーグルト
  4. 青汁
  5. リンゴ酢

豆乳はたんぱく質豊富で整腸作用もあるため、ダイエットにも最適です。

ただし、はちみつを入れ過ぎるとカロリー過多になる可能性があり、アレンジする際も加える材料によってはダイエット効果が薄れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

はちみつダイエットで得られる効果

はちみつダイエットで美肌に

はちみつダイエットを続けることで、ダイエット効果だけでなくさまざまな嬉しい効果を期待することができます。

1つ目は「美肌効果」です。

はちみつには代謝促進や抗酸化作用のあるビタミンが豊富に含まれています。

日ごろからはちみつを食べることによりバランスよくビタミンを摂取することができ、肌荒れを予防し美肌を目指すことができるでしょう。

2つ目は「安眠効果」です。

はちみつダイエットは成長ホルモンの分泌を促すために、質の良い睡眠を心がける生活を送ります。

また、後述するストレス抑制効果も含めて安眠することができるのです。

3つ目は「便秘解消」です。

はちみつには「オリゴ糖」が含まれており、これが腸内で善玉菌のエサとなります。

腸内環境を改善することによって便秘を解消し、ダイエットや美肌などにも良い影響を与えます。

4つ目は「ストレス抑制」です。

はちみつにはストレスを緩和する「セロトニン」の分泌に必要な「トリプトファン」が含まれています。

また、ダイエット中は甘いものを抑制することでストレスを感じやすいのですが、砂糖よりもカロリーの低いはちみつであれば罪悪感なく甘いものを摂取できます。

はちみつダイエットでも食欲と戦う必要あり

はちみつダイエットをしていても食欲と戦う女性

はちみつダイエットは、はちみつを食べることでダイエット効果を高めるのですが、重要なことは「食欲を抑えること」です。

ダイエットの基本は摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことであり、食事は摂取カロリーに深く関わっています。

いくら脂肪燃焼を促す成長ホルモンの力を借りるといっても、多く食べた分がそれで相殺されるというわけではありません。

はちみつの力を借りたとしても、たくさん食べればその分だけ太ってしまいます。

前述の通りはちみつダイエットに失敗した人の多くが食欲に負けており、いかにして食欲の誘惑に負けずにはちみつダイエットを続けられるかが成功と失敗の分かれ道となるのです。

そこでご紹介したいのが「GLP-1ダイエット」あるいは「GLP-1メディカルダイエット」と呼ばれているダイエット方法です。

アメリカでは肥満治療に多く用いられていて、日本でも、既に何人もの人がその効果を実感しています。

GLP-1とは、人の小腸から分泌されるホルモンの一種であり、体内でさまざまな作用を示します。

元々は糖尿病治療の目的で開発され、その副作用的な効果として体重減少がみられたことから医師にダイエット目的への転用がなされたという経歴があります。

ダイエット目的への転用が行われた最大の理由は、GLP-1の作用の中に「満腹中枢を刺激する」という効果が期待できることです。

満腹中枢が刺激されることで少ない食事量でも満腹感を感じることができ、自然に食欲を抑えることができるのです。

ダイエットにおいて「自然に食欲を抑えられる」ということは、大きな意味があります。

ダイエットでは食事制限が欠かせませんが、制限した食事は少なからず空腹感によるストレスを感じます。

そして、ストレスが溜まることでダイエットは長続きしません。

それは、はちみつダイエットでも同じことが言えます。

ダイエット成功のカギを握るのは、いかに食欲と戦い、これをコントロールできるかということです。

もし、食欲を抑えることに自信が無いのであれば、GLP-1の力を借りることも選択肢の1つとなるでしょう。

GLP11ダイエットは全国どこでも実践可能

GLP-1専門医の深堀純也先生

本格的にGLP-1を利用したダイエットを始めたいのであれば、GLP-1メディカルダイエットを提供しているクリニックのカウンセリングを受けてみましょう。

GLP-1メディカルダイエットは定期的にGLP-1の注射薬を利用する、最先端のダイエット方法です。

しかし、日本では欧米ほどダイエット方法として浸透しておらず、提供しているクリニックは限られていますから、県外でなければ見つからないという人も多いでしょう。

でも、当サイトでご紹介しているクリニックであれば、「遠隔診療」を行っています。

診察をオンライン上で行い、注射薬を郵送で届けるので、遠方の方でも最先端ダイエットGLP-1ダイエットに取り組むことができますよ。

GLP-1ダイエットに興味を持たれた方は、記事の下にあるクリニックのバナーをクリックしてみてください。

GLP-1ダイエットについての詳しい情報が紹介されていますよ。

はちみつダイエットを10人で実践検証!成功者と失敗者の体験談!
最新情報をチェックしよう!