8時間ダイエットで失敗した理由や口コミは?成功する7つの秘訣を解説!

8時間ダイエットをご存知ですか?1日の食事を8時間以内にするダイエット法です。

「食べる時間を気にするだけで本当に痩せられるの?」と疑問に思う人もいますよね。

ですが、この食事のリズムで、身体の調子を整えられるんです。

今回は8時間ダイエットできれいに痩せる、成功の秘訣をお伝えします。

 

8時間ダイエットで失敗?成功?口コミを紹介

8時間ダイエットで失敗?成功?口コミを紹介

まず、8時間ダイエットを試した人たちの口コミをみてみましょう。

失敗例

もともと158センチで48キロで1キロ減りました。

でもそれ以上は減りませんでしたね。

止めたらもとに戻りました。

(引用:発言小町) 

 

夜を抜いた8時間の時はガクンと減ったけれど、仕事が忙しくなりストレスで夜食べてしまったら

8時間内に食べたとしても戻り気味・・・・・戻りました

(引用:発言小町) 

 

8時間ダイエットでやせないどころか増量中。正しい方法調べてからやった方がいいよ。

(引用:お専務通信

 

失敗の原因は「やめて夜食を食べると戻る」「正しい方法が大切」とのこと。

正しい方法を知って、失敗せずに8時間ダイエットしたいですね。

8時間ダイエットでしっかり生活のリズムが整えば、夜食を食べることも減ってくるのではないでしょうか?

 

成功例

続いて8時間ダイエットで成功した人の口コミを紹介します。

 

始めてから3週間後の9月の初め頃に体重計に乗ると、なんと3キロ体重が落ちていました。

(引用:ORGANIC SELF PRODUCE

 

2週間で1.5kgの減量に成功しました!

(引用:ヤセレポ) 

 

なんと5日で1.7キロも痩せることができました!

(引用:ゴダラボ) 

 

一か月目に7キロ・2か月目に5キロの、計12キロ体重が減りました。

(引用:発言小町

 

1年で13、14キロ痩せました。摂取カロリーは8時間内に2食分くらい。何でも制限なくバランス良く食べました。

(引用:発言小町

 

しっかり結果が出ている人もいますね。

失敗した人との差はどこにあるのでしょうか。

8時間ダイエットを成功させるために、正しいルールから詳しく説明していきます。

 

8時間ダイエットの基本はたった2つのルール!

8時間ダイエットの基本はたった2つのルール!

 

8時間ダイエットを成功させるための基本は、たった2つ。

・食事を1日8時間以内に終える

・8時間以外は決まった飲み物のみOK

このポイントをしっかりおさえていれば、8時間ダイエットは成功できるんです。

 

食事を1日8時間以内に終える

まず、1日の食事時間を8時間以内におさめます。

例えば、朝7時に朝食を食べるのであれば、その日の食事は15時までに終わらせましょう。

また、朝食をとる時間を固定するのがおすすめです。

毎日決まった時間に食べて、食べ終わるルーティンによって体内時計がしっかりするからです。

 

1日のタイムテーブル例

1日のタイムテーブル例

おすすめは、例1と例2。朝から食事を始めましょう。

遅くても21時頃までに食事を終わらせるためにも、例3くらいまでが理想です。

生活リズムに合わせた8時間を探してみてください。

8時間以外は決まった飲み物のみOK

「8時間の間は特に食事制限がなくても、他の16時間は何も口にしちゃいけないの?」

と思う人もいるかもしれません。

そんなことはありません。飲み物は24時間いつでも飲んでいいんです。

ただ、糖分の多いジュースやお酒ではなく、ノンカロリーのお茶やお水にしましょう。

 

8時間ダイエットでなぜ痩せる?5つの効果

8時間ダイエットでなぜ痩せる?5つの効果

 

そもそも、厳しい食事制限や運動が必要のない8時間ダイエットではなぜ痩せるのでしょうか。ここでは、8時間ダイエットで得られる嬉しい効果5つを紹介していきます。

 

・内臓を休ませて痩せ体質になる

・脂肪の燃焼を促進する

・腸の働きをよくし便秘を改善する

・1日の総カロリー摂取量を減らせる

・脂肪の蓄積を防ぐ

 

詳しく説明していきますね。

 

内臓を休ませて痩せ体質になる

まず、1日の食事を8時間以内にまとめることで、16時間の食事をしない時間=内臓が休む時間ができますよね。「内臓が休む時間」があることで、痩せ体質が手に入るのです。

 

食事を消化するには内臓で「消化酵素」や「代謝酵素」が働く必要があります。

消化酵素は食べ物を細かく分解して栄養分を吸収しやすくする酵素。

代謝酵素は吸収された栄養分を、エネルギーに変える酵素。

 

内臓が休む時間ができることで酵素が温存されて、より活発に酵素が働くことができます。

よって、代謝が上がって痩せ体質になれるのです。

 

脂肪の燃焼を促進する

8時間ダイエットには、脂肪燃焼の効果もあるのです。

人が生きていくためにはエネルギーが必要ですよね。

そのエネルギーを得るために、人は食事を摂ります。

ですが、食事を摂らず胃が空の状態になると、脂肪を燃やして分解することでエネルギーを作り出そうとするのです。

 

ですので、8時間ダイエットのように16時間の食事を摂らない時間によって、胃が空の状態ができ、脂肪を燃焼させやすい環境が整うのです。

 

腸の働きをよくし便秘を改善する

8時間ダイエットは、食べる時間を気をつけるだけで便秘の改善にも繋がるのです。

そもそも便秘は、腸の働きが悪くなることで起こります。

 

8時間ダイエットでは上記の通り「内臓が休む時間」があるので、腸が疲労回復できるのです。それにより、8時間の食事時間ではしっかり腸が働くことができ、便秘が改善されるのです。胃腸が健康になることはダイエットに直結します。

 

1日の総カロリー摂取量を減らせる

8時間の間に3食をしっかり摂るのって、意外と難しいんです。

例えば、朝7時に朝食をとると、夕食は15時までに終わらせる必要があります。お昼を12時に摂ると3時間後には夕食、ということになります。

 

1食を抜くか、1食を少なめにする必要があります。

そのため、自然と1日の総カロリー摂取量が普通の食事よりも少なくなるのです。

1日の総カロリー摂取量が減れば、体重減少効果が得られるのも納得ですよね。

 

脂肪の蓄積を防ぐ

8時間ダイエットでは、朝食を7時に摂れば15時まで、10時に摂れば18時までに1日の食事が終わりますよね。

このように、「夜遅くに食べない」ことで脂肪の蓄積が防げているんです。

 

夜遅くにご飯を食べるというのは太る原因とよく聞きますよね。

これにはBMAL1というタンパク質が関与しています。

BMAL1は余ったエネルギーを脂肪にして溜め込む作用を持っています。

また、活動的になる時間帯は22時から深夜2時。

ですので、遅い時間に夜ご飯を食べるとBMAL1が活発になり、脂肪を体に溜め込むのです。

 

8時間ダイエットで失敗する6つのパターン!

8時間ダイエットで失敗する6つのパターン!

 

体の調子も整う8時間ダイエット。なぜ失敗してしまうのでしょうか?

8時間ダイエットで失敗してしまう理由は主に6つ。

・8時間以内の量がカロリーオーバー

・8時間外に水やお茶以外を飲んでいる

・筋肉量が減って代謝が下がっている

・便秘になってしまう

・血糖値スパイクが起こっている

・リバウンドしてしまう

ひとつずつ説明していきますね。

 

8時間以内の量がカロリーオーバー

食事時間が8時間以内に収まっていたとしても、極端なカロリーオーバーはやはりいけません。

また、食事のバランスも大切です。

毎食カップ麺、菓子パンやスイーツ、油物の食べ過ぎなどは御法度です。

今まで通りの食事を8時間以内に収めるイメージで食事を取ってくださいね。

 

8時間外に水やお茶以外を飲んでいる

24時間いつでも水分補給は可能です。

ただ、8時間以外でカロリーの高いジュースやお酒を飲むのは控えましょう。

8時間以内では飲んでもいただいても構いません。カロリーオーバーには注意ですが。

 

8時間以外は、お水やお茶、炭酸水、ブラックコーヒー、ノンシュガーの紅茶など、カロリーのない飲み物を飲むようにしましょう。

 

筋肉量が減って代謝が下がっている

カロリーの摂りすぎはよくないですが、逆に食事が極端に減るのも体によくありません。

食べる量が減り、栄養が偏ってしまうと筋肉量がどんどん減ってしまいます。

すると、「代謝」が低下してしまうのです。

 

代謝とは、生命を維持するのに必要なエネルギーや、身体を動かすことによって消費されるエネルギーのこと。

このエネルギー量が下がってしまうと、カロリーが消費しきれず身体に脂肪が蓄積し安くなってしまいます。

 

バランスのよい適量の食事を心がけましょう。

 

便秘になってしまう

「ダイエットをすると便秘になってしまう…」

という経験はありませんか?

ダイエット中は、食べる量が減ることで食物繊維が不足しがちになります。

これが大きな原因です。

やはり、バランスよく食事をとることが大切です。

 

また、ダイエット中は水分の摂取量も不足しがちになります。

水分の摂取量が少ないことも便秘の原因の一つです。

しっかり水分を補給しましょう。1日2リットルが理想です。

 

血糖値スパイクが起こっている

そもそも「血糖値スパイク」とは何でしょう?

これは、血糖値が上がりやすい食事(糖質の多い食事)をしたり短時間でご飯をかき込んだりした後、急激に血糖値が上がって正常に戻ること。

健康診断では血糖値が正常と言われていても、このような血糖値の急上昇があると、身体には糖尿病と同じような負担がかかっているのです。

 

血糖値が急激に上昇すると、大量の「インスリン」が分泌されます。

インスリンは血液中の糖を細胞内に取り込んで脂肪合成を促進するホルモン。

ですので、血糖値スパイクを繰り返していると、肥満だけでなく、糖尿病にも繋がるのです。

 

糖質が多い食事を避け、ゆっくりと噛んで食事を摂りましょう。

 

リバウンドしてしまう

短期間で急激に痩せようと無理をするのはリバウンドする原因。

食事の量を極端に減らして一時的に痩せると、身体は「飢餓状態」になってしまっています。

すると、身体の中では栄養分を少しでも多く吸収しようと働くようになります。

その結果、普通の食事に戻しても栄養分の吸収率が高くなり、逆に太ってしまうのです。

リバウンドだけでなく、身体にも大きな負担がかかってしまうので急激なダイエットはやめましょう。

 

8時間ダイエットを成功させる7つのコツとは?

 

ここまで、8時間ダイエットで失敗する理由を紹介してきました。

ここからは、8時間ダイエットを成功させるコツを紹介していきます。

ポイントを押さえて確実にダイエットを成功させましょう。

 

・1ヵ月の減量目標は1kgから体重の5%以下に

・朝から食べる方法が効果的でおすすめ!

・8時間以内にドカ食いや偏食をしない

・満腹感を得やすい食べ順に変えてみる

・水分と食物繊維をたっぷりとる

・タンパク質と筋トレで代謝と引き締めアップ

・お風呂上がりにマッサージを行う

 

以上の7つ。詳しくみていきます。

 

1ヵ月の減量目標は1kgから体重の5%以下に

先ほどリバウンドの原因になるので、急激に痩せる無理なダイエットはやめましょうとお伝えしました。

ダイエットは地道に続けることが大切です。

1ヶ月の減量目標は「1kg」または「体重の5%以下」に設定しましょう。

例えば、体重が50kgの人であれば、1ヶ月の減量目標は1〜2.5kgが目安です。

 

それ以上の目標設定は無理なストレスから挫折してしまったり、リバウンドしたりする可能性が高いです。

焦らず少しずつ、確実に痩せていきましょう。

 

朝から食べる方法が効果的でおすすめ!

8時間ダイエットは朝からスタートするのがコツです。

朝日を浴びてから朝ご飯を食べることで、身体のリズムが整い代謝アップに繋がるのです。

 

また、朝ご飯を摂ると夜ご飯が早くなりますよね。

早めに夜ご飯を終わらせることによって、就寝中に内臓を休めることができ、酵素の働きが活性化するのです。

すると、朝ご飯を消化や代謝する酵素の働きもよくなり、身体の調子が整うので、効果的なダイエットができます。

 

8時間以内にドカ食いや偏食をしない

いくら8時間は食べてもよいといってもドカ食いや偏食では効果が期待できません。

ドカ食いをすると、血糖値スパイクが起こり、肥満や糖尿病につながります。

偏食では栄養分が足りず、身体の調子が崩れてしまいます。

 

タンパク質、炭水化物、脂質、ミネラルやビタミンをバランスよく腹8分目食べることを意識しましょう。

 

満腹感を得やすい食べ順に変えてみる

ご飯を食べる順番にもコツがあります。

 

  1. 野菜、キノコ類、海藻類=食物繊維
  2. 肉、魚類=タンパク質
  3. ご飯、麺=炭水化物

 

炭水化物は糖分を多く含みます。

空腹時にいきなり炭水化物を摂ると、急激に血糖値が上昇(血糖値スパイク)してしまいます。

 

ですのでまず、食物繊維から食べましょう。

食物繊維は、糖が小腸から血液に吸収されるのをゆっくりにする働きがあり、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。

また、食物繊維は腹持ちもよく、先に食べることで胃が膨れ、満腹感が得られる効果もあります。

 

水分と食物繊維をたっぷりとる

ダイエット中は食事量が減ることで、食物繊維が不足しがちです。

ですが、これは便秘の大きな原因の一つです。

食物繊維を意識して摂るようにしましょう。

 

また、水分不足も便秘を引き起こします。

1日2リットルの水が理想と言われています。

朝起きてコップ1杯からはじめ、こまめに水分補給するようにしましょう。

 

この時、甘いジュースやお酒といった糖分を多く含むものでは効果が落ちてしまいます。

・水

・白湯

・お茶

が理想です。

違うものが欲しくなった時はノンシュガーの紅茶やブラックコーヒーを飲みましょう。

 

タンパク質と筋トレで代謝と引き締めアップ

よりダイエット効果を得るためには、代謝をあげて痩せ体質になるには軽い筋トレを組み合わせましょう。

 

ここで、簡単で続けやすいおすすめの筋トレを3つ紹介します。

・定番スクワット

・体幹を鍛えるプランク

・スタイルをよくするヒップリフト

 

定番スクワット

まずは、定番のスクワットです。

スクワットでは主にお尻や太ももの筋肉を使います。

大きな筋肉を使うことが代謝アップの基本です。

 

  1. 足を肩幅の広さに開き、つま先を少し外に向ける
  2. 手を前に伸ばす
  3. 背筋を伸ばしたまま、膝がつま先よりも前に出ないようにお尻を突き出すような形で体を下げる
  4. 太ももが地面と平行になる程度まで下げる
  5. 背筋が曲がってしまわないように気をつけながら体をあげる
  6. 1回3〜5秒かけてゆっくり行う
  7. 1日10回×3セット

 

体幹を鍛えるプランク

動かずじっとすることでインナーマッスルを鍛えられるプランク。

身体の引き締め効果や姿勢の改善にもつながります。

 

  1. 腕立て伏せの状態から、肘を床につける
  2. つま先と前腕部で体を支える
  3. 足は肩幅かそれより狭く
  4. 腹筋に力を入れて、体が反ったり曲がったりしないようまっすぐにする
  5. 呼吸をしながら30〜60秒キープする
  6. 1日3セット

 

スタイルをよくするヒップリフト

最後は、スタイルアップにつながるヒップリフト。

お尻が引き締まるだけで、脚が長く見えます。

 

  1. 三角座りをして足はそのまま寝転がる
  2. 手は手のひらを下にして体側に
  3. お尻を上げて、膝から首が一直線になるようにする
  4. 3秒キープする
  5. ゆっくりお尻を床に下ろす
  6. 1日30回×3セット

 

回数は目安です。

慣れるまでは回数を少なく、慣れれば回数を増やして負荷を変えてみてくださいね。

 

お風呂上がりにマッサージを行う

ダイエットにはやはり、マッサージが効果的。

食事や運動と合わせて、お風呂につかって体を温めることで血流が広がります。

さらにマッサージをすることで、リンパや血液の流れが改善されます。

すると、老廃物が出て行きやすくなったり代謝が良くなったりするんです。

 

8時間ダイエットで食事の時間を固定し、内臓を休めると同時に血液の流れもよくすれば、効果アップが期待できますよ。

 

8時間ダイエットで無理なく理想体重になろう

8時間ダイエットを成功させる7つのコツとは?

複雑なカロリー計算や道具なども費用も必要ない、手軽に始められる8時間ダイエットは正しく行えば体に優しく効果的に痩せられるんです。

ただ勝手にルールを変えたり、食べ過ぎると失敗してしまうことも。

失敗の原因や成功のコツをしっかり頭に入れて、8時間ダイエットできれいな身体をゲットしましょう。

8時間ダイエットで失敗した理由や口コミは?成功する7つの秘訣を解説!
最新情報をチェックしよう!