水ダイエットで逆に太った5つの失敗理由と3ヶ月で7キロ痩せた正しい飲み方とは

毎日水を飲むだけの「水ダイエット」をご存知ですか?

水を飲むだけで痩せられるなんて、驚きですよね。

とはいえ、

「本当に水を飲むだけでダイエットできるの?」

「水なら毎日飲んでるけど痩せられてないよ」

と思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、水ダイエットをいまいち信用できないあなたに、

・生活習慣の見直しで10kgの減量に成功

・さらに水を飲み続けて体調が好調

と、身を以て水ダイエットの効果を感じた筆者が魅力をお伝えしていきます!

具体的に、

・水ダイエットで失敗する原因

・水ダイエットの減量効果メカニズム

・水ダイエットの正しい実践方法

・水ダイエット体験者の口コミ

の順番に重要ポイントをご紹介していきます。

手軽に始められて簡単な水ダイエットで健康な体を手に入れましょう。

5分程度で読めますので、ぜひ参考にしてみてください!

水ダイエットで失敗する5つの原因とは?

水ダイエットで失敗する5つの原因とは?

どんなダイエットでも失敗してしまうことってありますよね。

そこで、水を飲むだけの手軽な水ダイエットで失敗してしまう原因を5つ紹介します。

・冷たい水を飲んでいる

・カロリーのある水を飲んでいる

・1度にがぶ飲みしている

・飲むタイミングが効果的でない

・1日の飲む量が多すぎる

始める前に失敗の原因を知って、水ダイエット成功への近道をしましょう!

冷たい水を飲んでいる

暑い夏は特に冷たい水をたくさん飲んでしまいがちですよね。

ですが、おすすめは常温の水や白湯。

冷たい水は飲みすぎてしまうと、体を冷やしてし胃に負担がかかるだけでなく代謝を下げてしまう可能性があるからです。

しかし、実は冷たい水にもメリットはあり、少しも飲んではいけない訳ではありません。

胃を刺激すると、胃の細胞から「ガストリン」というホルモンが分泌されます。

そのガストリンには胃の「蠕動運動」という胃の内容物を腸に送り出そうとする動きを活発にする働きがあります。

胃の中の食べ物が腸に送られることで排泄されていきますので、この作用はとても重要。

ですので、冷たい水が悪い訳ではなく、「飲み過ぎ」には注意が必要です。

カロリーのある水を飲んでいる

水ダイエットでは水を飲めば良いのですが、カロリーのないものにする必要があります。

なぜなら水ダイエットでは1日に2L程度(後の項目で適量を詳しく説明します)の水を飲むからです。

カロリーのある水を毎日2L程度飲むと1日のカロリー摂取量を大きく上回ってしまう可能性があります。

すると、ダイエットの効果は薄れてしまいます。

ですが、冷たい水と同様、カロリーのある水を飲んではいけない訳ではありません。

カロリーのある水も水分補給には変わりありませんし、適当な糖分やミネラルを摂取することは大切です。

むしろ、運動して汗をよくかいた場合は水よりも塩分を含むスポーツドリンクを飲むほうが適しています。

カロリーの摂取量を気にしながら「飲み過ぎ」に注意です。

1度にがぶ飲みしている

水ダイエットでは、1日に2L程度の水を摂取しますが、飲み方に少し注意が必要です。

喉が渇いていると特に、水をがぶ飲みしてしまうことはありませんか?

水のがぶ飲みはかえって体に悪影響を及ぼす可能性があります。

生活していると常に体から水分は失われていて、「喉が渇いた」と感じた時にはすでに体は脱水状態になってしまっています。

体液量が減っている状態で水をがぶ飲みすると、一時的に体の水分量は増えますが、体液の濃度が極端に薄まってしまいます。

体液の濃度が薄まると、濃度を一定に保とうとする働きによって水の排泄が促進されます。

その結果、再び体液が不足した脱水状態に戻ってしまうのです。

脱水状態になると体の調子が悪くなるため、ダイエットの効果は得られません。

水分補給はこまめにすることが大切です。

なるべく1日5、6回以上に分けて飲むようにしましょう。

飲むタイミングが効果的でない

とくに飲むタイミングは決まっていませんが、効果的なタイミングを紹介します。

・起床時

・食事前

・寝る前

おすすめのタイミングは起床時と食事前と寝る前。

起床時に水を飲むことで、胃腸が刺激され、便意を促しやすいと言われています。

便秘解消に繋がる可能性があります。

食事の前に水を飲むと、空腹感が抑えられ、食事の量を減らすことができます。

ついつい食べ過ぎてしまう人には特におすすめの方法です。

寝る前に水を飲むことで、寝ている間の水分不足を防ぐことができます。

しかし、寝る前は飲みすぎると体が冷えてしまい寝つきが悪くなることもありますので、コップ1杯程度にしましょう。

1日の飲む量が多すぎる

水ダイエットでは水を飲めばいいからといって、大量に飲んでいいわけでもないのです。

水を飲みすぎると、がぶ飲みした時と同じように体液が薄まってしまいます。

すると「水中毒」や「不整脈」を起こす原因にもなってしまい、体調を崩してしまう可能性があります。

目安は1日「体重×0.04」リットル程度の水を摂るようにしましょう。

体重が60kgの人であれば、60kg×0.04=2.4Lが目安です。

しかし、よく運動をして汗をかいた時にはこれ以上の水分補給が必要となる場合もあります。

1日の活動内容によって多少飲む量を調整してみましょう。

なぜ水ダイエットで痩せる?5つの減量効果

なぜ水ダイエットで痩せる?5つの減量効果

水を飲むだけなのに、なぜダイエット効果が得られるのでしょうか。

水ダイエットで減量につながる効果を5つ紹介していきます。

・満腹感で食事量が減る

・便秘が改善されやすくなる

・代謝が活発になる

・血行がよくなる

・老廃物が排出されやすくなる

それぞれについて細かく説明していきますね。

満腹感で食事量が減る

水を飲むタイミングのおすすめのひとつが「食事前」とお伝えしました。

食事の前に水を飲むことで、空腹感が抑えられます。

いつもより少ない量の食事で満腹感が得られやすくなりますので、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

食べ過ぎで太ってしまっている人は特に効果があるかもしれないですね。

ただ、水だけでお腹をいっぱいにするのは控えてくださいね。

基本はバランスのとれた食事です。

しっかりと栄養分を摂取した上で水ダイエットに励んでください。

便秘が改善されやすくなる

便秘で悩む女性は少なくないのではないでしょうか?

便秘の原因のひとつは水分不足。

水ダイエットをすれば、単純に体内の水分が多くなることで便が柔らかくなり出やすくなります。

加えて、水によって胃が刺激され、胃腸の働きが活発になることでも便が出やすくなるのです。

ですので、水ダイエットでしっかり水分を補えば便秘の解消効果も期待できます。

代謝が活発になる

白湯を飲むことで体の中が温まり、内臓の働きが活性化するので代謝のアップにつながります。

また、水を飲むことで血液量が増え、筋肉に血液がいきわたりやすくなります。

すると、筋肉に十分な栄養が送られるので筋肉量が増えやすい状態に。

筋肉が増えれば基礎代謝も上がり、痩せやすい体になるのです。

血行がよくなる

先ほどご紹介したように、水を飲めば血液量が増えます。

水分不足になっていると血液量も減ってしまい、「ドロドロ」の血液になってしまいます。

しかし、水を補給することで「サラサラ」の血液に。

サラサラしている方が体内を流れやすいので、血行が良くなります。

血液のめぐりが良くなれば代謝のアップや次でご紹介する老廃物が排泄されやすくなることに加え、脳梗塞や心筋梗塞などの病気の予防にもつながります。

適度な水分補給はとてもダイエットだけでなく健康にいいのです。

老廃物が排出されやすくなる

体に溜まった老廃物は便や尿と一緒に体の外に排泄されます。

水分が足りていないと血液のめぐりが悪くなり、老廃物も体の中に溜まったままになってしまいます。

水ダイエットのように、水分をしっかりと摂取することで、水分と一緒に老廃物を体の外に出すことができるのです。

7kg痩せも可能!水ダイエットの正しい実践法

7kg痩せも可能!水ダイエットの正しい実践法

水ダイエットの失敗の原因と減量のメカニズムをみてきましたが、これらをふまえて、ダイエットを成功させるための正しい実践法を紹介していきます!

水ダイエットで3ヶ月7kgの減量も夢じゃない!?

・必要な水の量は?

・効果的な水の種類は?

・水を飲む時間帯は?

具体的にみていきましょう。

必要な水の量は?

水ダイエットで推奨されている1日の水の摂取量は「体重の4%」。

現在の体重×0.04(L)で計算してください。

例えば、体重60kgの人であれば、60kg×0.04=2.4L、体重50kgの人であれば、50kg×0.04=2.0Lが目安です。

一般的に2Lと言われることが多いですが、これは体重50kgの人を基準としています。

また、運動をしたりサウナに入ったり、特によく汗をかいた時は1日の活動内容によって水分量は調節してくださいね。

効果的な水の種類は?

水ダイエットで飲む水はどんな種類の水がいいのでしょうか?

結論を先にお伝えすると、絶対どれかがいいと言うものではありません。

水には大きく分けて「軟水」と「硬水」があります。

この違いは水1Lに含まれるミネラルの量によって決められています。

硬水はミネラルが多く含まれている水のことで、ミネラルであるマグネシウムが便秘に効果があると言われています。

一方軟水はミネラルが少ないですが、胃腸への負担は少なく、汗をかいた後などの水分補給に向いていると言われています。

 

日本の水道水は軟水ですので、私たちに馴染みがある水は軟水です。

安上がりなのは水道水ですが、水道水には消毒のための残留塩素が含まれています。

毎日たくさん飲むので特有のカルキ臭が気になる人もいるようです。

その場合は軟水を選びましょう。

 

硬水は便秘の解消効果がありますが、飲みすぎると下痢になる可能性もあります。

ミネラルウォーターで硬度の低いものから徐々に慣らして行くのがいいかもしれませんね。

慣れてくれば硬水の方が効果がよく感じられると言う人もいるようです。

自分の好みや体質に合わせて、継続できる水を選ぶのがベスト。

水を飲む時間帯は?

水を飲むタイミングのおすすめは以下の3つ。

・起床時

・食事前

・寝る前

ただし、この時だけ飲めばいいのではなく、1日を通してこまめに水分補給することが大切です。

喉が渇いたと感じた時には、体はすでに脱水状態になってしまっています。

喉が渇いたと感じていなくても、こまめに水を飲むようにしましょう。

水ダイエットで成功?失敗?体験者の口コミ

水ダイエットで成功?失敗?体験者の口コミ

水ダイエットの正しい方法も知っていただいた上で、体験者の口コミをご紹介します。

始める前に失敗や成功の体験談をみて、水ダイエット成功の近道をしましょう!

失敗の口コミ

まずは、失敗した人の体験談です。

一生懸命飲んでみているのに、かえって体重増えてきてるんです。全体的に丸みをおびてきたというか‥体質によって合う合わないがあるのか、もしくは飲み方が悪いのか(;´Д‘) うぅっ。。健康的に痩せるつもりが逆効果でどうしたらいいものなのかしら‥誰か教えて~!

(引用:FIT Search)

 

 

あんまり。。。

私は2ヶ月これを続けましたが、まったく効果がありませんでした。それどころか、すすめてあげた友人は2人とも2~3キロ太る始末。。。体質に合わなかったのでしょうか。

(引用:FIT Search)

成功の口コミ

次に、成功した人の口コミを見てみましょう。

5つ紹介していきます。

1kg痩せた

何をやっても体重に変化がなかったのに。

このウォーターダイエットだけはやったことがなくて

半信半疑でやってみたら5日目で効果がでました。

食事や運動ばかり目がいってたけど、

代謝が悪かった事に気づきました。

トイレの回数も増えたし、顔のむくみも取れました。

頑張って続けようと思います。

(引用:FIT Search)

 

いい感じ(*^^*)

毎朝、水を飲んでウォーキング(^ー^)

肌の調子もいいし体が軽やか(^o^)

これからも水飲みま~す(^-^)v

(引用:FIT Search)

 

ウォーターダイエット

僕も毎日朝からたくさん水飲んで一月ごとに1センチづつベルトがゆるくなっていって最終的には1年で激痩せしました。今は停滞期で変化はありませんがリバンドもありません。

(引用:FIT Search)

 

良いことばかりです

自分は4年ぐらい前から水2Lダイエットを我流で始めました

95kgあった体重が1年で70kgになり喜んでいたんですが、なんだか煙草が嫌になり一日2~3箱吸っていたのにある日突然止めました。

体質が変わり煙草が嫌になるのですから大大成功です

(引用:ダイエットナビ

 

食事して水分を1日2リットル以上飲む(ノンシュガーの物)で3か月で8kgやせました!

(引用:ダイエットナビ

簡単に始められる水ダイエットを成功させよう

簡単に始められる水ダイエットを成功させよう

水ダイエットは手軽に始められますが、正しい飲み方で継続することが大切です。

・必要な水の量は「体重×0.04L」

・効果的な水の種類は「便秘解消なら硬水」「吸収がいいのは軟水」

・水を飲む時間帯は「起床時・食事前・寝る前」

水をこまめに飲むことを習慣にして、健康的に痩せましょう。

水ダイエットで逆に太った5つの失敗理由と3ヶ月で7キロ痩せた正しい飲み方とは
最新情報をチェックしよう!