GLP-1で食欲抑制ダイエット!医学的に証明された肥満治療法です

GLP-1を使用すれば本当に食欲抑制効果が現れるのか?

その疑問について、研究結果や数々のネット上の記事、ニュースなど

あらゆる側面から解説していきます。

今までいろいろなダイエット法がありましたよね。

 

  • 運動ダイエット
  • 脂質抜きダイエット
  • 糖質抜きダイエット
  • 酵素ダイエット

 

それらのダイエットには「根性」が必要でしたよね。

運動ダイエットは疲れることを長時間しなければなりませんでした。

食事制限ダイエットだって、食欲を我慢していましたよね。

 

こんな科学が進歩した時代に、精神論で我々はダイエットに立ち向かっていたのです。

しかしそんな根性が全く必要ない、最新のダイエット情報が登場して巷を騒がしているんですよ。

 

「GLP-1」と呼ばれるホルモンを利用したダイエット法です。

 

「また変なダイエット法が出てきた!」なんて思っていませんか?

実はGLP-1を活用したダイエットに効果があることはすでに証明済みです。

医学界も認めており、欧米ではすでに肥満治療として用いられているほど!

 

そうそう!問題になっていたのは食欲でしたね。

その食欲に対して高い効果が期待できるのがGLP-1ダイエットです。

GLP-1受容体作動薬という薬を投与することにより

インスリン分泌を促すことで食欲抑制が出来るので、食事量が減ります。

そして無理することなくスリムな体型がゲットできてしまうことに。

 

「そんな夢のような話はない」とまだ疑っている方も多いはず。

ですので、食欲抑制の効果が具体的にどのように発生するのかのメカニズムから

痩せるホルモンであるGLP-1を用いたダイエットについて解説します。

食欲のせいでダイエットが失敗した経験がある方は必見です。

 

 

GLP-1やせホルモンで食欲を抑制

少量のご飯でも満足できるGLP-1ダイエット

痩せるホルモンであるGLP-1を摂取すれば自然と食欲が落ちます。

もちろん食欲が全くなくなるわけではないので安心してくださいね。

ずっと食べないでいられるというわけではなく、あくまで健康的に痩せられるということ。

 

ではなぜGLP-1には食欲が抑制できる力があるのでしょうか?

 

GLP-1と食欲の関係性とは?

 

GLP-1はもともと我々の体内にあるホルモンであり、食欲を抑える機能を持っているものです。

そもそも満腹感がえられなかったらどうなりますか?

いくらでも食べてしまい、みんなデブになってしまいますよね。

 

でもどんなに肥満体型の方だって、たくさん食べれば満腹感は得られるもの。

要はGLP-1が分泌されることで満腹感が発生することになるのです。

 

でも大きな問題があります。

GLP-1の分泌量が誰でも一緒であれば問題はないのです。

しかし体型によって分泌量が異なることが分かっています。

 

  • 肥満体型の方・・・GLP-1の分泌量が少ない
  • 普通体型の方・・・GLP-1の分泌量が多い

 

要は、普通体型の方と肥満体型の方の満腹感の得られ方に違いがあるということ。

同じ量を食べたとしても普通体型の方は早めに満腹感が得られます。

一方で肥満体型の方はなかなか満腹感が得られず、さらに食べ進めてしまいます。

 

そこで「GLP-1という痩せるホルモンを外部から補充してやろう」というのがGLP-1メディカルダイエット!

分泌量が少なければ、補給してあげればよいのです。

 

本当にGLP-1だけで食欲が抑制できるのか?

 

GLP-1だけで食欲抑制が可能です。

 

もう少し詳しくお話すると、GLP-1には満腹中枢の刺激を二つの方向から行う機能があります。

 

  • 満腹中枢への刺激
  • 胃腸に食べ物を留まりやすくする

 

まずはGLP-1自体が脳に作用する、というものです。

満腹中枢にGLP-1が送られることで、満腹感が発生します。

要は直接的に「お腹いっぱい」という感覚が出てくるわけ。

 

さらにGLP-1には天然の満腹感を作り出す機能まであります。

 

あなたは焼き肉の食べ放題とか行きますか?

 

食べ放題で大量に食べるとお腹が膨れますよね。

胃に大量の食べ物がある状態になり、「もう食べられない」という感覚になるのではありませんか?

 

GLP-1は胃に食べ物がある状態を長時間維持させる、という優れた機能まであるのです。

胃と腸の働きを弱めて、まずは胃の分泌液の量を制限します。

胃酸などの胃液の量が減るので、消化されにくくなり胃に食べ物が残るようになります。

 

さらに腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを弱める作用もあり、腸から食べ物が排出されるのがゆっくりとなります。

GLP-1が大量に分泌されていれば、胃や腸に食べ物が多い状態になり「お腹いっぱいでもう食べられない」と勝手になるわけ。

 

どうでしょう?

GLP-1を利用したダイエットであれば根性は必要でしょうか?

全く必要ないですよね。

 

GLP-1というホルモンが普段どおりの働きをしてくれれば、勝手にダイエットになってしまうのですから。

 

 

アメリカで安全性の保証あり

アラートのアイコン

「GLP-1ダイエットなら根性は必要なさそうだけどなんか心配」

「医療系のダイエットって副作用もあるんじゃないの?」

 

世界的に認可されているダイエット治療法なので心配はありません。

 

GLP-1ダイエットって言葉だけだとイメージができないので不安ですよね。

そもそもあまり有名じゃないわけです。

周りでもGLP-1ダイエットを行っている方はいないのではありませんか?

 

なによりホルモンを利用したダイエットと聞いて、怖い気持ちも出てきてしまいますよね。

だってホルモンバランスが崩れただけでも体の調子って悪くなってしまうわけじゃないですか。

 

でもGLP-1は性ホルモンではありません。

GLP-1は我々の腸で造られている生理的なホルモンですよ。

合成化学薬品のような副作用の心配は一切ありません。

 

男性ホルモンでもなく女性ホルモンでもないので、ホルモンバランス的な乱れで問題が発生する可能性も極めて低いです。

男性でも女性でも分泌されるホルモンですからね。

 

そして何よりアメリカではすでにFDA(アメリカの食品医薬品局)から認可されており、肥満治療に実用化されているのです。

すでに治療を受けて数十キロ痩せた方もいますよ。

肥満大国とも言われているアメリカですが、近い将来、肥満率が下がる可能性まで出てきているのです。

 

確かにアメリカで肥満治療薬として認可されたのは2014年の12月と比較的近いです。

しかしもともとは糖尿病の治療薬として活用されてきた実績もあります。

 

実は糖尿病患者の方にGLP-1を投与したところ、体重が減る、という現象が現れました。

そこから肥満治療薬として転用されることになったのです。

よって医薬品としての利用期間はかなり長いということ。

 

ちなみにGLP-1には血糖値を下げる作用がありますが、血糖値が上がっているときにしか作用しないことが明らかにされています。

要は低血糖にもならないわけ。

 

 

GLP-1が希望の光になる!

キャンドルライト

安全性も高く高い効果も期待できるということで、各方面から注目されているのがGLP-1ダイエットです。

 

ダイエット業界は日進月歩とはいきませんでした。

新たなダイエット法が生まれても、成功しない方が続出。

よってさらに新しいダイエット法が生まれ、やっぱりうまくいかない、ということが多かったのです。

 

ダイエットの成功を拒んでいたのが食欲です。

いままでは根性で食欲を抑えるしかありませんでした。

 

食欲を抑える系のダイエット法もありましたよね。

酵素ドリンクはドロドロとしているのでお腹に溜まりやすい、って触れ込みではありませんでしたか?

でも実際に飲んでみても、すぐにお腹が減ってしまうじゃないですか。

 

GLP-1ダイエットであれば確実に食欲が抑えられます。

医学的にも証明されていることなので疑いようもありません。

 

食事量が減れば「摂取カロリー<消費カロリー」となります。

もう痩せるしかない、ということですよね。

 

こちらではGLP-1ダイエットのメリットをお伝えします。

 

自分で自宅治療できる

 

GLP-1に関しては、医療機関で処方してもらわなければなりません。

でも実際に注射打つのは自分で行えるのです。

注射に関しては1日あたり1回ですが、かかる時間は1分程度。

 

大きな負担を感じずに治療を受けられます。

 

さらにわざわざクリニックで診察を受けて治療薬を受け取る必要もありませんよ。

専門クリニックであれば、オンライン遠隔診療が受けられます。

スマートフォンやパソコンなどから診察が受けられクスリを処方してもらえるのです(GLP-1注射は自宅に送付されます)。

 

今の病院って大変じゃないですか。

受付をしてから診察を受けるまでに1時間や2時間待たされるのは当たり前。

でも診察時間はたったの5分・・・。

 

遠隔診療であればそんなつらい通院をすることは一切ありません。

月に1回の診察でOKなので、月に1回遠隔診療を予約します。

あとは予約日時にスマホやパソコンで診察を受けるだけ。

 

痩せるために週5でジムに通っている、という方よりもよっぽど楽ですよね。

 

※対面診察も可能です。

 

痩せたら中止してもOK

 

未来永劫続けなければならないわけではありません。

糖尿病患者でなければ、GLP-1注射を中止しても問題はないのです。

 

そもそもなぜGLP-1注射を打ってダイエットしようとしているのでしょうか?

肥満体であることでGLP-1の分泌量が減ってしまっているからですよね。

 

でもダイエットが成功したら体質的にGLP-1が分泌されやすくなるということ。

GLP-1を注射で補充しなくても、勝手に分泌されるようになります。

よって痩せてGLP-1が豊富に作り出されるようになったら、治療を中止してもOK。

 

ちなみにいまのところ「耐性」(薬を継続利用することで効果が弱まってしまうこと)についての指摘はありません。

長期間利用しても効果は維持される、と考えられています。

 

仮にGLP-1注射を中止して再び太り始めてしまった場合でも、再度治療を受ければ良いのです。

 

「一度治療を受けたら一生続けなければならない」というわけではないので安心してくださいね。

 

食事を我慢する必要なし

 

ダイエットの不満の多くは食事です。

食べたいのに食べられない、ということがストレスになってしまい、結果として食べすぎを発生させてしまうのです。

 

人は食べることでストレスを解消する傾向もあります。

ダイエットで食事を制限するなどの我慢をするとストレスに繋がります。

そのストレスが大食いを招くことになるのです。

 

でもGLP-1ダイエットに根性は一切必要ありません。

何も我慢することはなく、食事量が自然と落ちるダイエット法です。

 

「ご飯やパンを食べちゃダメ」

「お肉を食べちゃダメ」

 

といった制限も一切ありませんよ。

 

食べたいのであれば菓子パンを食べてもOKですし、脂肪分たっぷりの牛肉を食べても良いのです。

 

ただし食欲が落ちるダイエット法なので大量には食べられませんよ。

少し食べただけでもお腹いっぱいに感じられるからです。

だから我慢することなく痩せられるんです。

 

 

体験談や口コミをまとめました

体重計のイラスト

「健康診断で体脂肪が30%を超え、自己流のダイエットには限界を感じました。痩せホルモンによるダイエットを決意。施術を開始してから3ヶ月で体脂肪5%減」という嬉しい結果になりました。」

 

「今まで糖質制限をしたけど変わらず・・・。半ば諦めかけていた時に痩せホルモン注射ダイエットを知りました。これだと思い毎日注射してみたところ、2ヶ月で4キロ減でした。しかもつらい思いは一切していません。」

 

「仕事帰りの付き合いが多く、どんどんとお腹周りにお肉が。外食でも食べる量を抑えられればよいのですが、歳を重ねるごとに食欲が増してしまって・・・。でもGLP-1ダイエットで食欲が抑えられました。どんどんズボンがゆるくなってるんです。こんなに変わるとはビックリ!」

 

いくつもの口コミ体験談をチェックしてみましたが、ほとんどが成功体験談ばかり。

それもそのはず、我慢が必要ないので失敗しようがないわけです。

 

リバウンド経験者でも「GLP-1ではリバウンドしなかった」との声が多め。

体質を変えるダイエット法なので、体型維持にも適したダイエット法です。

 

GLP-1専門医、深堀医師のまとめ

GLP-1専門医の深堀医師

GLP-1ダイエットであれば食欲抑制が出来るので根性は一切必要ありません。

今までの運動ダイエットや食事制限ダイエットとは全く異なるものです。

 

脳と胃腸を刺激して満腹感が得られやすくなります。

しかも安全性も確保されており、長期の治療も可能です。

 

痩せれば自然とGLP-1が分泌されやすい体質になるので、治療をストップしても問題はありません。

結果が出ればやめられる、というのもGLP-1ダイエットの特徴の一つです。

 

ちなみにGLP-1治療は糖尿病学会認定専門医が行います。

安全にそして最大限の効果を得るためには糖尿病の専門知識が必要だからです。

医師が責任を持って治療するので安心してください。

 

 

 

普通の食事OKなGLP-1ダイエット
最新情報をチェックしよう!