GLP-1受容体作動薬を使ったダイエットはリバウンドリスクが低い⁉

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットはガチでリバウンドなし!肥満治療に出会うまでの軌跡

 

“食べてストレス発散!”することが好きな方は多いと思われます。

ストレスがかかるとどうしてもストレスに対抗しようと脳が働くため、脳がエネルギーを求めます。

ごく当たり前の反応なのですが、これが日常化してしまうと、食べる量が多くなり、そのうち食欲のコントロールがつかなくなってしまいます。

気が付いた時には肥満体型に・・・なんてお話をよく聞きます。

そうなってから始めるダイエットなのですが、その方法は実に様々あり、その効果が疑わしい方法や、食事制限、運動など色々なジャンルがあります。

そんな様々あるダイエットの中で、今回はGLP-1メディカルダイエットについて紹介していきたいと思います。

GLP-1メディカルダイエットとは?

GLP-1メディカルダイエットは、肥満・メタボリックシンドロームという体型を、健康的な普通体型に整えるため、専門医の治療によって行うというものです。

GLP-1とはどのようなものか、どのような方法で行われるのかについて、詳しく紹介していきたいと思います。

GLP-1の基本的な情報

GLP-1は脳内の免疫に関与する細胞で合成されるホルモンの一種で、消化管に分泌されます。

分泌されたGLP-1は、炭水化物を認識すると膵臓に働きかけ、インスリンを分泌させて、炭水化物を消化吸収する作用があります。

脳内の免疫に関する細胞で作られているため、脳内環境を整える効果もあると考えられています。

GLP-1は薬としてもありますが、このように人間の体内で合成される自然なホルモンです。

なぜGLP-1にダイエット効果があるの?

GLP-1メディカルダイエットは、2型糖尿病治療に使われるGLP-1受容体作動薬を使用します。

なぜ2型糖尿病治療薬がダイエット効果を表すのでしょうか?

2型糖尿病の治療にGLP-1受容体作動薬を使用しその経過を調査していくと、ある効果が見られました。

その効果には、グルカゴン分泌抑制、胃内容物排出遅延、中性脂肪吸収阻害、ナトリウム排泄促進による血圧の調整作用、食欲抑制、神経保護作用などが挙げられます。

アメリカではこれらの効果に着目し、ダイエットに応用することができないか研究が行われました。

その結果、高いダイエット効果と安全性が確立され、GLP-1メディカルダイエットが始まりました。

GLP-1メディカルダイエットの方法は?

GLP-1メディカルダイエットは、2型糖尿病治療薬のGLP-1受容体作動薬を使用し、カウンセリングも併用して肥満体型の改善を行っていきます。

医療的な肥満治療と言ってもいいでしょう。

しかし、日本では肥満という診断名はなく、肥満が“病気”と捉えられていません。

そのため、医療を利用したダイエットの認知度はまだまだ低い傾向にあります。

GLP-1メディカルダイエット専門医も少ないため、肥満治療を行うことができるクリニックも限られています。

数少ないクリニックに遠方から足を運ぶのはとても難しいものがありますよね。

病院で診察を受けるためには、当然その病院に赴き、医師の診察を受けるということが当たり前と考えますよね。

しかし、GLP-1メディカルダイエットの診察は、インターネットを利用した遠隔診察と処方箋の発行が可能になっています。

まずは、GLP-1メディカルダイエットの専門医とそのクリニックを探し、相談することから始めてみましょう。

相談して、GLP-1メディカルダイエットを始めてみようと感じたら、診察の予約をするとよいでしょう。

上記でも簡単に説明しましたが、GLP-1メディカルダイエットはGLP-1受容体作動薬の使用とカウンセリングにて肥満治療が進められていきます。

使用されるGLP-1受容体作動薬は自己注射薬と言って、自分自身で注射する薬になります。

注射と聞くと怖いイメージを持ちがちですが、そこは安心してください。

注射手技については、担当医よりそのやり方について説明があります。

それだけでは不安がある場合、処方薬を受け取る際の薬局でも取り扱い方や注射方法についての説明をしてくれますし、注射薬剤には注射手技が書かれた説明文が添付されているので、それを参考にすることも可能です。

使用する注射針も細く短いものであり、病院で医師や看護師が取り扱っている注射針とは違うものですので、取り扱い上の安全性も高く、痛みも最小限になるよう工夫されています。

GLP-1受容体作動薬を自己注射し、定期的な診察とカウンセリングを受けるだけでダイエットできるのが、GLP-1メディカルダイエットです。

GLP-1メディカルダイエット体験談

ここからは、GLP-1受容体作動薬を使ったメディカルダイエットを実際に行ってみて、どう感じたのか、その体験談をまとめて、紹介していきたいと思います。

食欲コントロールができるようになった!

どうしても小腹が空いてしまい、常に何かをダラダラと食べていないと落ち着かないという生活を送っていました。

元々ぽっちゃり体型だったので、あまり気にしていなかったのですが、職場の健康診断で肥満体型を指摘され、血圧や血液検査の結果から、「このままでは生活習慣病になってしまう」と健診担当医から言われてしまいました。

その場で生活習慣改善の食事指導を受けて、取り組んでみましたが、どうしても食欲のコントロールがつかず、食べすぎてしまうのを止められませんでした。

“なんでこんなに私は意志が弱いのだろう”と悩んでいる時に、GLP-1メディカルダイエットのことを知りました。

肥満を解消するためには、食欲のコントロールをつけることから逃げてはいけないと感じて色々な方法を試してみたのですが、その難しさと辛さから挫折していました。

GLP-1メディカルダイエットでは“食欲抑制効果”があるということでしたので、受ければ食欲のコントロールができるようになるのではという思いから診察を受け、治療を受け始めました。

すると、今まで食べることを止められなかったのに、小腹が空くことがなくなり、自然と少しずつ間食しなくても落ち着いて過ごすことができるようになりました。

どうしてもできなかった食欲のコントロールでしたが、今ではすっかりコントロールすることができ、健康診断でも肥満や生活習慣病を指摘されることもなくなりました。

色々なダイエット方法を試していた時、食欲の我慢はどうしても求められたため、無理がかかっていたのか、我慢した以上に食べてしまうという悪循環になっていたように感じています。

“これがリバウンドの理由なのかな?”と身をもって知ることができたように思っています。

GLP-1メディカルダイエットは無理することや我慢することを求められないため、自然に食欲が普通の状態となり、コントロールできるようになったので、リバウンドすることはないように感じています。

ダイエットに成功して運動できるように

元々、お酒が好きでよく飲んでいました。

それと一緒によく食べることも好きで、ついつい食べすぎていたように思います。

学生時代は運動部を続けていて、体を動かすのも好きだったのですが、社会人になり就労するようになってからはまとまった運動をする機会が減り、そのうち運動することが“面倒くさい”と感じるようにまでなってしまいました。

でも学生時代の体型とそれに見合った体力への自信を過信してしまい、“もし太ってしまっても少し早起きして走り込めば元通りになるだろう”くらいの軽い気持ちでいました。

太ってきているのは自覚していたのですが、それほど重く考えていないでそのままの生活をしていたある日、偶然にも学生時代の部活仲間の友人に出会いました。

その友人は今でも昔と変わらない体型をキープどころか、さらにカッコいい体型になっており、筋トレブームに乗って時間がある時はジムにいったり、自宅で筋トレしたりしているそう。

そんな友人に「ずいぶんと体型が変わったなぁ。昔の面影があまりないぞ。」と言われてしまい、“ムカッ”と感じたのですが、「苦労しているからね~」と返しながら、友人の体型と自分の今の体型を比べて見ると、“確かに残念な体型だ”ということを改めて実感させられました。

体重を測ってみると、あまりにも増えすぎた体重とその体型に愕然としてしまい、ダイエットを決意しました。

朝早く起きてのジョギングを始めてみると、思うように体が動かず、わずかの距離もゆっくりしか走ることができず、同時に膝を含めた全身を痛めてしまう事態に・・・。

これにはショックを受けました。ならば食事制限と禁酒の誓いを立てて、運動は体が回復するまで待つという作戦でダイエットを進めていくことにしました。

しかし、今までの生活習慣が悪すぎたせいか、食事制限に耐えることができず、我慢した分ドカ食いしてしまう状態に。

仕事も忙しく、ストレスもかかっている中、さらにストレスがかかるダイエットをすることが果たしてできるのか?すっかり自信を失っていた時に、メディカルダイエットという方法があることを知りました。

相談してみると、とても親切に対応してくれました。

今の体重を無理せず落として、体重による関節への負担を少なくしてから、少しずつ運動をしていくことで、怪我をせず筋力をつけていくことが大切であることを知り、治療を受けてみることに。

するとドカ食いすることがなくなり、一日の必要カロリーを意識した食事で満足できるようになりました。

お酒については禁酒の誓いを立てたものの、全く飲まないのは寂しいと感じたため、週に飲める日と適量を決めたところ、これは継続することができました。

少しずつGLP-1メディカルダイエットの効果が実感できるようになり、体重も目標体重に近づいてきたことから、通勤時間を利用して積極的に歩くことから始めていきました。

すると膝や全身へ痛みを感じることはなく、「これはいける!」と再び自信を取り戻すことができました。

通勤を利用して歩くことを続けていくと、少しずつ歩くことが楽しいと感じるようになり、「走りたい」という欲がでてきました。

標準とされる体重・体型になることで、運動に対する意識的な変化があったと感じています。

あれだけ“面倒くさい”と感じていた運動が、今では趣味のようになっています。

体を動かすことでストレスの発散に繋がっているようで、リバウンドもありません。

再び運動ができるよう体を整えてくれたメディカルダイエットに感謝です。

GLP-1専門医師のまとめ

fukabori_inchou
深堀院長

GLP-1メディカルダイエットは、食欲を整える効果があり、リバウンドのリスクを大きく減らせると考えられます。

体型や体重が整ってくると、自然と活気が出てくるようになり、ポジティブな考えを持てるようになった患者様が多いと実感しております。

GLP-1メディカルダイエットに興味を持たれたら、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?

犬が水の中を走る
最新情報をチェックしよう!