糖尿病専門医が10kg痩せ!あなたも失敗しないおからダイエット法

糖尿病の専門医も10kg痩せたおからダイエット。 

テレビでも話題になっていましたよね。

ですが

・本当におからでダイエットができるの?

・逆に太るって聞いたことがあるんだけど…

という声もよく聞きます。

そこでこの記事ではおからダイエットの魅力を糖尿病専門医の体験談を交えてお伝えしていきます。

具体的には

・おからダイエットで失敗する理由2つ

・おからダイエットで10 kg 減量に成功した専門医の体験談

・おからで痩せるダイエットの効果5つ

・おからダイエットを成功させるポイント3つ

の順番に重要なポイントを紹介していきます。

5分程度で読めますし、体質を改善しながらダイエットができるのでまずはご一読ください。

おからダイエットの成功・失敗口コミ集

おからダイエットの成功・失敗口コミ集

テレビでも話題になったおからダイエット。

食事におからパウダーを混ぜるだけの簡単なダイエット法です。

まずはおからダイエットを試してみた人たちの口コミを見ていきましょう。

失敗例

おからパウダー1ケ月、0.5減ったら1キロ増えたり、全然変わらないんだよね…

みなさんやってるようにしてるのに、

153センチ、51キロ、18.8パーセント

49キロにしたいのに、落ちないんだよね…

他にダイエット教えてください!

(引用:FITSearch

 

朝はヨーグルトに混ぜて、夜は食前にそのまま水と飲んでましたが、体重はほぼ変わらず、ただ下腹が妊娠したかのように出て、2週間でやめました。

(引用:FITSearch

 

おからパウダーを毎食毎に4ケ月間、食べましたが、体重.体脂肪は全く減りませんでした。食べるだけで痩せられることはないと思いました。

ウォーキング1万歩から13000歩、もち麦も食べました。やはり食事制限しないと効果ないと思います。

(引用:FITSearch

成功例

今まで色々なダイエットを試してきましたが、この「おから」によるダイエットは本当に楽して痩せる!ダイエットだと思います。おからだけだと味気ないので、とにかく食べものに混ぜて実施しました。最初は半信半疑でとコーヒーや、みそ汁、カレー、ヨーグルトなどに混ぜてみましたが、意外と何にでも合います。そして、ダイエットの効果自体も満足しております。

(引用:おからコーヒーで10kgやせた! 医師が教える! おからダイエット

 

48歳のおばさんですが、乾燥おからを毎日カップ1杯ぐらい半年食べ続けたおかげで、お腹はぺったんこ、お肌ツルツルで、白髪も減少しました。蒸しパン、お好み焼き、煮物、コロッケ、ハンバーグ、クッキーなどなど、小麦粉や米やジャガイモの代わりにおからパウダーを使っています。

(引用:FITSearch

 

おからコーヒー好きです。頑張って続けています。

(引用:おからコーヒーで10kgやせた! 医師が教える! おからダイエット

 

12月からおからパウダーを朝のスープ、夜の味噌汁に入れて欠かさず飲んでました。

5ケ月で約3キロ減!39歳女、45.7→42.8kg。

夜は必ず自炊、酒もほぼ飲まない生活になったのも痩せた理由かもしれません。

(引用:FITSearch

 

おからコーヒーダイエット頑張っていきます。体重落ちて嬉しいです。嬉しいです。これからも頑張ります。

(引用:おからコーヒーで10kgやせた! 医師が教える! おからダイエット

おからダイエットで失敗する理由は?

おからダイエットで失敗する理由は?

糖尿病の専門医も大絶賛のおからダイエット。

そんなおからダイエットでなぜ失敗してしまうのでしょうか。

失敗してしまう理由を紹介していきます。

・おからの食べ過ぎ

・おから以外の食事バランスが悪い

順番に詳しく説明していきます。

おからの食べすぎ

おからダイエットで失敗してしまう理由の一つはおからの食べ過ぎです。

おからを食べ過ぎると

・カロリーオーバー

・栄養の吸収阻害

・便秘がひどくなる

といった影響が出てきます。

カロリーオーバー

おからは100gあたり約110kcalと決して低カロリーな食べ物ではありません。

ダイエットにいいとされている理由は、おなかの中で膨らみ満腹感が得られ食べ過ぎを防ぐことができるからです。

食べ過ぎには注意が必要です。

栄養の吸収阻害

おからは極端に多く摂取すると、亜鉛や鉄などのミネラルの吸収を阻害すると言われています。

亜鉛や鉄は生きていく上で欠かせない成分。

これらの吸収が阻害されると体調不良につながってしまいます。

おからはたくさん食べれば食べるほど言い訳ではありません。

便秘がひどくなる

「おからは便秘の解消になるんじゃないの?」

と思いますよね。

おからは腸内の水分を吸収し、便をかさ増しすることで便秘が改善されると言われています。

しかし食べ過ぎると、腸内の水分がなくなってしまい逆に便秘を引き起こしてしまう原因になってしまうんです。

1日大さじ1〜2杯程度の摂取量を守りましょう。

おからの食べ過ぎには注意です。

おから以外の食事バランスが悪い

おからダイエットで失敗するもう一つの原因は、食事の栄養バランスが悪いことです。

おからを食事に組み込んだとしても、おから以外で食べ過ぎてしまったり偏食をしていたりすると、ダイエットは成功しません。

おからはあくまでもダイエットのための「補助食品」です。

基本はやはり栄養バランスのとれた食事!

おからダイエットは専門医も10kg痩せた?

おからダイエットは専門医も10kg痩せた?

おからダイエットがここまで有名になったのは工藤孝文医師のテレビ出演がきっかけ。

工藤医師はおからパウダーを使った「体質改善」で10 kgのダイエットに成功しました。

普段の生活のリズムから、「1日3食バランスよく食べて適度な運動をする」のが難しかったため体質改善を思いついたそうです。

食材の力を上手に利用して体質改善ができないか考えたところ、おからパウダーにたどり着いたとのこと。

おからパウダーを様々な料理に活用し、おからに含まれる痩せホルモン「アディポネクチン」によってダイエットを成功させました。

運動の時間を作るのは難しいですが、

・大股で歩く

・階段を使う

・ゆっくりと椅子に座る

といった普段の生活の中で、体幹をしっかり使うことを意識していたようです。

これらの動きを息を止めずに行うことで有酸素運動になり、脂肪燃焼効果も。

おからダイエットでは、無理な運動なく体質改善ができるのです。

おからで痩せる5つのダイエット効果!

おからで痩せる5つのダイエット効果!

おからダイエットで痩せる5つの効果について説明していきます。

・おなかの中で膨らみ満足感を与える

・低糖質で血糖値の上昇を防ぐ

・豊富な食物繊維が腸内環境を改善

・植物性タンパク質で筋肉を増やす

・大豆ペプチドが脂肪燃焼を促進

一つずつ解説していきますね。

お腹の中で膨らみ満腹感を与える

おからパウダーはお腹の中で水分を吸収して膨らみます。

ですので、満腹感が得られやすく食べ過ぎを防ぐことができるんです。

普段の食事の前におからを食べることで、自然と食事の量が減らせます。

特にパウダー状のおからは、水分をよく吸収するので効果大。

低糖質で血糖値の上昇を防ぐ

おからは糖質が低いので、食後の血糖値の上昇を穏やかにする働きがあります。

小麦粉などの糖質の代わりにおからパウダーを使うことで、タンパク質や食物繊維を補いながら糖質を減らすことができます。

血糖値の上昇が穏やかになると脂肪の蓄積が抑えられ、ダイエットに効果的。 

豊富な食物繊維が腸内環境を改善

おからには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には腸内環境を改善する働きがあるので、代謝が上がったり便秘が改善されたり、 体にうれしい効果が期待できるんです。

おからは食物繊維の中でも特に不溶性食物繊維が豊富。

不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を促進するので、腸の動きが活発になり便秘の改善に。

植物性タンパク質で筋肉を増やす

ダイエットでは筋肉をつけることが大切。

筋肉はタンパク質からできていますが、おからには植物性たんぱく質が含まれています。

植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べ、油脂が少ないので低カロリーです。

おからで得られる植物性のタンパク質はダイエットにはうれしいタンパク質。

しかし、植物性のタンパク質だけでは必須アミノ酸をまかなうことができません。

なので必須アミノ酸が補える動物性のタンパク質も同時に摂取が必要です。

大豆ペプチドが脂肪燃焼を促進

そもそも「大豆ペプチド」ってご存知ですか?

大豆のタンパク質が酵素によってアミノ酸に分解される過程でできる中間物質を大豆ペプチドといいます。

大豆ペプチドは、基礎代謝をアップし、脂肪の燃焼を促進するので、ダイエットに最適な物質なのです。

おからダイエットで成功する具体的な方法

おからダイエットで成功する具体的な方法

ここまでおからダイエットの失敗原因や効果を説明してきました。

続いて、おからダイエットで成功するための、具体的な方法について説明していきます。

・続けやすい好みのおからパウダーを選ぶ

・おからの適切量は?

・ダイエット効果の高い食べ方は?

順番に詳しく紹介していきますね。

続けやすい好みのおからパウダーを選ぶ

おからパウダーには粒の大きさによって2種類があります。

あらめのおからパウダーは少しザラザラとした食感が特徴。

ハンバーグに混ぜたり、サラダに使ったりと料理に使うのがおすすめです。

細かいおからパウダーはサラサラとしているのが特徴。

コーヒーやヨーグルトのような、液体に混ぜる時におすすめです。

使い方によって粗さを変えると、食事に影響が少なくなるので食べやすく続けやすいです。

好きな粗さのおからパウダーを見つけてみてください。

おからの適切量は?

1日大さじ1杯程度が適量。多くても2杯程度にしましょう。

あまりたくさん食べると、上記でも紹介したように便秘がひどくなったり栄養の吸収阻害が起きたりと、体に良くありません。

適切な量を守ってダイエットに活用してくださいね。

効果的なタイミングは?

おからは水分を吸って膨らむことで満腹感が得られます。

ですので、食前に食べるのがおすすめ。

食べ過ぎを防ぐことができる上に、血糖値の上昇も抑えられるので、ダイエットにぴったりなんです。

ダイエット効果の高い食べ方は?

おからダイエットで一番人気なのが「おからヨーグルト」。

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれていますが、おからの食物繊維と一緒に取ることで脂肪や糖の吸収が抑えられるんです。

もう一つダイエット効果が抜群なのが「おからコーヒー」。

おからパウダーが水を含んで膨らむので満腹感が得られやすい上に、「アディポネクチン」という痩せホルモンの効果が高まると言われています。

どちらも「おからパウダーを入れすぎると大豆の風味がきつくて美味しくない…」という声がみられます。

ですが、ティースプーン1杯程度であれば気にならないですよ。

少量から初めてみてください。

おからダイエットの3つの注意点

おからダイエットの3つの注意点

おからダイエットを成功させるために、注意点を3つお伝えします。

・大豆アレルギーがある人は行わない

・妊娠中は行わない

・重度の便秘の人は行わない

順番にみていきましょう。

大豆アレルギーがある人は行わない

おからは大豆から豆腐を製造する過程で、豆乳を絞った際の搾りかす。

原料が大豆なので、大豆アレルギーの人はおからでもアレルギーを起こす可能性があります。

大豆アレルギーがある人はおからダイエットはやめておきましょう。

妊娠中は行わない

大豆イソフラボンが女性ホルモンに影響を与える可能性があります。

妊娠中のおからダイエットは控えましょう。

どうしてもおからダイエットがしたい場合は、医師に相談してみてください。

重度の便秘の人は行わない

おからパウダーには「不溶性食物繊維」が多く含まれています。

不溶性食物繊維は、便のかさを増すことで腸を刺激し便秘を解消します。

ですが、もともと重度の便秘の人は、便を柔らかくすることが大切。

便のかさを増してしまうと便秘がひどくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

おからダイエットで成功する3つのポイント!

おからダイエットで成功する3つのポイント!

おからダイエット成功のための3つのポイントをご紹介。

・同時に水分をたっぷりとる

・食事は栄養バランスよく食べる

・適度な運動を取り入れる

これらのポイントをしっかりおさえておからダイエットを成功させましょう。

同時に水分をたっぷりとる

おからは水を吸収して膨らみます。

水分を摂らなければ胃腸の水分を吸収してしまうので、おからを食べる時には同時にコップ1杯から2杯の水を一緒に摂るようにしましょう。

食事は栄養バランスよく食べる

ダイエットの基本は栄養バランスのとれた食事です。

おからはあくまでも「ダイエットの補助食品」。

おから以外の食事が偏食にならないように気をつけましょう。

適度な運動を取り入れる

おからを食べるだけでは痩せるのは難しいです。

やはり、ダイエットには適度な運動が不可欠。

階段を使ったり、早歩きをしてみたり、普段の生活で無理なく取り入れられる運動から始めていきましょう。

低糖質で栄養価の高いおからで減量成功させよう

低糖質で栄養価の高いおからで減量成功させよう

おからパウダーは手軽に使えて栄養価も高く、お腹の中で膨れるのでダイエットのぴったりの食品。3つの効果的な方法をしっかり覚えていてくださいね。

・好みのおからパウダーを選ぶ

・おからパウダーは1日大さじ1〜2杯

・おからヨーグルトやおからコーヒーがより効果的!

10kg痩せも可能!

ポイントを押さえて手軽なおからダイエットを実践してみてください。

無理なく体質改善しながらダイエットを成功させましょう。

糖尿病専門医が10kg痩せ!あなたも失敗しないおからダイエット法
最新情報をチェックしよう!