糖質制限ダイエット失敗5つの致命的な原因!なぜあなたは太った?

様々なダイエット方法がある中で、比較的早く効果が出やすいといわれている「糖質制限ダイエット」ですが、実は失敗する方が多い方法でもあります。今この記事を読まれている方の中にも、糖質制限ダイエットに失敗してしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
・「痩せやすいといわれる糖質制限ダイエットでなぜ太ってしまうのか?」
・「成功するためにどんな点に気を付ければよいのか?」
という疑問をお持ちではありませんか?
そこで今回は、糖質制限ダイエットで失敗してしまう悩みを解決していきます。
具体的には、
・糖質制限ダイエットで失敗した人の口コミ
・糖質制限ダイエットで失敗する原因
・糖質制限ダイエットで成功するための秘訣
の順番にご紹介していきます。
およそ7分程度で読めますし、今回の記事を読めば糖質制限ダイエットの成功も目指せるので、ぜひご参考ください。

糖質制限ダイエットで失敗した口コミ

まずは糖質制限ダイエットを実践して、失敗してしまった方の口コミをご紹介します。失敗する方にはどんな共通点が見られるのでしょうか?

“痩せない
筋肉はめっちゃ付いたけど、脂肪全く減らない

しかも胃が埋まっても栄養足りない感じ

おかず好きじゃないし、私には向かなかったです”
出典:Diet Club

“ストレスで炭水化物をドカ食いしてリバウンドしました(ノД`)”
出典:Diet Club
“糖質制限1ヶ月が過ぎました…が。何だろ?変わりません。ほんの少し?本当にチョッと?ジーパンが緩くなった??この程度?と思わずにはいられません。悲しい…。でも!まだやり続けます。折角1ヶ月頑張ったんだから。”
出典:FIT Seach
“【ダイエット失敗体験】
糖質制限中、早く痩せたい為にカロリーを制限もしていた。糖質制限のメリットはカロリーを気にせず食べれることだがカロリー制限をすることで代謝を下げて痩せにくい身体になっていた。無知なのは本当に恐ろしい”
出典:twitter

“160センチ 46キロ体脂肪20%からのスタートでした
最初の2週間で体重-1キロウエスト-1.5センチになりました

減りすぎだと思って少し糖質量を多めにして
exerciseも加えました
元々8年くらいカービィダンスをやっていたので
筋肉量を落としたくないとカービィやるのは日課でした

…風邪も1年以上ひかず元気で便秘も全くなく
むしろ全部出ちゃうくらいだったのに

その真逆になってしまってΣ(ノд<)

ひどい便秘に風邪ひいて熱が出て下がらず
カービィは中止しました…
身体は浮腫んでパンパンで…体調を治す事を考え
栄養摂ってます
糖質もオーバーしてます…デモ便秘も風邪も治らず
(風邪薬飲んでも完治しません)

身体がオカシクなってしまいました
これからどうしようかと悩んでいますΣ(ノд<)”
出典:FIT Seach

“私は身長150cmで若い頃は40kg前後でしたが
40代以降からジワジワ太り始め45kgになったので
あと2~3kg落としたいと思い糖質制限を始めようと思いました。

「肉なら好きなだけ食べられるからラッキー♪」
と思って始めてみましたが、炭水化物を一切とらないせいか、イライラしたり疲れやすくなったり…
しまいには夜眠れなくなったので止めてしまいました(^^;

それでも半年ほど炭水化物少なめ
タンパク質を多めに摂取する生活を心掛けてたら

タンパク質って消化に時間がかかり胃腸に負担がかかるのか?逆流性食道炎になってしまい1年近く治療中です(^^;

現在はお菓子も普通に適量を食べ
お米にもち麦や蒟蒻米を混ぜて炊き1食100gを1日に3~4回食べるようになってからダイエットストレスもなくなり体調も良く夜も普通に眠れるようになりました。

あと糖質制限を止めたら食費が減りました(笑)

あ、体重は相変わらず45kg前後です(^^;

糖質制限は向き不向きがあるみたいですね。”
出典:FIT Seach

糖質制限ダイエットに失敗した方の口コミを見てみると、制限しているにも関わらずなぜか痩せないという方の意見が見られました。また、体重は減ったものの体調不良に陥り、続けられなくなった方もいます。
口コミから、糖質制限ダイエットは、誰でも痩せられるダイエットではないことが分かりました。正しい知識を持って実践しなくてはなりません。

糖質制限ダイエットで失敗する5つの原因は?

糖質制限ダイエットが失敗してしまう方には、いくつかの共通点が見られます。具体的にどのようなことが原因で失敗に陥るのか、解説していきます。

糖質の高い野菜や調味料をとっている

糖質というと、あなたはどんな食品をイメージしますか?多くの方はお菓子やジュースといった嗜好品とご飯やパンなどの主食類をイメージされるかと思います。しかし、実は野菜にも糖質が含まれているのです。
例えば、さつまいもやじゃがいもなどの芋類は、糖質が多い野菜として知られています。また、かぼちゃやとうもろこし、れんこんも糖質が多く含まれる野菜です。
【可食部100g当たり炭水化物量】
・さつまいも…31.9g
・じゃがいも…17.6g
・西洋かぼちゃ…20.6g
・とうもろこし…16.8g
・れんこん…15.5g
・ご飯…37.1g

出典:文部科学省

ご飯100gと比較すると、さつまいもなどは特にそれほど炭水化物量が変わらないということが分かります。そのため、いくらご飯を減らしたとしても、糖質を多く含む野菜をたくさん摂取していれば、制限の意味がなくなってしまうのです。
また、何気なく使っている調味料にも糖質が意外と多く含まれているので、注意しなくてはなりません。
【可食部100g当たり炭水化物量】
・中濃ソース…30.8g
・ごまだれ…30.1g
・焼き肉のたれ…33.1g
・トマトケチャップ…27.4g
・甘みそ…37.9g

出典:文部科学省

カロリー制限している

糖質制限ダイエット中にカロリーも減らし、より効果を高めようと考える方がいます。しかし、糖質制限を行っているならカロリーを制限してはいけません。
本来、糖質制限ダイエットというのは糖質を制限することで余ったエネルギーが蓄積されないようにしています。また、食事ごとにたくさん分泌されていたインスリン量を減らすことで「糖新生」を起こしやすくします。糖新生とは、体内で糖質以外の成分から糖質(グルコース)を生成するための手段です。
さらに、脂肪酸からエネルギーを作る「ケトン体回路」も動くようになり、代謝が活性化されます。そのため、糖質制限中にカロリーを減らさなくても自然と痩せやすい体になっていくのです。
しかし、カロリー制限も行ってしまえば体の機能を維持するのに必要な栄養素まで不足してしまいます。その結果、体を壊したり栄養失調に陥ったりするのです。

まったく運動をしていない

糖質制限をしているのだから運動をする必要はないと考え、ダイエット中にまったく運動をしていない人もいます。確かに、糖質制限では痩せやすい体が作れるため、糖質制限をしていない状態よりはエネルギーが消費されやすくなります。
しかし、まったく運動していないと消費されるエネルギーの割合は小さく、「痩せた」と実感できるまで時間がかかってしまいます。そのため、糖質制限ダイエットで失敗する人の共通点に、まったく運動していないことが挙げられるのです。

けん怠感がつらい

口コミでは体調不良により糖質制限ダイエットを中止したという声も見られました。人によっては、けん怠感やだるさがひどくなることがあります。
けん怠感が現れるのは脳がエネルギー不足を起こしている証拠です。集中力が低下したりイライラしやすくなったりするのも、糖質不足によって引き起こります。

リバウンドしてしまう

糖質制限ダイエットは痩せやすい反面、リバウンドしやすいダイエット方法といわれています。理由として考えられるのは、「短期間で痩せるが段々体重が減らなくなってくる」ことと、「我慢した結果ストレスが爆発して暴飲暴食につながってしまう」ことの2点です。
ひとつ目の「短期間で痩せるが段々体重が減らなくなってくる」のは、食物繊維不足による便秘が影響しています。炭水化物というのは糖質と食物繊維に分類できるため、糖質を制限すると食物繊維まで不足しやすくなります。便秘になってしまうといくら糖質を制限しても、便が排出されなければ体重は落ちません。
また、糖質を制限することで脳は飢餓状態にあると勘違いしてしまい、1回の食事から得られる栄養素を体内に貯め込もうとします。その結果、なかなか体重が落ちなくなってしまうのです。
ふたつ目の「我慢した結果ストレスが爆発して暴飲暴食につながってしまう」のは、これまで好きなように食べていたものを制限したことで、「食べたい」という欲求を抑えるためです。最終的には我慢できなくなり暴飲暴食につながってしまうのです。
特に糖質不足は疲労やイライラなどを引き起こすため、暴飲暴食後は罪悪感がありながらも非常に満たされやすいです。その結果、糖質制限ダイエットを止めてしまい失敗に終わるケースが多く見られます。

糖質制限ダイエット成功させる9つの秘訣は?

糖質制限ダイエットに失敗するのは主に5つの原因が考えられますが、きちんと成功して痩せやすい体を作っていくにはどんなことに注意すべきなのでしょうか?

減量目標に合った糖質量を決める

まずは、どれくらいの糖質量なら問題ないのか、目安を決める必要があります。糖質量を決めるときは、自分の減量目標に合わせることが大切です。
【レベル別1日あたり糖質摂取量(摂取カロリーを2000kcalとした場合)】
・中等度炭水化物食…摂取カロリーの26%~43%(130g~215g)
・低炭水化物食…130g以下
・ケトン体ダイエット食…50g以下
・ロカボダイエット食…30g以下
行うダイエットによって制限する糖質量は異なります。一番制限が緩い中等度炭水化物食は、アメリカ糖尿病学会(ADA)が定めている数値です。ダイエットというより健康を維持するための数値になるため、ダイエットで痩せることを考えると低炭水化物食から始めたほうがよいといえます。

出典:よしまさ内科クリニック

食材の糖質量を正しく知る

糖質量が決まったら、食材に含まれている糖質量を確認しながら日々の食生活を見直してみてください。野菜や調味料など、意外と糖質が含まれている可能性があります。
どの食品にどれだけ糖質量が含まれているのか調べるなら、アプリがおすすめです。糖質量をチェックする際に使える、便利なアプリをご紹介します。
・ポケット糖質量
食品に含まれている糖質量を手軽に確認したい方向けのアプリです。1600種類以上の食品を収録しており、糖質量以外にもカロリーやたんぱく質、脂質なども確認できます。また、糖質量を角砂糖何個分に相当するのか換算もしてくれるため、糖質量がイメージしやすくなります。
・糖質生活糖質制限ダイエットに便利なアプリ
糖質が含まれる食品のカロリーも一覧でチェックできるアプリです。約1800種類の食品データが収録されているため、さまざまな食品の糖質量を調べられます。さらに、糖質制限ダイエットを成功に導くコラムや体験レポートなども掲載されているので、糖質量以上の情報を知りたい方にもおすすめです。
・カロミル
カロミルは食事管理をしながらダイエットができるアプリです。食事を撮影し、アプリに読み込めばAIが何の食事かを解析し、自動で栄養計算まで行ってくれます。
ほかにもダイエットアプリはありますが、カロミルは糖質の量を細かくチェックできるというメリットがあります。一品一品の糖質量も確認できるため、後で確認したときにどんな料理に糖質が多く含まれているのか確認できます。体重管理に使えるグラフも用意されているため、糖質制限ダイエットに効果的なアプリです。

たんぱく質は異なる種類からしっかりとる

糖質制限ダイエットで、糖質量を減らしながら1日の摂取カロリーを満たすためにはたんぱく質の摂取が重要となります。たんぱく質には体内で作り出せる「非必須アミノ酸」と、食事から摂取する「必須アミノ酸」の2種類が存在しています。
必須アミノ酸が不足しないよう、さまざまな食材からたんぱく質を摂取することが大切です。たんぱく質を多く含んでいるのは、主に5種類です。
・肉類
・魚介類
・卵類
・大豆製品
・乳製品
肉類や魚介類、卵類、乳製品からは動物性たんぱく質が、大豆製品からは植物性たんぱく質が摂取できます。肉ばかりに偏らず、いろんなたんぱく源を取り入れてください。

良質な脂質をとる

糖質制限ダイエットでは、たんぱく質以外に脂質も取り入れてエネルギーを補給していきます。さらに、脂質には細胞膜や臓器の保護、脂溶性ビタミンの吸収を促進させる働きがあり、綺麗に痩せたい方には欠かせない栄養素です。
ただ、人工的に作られた油や酸化した油を摂取すると、細胞や遺伝子を傷つけてしまう可能性があります。そのため、良質な脂質を摂取したほうが綺麗に痩せやすくなるのです。
糖質制限ダイエット中におすすめしたいのは、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸・オメガ9脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は青魚やえごま、アマニ油に含まれています。えごま油やアマニ油は値段が高いため、コストが気になる方は青魚のサバを活用してみてください。
オメガ6脂肪酸は紅花油や大豆油、ごま油などの植物油に含まれます。日常的に使用する油をサラダ油からこれらの植物油に変えることで、摂取しやすくなります。
オメガ9脂肪酸は、オリーブオイルやアボカドなどに多く含まれている脂肪酸です。アボカドはオメガ9脂肪酸以外にビタミンも豊富に含まれているため、サラダにして食べるのがおすすめです。

コンビニをうまく利用する

糖質制限ダイエットを苦労せず乗り切るために、コンビニもうまく活用してみてください。コンビニにはさまざまな食品が販売されていますが、その中には糖質が抑えられたものがたくさん販売されています。おすすめの商品を3つご紹介します。
・サラダチキン
糖質制限ダイエットにおいて欠かせない商品のひとつです。手軽に取り入れられ、なおかつ低脂肪・高たんぱくなのでダイエットにも適しています。最近ではバータイプやほぐしてあって料理に使いやすいサラダチキンも販売されています。
・サラダ
コンビニにはさまざまな種類のサラダが販売されていますが、中には野菜だけでなくゆで卵やツナが乗っている商品もあります。たんぱく質を補いたい人はたんぱく源が乗ったサラダを選んでみてください。ただし、ドレッシングには糖質が含まれている可能性が高いため、ドレッシングが付いていないものを選ぶと、より糖質制限に活用できます。
・ホットスナック
レジ横にあるホットスナックは、一見揚げ物が多くダイエットに不向きと思われがちです。確かに食べすぎには注意が必要ですが、糖質だけを見ると意外と少ない商品はいくつかあります。
例えば、フランクフルトは大きなサイズで食べ応え十分なのに糖質は非常に少ない商品となっています。ほかにも、糖質量が少ない焼き鳥を販売しているコンビニもあるため、カロリーをなるべく抑えたい方は焼き鳥のあるコンビニを選んでください。
【ホットスナックの糖質量】
ローソン…からあげクン(糖質8.0g)
ファミリーマート…ジャンボフランク(糖質5.6g)

出典:LOWSON
   FamilyMart

 

お酒は蒸留酒や糖質ゼロを選ぶ

お酒にも炭水化物が含まれているため、糖質制限ダイエットを行うなら控えたほうがよいです。ただし、焼酎やウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒は糖質が含まれていません。そのため、どうしてもお酒を飲みたい場合は蒸留酒を選ぶようにしてください。
また、近年は、糖質ゼロの商品が発売されるようになりました。糖質を気にしたいがビールも飲みたいという方は糖質ゼロビールの活用がおすすめです。
・サントリー角ハイボール
サントリーの角ハイボールは糖質ゼロのウィスキーを炭酸水で割ったもので、シンプルな味わいが人気を呼んでいます。角ハイボールには炭水化物が100mlあたり2.1g含まれていますが、原材料を見ると食物繊維と記載されているため、糖質はほとんど含まれていないと考えられます。
・ホッピービバレッジホッピー
ホッピービバレッジのホッピーは、ビールテイストの焼酎割り飲料です。焼酎は糖質ゼロですし、ホッピー自体の糖質も1.7gとそれほど高くありません。ホッピーならではの独特な味わいを楽しんでみてください。
・アサヒスタイルフリー(生)
どうしてもビールが飲みたいというときは、アサヒのスタイルフリー(生)がおすすめです。発泡酒ではあるものの、麦が増量されビールのスッキリ感やのど越しが楽しめます。スタイルフリーのシリーズには、糖質・プリン体・人工甘味料・着色料までゼロになった「スタイルフリーパーフェクト」や、ドイツ産ホップを100%使用し、糖質・プリン体・人工甘味料がゼロの「アサヒオフ」などがあります。

出典:SUNTORY
   HOPPY
   Asahi

運動を取り入れる

いくら糖質制限を行っても、運動も取り入れなければ代謝が下がり、脂肪は落ちにくくなります。素早く効果を実感するためにも、運動を取り入れてみてください。
・ウォーキング
運動の中でも比較的始めやすいウォーキングは、有酸素運動なので脂肪が燃焼しやすく、糖質制限ダイエットとの相性もよいです。姿勢や呼吸も意識できるようになると、よりダイエット効果がアップします。
・ヨガ
ヨガは緊張をほぐしながら体のゆがみを直すことができる運動です。ゆがみが改善されると血液の流れがスムーズになり、肩こりや腰痛、冷えなどの慢性的な症状が緩和されやすくなります。
・ストレッチ
運動が苦手でなかなか始められないという方は、自宅でちょっとした時間にできるストレッチを取り入れてみてください。1~2分のストレッチでも、毎日コツコツと続けていけば効果が期待できます。気になる部位がある方は、その部位を中心にストレッチしていくのがおすすめです。

便秘対策をする

糖質制限中は炭水化物を制限するため、食物繊維も不足しやすく便秘になりやすいです。糖質を制限しつつ便秘を防ぐためには、腸内環境を整える必要があります。
腸内環境を整えるには、ネバネバとした食材がおすすめです。例えば、納豆や海藻、オクラなどがあります。海藻やオクラは食物繊維が多く、なおかつ糖質も少ないため便秘に悩む方は積極的に食べてください。
また、納豆は発酵食品なので腸内細菌の餌になりやすく、善玉菌を増やす働きが期待できます。さらにたんぱく質が多く含まれているため、ネバネバ食品を上手に活用しながら便秘対策を実践してみてください。

水分をしっかりとる

糖質制限ダイエットを行っていると倦怠感やだるさを感じることがあります。これは、体内でケトン体の濃度が増えているためです。ケトン体の濃度を下げるためには水分摂取が重要となります。
体内の巡りをよくするためにも水分摂取はしっかりと行うことが大切です。目安としては、1日2,000ml前後を飲むようにしてください。
ただし、ミネラル成分が豊富な硬水のミネラルウォーターは、かえって体調が悪くなってしまう恐れがあります。1日にたくさん飲むなら軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

正しい糖質ダイエットで理想体重を目指そう!

糖質制限ダイエットは簡単に始められる反面、正しい知識ややり方を知っていないと失敗してリバウンドする可能性が非常に高いです。今回の記事で失敗する理由と成功する秘訣を参考にしながら、糖質制限ダイエットの成功を目指してみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!