やせるホルモンGLP-1で賢くダイエット!あなたの人生の肥満にもうさよなら

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

痩せホルモンGLP-1ダイエット2019年決定版!肥満の悩みを人生最後に

 

 

「最近話題のGLP-1って何?ダイエット効果があるって聞いたけど本当なの?もし本当なら、どんな効果があるのか知りたい。また治療方法や危険性についても知っておきたい」と思っているあなたへ。そこで今回は、GLP-1の基礎知識と特性、体内にGLP-1を増やす方法・危険性まで詳しく解説します。たしかにダイエット効果の高いGLP-1ですが、想像以上に驚きの効果を発揮してくれるんです。治療薬だけでなく食事からの摂取など、さまざまな観点からダイエットにアプローチできますよ。

やせるホルモンGLP-1とは

ダイエット効果が高いと話題になっているホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」といい、もともと体内にあるホルモンです。2型糖尿病に大きく役立つ治療薬として、医療業界で注目されています。

糖尿病になる要因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりするホルモンなのです。

【GLP-1が分泌されるまでのプロセス】

1、食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

4、すい臓のβ細胞内からインスリンが分泌される

つまりGLP-1とは、「血糖値の常称寺にのみインスリンを分泌させるホルモン」となります。それ以外にも、食欲を抑制するなど嬉しい効果があります。糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる、まるで救世主のようなホルモンなのです。

またGLP-1には、インスリンの分泌以外にもいくつもの効果があり、

・血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”の分泌

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・食べ物の胃からの排出を遅らせる効果

などがあります。

2.GLP-1の特性

高いダイエット効果があると言われるGLP-1ですが、具体的にどのような効果があるのか、それぞれ解説します。GLP-1は、痩せ効果はもちろん、健康を維持する上でも大切なホルモンなので要チェックです。

2-1.血糖値の上昇を抑える

前述したようにGLP-1には、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。血糖値とは血中の糖分濃度のことで、食事によって血糖値が上がると、GLP-1がインスリンの分泌を促進させます。ごはんやパン、麺、甘いものを食べることで血糖値は上がります。これらの過剰摂取によって血糖値の高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなり、さらに悪化すると、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞といった重大な病のリスクが高まります。GLP-1は、健康を維持する上でも大切なホルモンなのです。

2-2.食欲を抑える

GLP-1には、食欲を抑える効果もあります。GLP-1が体内に増えると、空腹感に襲われることなく食事量をコントロールでき、ゆるやかに体重が減っていきます。一方で肥満体型の人は体内にGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がついて体重増加」という悪循環に陥ってしまうわけです。そこでGLP-1治療を行うことで、悪いサイクルを断ち切ることができます。

3.GLP-1は体内で増やせる

GLP-1ホルモンがインスリンの分泌を促す仕組みGLP-1は、2つの方法によって体内に増やすことが可能です。その方法とは、「治療薬の投与」もしくは「食事からの摂取」になります。どちらもダイエット効果を期待できる上に、治療においても気軽に受けることができますよ。それぞれ詳しく解説していきます。

3-1.治療薬

GLP-1を増やす治療薬のことを「GLP-1受容体作動薬」といい、注射器を使って体内へと薬液を投与します。病院はもちろん、自宅でも自分で簡単に投与できる上に、つらい食事制限や激しい運動をする必要もなく、負担をかけずに体重を落とすことができます。また、ゆるやかに効果が出てくるので、リバウンドのリスクも軽減。身体への負担がとても少ないので、無理なくダイエットしたい人にはおすすめです。

・注射の頻度は?

治療薬を投与する頻度は、「毎日1~2回」もしくは「週1回」が一般的です。その人の体質に合わせて決められるので、お医者さんの指示に従うようにしましょう。また診察は基本的に病院で行いますが、なかには遠隔診察を行なっている病院もあります。治療については自宅でも可能で、誰でも使える注射器で投与します。

・注射器の種類は3つ

注射器の種類は3つあります。いわゆるノーマルな注射器で、薬液を吸い上げて体内へと投与する「シリンジ」、あらかじめ薬液が充填されていて機能性に優れる「ペン型注射器」、手間いらずでほぼ全自動での注射が可能になった「オートインジェクター」の3つです。

3-2.食事で増やす

GLP-1は、治療薬に限らず、食事からでも増やすことができます。なかでも、GLP-1を増やしてくれる食材がいくつあるので、それぞれご紹介していきますね。

・乳酸菌

腸にやさしいイメージのある乳酸菌には、GLP-1を増やす働きがあります。前述したようにGLP-1は最初に小腸で分泌されるホルモンなので、乳酸菌によって小腸が活発になれば、GLP-1がたくさん分泌されるわけです。乳酸菌を小腸に届けることで腸壁が刺激され、GLP-1が増えます。主にヨーグルトやキムチ、チーズ、味噌などですね。どれも日常生活でよく見かけるものなので、意識的に摂りたいところです。

・EPA(エイコサペンタエン酸)

主に青魚に豊富に含まれている「EPA」。正式名称は「エイコサペンタエン酸」といい、乳酸菌と同じく、GLP-1の分泌を促進してくれる働きがあります。またEPAには「必須脂肪酸」と呼ばれる、体内では合成できないものの健康に欠かせない成分のひとつでもあります。健康体を作るためにも大切な栄養素なので、ぜひ積極的に摂取しましょう。主にサバやマグロ、ブリ、イワシ、サケなどが代表的です。魚料理を毎日作るが面倒な人は、サバ缶やサケ缶がおすすめ。

・鉄分

GLP-1の増加には鉄分もおすすめです。鉄分にある「解毒作用」によって、腸内環境が改善され、GLP-1の分泌量が増えます。代表的な食材は、レバーや赤身のお肉、シジミなど。鉄分は貧血にも効くので、ダイエットに限らず、健康増進のためにも積極的に摂取しておきたい成分です。

4.GLP-1治療の危険性

医者の画像「効果はあっても副作用が心配…」と思っている人も多いはず。たしかに、絶対に何も起こらないとは言いきれませんが、万が一症状が起こったとしても、合成化学薬品のような副作用が出ることはありません。ただ、投与を始めると、以下の症状が起こる可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

4-1.胃腸の不具合

GLP-1治療の当初、便秘や下痢といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるもの。しばらく経つと症状は自然に消えますが、もし気になる場合はお医者さんに相談しましょう。

4−2.頭痛や吐き気

頭痛や吐き気が起こることもあります。これらは、感受性の高い人に起こりやすい症状です。胃腸の症状のように、しばらく経つと自然に消えていくので心配は不要です。

4-3.低血糖

治療薬の”単体での投与”なら問題ありませんが、糖尿病治療を行っている方で「SU薬」や「インスリン」を一緒に投与している場合は、低血糖を引き起こすことがあります。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸が出たり、手足が震えたりする症状があらわれます。そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった重大な症状を引き起こすこともあるので要注意です。低血糖は健康な人でもなり得ますが、特に薬物治療を行っている人は注意しましょう。

4-4.アメリカで承認されている

GLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認され広く知られています。日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けており、国が安全性を保証しています。薬の兼用のような特殊な例を除けば、「深刻な副作用をもたらすのではないか…」といった心配はいりません。

5.GLP-1治療のメリット

医者のおじいさんGLP-1治療にはどんなメリットがあるのでしょう。さまざまなメリットがありますが、治療薬は、今までダイエットに失敗してきた人にうれしい効果を発揮してくれます。いわゆる「ハードな運動や食事制限が苦手な人」にとってはメリットがたくさんあるのです。

5-1.ハードな運動をしなくてOK

ダイエット成功において必要不可欠なのが運動です。カロリーを消費するとなると、相応の運動量が必要になり、思った以上にハードな運動をしなければなりません。運動好きな人であれば良いですが、運動嫌いな人にとってはストレスが溜まる一方です。しかし、GLP-1の治療薬を使えば、そのような運動もしなくてOK。精神・肉体的に疲れることなく、自然に体重を落とすことができます。

5-2.辛い食事制限をしなくても痩せる

運動と並んで大変なのが食事制限ですよね。食べたいものを我慢してカロリーを制限すると、精神的に大きな負担がかかってしまいます。最近流行っている糖質制限なども同様です。そこで、GLP-1の治療薬を使うことで、食欲の抑制効果が働き、自然と体重が落ちていきます。無理のない範囲でのダイエットが可能になるわけです。

5-3.リバウンドしにくい体に

「ダイエットに成功しても毎回すぐに体重が戻ってしまう…」という人にもGLP-1による治療がおすすめです。体重・体型をキープできてこそ、本当の意味でのダイエットの成功ですよね。GLP-1の治療薬を投与すれば、ゆるやかに体重が落ちていくので、リバウンドもしにくくなります。急激に痩せて不自然な体型になることもありません。

 

やせるホルモンGLP-1ダイエットまとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、体内にGLP-1を増やす方法や治療方法・治療薬の危険性について解説しました。前述したように、GLP-1は、すでに人間の体内にあるホルモンなので、治療によって合成化学薬品がもたらすような副作用は出ません。食事からGLP-1を増やすこともできます。また治療薬は、今までダイエットに失敗してきた人、これからダイエットを始めたい人には効き目があるので、ぜひお医者さんに相談してみてくださいね。

バーベルを持っている
最新情報をチェックしよう!