ホルモン分泌でダイエット!痩せるために必要なのは食欲を抑える最先端の肥満治療だった!

こちらの記事より下記をおすすめします。

小腸から出る痩せるホルモンを発見!ダイエット業界に新しい価値観が到来したと話題

嘘のようなホントの話です!

小腸から分泌されるホルモンを活用することで、ダイエットが成功する確率が圧倒的に高まります。

 

しかもそのダイエット法は全く無理しないんですよ。

だから多くの方が痩せるのに成功しているんです。

 

暴飲暴食

いやいや。食欲が我慢できなくてエクササイズだったり食事制限ダイエットに何度も失敗している私が、そんなダイエット法を信じるわけ・・・

 

 

その食欲を抑える効果があるのが、今回紹介する腸から分泌されるホルモンを利用したダイエット法なのです。

 

ダイエット業界は数々の商品をこの世に送り出してきましたよね。

 

ビ○ーズブートキャンプ、レッグマジック、バランスボール、キャベツ、朝バナナ、夜トマト、D○Cプロティン、マイクロダイエット、ヒルズダイエット、プチ断食などなど・・・

 

でも多くの方が失敗してしまったのではありませんか?

置き換えダイエットの場合、1つの食材に依存して食事のバランスが悪くなってしまったり

はたまた飽きないようにレシピに工夫しすぎて、結局疲れてしまったり

でもそれらのダイエット法って、頑張って運動したり食欲を我慢したりしませんでしたか?

実はその「我慢」がダイエットの問題点だったのです。

 

こちらで紹介する最新のダイエット法は「我慢」をしません!

 

では実際に小腸から分泌されるホルモンを利用したダイエット法がどのようなものであるかを明らかにしますね。

 

小腸のホルモン分泌で痩せると話題

大きなお腹の男性

痩せる効果が期待できる小腸のホルモンはGLP-1といいます。

誰からでも分泌されているホルモンであり、高い痩身効果が実証されているんですよ。

 

でも小腸から分泌されるホルモンって目に見えませんよね。

 

  • どういったメカニズムで発生しているのでしょうか?
  • どのような機能があるから痩せるとされているのでしょうか?
  • どのような方法でその痩せるホルモンが増やせるのでしょうか?

 

ひとつずつ解説していきますね。

 

小腸で痩せるホルモン(GLP-1)の分泌される仕組み

 

食事を摂るとGLP-1が分泌されることになります。

 

食べると食べ物が食道を通って胃に到達しますよね。

胃で食べ物が消化されると、さらに腸に送られることになります。

 

その腸に、「小腸」と呼ばれる部位があります。

小腸に食べ物が到達するとGLP-1が分泌される、という仕組みを持っているわけです。

 

GLP-1が分泌される理由ですが、血糖値を下げるためです。

 

食事と摂取すると、食べ物が消化吸収されて血液中に送り込まれます。

エネルギーである糖も血液中に大量に入り込んでくることになるのです。

 

でも血液の中にエネルギーがあっても意味がありませんよね。

エネルギーを必要としているのは各種細胞なのですから。

そこで出番となるのがGLP-1なのです。

 

GLP-1は膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンを促進させる作用があります。

インスリンは皆さんが知っているように血糖値を下げる作用がありますよね。

 

血液中の糖の値が下がるということは、血液から糖が細胞に送られる、ということなのです。

 

人体ってうまくできていますよね。

食事を摂ると血糖値が上昇するので、その血糖値を下げるための機能も備わっているのですから。

 

ちなみにその血糖値を下げる作用がうまく働かないのが、いわゆる糖尿病というものです。

食べ過ぎなどが原因で糖を取りすぎていると、結果としてインスリンが出にくくなってしまうわけ。

 

GLP-1の分泌される仕組みがわかったら、次はなぜ痩せるのかが気になりますよね。

じつは小腸から分泌されるそのホルモンにはすごい働きがあったのです!

 

GLP-1によって痩せる仕組み

 

まず注目すべきは自然に食欲の抑制ができる、というところでしょう。

 

ダイエットでどうしても我慢出来ないのが食欲です。

日頃は節制できていても、「ストレスが溜まるとドカ食いをしてしまう」という方はかなり多いです!

 

だって食欲って「欲」ですからね。

満たされなければストレスが溜まるのも当然のこと

だからその欲求を満たすために食べすぎてしまうのです。

 

暴飲暴食
うんうん。食事ダイエットに何度もチャレンジしてるけど、我慢できるのは最初の1週間くらいだなぁ。

 

でもGLP-1には食欲を弱める機能があることが明らかにされています。

GLP-1は脳にも作用することが分かっており、満腹中枢が影響を受けるのが分かっているのです。

GLP-1が分泌されると「お腹いっぱいになってきたな」と感じるわけ。

 

さらに胃腸の食べ物の排出機能をゆっくりにする機能もあります。

お腹に食べ物が長く残るようになるので、満腹感が持続することに。

 

「食事の間に間食をしてしまう」

「食後のデザートがやめられない」

 

などという方も多いですよね。

 

そんな方にこそ注目してほしいのが小腸から分泌されるGLP-1なのです。

 

もう一つ注目してほしいのが、脂肪細胞の糖の取り込み機能の低下です。

なんで太るのかといえば、脂肪細胞に糖が送られてしまい脂肪になってしまうからです。

要は脂肪細胞に送られる糖の量を減らせば痩せられるわけ。

 

その機能が小腸から分泌されるGLP-1というホルモンにはあります!

 

GLP-1には、インスリンを分泌させる作用のほかにも様々な作用があります。

 

すい臓に対しては、インスリ ンの分泌を促進させるほかに、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制します。

 

出典:糖尿病サイト GLP-1の多様な作用

 

血糖値と脂肪細胞の増大には関係性があります。

血糖値が急激に高まるということは血中に糖がたくさんあるということ。

その糖が一気に細胞に送られるのでエネルギーとして使い切れなくて脂肪になってしまうのです。

 

でもホルモンのGLP-1が分泌されればインスリン分泌が促進されるので血糖値の上昇がゆるやかになります。

さらに血糖値を上昇させる憎きホルモンの「グルカゴン」の分泌を抑制してくれるのです。

 

GLP-1が分泌されやすい体質であれば太りにくくなる、ということですよ。

 

GLP-1の分泌量を増やす方法

 

こちらでは日常生活でできるGLP-1の分泌量を増やす方法をお伝えしますね。

 

  • アルコールや砂糖の摂取を控える
  • 鉄分を摂取する
  • EPAを摂取する
  • 乳酸菌を摂取する

 

「お酒が好き」「お菓子が好き」という方はGLP-1不足になりやすいので注意しましょう。

私達の腸にはカンジダ菌と呼ばれるカビが存在しています。

普段は問題ないのですが増えすぎると、腸に炎症を起こしてしまうのです。

 

GLP-1は腸から分泌されるため、腸の健康は必要不可欠。

よってアルコールと甘いものはなるべく控えるべきです。

 

鉄分には腸の解毒作用があります。

腸の健康維持のためにも、積極的に摂取しましょう。

特に女性は鉄分不足になりやすいので注意してください。

 

EPAにも腸の健康作用があります。

まだ研究段階ではありますが、GLP-1の分泌を促進させる、との話もあります。

青魚に多く含まれる成分なので、定期的に魚料理を食べる、ということを考えてみてはいかがでしょうか。

 

乳酸菌は善玉菌であり、腸内環境を整える作用があります。

乳酸菌を摂取するだけではなく、腸内の乳酸菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を摂取するのもおすすめです。

 

意図的に痩せるホルモンを分泌する医療

様々な医療器具とドクター

自分から勝手に分泌されるホルモン(GLP-1)で痩せられるとしたら嬉しいですよね。

身体にも負担がかからないわけじゃないですか。

 

でも自然に分泌量を増やすって極めて難しいことが変わっているんですよ。

なので注射でGLP-1を直接注入する、といった方法が確実なのです。

 

こちらでは、なぜ食事対策では痩せるホルモンが増えにくいのかをお伝えします。

さらに医療系のダイエットというと不安に感じる方もいるので、危険性についても解説しますね。

 

食事対策でGLP-1が増えにくい理由

 

GLP-1の分泌量は、現在のあなたの体型に左右されます。

これは研究の結果わかっていることなのですが、痩せている人ほどGLP-1はたくさん分泌されています。

一方で太っている人はGLP-1の分泌量が少ないんです。

 

かりに太っている人と痩せている人が同じものを同じ量食べたとしても、痩せている人のほうが多く分泌されるということ。。。

 

肥満者では、食後の血中GLP-1濃度が上がりにくく、痩せると正常値に近づきます。ようは、GLP-1の濃度によって、「太っている人は、太りやすく」「痩せている人は、太りにくく」なっていきます。

 

出典:両国駅前内科・透析クリニックのHP

 

暴飲暴食
もしかして、痩せなきゃその痩せホルモンの分泌量は増えないってこと?

 

正解です!

GLP-1は太っている状態では、食事対策をしようが分泌量が一気に増えることはありません。

そもそも分泌する機能が弱まっているので、何をしようとも結果は同じ、という状態になってしまうのです。

 

だからいくら痩せホルモンの分泌を促進してくれる成分を含んだ食事をしようとも、高い効果は期待できません。

まずは痩せなきゃ意味がないのです。

 

暴飲暴食
なんだ・・・。がっかりしちゃった。

 

「現代人は、過食や運動不足で肥満になりがちです。肥満になると、耐糖能(血糖を処理する能力)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えますが、初期のうちに肥満を解消すれば、また正常に戻ることができます。」

 

出典:糖尿病ネットワーク

 

そこで医療系のGLP-1ダイエットがあるわけです。

痩せホルモンのGLP-1を注射で直接体内に入れてしまいます。

だからあなたの身体がGLP-1を分泌しにくい状態になっていたとしても全く関係ありません。

 

暴飲暴食
そうか!分泌されないんだったら、外から補充してやればいいんだね!

 

医療によるGLP-1ダイエットの危険性とは?

 

暴飲暴食
でも注射をするなんてちょっと怖いな・・・。本当に痩せホルモンを体の外から注入しても平気なの?

 

成分としては全く危険なものではありません。

まずGLP-1は誰の身体にもあるものです。

よって注射をしたとしても、身体が拒否反応をおこす、ということはありません。

 

暴飲暴食
GLP-1には血糖値を下げる作用があると聞いたんだけど、注射したら低血糖になってしまわないの?

 

GLP-1ってお利口な成分で、血糖値が高いときだけ膵臓(すいぞう)に対しインスリンの分泌を促します。

よって空腹時にGLP-1を注射で体内に入れたとしても、基本的には低血糖になることはありません。

インスリンが過剰に分泌されることはないので、安心して利用できるんですよ。

 

でも中には過剰に反応してしまい、ちょっとした副作用が発生することもあります。

 

副作用例としては以下のものがあります。

 

  • 胃のむかつき
  • 吐き気

 

大きな心配はありません。

なぜそのような副作用が出るかが明らかにされているからです。

 

GLP-1には胃の内容物を腸に送るのをゆっくりにする機能があるんですね。

なので胃に食べものが貯まるようになり、どうしてもお腹が張ってしまうことがあるんです。

 

こちらの副作用は継続していくごとに軽減していきます。

またどうしても気になる方はドクターに相談して、薬の用量を減らしてもらうなどの対処をしてもらいましょう。

 

GLP-1の投与初期に少し胃のむかつきや吐き気が出る事があります。
GLP-1が胃の内容物を腸に排出するのをゆるやかにして血糖値の上昇を抑制しようとするので、胃が張っている様に感じます。
続けていく内に軽減していきますので、安心ください。ひどい場合は医師に相談ください。

 

出典:GLP-1ラボ

 

GLP-1ダイエットはアメリカで既にブーム

歩道を歩く太っている3人の女性

医療系のGLP-1ダイエットは、ダイエットの本場であるアメリカでは大ブームになっています。

多くの方がたったの数ヶ月で、10キロから20キロも痩せているんですよ。

 

アメリカって肥満大国なイメージがありますよね。

とにかく食べる量が多くって、高カロリーな食品が大好物な印象がありますからね。

実際に100キロを超える方が極めて多く、肥満のおかげで寿命を縮めているのです。

 

彼らのダイエットを阻んでいるのは、もちろん「食欲」です。

食欲を抑えきれずに高カロリーのジャンクフードに手が伸びてしまい、結果としておデブちゃんに・・・。

 

そこでGLP-1ダイエットが導入されることになりました。

GLP-1ダイエットは、その食欲に対抗できるダイエット法ですからね。

 

そしてすでにGLP-1が、肥満治療医薬として認められています。

FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受け、肥満の治療に利用されています。

いまアメリカでは、病院で肥満を治すのがブームになっているというわけ。

 

あなたはまだ効果が出るかもわからないこれからも出てくるであろう「ほにゃららダイエット」をしますか?

どっちみち食欲が我慢できなくて、失敗してしまうかもしれませんよ。

 

それなら効果が確認されているGLP-1ダイエットで確実に痩せませんか?

一度しっかりと痩せられれば体質的にも痩せやすくなることが分かっているんですから。

食欲も抑えられるので、我慢も必要ありません。

 

GLP-1専門医のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生

GLP-1専門医の深堀純也先生深堀医師
小腸から出るホルモンに目をつけたのがGLP-1ダイエットです。食欲が抑えられるので、無理することなく痩身効果が得られるのが最大のメリットです。

 

もともと人間には肥満になりにくい機能が備わっています。

それを有効活用するのがGLP-1ダイエットです。

 

小腸に食べ物が入ってくるまでには、食事開始から15分から20分程度かかります。

その程度の時間で我々は本来満足できるはずなのです。

 

でも食生活に乱れなどから、肥満体型になってしまいGLP-1が分泌しにくい体質に。

 

そこで痩せるホルモンを直接補充しようというのがGLP-1メディカルダイエットです。

補充したGLP-1も分泌されたものと同様に働いてくれます。

 

ダイエットが成功してしっかりと痩せられれば、あとは自らのGLP-1分泌機能で体型を維持してばよいだけ。

非常に効率的な痩身法がGLP-1ダイエットです。

 

あなたも小腸に注目したGLP-1ダイエットをしてみませんか?

そのお手伝いをさせてもらえたら幸いです。

 

フィットネス女子の腹筋
最新情報をチェックしよう!