コンビニおでんダイエットに失敗しない食材とアレンジレシピで痩せる!

こちらの記事もおすすめします。

おでんダイエットに失敗した真の理由!スーパーやコンビニで買えるローカロリー食品の落とし穴

コンビニの人気メニューでもあるおでん。

実は具材の選び方ダ次第でダイエットになることをご存知ですか?

おでんの置き換えダイエットで痩せられた人は意外と多いのです。

もちろん、ただ好きな具を選ぶのではダイエットに失敗してしまうのですが…。

そこで今回は、コンビニおでんダイエットに失敗しないおでんの具の選び方を解説します。

また、おでんを使ったアレンジレシピなどもご紹介していきますね。

コンビニおでんでダイエット出来る食材5選

コンビニのおでん

おでんの具の中でダイエットに向いている食材は何だと思いますか?

コンビニおでんは具材が豊富で、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

その中から、ダイエット出来る具を選ぶのなら、

  • 大根
  • こんにゃく
  • はんぺん
  • 牛すじ串
  • しらたき

の5つがおすすめです。

これらの共通点はみんな低カロリーであること。

また、それぞれに便秘の解消、デトックス効果、満腹感といった長所があるのです。

大根には水分量が豊富で食物繊維も含まれていますから、お通じの改善に役立ちます。

こんにゃくやしらたきは、デトックス効果でお腹をきれいにしてくれます。

はんぺんと牛すじは食べ応えがある具材で、高たんぱくなのが魅力。

特に牛すじはダイエット中避けがちな肉ですが、カロリーは27~40kcal程度と低めなのです。

肉を食べられる上に低カロリーで栄養満点なのは嬉しいですよね。

おでんダイエットで失敗した人の事例

おでんダイエットで失敗した人

良いこと尽くめなイメージのおでんダイエットですが、実は失敗してしまった人もたくさんいます。

ここでは、おでんダイエットに失敗した人はなぜ失敗したのか…事例を挙げてご紹介します。

汁を飲み過ぎた

おでんは出汁がしっかりしているため、汁まで美味しくいただけますよね。

しかし、この汁を飲み過ぎるとダイエットには良くないのです。

なぜなら、おでんの汁には塩分が多くふくまれているからです。

汁まで飲んでしまうと塩分の摂取量が過剰になるので、その結果、顔や手足のむくみに繋がります。

おでんは具材に十分汁が染みていますから、具を食べるだけでもいくらか塩分を摂っていることになるため、汁は極力飲まないようにしましょう。

味噌で太った

おでんに味噌を付けて食べるのも美味しい食べ方の1つです。

しかし、具に味噌をたっぷり付けたことで、ダイエットにならなかった人もいます。

その理由は味噌も塩分の高い食品だからです。

味噌は、適度に付けるのなら腸をデトックスする効果もあるため、便秘解消に良い食品です。

でも、お砂糖もたっぷりですし、付け過ぎるとむくみやカロリーオーバーの原因になるため、程々にしておくことがポイントです。

もち巾着、ちくわぶ、さつま揚げなど気にせず食べた

おでんの具材の中でも、もち巾着、ちくわぶ、さつま揚げは高カロリーな食材です。

1つ食べただけでも、100kcal以上あるので、これらをたくさん食べてしまうとカロリー摂取量が増えてしまい、ダイエットは出来ません。

どうしても食べたい時は一つだけ高カロリーの具にして、残りの3~4種類を大根やこんにゃくなどの低カロリーの具にすると良いでしょう。

コンビニおでんダイエットに成功した人の事例

コンビニおでんダイエットに成功した人

おでんダイエットは食材の選び方次第で結果が変わります。

ここからは、コンビニおでんダイエットで成功した人の事例を紹介していきます。

一食をおでんに置き換えた

コンビニおでんダイエットに成功した人は、食事の置き換えを行っています。

うまく行った人の多くが夕食に置き換えていました。

仕事帰りはどうしても夕食が遅い時間になりがちですし、おまけにお腹も空いています。

しかし、夜は普通にご飯を中心としたメニューを食べると太りやすくなる時間帯。

そこで、この時間におでんを置き換えるのです。

おでんは低カロリーで食べ応えもバッチリ!

たくさん食べなくても満足感が得られます。

おでんを主食にした

おでんダイエットに成功した人の口コミを見ると、ご飯や麺などの炭水化物の代わりにおでんを食べていた人もダイエットがうまくいった傾向があります。

おでんは、炭水化物よりカロリーが低い上に野菜やたんぱく質も摂れるため、栄養バランスも安定しやすいのです。

また、結構な満足感も得られるため、主食にもぴったりかもしれませんね。

コンビニおでんダイエット成功の秘訣は、おでんを主食にすることのようです。

自作で飽きないアレンジをした

置き換えダイエットを続けるには、置き換えている食べ物に飽きないことも大切ですよね。いくらおでんが好きな人でも、ずっとそればかり食べていたらさすがに飽きてしまうでしょう。

そこで、おでんをそのまま食べるのではなく、自分でアレンジする方法があります。

おでんダイエットに成功できた人の多くは、時々おでんを別の料理にアレンジして食べていました。

そうすることで同じメニューが続くのを避けられますし、美味しく食べ続けることが可能になるのです。

確かに、おでんが違うメニューになれば、飽きることなくダイエットを続けられますよね。

自作おでんダイエットレシピ

野菜と包丁と鍋

おでんダイエットを飽きずに続けるには、おでんのアレンジがポイントになります。

とは言っても、なかなかアレンジの方法が思い浮かばないという方もいるのでは?

ここでは、おでんを使ったアレンジレシピを3つ紹介します。

おでんの残り大根でステーキ

【材料(1人分)】
おでんの残り大根2つ
マヨネーズ大さじ1
カレー粉少量
青ネギ少量
【作り方】
  1. フライパンを熱し、油を適量引きおでんの大根を両面焼きます。
    しっかり焼き色が付くまで炒めることがポイントです。
  2. マヨネーズとカレー粉を混ぜ合わせます。
  3. 炒めた大根の上に混ぜたマヨネーズとカレー粉を乗せ、トースターで色が付くまで焼きます。
  4. 焼き色が付いたら、青ネギを散らして完成です。

おでんの大根は味が染みていた方が美味しく仕上がるため、2日目以降のものを使うのがおすすめです。

カロリーが低く食べ応えもある大根がより満足感のあるメニューに変身しましたね!

おでんリメイク筑前煮

【材料(1人分)】
おでんの具適量
½個
黒ごま少量
ちくわ1本
こんにゃく30g
大根30g
ごぼう30g
焼き鳥缶(たれ)小½
【作り方】
  1. 卵に黒ごまを振りかけて、ちくわは半分にカットして手前からしっかり巻いて串を指します。
  2. おでんの具は全て1.5㎝角に切り、焼き鳥缶と一緒に炒め煮にします。
  3. あとは器に盛りつけて完成です。

おでんにちょっぴりアレンジを加えるだけで、全然違う料理になりました。

煮物はダイエット中でも満足感を得られるレシピです。

低カロリーで栄養バランスも良いので、是非試してみてくださいね。

残り物アレンジ☆おでんカレー

【材料(1人分)】
おでんの具適量
おでんのだし汁適量
カレールー適量
【作り方】
  1. おでんとカレールーを用意します。
  2. おでんの具に火を通していきます。
    この時、だし汁が少なければ水を足します。
  3. 沸騰したら、火を弱めてカレールーを入れます。
  4. カレールーが溶けて全体にとろみが付いたら完成です。

おでんの具にはだしがしっかり染み込んでいるため、通常のカレーのように煮込まなくても十分美味しく出来上がります。

カレーは意外にもおでんの具とも相性が良いので、おでんの味に飽きてきたら試してみたいメニューですね。

おでんだけではどうしても続けられない人は?

チェックポイント

おでんダイエットに成功して、痩せることができた!という人はたくさんいます。

しかし、失敗してしまった人もいます。

おでんはご飯や麺に比べると腹持ちが悪いので、食べても空腹感があり、空腹感が気になって食欲が抑えられず、食べ過ぎてしまいかえって太るという人も…。

ダイエットでは、食欲を抑えるということがとても重要なのですが、なかなか抑えられないという厳しい現実があることも事実です。

しかし、この食欲を抑えるダイエット方法あります。

それこそが、最近話題になっている痩せホルモンを用いた「GLP-1ダイエット」です。

GLP‐1とは、人間誰もが持っているホルモンで血糖値に関わっています。

糖尿病の治療にも使われていて、食欲を抑える働きがあります。

そして、GLP‐1は、食べ物の消化を遅くすることで、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果が期待でき、自然に食欲を抑えることが可能に。

結果、食べ過ぎを防ぐことができ、痩せる効果が期待できるのです。

さらにGLP‐1は、痩せている人程多く分泌されるという特徴があります。

つまり、一度痩せ始めるとどんどん痩せやすい体になれるといわれているのです。

すなわち、リバウンドがありません。

ダイエットは停滞期に入って結果が見えなくなると、続けていくのが辛くなってしまうという人も少なくないでしょう。

食欲を抑えるのも、無理が重なればストレスがたまり、イライラが募って暴飲暴食に走りやすくなります。

でも、GLP‐1ダイエットなら、自然な食欲抑制が期待できるので、心身共に負担が少なく健康的に効率良く痩せられるというわけです。

痩せホルモンであるGLP‐1を体内に増やすことは、根本的な肥満の解決にも繋がります。

せっかく頑張っても失敗しやすい食事制限や、辛い運動によるダイエットよりも、ずっと効率的で確かなダイエット法だといえるでしょう。

おでんダイエットと併用したい肥満治療

GLP-1専門医の深堀純也先生

おでんダイエットと、上記でご紹介した最先端の「GLP‐1ダイエット」を一緒に行うのもおすすめです。

食欲そのものをコントロールすることができれば、おでんの置き換えダイエットもストレスなく続けることが出来るからです。

また、GLP‐1ダイエットは、医師の診断のもとで行うので確実で安心です。

置き換えダイエットで結果が出せず悩んでいる
GLP‐1ダイエットに関心があり、チャレンジしてみたいと思っている
GLP-1ダイエットについてもっと詳しい情報を知りたい

というは、記事の下にあるクリニックのHPもご覧になってみてくださいね。

 

 

コンビニおでんダイエットに失敗しない食材とアレンジレシピで痩せる!
最新情報をチェックしよう!