水泳ダイエットの失敗原因は?初心者でも脂肪を燃やして痩せる方法!

「泳げなくても、初心者でも、水泳ダイエットは効果抜群!?」

泳げる人しかできなさそうな水泳ダイエットで成功率が高いのは驚きですよね。

とはいえ、

「泳ぐのは大変そう」

「そもそも泳げないし…」

と思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「水泳ダイエット、気になるけど一歩踏み出せない」というあなたに、最近ジムに通い始めた筆者が魅力をお伝えしていきます!

具体的に、

・失敗の原因

・効果やメリット

・成功した口コミ

・初心者でも水泳ダイエットで痩せる方法

・消費カロリー

・初心者へのアドバイス

の順番に重要ポイントをご紹介していきます。

効果抜群な水泳ダイエットで、夏までに理想の体型を手に入れましょう。

5分程度で読めますので、ぜひ参考にしてみてください。

水泳ダイエットで失敗する原因は?

水泳ダイエットで失敗する原因は?

どんなダイエットでも、ダイエットする前は「失敗」の原因が気になりますよね。

まず、水泳ダイエットの失敗の原因と対策をご紹介します。

・空腹感が強くなり食べ過ぎる

・運動量が少ない

・短期間で効果を感じず挫折する

失敗の原因を知ってから始めれば、成功できるはず!

詳しくみていきましょう。

空腹感が強くなり食べ過ぎる

水泳ダイエットでは、カロリーの消費が大きいためお腹が空きやすいです。

ですが!ダイエットの大敵は「食べ過ぎ」なことに変わりはありません。

せっかく水泳でカロリーを消費しても、いつも以上に食べてしまっては効果が得られにくいです。

水分を飲んでから食事を始めたり、よく噛んで食べたりを心がけると、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

運動量が少ない

水泳ダイエットは、泳げない人でもできるダイエット法です。

ですが、当然運動量が少なすぎると消費カロリーも少なく、ダイエット効果はありません。

大きな動きを意識したり、回数を増やしたりして、運動量は確保しましょう。

いっそのこと、泳ぐ練習にチャレンジしてみるのもいいと思います。

減量以外にも目標があることで、楽しくダイエットができるのではないでしょうか。

短期間で効果を感じず挫折する

水泳ダイエットはダイエット効果抜群だと言っても、短期間で効果が得られるわけではありません。

短期間で落ちた体重は水分や老廃物で、ダイエットの効果ではないのです。

どんなダイエットでも短期間で結果が出ることはなく、「継続」が成功のカギ。

無理のない負荷量で始め、継続してダイエットに励みましょう。

習慣になれば、いつの間にか痩せられているはずです。

水泳ダイエット5つの効果やメリット

水泳ダイエット5つの効果やメリット

水泳ダイエットはなぜ効果が高いのでしょうか?

5つの効果とメリットをご紹介します。

・カロリー消費量が高い

・脂肪の燃焼効果が高い

・水の抵抗で運動効果がアップする

・全体的に引き締まった体になる

・足腰の負担になりにくい

順番に説明していきますね。

カロリー消費量が高い

水泳ダイエットでは、水の中で運動をするので、陸上で歩いたり走ったり運動した時よりも多くカロリーを消費することができます。

例えば、体重60kgの人が1時間運動をした場合の消費カロリーは

・ウォーキング:およそ120kcal

・水中ウォーキング:およそ284kcal

このように、水中では陸上で運動するよりも2倍以上のカロリーを消費することができるのです。

脂肪の燃焼効果が高い

運動には大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類に分類されます。

有酸素運動とは、酸素を使いながら体内の脂肪を燃焼させる運動のこと。

比較的ゆっくりした運動を長時間(20分以上)続けることで、脂肪が燃焼し始めると言われています。

無酸素運動とは、酸素を使わず筋肉に貯めてあるエネルギーを使う運動のこと。

短距離走のような瞬間的で強い運動のことを指し、筋肉が発達するので基礎代謝量を増やすと言われています。

水泳は有酸素運動なので脂肪を燃焼する効果が期待できるのです。

水の抵抗で運動効果がアップする

水中は陸上にいるよりも動きにくいですよね。

これは「水の抵抗」が原因ですが、これによって運動効果がアップするのです。

水泳ダイエットでは、陸上で運動するよりも大きな負荷がかかるので、よりたくさんのエネルギーを必要とします。

ですので、同じ時間運動をしたとしても水中の方がより多くのカロリーを消費でき、効率のいいダイエットができるのです。

全体的に引き締まった体になる

水中では水から全身に「水圧」という大きな圧力を受けています。

体が圧縮されることで血流がよくなり、代謝がアップするので、痩せやすい体に。

また、水泳ダイエットでは全身を使うので、バランスよく筋肉を使うことができます。

その結果、全体的に引き締まった体を手に入れることができるのです。

足腰の負担になりにくい

「ダイエットをしようと意気込んで、走り始めても膝が痛くなって挫折してしまった…」

という経験はありませんか?

水中では「浮力」という力が働いています。

ですので、陸上での運動に比べ、膝や腰にかかる負担が小さくなるのです。

水泳ダイエットは足腰への負担が気になる方にもおすすめのダイエット!

水泳ダイエットで成功した口コミ

水泳ダイエットで成功した口コミ

次に、水泳ダイエットで成功した人の体験談を見ていきましょう。

実際に成功した人の話を聞くと、やる気もアップしますよね!

3ヶ月経過、順調です。

開始して3ヶ月が経ちました。計7キロ落ちました。

週に最低3回、1回あたり2、3キロは泳ぐようにしています。

(引用:FITSearch

 

1ヶ月で3キロ減。まだまだ続けます。

社会人になり飲み会が増えて運動量が減ったため,3年間で23キロも太ってしまいました。さすがにヤバいと思い,1ヶ月前から週4,5回(1回 1時間半から2時間)のペースで水泳を始めました。最初の2週間は全然効果が出ず,あれ?と思いましたが,三週目から体重が落ち始め,開始時より3キロ落ちました。水泳は他の運動よりも疲れにくく,水の音はリラックス効果があるため,非常におすすめです。また,肩凝りも治りました!元の体重に戻るまで,まだまだ続けます

(引用:FITSearch

 

水泳(水中ウォーキング・アクアビクス・泳ぐ)と食事管理をして4ヶ月で25kg減量しました☆(103kg→78kg) 今はなかなか痩せにくくなってきましたがまだまだ頑張ります☆ 痩せたし水泳のおかげで下半身がかなり細くなったと言われます。

(引用:ダイエットナビ

 

5月から初めて、毎回1500m泳いでます。体重は3kg痩せただけですけど、見た目がかなり変わりました。食事制限をしたらもっとやせたかもしれませんね・・・

(引用:ダイエットナビ

 

水泳をやり始めて下半身が引き締まってきた気がします。 最近、友達からも「足細くなったね!」とか「痩せた?」と よく言われます。 そう言ってもらえると、すごく嬉しいのでこれからも続けて いくつもりです☆

(引用:ダイエットナビ

初心者でも水泳ダイエットで痩せる方法は?

初心者でも水泳ダイエットで痩せる方法は?

「水泳ダイエットは効果があると言われているけど、泳げない…」

泳げないと水泳ダイエットはできないのでしょうか?

そんなことはありません。

泳げない人でも、水泳ダイエットはできるんです!

誰でも水泳ダイエットで痩せる方法をご紹介します。

・準備運動をしっかりする

・ゆっくり歩く、泳ぐ

・週に2回以上定期的に行う

・バランスのよい食事をとる

以上の4点について、詳しくみていきます。

準備運動をしっかりする

まずは、準備運動をしっかりしましょう。

準備運動をすることで体が動きやすくなり、怪我の防止につながります。

また、運動前に筋肉を柔らかくすることでダイエット効果も大きくなります。

・足首

・アキレス腱

・股関節

・肩甲骨

・二の腕

最低でもこの5箇所くらいのストレッチは行いましょう!

ゆっくり歩く・泳ぐ

「速く泳いだ方が痩せられるから、頑張らないと!」

と思ってしまう人もいると思います。

確かに、速く泳いだ方がカロリーの消費は大きくなります。

しかし、ダイエットで大切なのは「継続」すること。

頑張りすぎてしんどくなってしまい、挫折してしまっては元も子もありません。

初めはゆっくりでも大丈夫なので、大きな動きを意識して無理なく取り組んでみてください。

3ヶ月程度、根気よく続けていれば泳ぎの上達も感じられると思います。

週に2回以上定期的に行う

頻度が少なすぎると効果は得られにくいです。

最低でも1週間に2回以上は泳げるようにしましょう。

理想は毎日ですが、初めは無理をせず、慣れてきたら徐々に回数や距離を増やしていくといいですよ。

バランスのよい食事をとる

どんなに水泳でカロリーを消費しても、消費した以上のカロリーを摂取してしまっては太ってしまいます。

また、逆に栄養バランスが崩れた食事をしてしまうと、体調を崩してしまう原因に。

食事は基本です。

運動しているからこそ、バランスのとれた食事を意識して、しっかり栄養を補給しましょう。

水泳ダイエットの消費カロリーはどれくらい?

水泳ダイエットの消費カロリーはどれくらい?

実際に、水泳ダイエットではどのくらいのカロリーが消費できるのでしょうか?

体重が50kgの場合と60kgの場合で、それぞれ1時間運動した時の消費カロリーの目安を比較していきます。

水中ウォーキング

体重50kg:およそ236kcal

体重60kg:およそ284kcal

アクアビクス

体重50kg:およそ250kcal

体重60kg:およそ300kcal

※アクアビクスとはエアロビ(有酸素運動)を水中で行うトレーニングのことです。

クロール

体重50kg:およそ525kcal

体重60kg:およそ630kcal

平泳ぎ

体重50kg:およそ278kcal

体重60kg:およそ334kcal

水泳ダイエット初心者へ3つのアドバイス

水泳ダイエット初心者へ3つのアドバイス

「水泳ダイエットをしたい!」

と思っても、水泳経験がなければなかなか始められませんよね。

水泳ダイエット初心者でも困らないためのアドバイスをお伝えします!

・プールに持っていくもの

・水泳ダイエット向きの女性用水着

・気持ちよくプールを使うルール

以上の3点について、説明していきますね。

プールに持っていくもの

まずは持ち物です。

必須なのは、

・水着

・ゴーグル

・スイミングキャップ

・タオル

この4点。

子どもの頃のプールの授業を思い出していただければ大丈夫。

次に、あるといい持ち物は

・水着用のインナー

・防水のポーチ

・耳栓

・ドリンク

防水のポーチは濡れたタオルや水着を持って帰る際にも、プールサイドにものを持ち込む際にも便利です。

他に、使用する施設によって必要なものがある場合があるので、確認しましょう。

水泳ダイエット向きの女性用水着

ジムや市民プールで水泳をする際、意外と水着選びに困りますよね。

フィットネス用やトレーニング用の競泳水着を選びましょう。

上は半袖かノースリーブ、下は膝上までの長さのある、セパレートになっているものがおすすめ。

体型をカバーしてくれることに加え、着替えも楽です。

プライベートで使うビキニはトレーニングの際には不向きですので、トレーニング用の水着を新調しましょう。

週に何度も使うと傷みも早いので、何着か用意して着回すといいですよ。

気持ちよくプールを使うルール

気持ちよくプールを使うために、

・整髪料を落とす

・化粧を落とす

といったマナーを守りましょう。

また、プールは

・ウォーキングレーン

・初心者用の水泳レーン

・上級者用の水泳レーン

のように区別されていることが多いです。

使用する施設ごとのルールを確認してみてくださいね。

水泳ダイエットで効率的に減量成功しよう!

水泳ダイエットで効率的に減量成功しよう!

運動の中でもカロリー消費や脂肪燃焼効果が高い水泳ダイエット。

全身運動なのでバランスよく体を動かすことができて、ダイエットするにはとてもおすすめです。

水中ウォーキングやゆっくり泳ぐことでも効果は十分あるので、無理をしないトレーニングメニューで「継続」しましょう。

効果抜群な水泳ダイエットで理想の体型を目指しましょう!

水泳ダイエットの失敗原因は?初心者でも脂肪を燃やして痩せる方法!
最新情報をチェックしよう!