もやしダイエットは効果的なのか?1ヶ月の実践による成功と失敗例

こちらの記事もおすすめ

もやしダイエットで何故失敗するのか!確実に成功する食欲抑制の方法とは

皆さんは「美容ダイエット食品」として、どのような食べ物を思い浮かべますか?

「もやし」を連想する人も多いのではないでしょうか?「もやし」を白いご飯の代わりに置き換えるもやしダイエットも話題です。

夕食のメニューに豚肉ともやしを炒めた料理はヘルシーですし、食物繊維が豊富なので便秘解消にも役に立ちます。

また、朝でも軽めの料理としてもやしを使う方も多いですし、サラダにして食べる方も多いですよね。

ローカロリーですが歯ごたえもよく、食事に満足感を得られるので、炒め物以外でもスープに入れたりされる方もいます。

塩コショウで食べても美味しいですよね。糖質制限をされる方で美味しく料理を食べたいというのもとても大事な点です。

ということで美味しくローカロリーな食材である、もやしを利用したダイエット方法。

しかしダイエットに失敗される方もいるのをご存知でしょうか?

本来であれば太らない食べ物の代表と言えるもやしで、

こちらでは、もやしダイエットの是非について、成功例と失敗例を踏まえたうえで解説します。

もやしダイエットで失敗する理由

分かりません とジェスチャーしている女性もやしダイエットとは、主食を「もやし」に置き換えることで摂取カロリー量を制限するダイエット法のことです。摂取カロリーを抑えることができれば、当然痩せ効果も期待できますよね。

そして、なんとなく「もやし=カロリーが少ない=ダイエット食」というイメージが定着していますが、その具体的なメリットは何なのでしょうか?また、デメリットはないのでしょうか。

もやしダイエットの3大メリット

1.低カロリーである

緑豆もやしのカロリーは100gあたり約14kcalであり、これは白ご飯で言えば、なんと10g未満にしか満たないカロリー量なんです。

「大豆もやし」になると100gあたり約37kcalと、緑豆もやしの2倍以上のカロリーですが、白ご飯のカロリーが100gあたり約170kcalであることを考えるとカロリー量は5分の1程度です。

つまり、主食の白ご飯を緑豆もやしに置き換えれば10分の1、大豆もやしでも5分の1にカロリー制限できるのです。

2.栄養豊富である

もやしにはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており、日ごろからもやしを食べることでこれらの栄養をバランスよく摂取することができます。

ダイエット中は食事制限によって栄養が偏ってしまうことも多いのですが、もやしであればバランスよく栄養を摂取できるので栄養バランスが偏ってしまうリスクを抑えることができます。

3.もやしは安価である

ダイエット食品というと、何かと高価なイメージがつきものです。しかし、もやしは食品スーパーで1袋あたり数十円で販売されています。

しかも冷凍することもできるので、安売りのときに大量に購入して冷凍すればコストをさらに抑えることができます。

デメリットが無いわけではない

しかしながら、もやしダイエットにはデメリットが無いというわけではありません。

これからもやしダイエットを始めようとする人は、もやしダイエットに隠されたデメリットを理解し、その影響を最小限に抑える必要があります。

1.もやしばかり食べていると飽きる

もやしは基本的に味気なく、しかも白ご飯のように他のおかずとの親和性がそこまで高いわけではありません。

もやしを使ったレシピのレパートリーを増やさないと飽きてしまい、もやしダイエットを続けることが難しくなります。

2.味付け次第ではカロリーや糖質が多くなる

もやしは味気ないので、多くのもやしレシピは濃い目の味付けが多いです。

結果、塩分や糖質、カロリーが多くなりがちになり、結果的に置き換え元の主食並みのカロリーになってしまう可能性があるのです。

「もやしであれば低カロリーだから、どんな食べ方でも問題ない」と考えてしまうと、知らず知らずのうちに太りやすい味付けになってしまいがちなので注意しましょう。

これらのデメリットを理解し、それを回避することこそが、もやしダイエットを成功に導く手段となります。

もやし生活1ヶ月の体験談

メリット デメリットそれではここで、実際にもやし生活でダイエットに挑戦した人の体験談をご紹介します。「成功した人」と「失敗した人」の体験談をご紹介するので参考にしてみてくださいね。

成功例①:調理師を目指している20歳の女性の体験談

一緒にもやしダイエットを始めた友達は、4日目くらいで飽きてしまったようです。ですが、私は調理師を目指しているので、もやしを使ったレシピのレパートリーが多く、毎日おいしくもやしを食べて1か月で5キロのダイエットに成功することができました。

確かにもやしは飽きやすい食材ですが、レシピのレパートリーが多いと飽きずに続けることができそうですね。

でも、レシピはインターネットで収集することができますが、ダイエット向きではない味付けや材料を使ったレシピには十分注意したいところです。

成功例②:ストイックなもやしダイエットをした30代男性の体験談

75キロある体重を何とかしたくて、1か月間もやしを食べ続けました。ほかにも豆腐やこんにゃくなどカロリーの少ない食材を使って、なるべく薄味で調理。結果、1か月で6キロのダイエットに成功できました。

この男性の場合は、1か月間ももやしを食べ続けるというストイックなダイエットをしたようです。結果的に1か月で6キロものダイエットができたので、大成功と言えるでしょう。

もやし以外の食材も一緒に食べていたことで、「飽きてしまう」ということがなかったのも成功できた一因だと思います。

しかし、この人のようなストイックすぎるダイエットを行うと、リバウンドの恐れがあります。

強い意思を持ち、ストイックなもやし生活を送れば、もやしダイエットで成功できるということは分かりましたが、あまりお勧めな方法とは言えません。実際、ストイックに頑張りすぎて失敗したという体験談もあります。

失敗例①:もやしばかりを食べて一旦痩せたけれど結局リバウンドしてしまった20代男性の体験談

もやしがダイエットに良いということで、毎日3食、もやしを食べ続けたところ1週間で2キロ減り、2週間目にもさらに2キロ減りました。しかし、他の食べ物を食べたい欲求が…。1日くらい食べても大丈夫だろうと、もやしダイエット中なのにも関わらずラーメンを食べてしまい、そのラーメンがおいしすぎて、食欲に勝つことができなくなりました。その後ももやしを食べてはいたのですが、他の物を食べる日も多く、1か月後にリバウンド。もやしダイエットは大失敗です。

この方のように、どのような置き換えダイエットでも必ず1つの食材だけを食べて痩せようとするストイックな人がいます。

しかし、やはりこういったストイックすぎる、1つの食材ばかりを食べる置き換えダイエットはおすすめできません。

リバウンドの危険もありますし、1つの食材だけでは十分な栄養をバランスよく摂ることができないので、健康に害が及ぶ可能性もあります。

失敗例②:自分だけもやしを食べることにストレスを感じてしまった40代女性の体験談

夫と子供が2人いる主婦です。家族の食事とは別に、自分用のもやし料理を作る毎日を続け、もやしダイエットに励みました。でもやっぱり、家族と同じ食事を食べないというのはストレスです。結局、1か月も続けることができず、そればかりか間食が今以上に増えてしまい、痩せるどころか太ってしまいました。

この方は、主婦ということもあり、もやしの調理スキルやレパートリーは豊富だったようですが、ご家族と異なる食事に大きなストレスを感じてしまったようです。

自分がダイエット中の時、家族がおいしそうなものを食べているとストレスを感じるのは当然ですよね。しかもそれが1週間、2週間…と続くのであればなおさらです。

ダイエットにストレスは禁物!

間食で食べるものの多くは高カロリー高糖質な食べ物であることが多く、結果的に太ってしまったというのも納得できます。

もやしに限らず、食事内容を大幅に変える置き換えダイエットは、家族がいる人、特に家族のために毎日食事を作る主婦の方には不向きかもしれませんね。

もやしダイエットにマヨネーズは厳禁

ダメ!ポーズをしている女性もやしダイエットにおいて「マヨネーズ」を利用する方法がよく用いられていますが、実はあまりオススメできません。

もやしとマヨネーズの味の相性は悪くないのですが、「ダイエット方法として」の相性はそこまで良いものとは言えないからです。

マヨネーズは「高カロリー食品」です。

具体的なカロリー量を示すと、大さじ1でも80kcal以上です。もやしを食べるときに、大さじ1杯のマヨネーズを使うと、結果的に少しも摂取カロリーを減らすことができないので、ダイエットのために食べるという目的がなくなります。

では、よく食品スーパーで普通のマヨネーズと一緒に販売されている「カロリーオフのマヨネーズ」であれば良いのでしょうか。

残念ながらこちらもダイエット向きではありません。

脂質を抑えたマヨネーズには「糖質」が多く含まれているからです。

もちろん、マヨネーズの種類によって栄養成分やカロリーなどに細かな違いはあるのですが、基本的にダイエット向きの調味料ではないことに納得できると思います。

ですから、もやしダイエットをするときには、マヨネーズの使用量は最小限にとどめる、もしくは、基本的に使用しないことをオススメします。

 置き換えで痩せるのは難しい

悲しい女性もやしダイエットは、いわゆる「置き換えダイエット」に分類され、高カロリーな主食と置き換えることでカロリー摂取量を抑ることができるので、基本的なダイエットの方程式に合致する合理的な方法であるといえます。

しかしながら、置き換えダイエットは失敗しやすいダイエット法です。これは、もやしダイエットに限らず、ほぼ全ての置き換えダイエットで同様のことが言えます。

置き換えダイエットで失敗する理由は…ずばり!リバウンド!

置き換えダイエットで失敗する理由は、ずばり、リバウンドです!

置き換えダイエットは置き換える食材次第では満腹感を感じられるものもありますが、基本的に置き換え元の主食と比較すると満腹感を感じにくくなります。

空腹感に耐えられず食事内容を元に戻してしまうという結果になり、たとえ一時的に痩せることに成功したとしても、リバウンドしてしまうのです。

また、数か月もの間、置き換えダイエットを頑張る根性がある人、ダイエットへの意識が高い人もいますが、減量に成功したとしてもいつかは食事内容を元の内容に戻す日が来るでしょう。

1つの食材、或いは偏った栄養素のみを摂る置き換えダイエットでは、健康を維持するだけの十分な栄養素を補うことができないからです。

結果、その反動でリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

これはどんなダイエット方法にも言えることですが、ダイエット中の体は実は代謝が下がり、太りやすい状態になっているので、元の生活水準に戻すと一気に体重が増えてしまうのです。

食欲を抑えたいならGLP-1がおすすめ

GLP-1専門医の深堀純也先生置き換えダイエットは確かに合理的なダイエット方法ではありますが、ここまでにご紹介したように必ずしも誰もがリバウンドせずに成功できるとは言い難いです。

しかし、どうしてもダイエットに成功したい!と思う人は多いはず。そんな人にオススメしたいのが「GLP-1メディカルダイエット」です。

GLP-1メディカルダイエットとは、もともとは糖尿病治療の目的で開発された注射薬を、ダイエット目的に転用した最新のダイエット法。副作用が少なく、食欲を自然に抑えて食事量を減らすことができます。

もやしダイエットと併せれば、より高い効果が期待できるでしょう。

お腹が空いたな…という感覚もあまりなくなりますし、たくさん食べていないのに少量でお腹が満たされます。ですから、好きなものを好きなだけ食べてもOK!

でも、そんな時、お菓子やカップ麺などを食べるより、もやしを食べれば効果抜群です。

特に早く痩せたいというのであれば、もやしダイエットなどの置き換えダイエットを取り入れつつGLP-1ダイエットを行えば効果的。もちろんダイエットの基本でもある運動を取り入れたり、炭水化物を少なめにするダイエット法との併用も可能です。

GLP-1メディカルダイエットでは注射薬でGLP-1を補うので、体型にかかわらずGLP-1の恩恵を受けることができますし、注射薬は医師が処方をするので、安全性も高いです。

お住いの近くに、GLP-1ダイエットを取り扱うクリニックがないという方でも、遠隔診療を利用して、この最新ダイエットにチャレンジすることができますよ。

fukabori_inchou
深堀院長
まずは無料カウンセリングを利用して、もっと詳しいお話を聞いてみませんか?

 

もやし
最新情報をチェックしよう!