餃子ダイエットするならどんな食べ方?失敗しない方法と効果まとめ

今、餃子がダイエット食として注目されているのをご存知でしょうか?
餃子がダイエットに効果的というのはあまりピンときませんが、最近は餃子ダイエットというダイエット方法も行われています。

しかし、餃子ダイエットは正しいやり方を知らないと失敗する原因になってしまいます。
そこで餃子ダイエットに成功するために、正しい食べ方と失敗しない方法を分かりやすくお話します!

餃子ダイエット1週間で失敗した経緯

ショックを受ける女性

最近ダイエットに効果的と話題の餃子。
その餃子を使った「餃子ダイエット」が注目されています。

しかし、体験談や口コミを見ていると、失敗している例も目に付きます。
そこで、体験談から餃子ダイエットに失敗した経緯をご紹介したいと思います。

 

■失敗談1
餃子ダイエットが話題になっていたので、試しに1週間ほど実践してみました。
夜ご飯を餃子に置き換える「置き換えダイエット」と聞いたので、朝・昼は普通にご飯を食べて、夜ご飯を餃子に置き換えました。
しかし、思ったような成果は得られず、逆に太ってしまったことから実践するのをやめました。
■失敗談2
餃子がダイエットにいいということで、餃子ダイエットを試してみました。
夜ご飯を置き換えるとのことだったので、夜に満足行くまで餃子を食べて1週間を過ごしました。
しかし、結果は1キロの増加・・・
全く効果がなかったので、その時点で餃子ダイエットはやめました。
■失敗談3
最近太ってきたので、なにかできそうなダイエットはないかと探していたら、自分の大好きな「餃子」がダイエットに効果的とのこと。
そこで、市販の餃子を大量購入して、1週間餃子ダイエットを行いました。
ネットでは、ビールを一緒に飲んでも構わないと書いてあったので、夜は餃子と一緒にビールも飲んでいました。
結果、全く痩せず、逆に少し太ってしまいました。
成功談も目にしましたが、やはり餃子で痩せるのは難しいですね・・・

餃子ダイエットに失敗した経緯を考察

では、それぞれの失敗談の経緯を考察してみましょう。

まず、失敗談1に関しては、正しい方法で餃子ダイエットを行えていません
それではいくら続けたところで痩せるのは難しいかと思います。

次に失敗談2ですが、こちらは夜の食べる量が多すぎたことが原因と考えられます。
餃子は、確かに低カロリーですが、全くカロリーがないわけではないため、食べすぎてしまっては痩せません。

最後に失敗談3ですが、これは恐らく市販の餃子とビールという食べ合わせの問題だと思います。
市販の餃子は、手作りの餃子よりも塩分が高かったり、添加物が多かったりするので注意が必要です。
さらに一緒にビールまで飲んでしまっては、痩せるはずはありません。

餃子ダイエットに失敗する人の特徴は?

何故餃子ダイエットで失敗するのか考える夫婦

ここまで失敗談をご紹介してきましたが、餃子ダイエットに失敗してしまう人には、どんな特徴があるでしょうか。

 

先程の失敗談も踏まえて、以下のような特徴が挙げられるかと思います。

  1. 正しいやり方を知らない
  2. 食欲が抑えられない
  3. 市販の冷凍餃子を使っている
  4. 食べ合わせが良くない

体験談や口コミを見る限り、失敗する人はこのような特徴があるように思います。

正しいやり方を知らない

そもそも、ダイエットは正しいやり方で実践しなくては痩せることはありません
そこで、餃子ダイエットに関して正しいやり方をご説明いたします。

 

正しいやり方は、以下の通りです。

  • 夕食で食べる量は7個?15個(140グラム?300グラム)程度
  • 朝ごはんはバナナとオレンジジュース
  • 昼ごはんは炭水化物中心に食べる

先程ご紹介した失敗例では、このことを知らずに餃子ダイエットを行っていた可能性が高そうです。
では、それぞれ詳しくご説明していきます。

 

1.夕食では7個?15個(140グラム?300グラム)食べる
先程もご説明したように、餃子ダイエットは、夜ご飯を餃子に置き換えて行う、「置き換えダイエット」の1つです。
日本人は、夜ご飯を豪華にしがちでカロリーを取りすぎる傾向があります。
そのため、夜ご飯を低カロリーな餃子に置き換えることで、ダイエットをすることができます。

しかし、夜ご飯のときに餃子を何個でも食べて言いわけではありません。
推奨されている量は、およそ7個~15個(140グラム~300グラム)程度とされています。

食べる量が少なすぎると、夜中にお腹が空いてしまって他のものを食べてしまう危険性があります。
逆に多すぎると、カロリーや脂肪、塩分を取りすぎてしまい、逆に太る原因になってしまいます。

餃子は低カロリーとはいえ、食べ過ぎは控えましょう。

 

2.朝ごはんはバナナとオレンジジュース
実は、餃子ダイエットの1番のポイントはこの朝食にあります。
「朝ごはんをバナナとオレンジジュースにする」ことは、餃子ダイエットを成功させる上でとても大切です。

まずバナナは、食べたあとに、他の食べ物よりもエネルギーに早く変わるという特徴があります。
早くエネルギーに変わることで、エネルギーを消費しやすくなり脂肪を燃焼する効果も期待できます。
また、意外と腹持ちがいいため、空腹にもなりにくくなっています。

さらにオレンジジュースを一緒に飲むことで、糖分の吸収を早める効果とビタミンCを補充することができます。
オレンジジュースの糖分の吸収を早める効果で、バナナで取った糖分吸収がさらに早くなり、エネルギーに変わる速さがより速くなります。
また、ダイエット中はビタミンCが足りなくなることが多くなるので、オレンジジュースを飲むことで、その点もカバーできます。

1つ注意点は、オレンジジュースは必ず「果汁100%」のものを飲むようにすることです。
果汁100%ではないオレンジジュースだと、糖分を多く取りすぎてしまうため、注意が必要です。

 

3.昼ごはんは炭水化物中心に食べる
ダイエットで、「炭水化物を中心に食べる」ということはほとんど聞きませんが、これは餃子ダイエットの正しい方法です。
なので、基本的には、お昼ご飯は何を食べてもOKとされています。
しかし、できるだけ速くダイエットを成功させたいと考えている人には、食べる量を500グラム~600グラム程度にすることをおすすめします。

餃子ダイエットの場合、餃子の皮に炭水化物が含まれていますが、それだけでは1日に摂取する量に到底届きません。
また、炭水化物を食べると太ってしまうと思っている方が多くいますが、実は炭水化物を食べなさすぎることも問題です。

炭水化物が不足しすぎてしまうと、体が常に糖分の不足している状態になってしまいます。
そのため、ダイエットを終えて普通の食事に戻したときに糖質の吸収が良くなりすぎてしまい、リバウンドの原因になってしまいます。
また、無理に炭水化物を節制することは、ストレスを溜めてしまうことにも繋がるので、お昼ご飯は炭水化物中心の食事にするようにしましょう。

食欲が抑えられない

どのダイエットを行うにしても言えることですが、ダイエットの1番の敵は「食欲」です。
餃子ダイエットに限らずこの食欲をいかに抑えるかが、ダイエット成功する秘訣になります。

市販の冷凍餃子を使っている

市販されている冷凍餃子には、手作りしたものよりも塩分や添加物がたくさん含まれています
塩分や添加物の取り過ぎは、代謝を低下させてしまう可能性があります。

また、疲れも取れにくくなったりストレスを感じやすくなったりするとも言われています。
特にストレスは、ダイエットの1番の的である、食欲が抑えられなくなる原因にもなります。

食べ合わせが良くない

先程ビールとの組み合わせについて少しお伝えしましたが、実は餃子ダイエットの際にビールを飲むこと自体は問題ありません
ただし、餃子とビールは食べ合わせ的には太りやすい食べ合わせになってしまうので、注意が必要です。

もしビールを飲むのであれば、1杯だけにしておきましょう。
1杯だけであれば、炭酸でお腹が膨れる効果もあり、空腹を抑えることができます。

本来餃子はダイエットに効果的な食べ物

餃子がダイエットに効果的というのは、考えづらいかも知れません。
では、なぜ餃子はダイエットに効果的なのでしょうか?

 

その理由は以下の通りです。

  • 低カロリー
  • 多くの栄養を摂取できる

餃子は、一見カロリーが高そうに見えますが、実は低カロリーな食べ物です。
また、思っているよりもたくさんの栄養を含んでいるので、簡単にご紹介します。

 

1.低カロリー
餃子は1つあたり20グラムと仮定すると、1つあたりのカロリーはおよそ26キロカロリーになります。
正しいやり方でもご説明しましたが、夜の食べる量は7個~15個が理想的です。

1つ26キロカロリーとすると、15個食べたとしても390キロカロリーほどと、普通に夜ご飯を食べることを考えればかなり低カロリーとなります。

 

2.多くの栄養を摂取できる
実は餃子は、想像よりも多くの栄養を摂取することができます。

 

以下が餃子に含まれている主な栄養です。

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 炭水化物

この中で特にタンパク質・ビタミン・ミネラルの3つがダイエットに効果的と言われています。
どの栄養もダイエット中は不足する傾向があるので、一度に摂取できるのはありがたいですね!

餃子ダイエットで失敗しない4ケ条

4を示す看護師

ここまで、餃子ダイエットのやり方や効果についてお話してきました。
では、餃子ダイエットに失敗しないためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

【餃子ダイエットで失敗しない4ケ条】

  1. 正しいやり方で実践する
  2. お昼ご飯で食欲を抑える
  3. 食べ合わせに気をつける
  4. 餃子は手作りをする

以上の4つに気をつけるだけで、餃子ダイエットに成功する確率もぐんと高くなりますので、忘れないようにしてくださいね!

餃子ダイエットにおすすめな市販餃子

指さす女性

市販の餃子は、塩分や添加物が多いので注意が必要と話しましたが、実は市販の餃子でも餃子ダイエットにおすすめなものがあります。

 

以下が市販でおすすめの餃子です。

  • セブンイレブンの冷凍餃子
  • 王将の餃子
  • 味の素冷凍餃子

それぞれのおすすめポイントを簡単に紹介します。

セブンイレブンの冷凍餃子

セブいいイレブンの餃子は、電子レンジ調理ができるため、非常におすすめです。
電子レンジを使うことで余分な油を使わなくて済むため、よりヘルシーな焼き餃子になります。

王将の餃子

餃子の王将は、材料をすべて国産で作っているため、安心安全な餃子です。
また、余分な添加物も使われていないため、身体にも優しい餃子になっています。

餃子の王将ほど有名ではありませんが、餃子の満州の餃子もおすすめです。
こちらも素材にこだわって作っているため、王将の餃子同様身体に優しい餃子です。

味の素冷凍餃子

言わずと知れた冷凍食品でNo.1の売上を誇る味の素冷凍餃子。
フライパンで焼いて調理する必要がありますが、こちらも油を使わずに焼けるため、余分な脂肪を取らなくて済みます。

また、野菜も国産のものを使用しています

どの餃子も市販のものの中では、素材にこだわっていたり調理が簡単だったりするので、手作りをするのが難しい人はぜひ活用してみてください。

餃子だけで痩せるのは難しい

考える女性

ここまで、餃子ダイエットについて色々とご説明してきましたが、実は餃子だけで痩せるのは難しいです。

先程もお話した通り、ダイエットの最大の敵は「食欲」です。
なので、食欲を抑えない限りはダイエットに成功することはできません。

また、同じものをずっと食べ続けることは飽きてしまうので、ダイエットを挫折する原因にもなります。

ダイエットに成功したければ食欲を抑える

痩せたお腹

今回は、餃子ダイエットについてご紹介してきました。

 

今回のポイントをまとめます。

  • 餃子ダイエットは夜ごはんを餃子に置き換えて行う
  • 成功するには正しいやり方を実践する
  • 餃子はダイエットに効果的な食べ物

以上です。

 

餃子ダイエットは、正しい方法を理解して行えば、成功することもできると思います。

しかし、大前提としてダイエットに成功するためには、食欲を抑えなくてはいけません
どうしても食欲が抑えられないという人のために、最先端の食欲を抑える方法をご紹介します。

 

その方法は「GLP-1ダイエット」と言う方法です。

「GLP-1」は食欲抑制効果があり、海外ではすでにGLP-1の薬が肥満治療として使われています
日本でもテレビで紹介され非常に注目を集めています。

実は、東京にGLP-1ダイエット専門のクリニック「東京GLP-1クリニック」がオープンしたのをご存知でしょうか?
遠隔診療にも対応しているので、遠方の方でも受診することが可能です。
餃子ダイエットなど様々なダイエット方法と併用することも可能なので、気になる方はぜひ、以下のバナーから詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

餃子
最新情報をチェックしよう!