納豆ダイエット失敗者必見!「食べる時間」だけで痩せる3つの理由とは?

納豆ダイエットは、手軽に行うことが出来てタンパク質が豊富、さらに健康や美容に効果的であるとして、テレビで話題になりました。あなたも一度は耳にしたことはあるのでは無いでしょうか。

しかし、インターネット上の口コミでは

・納豆ダイエットしたけど、逆に太った
・納豆ダイエットは続かなかった
・納豆ダイエットは本当に効果があるの?

といったネガティブな声も多数見受けられました。

その他にも「味に飽きた」といった意見や「食べ合わせがいい食材はあるの」といった声も見受けられる納豆ダイエットですが、

実は「食べる時間を工夫」するだけで、簡単に納豆ダイエットを成功させることができるのです!

そこで当記事では、納豆ダイエットが食べる時間を工夫するだけで痩せられる理由を3つ挙げ、さらに健康的に痩せられる方法をご紹介していきます!

当記事を読むことによって

・納豆ダイエット成功のコツが一目で理解出来る
・痩せるだけでなく美容健康にも繋がる
・もう納豆ダイエットで失敗することがなくなる

ことが出来ますので、是非じっくりご覧ください。

納豆ダイエットを成功させる食べる時間と理由は?

納豆ダイエットを成功させる食べる時間と理由は?

納豆ダイエットを成功させる上で、最も重要なのは食べる時間です。

納豆を食べる時間やタイミングを工夫することによって、納豆の栄養素を効果的に吸収することができます。

どのタイミングで食べたら効果がでるのか、どの時間に食べると効果的なのか、理由も含めて解説していきます。

食事の前に食べる

食事の前に納豆を1パック食べましょう。

食事の前に食べることによって、満腹中枢が上がり、いつもの食事量を減らすことができるからです。それに納豆は血糖値をコントロールしてくれるので、太りにくくなる性質もあります。

ダイエット効果が高まるので、食事の前に納豆を食べるようにしましょう。

夜に食べる

夕食の時に納豆を食べるようにしましょう。

夜は、消費カロリーも少なく、活動量も少ないためです。多くの人は、夕食後は、お風呂に入り、寝るといったことしかしないはずです。

それに、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という成分が夜寝ている間、活発に働きます。ナットウキナーゼは、血液をサラサラにしてくれる効果があるため、中性脂肪を抑える働きがあります。

間食として取り入れる

納豆は、血糖値をコントロールできるため、急激なインスリンの上昇を防ぐことができます。

おやつ代わりに食べることによって、余分な脂質や糖質を抑えることができます。

しかし、納豆1パックで150kcal~200kcalあり、それほどカロリーが低くないので、1日のカロリー摂取量に注意してください。

 

納豆がもたらす5つのダイエット効果!

納豆がもたらす5つのダイエット効果!

納豆には、ダイエット効果が高くて嬉しい成分が豊富に含まれています。ダイエット効果があるだけでなく、健康的に痩せることができる成分も含まれています。

特にダイエットに効果的な成分を5つ見てみましょう。

大豆たんぱく質

たんぱく質の中でも特に大豆たんぱく質は、満腹中枢を刺激してくれます。摂取カロリーを抑えてくれる働きがあるため、ダイエットに効果的なたんぱく質です。

ダイエットを行っていると脂肪だけでなく、筋肉も落ちてしまいがちです。大豆たんぱく質は、筋肉を維持してくれる働きがあるので、ダイエットの時には取っておきたいたんぱく質ですね。

大豆サポニン

大豆サポニンは、抗酸化作用があります。活性酸素を取り除き、脂肪が酸化してしまうのを防いでくれます

また、余分な脂肪が身体に溜まらないようにしてくれます。大豆サポニンはアディポネクチンという成分の分泌を促進してくれます。後述しますが、この成分がダイエットに非常に効果的な成分です。

アディポネクチン

アディポネクチンは、「やせホルモン」とも言われており、脂肪を燃焼を促進する効果があります。納豆には、大豆サポニンが含まれているので、さらにアディポネクチンの効果を高めてくれます。

アディポネクチンはダイエットには不可欠な成分です。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにしてくれる成分です。

血液がサラサラになると、コレステロールが低下するので中性脂肪を抑えてくれる働きがあります。また、動脈硬化や心筋梗塞を防いでくれる効果もあり、健康に痩せるためにはおすすめの成分です。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性に嬉しい成分です。女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じような働きがあります。

自律神経を整え、肌の新陳代謝を高めてくれます。ダイエットをしていると身体機能や自律神経のバランスが悪くなりがちなので、ダイエット中におすすめな栄養素です。

納豆ダイエットで知っておきたい3つのポイント

納豆がもたらす5つのダイエット効果!

納豆ダイエットをより成功させるために押さえておきたいポイントが3つあります。

この3つを守れば、納豆ダイエットの効果を効率よく高めてくれるので、ぜひとも確認しておきましょう。

加熱せずに食べるのがベスト!

納豆の栄養素を効率よくとるには、常温で食べましょう。

納豆に含まれるナットウキナーゼは、50度以上になると成分が低下してしまい、70度以上になるとせっかくの有効成分が死滅してしまいます。

また、冷蔵庫から取り出したばかりでは、働きが弱いので、常温になるまで20分ほど置いてから食べるようにします。常温になるとナットウキナーゼは発酵が進むので、栄養素の吸収が高まり、より効果的に納豆を摂取できます。

一緒に食べる食材でスリム効果アップ

キムチ

キムチは、発酵した乳酸菌が豊富に含まれています。納豆自体にも食物繊維がたくさん含まれていますが、納豆菌と乳酸菌が合わさることによって、腸内環境のバランスを整えてくれる効果が高まります。

便秘を解消し、余分な身体の毒素を排出してくれるので、ダイエットに繋がります。

トマト

トマトには、強い抗酸化作用があるリコピンが含まれています。美容効果や血液をサラサラにしてくれる効果があります。納豆と一緒に食べることによって、コレステロール値を安定させる働きが向上します。コレステロール値が安定すると、中性脂肪を抑えてくれます。

また、納豆と一緒に食べることによって、リコピンの働きも活発になり、美肌効果にも繋がります。

オリーブオイル

納豆とオリーブオイルを一緒に取ることによって、オリーブオイルのオレイン酸の働きが活発になり、オレイン酸は、腸の蠕動運動を促してくれます。そのため、整腸作用が高まるので、腸内環境が改善され便秘も解消されます。

オレイン酸には、血液をサラサラにしてくれる効果もあるので、納豆と合わさることによって、より中性脂肪を抑えてくれます。

アボカド

アボカドも栄養素が高い食材です。ビタミンCやB群などが豊富に含まれており、むくみを取ってくれるカリウムがたくさん入っています。納豆と一緒にたべることによって、 腸内環境が改善され、デトックス効果が高まります。

アボカドは少しの量でも満腹感が得られる食材なので、納豆と一緒に食べることによって、食べ過ぎを抑えてくれる効果も増します。

食べ過ぎはダイエットに逆効果

ダイエットに効果的だからといって食べすぎると失敗に繋がってしまいます。

納豆1パックあたりのカロリーは、150kcal~200kcalほどあるので低カロリーとは言えません。食べ過ぎると、過剰にカロリーを取ってしまう原因になります。

それに、納豆はついついご飯が進んでしまいます。ダイエットをするためには、ご飯の量を抑える必要があります。食べ過ぎないように注意しましょう。

また、納豆に含まれる、大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分です。過剰摂取するとホルモンバランスが乱れる恐れがあるため、食べるのは1日1パックまでにしましょう。

納豆ダイエットで痩せた!口コミ体験集

納豆ダイエットで痩せた!口コミ体験集

納豆ダイエット行い実際に痩せたといった口コミも多く見られました。

成功した人の口コミはどのようなものだったのでしょうか。

参考にしてみましょう。

 

週に2~3回と夜ご飯を納豆とサラダだけにした例です。

炭水化物を抜きすぎるとリバウンドのもとになります。毎日ではなく、無理せず継続することによって、健康的に3㎏痩せることができました。

また、納豆を最初に食べることによって、満腹中枢が刺激されるので、腹持ちもよくなります。

 

腸内環境を整えるために始めたら、体重が自然に下がってきました。多分、便が良くなったからだと思います。最低一ヶ月の継続は必要です。納豆を食べる前に、半日冷蔵庫から出しておくと効果てきめん??

(引用:FIT Search)

納豆を取ることによって、腸内環境が改善され、自然に痩せることができたようです。

1か月ほど時間がかかったようですが、健康的に痩せられたので、リバウンドもしなさそうですね。

冷蔵庫から納豆を出して置き、常温にすることによって、納豆の栄養素が活性化され吸収が高まります。常温で食べることを意識すると、よりダイエット効果が得られますね。

 

納豆・キムチをはじめて1ヶ月がたちました。(それにプラス厚揚げ)
毎日では有りませんが、1週間に3-4日夕飯で食しています。気がついたら2キロですが減っていました。便通も良くなりましたので、大変快適です。

(引用:FIT Search)

納豆とキムチの相乗効果で痩せることができました。納豆とキムチの相乗効果で腸内がデトックスされたので、健康的に体重を落とすことができたようですね。

1週間のうち3~4日の夕食で効果がでるので、もっと早く痩せたいなという方は、1週間すべて納豆とキムチ、厚揚げにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

納豆ダイエットは夜に行うと納豆の栄養素をより効果的に引き出してくれるため、ダイエットに繋がりました。

また、炭水化物を納豆に置き換えることで、2週間といった短期間で2㎏のダイエットに成功したようです。

炭水化物を完全に抜いているようなので、リバウンドに気を付けながら、カロリーを考え徐々に元の食事に戻していくと痩せた体重を維持することに繋がります。

 

ご飯や主食はみーんな玄米や雑穀にして必ずイカ雌株納豆をたべます。一日の夜がこれ。朝は食べたいもので昼は友達とランチがあってもオッケー!夜をこれにして便秘解消でさらに美肌!!私は朝夜こうして三ヶ月で2サイズ落ちました!!今は 9号をきれいに着こなすことですかな?

(引用:CLUB Panasonic ダイエットナビ)

朝や昼は食べたいものを食べていたようです。しかし、3か月間納豆ダイエットを継続したことによって、洋服が2サイズ落ちたので続ける価値が十分にありますね。

ただ、主食は玄米や雑穀に変えていたため、糖分を抑えることができ、よりダイエットに繋がりました。便秘も解消され健康的に痩せることができています。

納豆には、美肌効果のある大豆イソフラボンや大豆サポニンなども含まれているため、痩せるだけでなく、美肌になったようです。

 

納豆ダイエットを成功させた口コミを見てみると、少なくとも2週間~1か月以上継続されている口コミばかりです。

無理をせず、自分のペースで行うことで、健康的にダイエットすることができています。リバウンドしないためにも、ダイエットが辛くならない方法を参考にし、真似してみるとダイエット成功に繋がります。

 

納豆のすぐれた栄養素で健康的にダイエット成功

納豆のすぐれた栄養素で健康的にダイエット成功

納豆ダイエットは、手軽に買えて価格も安く、ダイエットに取り入れやすい食材です。しかし、納豆は意外とカロリーが高い食材です。納豆を手軽さゆえ食べ過ぎてしまったり、ご飯の量がついつい多くなってしまうと失敗してしまうダイエットです。

納豆はカロリーが高めですが、ダイエットに効果があるナットウキナーゼやアディポネクチンなどの栄養素がたくさん含まれています。それに、健康や美容に良い大豆サポニンや大豆イソフラボンといった栄養素もたくさん含まれています。

トマトやキムチ、オリーブオイルなど納豆には愛称がいい食材が多くあります。様々な食材と納豆を組み合わせることによって、ダイエット効果が高まるので、飽きることなく続けられます。

納豆ダイエットは、食べるタイミングさえ工夫すれば、効果絶大のダイエット方法です。食事の前に納豆を食べるようにすることで、満腹中枢が得られ、摂取カロリーを抑えることができます。また、夕食の時や間食の時に食べると、納豆の栄養素をより活かすことができるので、ぜひとも、実践していきましょう。

口コミにもあったように、納豆ダイエットは無理せず、長期スパンで実践していくことによって、健康的にリバウンドせず痩せることができます。

納豆以外のおかずの栄養バランスも考えて無理なくゆっくり続けていくことがダイエットを成功の秘訣となります。

納豆
最新情報をチェックしよう!