インクレチンGLP-1で食欲を抑制するダイエット方法!

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

ダイエット業界に激震!GLP-1で食欲抑制して痩せる!

インクレチンというホルモンによる「食欲抑制作用」がGLP-1ダイエットの成功の鍵です。

 

ダイエットをする上で多くの方が悩まされているのが食欲。

ダイエットの効果が現れてくると「ご褒美にちょっと今日は食べようかな」なんて思ってしまって、ついついドカ食い、といった経験をしたこともあるのではありませんか?

 

食欲を抑えるのって本当に大変ですよね。

頭では分かっているんですよ。

ここで食べ過ぎたら、我慢してきた意味がなくなっちゃうってことが・・・。

 

それなのにどうしても食べすぎてしまい、結果としてリバウンド・・・。

 

問題は、いかにして食欲を抑えるか、ということ。

いままでは、サプリメントであったり、食べ物が青く見えるメガネを掛けてみたり、といったことを行った方も多いのではありませんか?

 

最近ではお腹の中で膨(ふく)れるというチアシードも話題になりました。

でもそんなものってほとんど効果ありませんでしたよね。

 

そこで登場したのがGLP-1メディカルダイエット!

GLP-1はホルモンであり、インクレチンの一種です。

主な機能はインスリンの分泌を促す作用なのですが、実は食欲に関わっていることも研究から明らかにされました、

 

要はGLP-1を摂取すれば食欲が抑えられる、ということ!

こちらではインクレチンの一種であるGLP-1と食欲抑制の関係性について詳しくお伝えします。

 

 

インクレチンGLP-1の基本説明

 

インクレチンGLP-1には以下の4つの特徴があります。

 

  • 小腸から分泌されるものである
  • 血糖値を下げる機能を補助している
  • 糖尿病の治療薬としてすでに利用されている
  • 欧米ではダイエット治療薬として用いられている

 

まずは分泌のメカニズムですが、食事をすると消化管に食べ物が入ってきます。

食道を通り、胃から腸へと送られることになります。

食べ物が小腸に到達すると、自然とインクレチンGLP-1が分泌されることに。

 

分泌されたインクレチンGLP-1は様々な部位に対して作用されることが分かっているのですが、そのメインは膵臓(すいぞう)に対するものです。

膵臓(すいぞう)では血糖値を下げる機能を持っているインスリンが分泌されていますよね。

そのインスリンを分泌させるように命令しているのがインクレチンGLP-1。

注射器のイラスト

血糖値に関わるということで、すでに糖尿病の治療薬として実用化されています(インクレチン製剤)。

糖尿病になると自力では血糖値が下げられなくなり、常時高血糖になってしまいます。

そこでインクレチンGLP-1を注射してインスリンが出るようにし、結果として血糖値を下げて健康状態を維持することに。

 

インクレチン製剤について日本国内では糖尿病治療薬として認可されています。

しかし海外ではすでにインクレチンGLP-1による効果が医学的にもしっかりと認められており、痩身治療薬として認可されているのです。

国内については保険適用外ではありますが、ダイエット治療に使うこと自体に問題はありません。

 

医療機関で処方してもらわなければなりませんが、ダイエット目的でも利用も認められています。

 

 

食欲を抑制すれば9割型ダイエットは成功!

喜んでいる女性4人

ダイエットの失敗原因の9割は食欲なので、食欲抑制が成功すればダイエットはほぼ成功です。

その食欲抑制に関わっているのがインクレチンGLP-1。

 

ではなぜインクレチンGLP-1を摂取すると食欲が抑制されることになるのでしょうか?

詳しくお伝えしていきますね。

 

インクレチンGLP-1による食欲抑制のメカニズム

 

GLP-1は脳にも到達し、満腹中枢を刺激することによって満腹感を高める機能があります。

 

インクレチンGLP-1は小腸から分泌され膵臓(すいぞう)にてインスリンの分泌を促す機能については説明しました。

しかしインクレチンGLP-1は膵臓(すいぞう)にしか作用しないのではありません。

研究結果からも分かっているのですが、脳にも作用しているのです。

 

以下、自治医科大学大学院医学研究科広報委員会の報告を掲載します。

 

摂食の統合中枢として知られる視床下部室傍核にGLP-1受容体拮抗薬を投与し、内因性GLP-1の作用を阻害したところ、ラットの摂食量が増加しました。これは、脳内のGLP-1が室傍核に作用して食欲を抑制していることを示唆しています。

 

出典:自治医科大学地域医療オープン・ラボ 2014 Nov特別号

 

要は、摂食に関わる部位である視床下部室傍核にインクレチンGLP-1を投与したところ、ラットの食事量が減った、ということです。

 

さらにこのように続けています。

 

室傍核には摂食抑制作用をもつ神経ペプチドであるCorticotropin-releasing hormone (CRH)、オキシトシン、ネスファチン産生細胞が存在します。ラット室傍核から単離した神経細胞にGLP-1を投与したところ、神経細胞内カルシウム濃度の増加が観察されました。免疫染色の結果、GLP-1によりカルシウム濃度が増加し活性化された室傍核神経細胞のうち、50%がCRH、44%がネスファチン、13%がオキシトシン産生細胞でした。

 

出典:自治医科大学地域医療オープン・ラボ 2014 Nov特別号

 

GLP-1を投与したところ、食欲に関わる部位の視床下部室傍核にあるCHR・オキシトシン・ネスファンチンのそれぞれを生み出す細胞のカルシウムの濃度が上昇した、と言っています。

そのカルシウム濃度の上昇が食欲抑制効果にかかわっているのではないか、という指摘です。

GLP-1による食欲抑制効果のメカニズムが分かるところまで研究が進んできている、ということ。

 

胃や腸からも食欲を抑制できるインクレチンGLP-1

 

胃や腸に長く食べ物をとどめておく作用もインクレチンGLP-1にはあります。

 

食事をしてから40分くらい経つとお腹が空いてくることもありませんか。

たくさん食べたはずなのに・・・。

 

消化吸収がスムーズだと、すぐに胃や腸から食べ物が排出されてしまうんですね。

それはそれで健康的な証拠とも言えるのですが、食欲から見るとマイナスであることは明らか。

胃や腸に食べ物がなければ、身体が勘違いしてまた空腹感がでてきてしまうのです。

 

「まだ食べられるかな」といった事も考えてしまいますよね。

 

そういった時にも活躍してくれるのがインクレチンGLP-1です。

インクレチンGLP-1を摂取すると、胃や腸の働きが弱くなることが分かっています。

弱くなる、といっても不健康なものではないので安心してくださいね。

 

インクレチンGLP-1が胃や腸に作用すると、食べ物の消化吸収機能が少しダウンすることが分かっています。

例えば胃であれば、胃液の量が減るので胃酸分泌が抑えられます。

胃酸の分泌が抑えられれば、腸に食べ物が送られるのがゆっくりとなりますよね。

 

腸においても排出機能が弱くなるので、長く食べ物が留まることに。

あ!決して便秘になりやすくなる、ということではありません。

排出されるまでに時間がかかるだけであって、便通には影響を与えませんよ。

 

胃や腸に食べ物がある状態が長く続くことになるので、満腹感が継続するのです。

食べてから少しでも長く満腹感が続けば、食後のデザートも食べませんよね。

 

食後のお菓子などが日課になっている人もいるでしょう。

それがやめられるだけでもダイエットになるとは思いませんか?

 

このようにインクレチンGLP-1の食欲抑制作用は脳からだけではありません。

胃や腸からも機能してくれているのです。

 

 

食事でも補助的に食欲抑制効果がある

 

「いくら食欲が抑制されるからといって注射をするのは怖い!」

「注射をせずにインクレチンGLP-1を増やす方法ってないの?」

 

より確実に効果があるのは注射によるインクレチンGLP-1の摂取ですが、食べ物でも分泌量が増える可能性はあります。

ただし過度な期待は禁物ですよ。

 

インクレチンGLP-1ってそもそも体質にも関わっています。

インクレチンGLP-1が分泌されやすい人であれば、食べ物を変えるだけでも効果があるかもしれません。

でも分泌量が少なくなっている方は、食べ物を変えたとしても体質が変わらなければ分泌量は増えません。

 

なによりインクレチンGLP-1の分泌量は肥満度によっても変わってきます。

 

  • 痩せている人・・・インクレチンGLP-1の分泌量が多い
  • 太っている人・・・インクレチンGLP-1の分泌量が少ない

 

なので、すでに太っている人が食べ物を変えたとしても大きな効果は期待できないのも事実。

現状で痩せている人が将来的に太らないために食事を切り替えて対処する、というのはおすすめですが、インクレチンGLP-1の分泌量がすでに少なくなっている方は素直に注射による痩身治療を受けましょう。

 

こちらではインクレチンGLP-1の分泌量を増やす作用があるとされる食べ物をいくつか紹介しますね。

 

食物繊維が多い食べ物

麻袋に入った大豆

  • 豆類・・・大豆・うずら卵・小豆・納豆・おからなど
  • 野菜・・ごぼう・ふき・セロリ・アスパラガス・キャベツなど
  • イモ類・・・こんにゃく・里芋・さつまいもなど
  • きのこ類・・・しめじ・しいたけ・えのきなど
  • 海藻類・・・寒天・ところてん・わかめなど
  • くだもの・・・バナナ・グレープフルーツ・みかんなど

 

食物繊維が多い食べ物ですが、腸を刺激する、といった機能があります。

食物繊維の中には腸内で水分を含んで大きくなり、腸壁に刺激を与えて活動を活発化させる作用があるのです。

GLP-1は腸から分泌されるので、食物繊維にはGLP-1の分泌量を増やす作用があるとされているのです。

 

ただ便秘気味の方って日頃の対策として食物繊維の多い食事をきちんと摂っている例が多いですよね。

でもなかなか痩せられないじゃないですか。

食欲も抑えられません。

 

なので高い効果があるとは言えないのです。

 

脂肪酸(EPAやDHA)が多い食べ物

 

  • アジ
  • 穴子
  • うなぎ
  • イワシ
  • カツオ
  • さんま
  • サバ
  • マス
  • ニシン
  • ヒラメ
  • ブリ
  • マグロなど

 

青魚に多く含まれているのがEPAやDHAと呼ばれる脂肪酸です。

健康的な作用があるということで昔から注目されていますよね。

EPAやDHAが含まれているサプリメントもあり、ドラッグストアに行くと見かけます。

 

脂肪酸ですが、小腸を刺激する機能があるとされています。

小腸を刺激して糖分の吸収を抑えるホルモンであるGLP-1の分泌を促します。

 

しかし毎日青魚を食べるというのも簡単ではありません。

缶詰などで食べる方法もありますが、毎日魚というのも飽きてしまいますよね。

 

効果についてもいくつかの論文で取り上げられている程度であり、確実な効果があるとまでは言えないのが現状なのです。

 

食事に青魚を取り入れるのは問題ありません。

しかしGLP-1分泌のために食べる、というのは少し非効率な方法と言わざるをえません。

 

乳酸菌が含まれる食べ物

 

  • 納豆
  • キムチ
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬物
  • 乳酸菌飲料など

 

発酵食品に含まれる成分の一つです。

乳酸菌には整腸作用があるので、結果としてGLP-1を分泌している小腸を活性化する、ということです。

 

しかし発酵食品を食べたからといってGLP-1が直接的に増えることはありません。

あくまで腸内の善玉菌を優勢にしてくれるのが乳酸菌の働きのメインです(善玉菌の一つが乳酸菌です)。

 

よって体質的にGLP-1の分泌量が減ってしまっている方には効果がないと考えられているのです。

 

まずは注射によるGLP-1メディカルダイエットを行い、体質的にGLP-1の分泌量が増えるようにしましょう。

分泌量が増えてから乳酸期の食べ物を積極的に摂取して、リバウンドしないように気をつけるべきです。

 

 

糖尿病予防やその他生活習慣病も予防

ヨガをしている健康的な女性

インクレチンGLP-1による食欲を抑制するダイエットでは糖尿病を予防する事もできますし、その他の生活習慣病を予防する機能もあります。

単にダイエットの機能だけがあるわけではありません。

 

そもそもインクレチンGLP-1には血糖値を下げるインスリンの分泌を促す作用がありますよね。

その機能によって高血糖を防ぎます。

さらに肥満の原因ともなる、急激な血糖値の上昇まで抑えてくれるわけ。

 

糖尿病に関してはインスリンの分泌量が少なくなり血糖値が上がったままになるから発症してしまいます。

しかしインクレチンGLP-1で食欲を抑制するダイエットによる治療を受けていれば、インスリンの分泌をサポートしてくれることに。

よって糖尿病が予防できるのです。

 

その他の生活習慣病の予防もできるのがGLP-1。

メタボリックシンドロームって、単に太ってる方だけのことを指しているわけではありませんよ。

 

肥満プラス

 

  • 高コレステロール
  • 高血圧
  • 高血糖

 

の3のうち2つ以上に該当する場合はメタボとされてしまいます。

その高コレステロールや高血圧、さらに高血糖の予防にもGLP-1は関わっています。

 

そもそもGLP-1には食欲抑制効果がありますよね。

食べる量が減ればコレステロール値も下がります。

血圧も基準の範囲内になるかもしれませんし、血糖値も下がるのはもちろんのこと。

 

GLP-1ダイエットを行えば寿命が伸びるかもしれないのです。

 

GLP-1専門医、深堀医師のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生

食欲が抑えられなくて痩せられなかった経験がある方でも、GLP-1であればダイエットの成功確率がぐんとアップします。

 

GLP-1のすごいところは、脳の満腹中枢に直接働いてくれるところ。

満腹感を作り出してくれるので、食べ過ぎを防ぎ摂取カロリーを引き下げてくれるのです。

 

注射による治療方法が最もおすすめであることは間違いありません。

体に直接GLP-1を補充することで、膵臓(すいぞう)だけでなく、脳にまでしっかりと作用してくれるからです。

 

食品からGLP-1を増やす方法もありますが、どれも確実なものではありません。

GLP-1の分泌機能は人によって強かったり弱かったりします。

すでに太っている方は分泌機能が弱いので、食品程度では分泌量は増えないのです。

 

まずは医療のチカラでGLP-1を増やしましょう。

ダイエットに成功して痩せやすい体質になってきたら、GLP-1注射から食品による対策に切り替えるのもありですよ。

食べ物の盛り合わせ
最新情報をチェックしよう!