バターコーヒーで太った!断食ダイエットで失敗した体験者の生の声

突然ですが、あなたはバターコーヒーダイエットをご存知ですか。

名前くらいは聞いたことがあるけれど、「コーヒーにバターを入れるなんてギトギトで気持ち悪いのでは…」と思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、この飲み物を「完全無欠コーヒー」と呼び、このコーヒーを飲むことによるダイエット法を推奨した本が、2015年に出版されました。

デイヴ・アスプリー著『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(ダイヤモンド社)です。

この本の出現により一躍、注目を集めることとなったバターコーヒーですが、こんな脂分たっぷりのコーヒーを飲んで、本当にヤセられるんでしょうか…。いろいろ検証していこうと思います。

また、近年注目されている新たな「失敗しないダイエット」のご紹介もしていきますので、最後まで、是非チェックしてくださいね。

バターコーヒーで太った体験者の生の声

体重計に乗る

バターコーヒーって、カロリー高そうですよね?こんなものを飲んで本当にヤセるのでしょうか。

まず、バターコーヒーとは何か?ということについてご紹介します。

バターコーヒーはどのような飲み物なのか理解を深めた後に、体験者の声をご紹介していきますね。

バターコーヒーについて

バターコーヒーの作り方や特徴をご紹介します。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者は、「完全無欠コーヒー」のレシピを下記の通り公開しています。

完全無欠コーヒー公式レシピ
【材料】
アップグレード・コーヒー豆で淹れた
熱々のコーヒー
1杯
グラスフェッドの無塩バター大さじ1
ブレインオクタンオイル
(C8・MCTオイル)
大さじ1

(参照:『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』)

あまり聞いたことのない材料が並びますね。

調べてみたところ、「完全無欠コーヒー」公式で使っているコーヒー粉はAmazonで売っていましたが、12オンス(340グラム)で5000円以上と、かなり高額です。

この本には、一般的に入手できる材料を使った通常のバターコーヒーのレシピも載っていましたので、そちらも紹介しますね。

バターコーヒー基本レシピ
【材料】
良質の豆で淹れた熱々のコーヒー1杯
良質の無塩バター大さじ1
ココナッツオイル大さじ1
【作り方】
  1. コーヒーを淹れるのにはなるべく金属プレスを使う。
    フレンチプレスが望ましい。抽出する前にブレンダーを熱湯で温めておく。
  2. コーヒーを淹れたらブレンダーのお湯を捨て、コーヒー、無塩バター、ココナッツオイルを入れる。
  3. ブレンダーにフタをして、ラテのように泡がこんもり上にたまるまでブレンドしたら出来上がり

※ブレンダーがない人はハンドミキサーで代用できるが、ブレンダーのようなたっぷりの泡は作れない

コーヒーを淹れるための装備もいろいろと必要なんですね。

そして気になるバターコーヒーのカロリーは…

  • コーヒー(150ml):6kcal
  • 無塩バター(大さじ1=12g):92kcal
  • ココナッツオイル(大さじ1=12g):111kcal

一般的なものを使った場合、全て合わせて、209kcalでした。

それでは、この飲み物を使ったバターコーヒーダイエットで本当に痩せることはできるのか!?

体験談をご紹介していきますね。

糖質オフせずにバターコーヒーを取り入れた人の体験談

朝、バターコーヒーを飲むとヤセる!そう聞いて飛びつきました。

今はファミマでも売っているので、それを毎朝買って。

思ったよりも味に抵抗がなくて、昼も夜も飲むようになりました。

食事は、普通に摂っていました。

2ヶ月試しましたが2キロ増えてしまいました…。

脂分が多すぎるのか、何度か下すようなこともありました

このダイエットは、普段の食事を糖質オフ(ローカーボ)にして、断続的なファスティングを続けた上で、朝食をバターコーヒーにすると痩せますよ。というものです。

具体的にどのような食事制限を行うのか…というと、以下の通りです。

【バターコーヒーダイエット2週間プログラムで摂って良い炭水化物】
  • 毎日30グラム以下(白米のごはんの場合、お茶碗半分程度)
  • 週に1回は100~150グラム程度(ごはんお茶碗2~3杯)摂って良い
【断続的なファスティング】
  1. 1日おきに断食する
  2. 毎日18時間ファスティングする(19時にディナーを摂ったら、次の食事は13時のランチまで食べない。ただし、バターコーヒーは飲んで良い)

ファスティングについては、(1)か(2)を実践する

このように見てみると、バターコーヒーダイエットってただ飲むだけでは痩せないんですね。

しかも、かなりキツいダイエットなんです。

ここまで食べなければ、バターコーヒー使わなくてもヤセるんじゃない?と、私は思ってしまいました。

そもそも著者は、痩せて健康になることに加えて、IQをアップさせることを目的としてこのダイエットを提唱しています。

なので、バターコーヒーを飲めば痩せるらしい…という安易な考えと行動では、実を結ばないのかもしれません。

先ほどご紹介した体験者も、お腹を下すこともあったのに…ただ飲んでいるだけでは結果的に太ってしまい、大失敗しています。

それでは別の人の体験談を見てみましょう。

材料が手に入らず身近なものを使って挫折

本を読んで感銘を受け、実践することにしました。

やるからにはきちんと材料を揃えよう…と。

でも、どれもものすごく高いんです。

それに、日本では手に入りづらいものばかり。

グラスフェッド(牧草飼育)のビーフとか、スーパーで牛肉を買おうと思ったら選べないですよね。

そこまで売り場で記載されていないし…。

だんだんキツくなってきて、それでも何とか手に入るもので食事を作り、ファスティング含め実践しましたが、ヤセませんでしたね。

特に太りもしなかったんですが…。

これだけ一生懸命やってもヤセなかったのがショックで、やめてしまいました

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者デイヴ・アスプリーが、「公式のアップグレード・コーヒー豆が手に入らない場合の、良いコーヒーを選ぶ『基本ルール』として提唱しているのが「第一段階:ご近所でいちばんの高級店に行くこと」。

とにかくコーヒーでも調味料でも何でも、最高のものを選ぶことを勧めています。

安価なものには理由があります。

材料の質が悪く、それをごまかすために添加物を加えている。

このようにして作られた加工食品に栄養はなく、体と脳に炎症を起こさせ、低パフォーマンスにさせるとのこと。

まさに、正論!といったところですが、著者は、もともとシリコンバレーの億万長者。

我々庶民がこれを実践していたら、破産してしまいますよね。

ですが、「できる範囲で」やっても成功しないのがこのダイエット。

著者はこう述べています。

「『何事もほどほどに』では、ほどほどのパフォーマンスしか得られない。中庸を拒んで、もっと素晴らしい目標を掲げよう」

私たち日本人は、何かに突出することをあまり好まず、ほどほどを好む傾向にあります。

ナアナアで済ませがちな習慣にどこまで立ち向かえるかが、成功に関わってくるようですね。

バターコーヒーダイエットで失敗しない正しい方法

バターコーヒーを飲みながら仕事をする人

ここで、公式が提唱している「1日0.5キロずつ痩せる2週間プログラム」をご紹介します。

2週間プログラムをはじめる前に準備すること
  • 家にあるハイリスクな食品(お菓子や加工食品、炭酸ジュース、パン等)を捨て、良質な食材を(ネットと地元の農家直売店などから最高の食材を選んで)補充する
  • あなたの「ハイリスク食品(良しとされている食材でも、自分に合わないものはハイリスク食品となる)」をつきとめる。
    食品過敏症のほぼ完全なリストを入手するには、食物アレルギーを調べる血液化学検査を受ける
  • 夕食は昼食から6時間「以内」にとれるようにスケジュール調整する
2週間プログラムで食べるメニュープランを実施
  • 朝食

完全無欠コーヒー、または公式が推奨する飲み物を飲む

  • 昼食

公式が示す「完全無欠ランチ(たんぱく質はサーモンや玉子が中心。それにたくさんの野菜で構成された9つのメニュー)」から一品選んでお腹いっぱい食べる

  • 夕食(ランチの5~6時間後に食す)

公式が示す「完全無欠ディナー(牛肉・豚肉、子羊が中心で構成された8つのメニュー)」から一品、野菜の付け合わせ、完全無欠デザートを合わせて食べる

合わせて断続的なファスティングを実施する

これが、公式が出している「失敗しない方法」です。

これをかなり「忠実に」実行できた方の中には、ダイエットに成功し、頭も冴えるようになったという報告が出ています。

バターコーヒーダイエットが危険とされる理由

頭を抱える女性

バターコーヒーダイエットを何となくやっていた・・という人も多いかもしれません。

なので、この記事を読んで成功するためにはバターコーヒーそのものよりも、それ以外の制約についての内容が印象深い、そんなの聞いてないよーと思った方も多いかもしれません。

でも、そもそもバターコーヒーダイエットというのは、「糖質オフ」「断続的なファスティング」がベースになっており、バターコーヒーを飲むのはそれを乗り越えるため、という理解が正しいのです。

先ほど「中庸を拒む」とあったように、かなり過激なダイエット方法であるバターコーヒーダイエットですから、危険もあるのかも?しれません。

実際、体験者の方では気分が悪くなる、めまいがする、お腹が緩くなるなどの症状が出てしまったという人も少なくありません。

そこで、バターコーヒーダイエットに危険はないのか、見ていきます。

安易な断食・食事制限は危険

このダイエットを実施すると、今まで食べていた食べ物の中の多くを、いきなり摂らなくなるようになります。

それによって一時的に体調をくずしたりすることもあるはず。

きちんと体の声に耳を傾け、合わないと思ったらきっぱり止めることも大切です。

また、普段薬を飲んでいる方などは、朝食ぬきは危険。まずは治療に専念しましょう。

盲信と恐れは危険

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の内容は、あくまで、ある一人の人間が体験した事実に基づいて書かれています。

そして、臨床試験などは行っておらず、あくまで食材の合う、合わないも個人の判断に委ねているのが特徴です。

ですが、内容は禁止事項と独断に満ちていて、読み込むほど、今まで食べていたものが毒に思えてきます。

「これさえやっておけば安心」という盲信と、「これとこれは体に悪いから…」という恐れは健康的ではありません。

楽しんでできない場合は、すこし元の生活に戻ってみることも良い選択でしょう。

バターコーヒーよりも食欲を抑える方法

手を握る医師

バターコーヒーも結局は、食欲と空腹をコントロールするためのアイテム。

そして、ダイエットは全て食欲との戦い、ということがわかりました。

もし、食欲が自然に抑えられたら、自発的に、体に良い食材を選択していけるようなるはずですし、健康的な食べ方もできるはずですよね。

そこでご紹介したいのがGLP-1ダイエットです。

「GLPー1」というホルモンは、私たちの体(小腸)に必ずあるもので、食べ物が腸にやってきたことを察知し、教えてくれるホルモン。

このホルモンを薬にした注射薬(GLPー1受容体作動薬)が今、肥満治療薬として注目されているのです。

GLP-1専門医のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生

GLP-1受容体作動薬を使ったクリニックは既にいくつかあるようですが、当サイトがおすすめしているのは「東京GLPクリニック」です。

信頼できるポイントとしては、以下の2つが挙げられます。

  1. 院長先生がメディアに顔出しをされていること
  2. 医療科目がGLP-1ダイエットに特化していること

特化することで、サポート体制も万全になりますし、頼れる味方になってくれそうです。

ダイエットをしたいけれど食欲がどうしても抑えられない…

どうしても痩せたいんですけど、リバウンドするんです…

どうしたらいいんですか!?

という悩みをお持ちの方は、記事の下のバナーをクリックして、深堀先生に相談してみてはいかがでしょうか。

バターコーヒーで太った!断食ダイエットで失敗した体験者の生の声
最新情報をチェックしよう!