フルーツダイエット1ヶ月実践記!失敗しない方法と口コミ

こちらの記事もおすすめします。

フルーツダイエットに失敗!逆に太った?理由は消化の仕組みだった!

どうやらフルーツを食べると痩せるらしいという情報を手に入れました。

調べてみるとフルーツならなんでも食べてOKだそうです。

果物が元から大好きな私にとってぴったりなダイエットだ!と早速実践することに。

期限は1か月!体重は3キロ痩せる!を目標に、フルーツダイエットを始めてみました。

フルーツダイエットを1ヶ月実践!

フルーツダイエットを1ヶ月実践!

フルーツダイエットなら果物を食べるだけで痩せるはず!と私は意気揚々とフルーツを食べ続けたのです…。

結果を先にお伝えします。

失敗しました。

逆に太りました。

果物が好きで沢山食べて痩せる!

フルーツダイエットについて調べていくと、フルーツにも色々な種類があることが分かりました。

水分量が多いフルーツ、ビタミンやミネラルが多いフルーツ、そして食物繊維が多いフルーツ。

このフルーツをバランスよく食べれば痩せられるはず!と私は食事をすべてフルーツに変えてとにかく食べまくりました。

特にグレープフルーツやいちごならカロリーも低いのでたくさん食べました。

でもなぜか痩せないどころか体重が増えてきたのです。

1週間目で1キロ増加

朝昼夕の3食をフルーツに置き換えて1週間が経ちました。

体重計に乗ったらありえないことに1キロ増えていました。

なんで!?

なにかやり方を間違えている?

私は比較的カロリーの多いバナナを止めてみました。

バナナってカロリーが高い…これが失敗の原因かも知れないな…。

そんな感じでバナナだけNG食材にしてフルーツダイエットを続けました。

1ヶ月で5キロ増加

そんな感じで私はバナナを食べないことを新たな条件にしてフルーツダイエットを1か月続けました。

目標は3キロ減!毎日体重計に乗っているとちょっとした変化が気になってしまうし、1週間目で1キロ増えたのは大分落ち込んだので、体重計には乗らないことに決めました。

そして、とうとうフルーツダイエットを始めてから1か月が経ち、私は意気揚々と体重計に乗りました。

そこには驚きの数字が…え、5キロ増えている!?

何度乗っても5キロ増えていました。

そういえばスカートのウエストがきついかも…?

でも、なんで失敗したのかその時の私には分かりませんでした。

何故フルーツダイエットは失敗するのか?

何故フルーツダイエットは失敗するのか悩む女性

こんな感じで、私のフルーツダイエットは1か月で3キロ減!という目標が達成できなかったばかりか、5キロ体重増加で幕を閉じました。

なぜ失敗したのか、私なりにその理由を考えてみました。

そして、このように工夫すればフルーツダイエットも成功したかも、という分析もしてみました。

他のものを食べ過ぎてしまった

フルーツダイエットで3食フルーツだけで過ごす!と意気込んでみたものの、お食事や飲み会のお誘いなど、付き合いもありますので参加していました。

フルーツばかり食べてうんざりしていた私は普通の食事が嬉しくって、いつもより多く食べ過ぎていてしまったことに気づきました。

飲み会ではお酒を飲むと炭水化物が欲しくなりますよね。

なので、普通に麺類など締めに食べていました。

揚げ物も美味しかった。

といっても外食は週1くらいでしたよ。

カロリー的には過剰摂取ではないはず。

でも、結果的に太ったということは、フルーツだけではなく、他のものもたくさん食べたのが失敗の原因だったと思います。

甘さばかりで飽きてしまう

フルーツの自然な甘さが大好きな私。

フルーツならいくらでも食べられる!と意気込んでフルーツダイエットを始めた私ですが、やはり毎食フルーツを食べていると飽きてきてしまいました。

甘党な私でもしょっぱいものが食べたくなりましたし、肉や魚などタンパク質を身体が求めていましたね、今思い返せば…ですけれど。

選ぶべきフルーツによって効果が変わる

私はフルーツダイエットを始めて1週間目に1キロ太ってしまったことが本当にショックで、バナナを食べるのを止めたのですが、これがいけなかったのかなとも思っています。

バナナはフルーツの中ではカロリーが高いとはいえ、お腹に溜まりやすいので満腹感が得られます。

食物繊維も多いので便秘解消にも役立ちますしね。

そういえば、フルーツダイエットを実践していた1か月間は慢性的な便秘に悩まされました。

これは、フルーツ選びに失敗してしまったということですよね。

昼、夜にどか食いしてしまう

私は1食置き換えでフルーツダイエットをしていたわけではなく、3食をフルーツに置き換えるという、今思うと危険な方法を取っていました。

朝はグレープフルーツを1個、昼はいちごやオレンジ、キウイ、りんごなど比較的簡単に手に入るものを食べていました。

夜はちょっと豪華にパイナップルやイチジク、桃とかそんな感じのフルーツダイエットをしていましたが…いくら水分の多い果物でも食べ過ぎたら太ります。

後から知ったのですがイチジクの1個のカロリーは45カロリーもあるそうで…私イチジクをたくさん食べていました。

後、フルーツしか食べてないせいか、常に空腹感があり、昼と夜…特に夜かな、ドカ食いをしてしまうこともありました。

ちょっとお菓子食べるくらい平気だよね、とか言い訳をして食べていたことも失敗の原因ですね。

フルーツダイエットは2通りの方法がある

フルーツダイエットをする女性

ひとくちにフルーツダイエットといってもやり方は2通りの方法があります。

1つは私が行ったように3食すべてをフルーツに置き換える方法。

プチ断食とも言われています。

もう1つは3食のうち1食だけフルーツに置き換える、といった簡単な方法です。

置き換え

私みたいに今すぐに痩せたい!という人ではなければ、長く続けられる1食をフルーツに置き換える、という方法をおススメします。

もしくは食事の前にグレープフルーツを食べて食欲を抑える、という方法もありますよ。

グレープフルーツの匂いは食欲抑制効果が期待できると話題になったこともありましたよね。

この方法のほうが長く続けられますし、ストレスも少ないです。

ただ、1食だけ置き換えるフルーツダイエットでは効果が出るのが遅いです。

半年から1年のスパンで続けられる、という人には向いていると思います。

断食

私が行ったフルーツダイエットはこちらの「断食」です。

3食をフルーツにするのですから、プチ断食と同じです。

フルーツにはデトックスに効果的な酵素が豊富ですし、抗酸化作用によって代謝が良くなり、体質改善にも役立ちます。

フルーツダイエットの途中、デトックスによる好転反応も見られました。

好転反応というのは断食により老廃物が身体から出ていく過程で身体がだるくなったり、頭痛が出てしまうことです。

ここでびっくりしてフルーツダイエットによるプチ断食を止めてしまうと、せっかくのデトックスが台無しになってしまうので、好転反応だと前向きにとらえて続けることが大事です。

正しく行えば健康に痩せられる

フルーツダイエットは方法を間違えなければ、ちゃんと効果が得られますし、健康的に痩せることが出来ます。

私のようにあまり事前に詳しく調べずに、とにかくフルーツだけを食べれば痩せられる!と勘違いをしてフルーツ選びに失敗したり、ドカ食いをしてしまわなければ…痩せられたはずなんです!

フルーツダイエットで得られる効果

フルーツ

ここからは、フルーツダイエットを行うことのメリットを紹介しますね。

フルーツには酵素、抗酸化作用などダイエットに効果的な成分がたくさん含まれています。

この成分を摂取することにより身体の代謝がよくなり、痩せやすい体になる効果が期待できるのです。

ビタミン

皆さんご存じのとおり、フルーツにはたくさんのビタミンが含まれています。

ビタミンをたくさん摂取すれば、美肌になれるといわれていますよね。

野菜などにもビタミンはたくさん含まれていますが、特にビタミンCは加熱することによって減少してしまいます。

その点フルーツは生のまま食べられますので、ビタミンもダイレクトに摂取できて美容面だけではなく風邪の予防にも役立ちます。

食物繊維

フルーツは食物繊維が豊富です。

特に食物繊維が豊富なフルーツは、みかん、イチジク、グレープフルーツ、いちご、バナナなどがあります。

食物繊維をたくさん取れば便秘解消に役立ちます。

便秘が解消すれば、ダイエットにもつながりますし、糖尿病の予防、コレステロール値の減少、血圧の低下など健康になる要素もたくさんあります。

果物を食べる時は薄皮をむかずにそのまま食べた方が更に食物繊維を摂取できますから、みかんやグレープフルーツは薄皮ごと食べるようにしましょうね。

ポリフェノール

ポリフェノールってよく聞きますが「詳しくは知らない」という人も少なくないのではないでしょうか。

簡単に説明しますと、ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

そのため、身体の酸化=老化を防いでくれます。

例えば、老化防止にメラニンを抑制してくれるのでシミが出来にくくなり美肌効果が期待できます。

更に動脈硬化を予防してくれたり血圧を下げてくれたりと健康面でも役立ちます。

ポリフェノールが多く含まれている果物は、ブルーベリー、ブドウ、柑橘類です。

有機酸

有機酸というとなんだか難しいですが、簡単に言ってしまえば果物ってすっぱいじゃないですか。これが有機酸です。

クエン酸、と言い替えればピンとくる人も多いかもしれません。

クエン酸は疲労回復効果がありますし(運動部の子に蜂蜜のレモン付けを差し入れするのはこれが目的ですよ)、貧血の防止という女子には嬉しい効果もあります。

有機酸が多く含まれているフルーツはすっぱいもの、レモン、柑橘系、キウイフルーツなどです。

カリウム

カリウムが不足すると身体はどうなるのかご存じですか?

浮腫み!です。

カリウムには利尿作用があり、むくみを改善する効果が期待できます。

ということはカリウムを摂らないとおしっこが健康的に出なくなり…結果的に浮腫みに繋がります。

普段浮腫まない人でも立ちっぱなしの姿勢が続いたり、女性は生理前になると浮腫むという人が大勢います。

そんな人はカリウム不足になっている可能性があるので、カリウムを多く含む果物を摂取するようにしましょう。

カリウムが多く含まれている果物はバナナ、さくらんぼ、キウイフルーツなどですが、そもそもフルーツ全般にカリウムは含まれているので浮腫み防止に果物は意識的に摂るようにすると良いですよ。

フルーツ置き換えダイエットには無理があった

フルーツ置き換えダイエットには無理があった

このようにフルーツを食べるメリットってたくさんあるんです。

ただ、フルーツ「だけ」でダイエットを試みた私はちょっと考えが甘かった様で、結果はダイエット失敗となりました。

フルーツダイエットだけではなく世の中には様々な置き換えダイエットがありますよね。

ダイエットドリンクや、おからクッキーを1食置き換えるだけで簡単に痩せる!とか。

でも、毎回同じものを食べなくてはいけないのって飽きるしストレスが溜まります。

そして結局食欲に負けてドカ食いしてリバウンド…その繰り返しにうんざりしてしまっている人も、実は多いかもしれません。

GLP-1で食欲を減退出来る

GLP-1で食欲が減退できるんだそうです!

「GLP-1」って聞き慣れない言葉だと思うので、少しだけ詳しくご紹介しますね。

私たちの小腸には痩せるホルモン「GLP-1」というものが元々存在していますが、痩せている人はそのホルモンが多く、太りやすい人にはそのホルモンが少ない、という研究結果が発表されています。

つまり、「GLP-1ホルモン」を摂取してその量を増やしてあげれば痩せやすくなるということ。

それこそが、「GLP-1メディカルダイエット」です!

メディカルダイエットって…?

病院で行うダイエットです。

お医者さんがダイエットのサポートをしてくれるので、確実に痩せたい!という方に向いています。

リバウンドしたくない、でも食欲が抑えられない…でも痩せなきゃいけないのに、なぜかどうしても食べてしまうという罪悪感が付きまとう…というような方は、GLP-1ダイエットについて、もっと詳しい情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

GLP-1専門医が最先端ダイエットをオススメ

GLP-1専門医の深堀純也先生

血糖値が急激に上がる食事ばかりをしていると太りやすい、というのは分かっていても美味しいものや炭水化物って血糖値が上がりやすいものばかり…。

でも、「GLP-1」は血糖値の上昇を抑える効果が期待できます!

血糖値が上がりにくい=お腹も空きにくくなる=我慢しないでダイエットが可能に!

アメリカでは、かなり浸透してきている「GLP-1ダイエット」ですが、まだ日本では知名度が低いのも事実です。

でも、日本でも既にGLP-1ダイエットを取り入れているクリニックがあります。

「東京GLPクリニック」では無料相談から、GLP-1ダイエットの実践、カウンセリングまでチーム医療で行ってくれますから、モチベーション高くダイエットに取り組むこともできるのではないでしょうか。

詳しくは、この記事のすぐ下にあるクリニックのホームページをご覧になってみてくださいね。

フルーツダイエット1ヶ月実践記!失敗しない方法と口コミ
最新情報をチェックしよう!