GLP-1という痩せるホルモンがダイエット界でブーム直前!?

「ホルモンを使ったダイエット法」があるんです!

 

「自分は女性だからダイエットのために男性ホルモンを注射するのはちょっと・・・」

「自分は男性だからダイエットのために女性ホルモンを注射するのはちょっと・・・」

 

大丈夫です!

女性ホルモンであるとか男性ホルモンなどの性ホルモンを利用したダイエット方法ではありません。

GLP-1と呼ばれる性別に関係なく分泌されるホルモンを利用したダイエット法なんです。

 

実はそのGLP-1ダイエットはテレビでも紹介されています。

「世界仰天ニュース」や「たけしの家庭の医学」で特集が組まれ、世の中に衝撃を与えました。

多くのダイエッターに光が射した瞬間でもあります。

 

最先端ダイエット法であり、リバウンドが理論上発生しない、とのメリットもあるんですよ。

 

実は食欲と体質に大きく関わるんです。

食欲が継続して抑えられたら体型は維持できますよね。

痩せやすい体質になれれば、ダイエット後も体型を維持できるはずです。

 

そんな夢のような効果効能が期待できるのがGLP-1ダイエット。

 

こちらでは医療系ダイエットの一つである「痩せるホルモン」を活用したGLP-ダイエットについてお伝えします。

 

1. GLP-1痩せホルモンの画期的効果

 

痩せホルモンであるGLP-1には素晴らしい作用があります。

 

ダイエットと言えば、

 

  • ストレス
  • 運動が苦手
  • 太りやすい体質
  • 食欲

 

などの障害がありますよね。

GLP-1ダイエットであれば、それらを乗り越えられるのです。

 

ではその痩せホルモンには実際にどんな効果が期待できるのでしょうか?

本当に画期的効果と呼べるほどの作用があるのでしょうか?

 

1.1 血糖値の急上昇を抑え太りにくい体質になる

 

GLP-1を利用することで、脂肪が身につきにくくなります。

 

GLP-1にはインスリンの分泌を促す、という作用があります。

小腸で発生したGLP-1は膵臓(すいぞう)に刺激を与えます。

刺激された膵臓(すいぞう)は、インスリンを分泌するのです。

 

上記の機能は痩せている方でも太っている方でも持っているもの。

 

でも太っている人はGLP-1の分泌量が少ない、といった特徴があるんですよ。

一方で痩せ型の人はGLP-1の分泌量が多いのです。

 

そこでチェックしてほしいのがインスリンの作用です。

 

インスリンには血糖値を下げる機能があります。

食事によって上昇した血糖値を下げてくれるのです。

 

GLP-1は上昇した血糖値を下げるために分泌されているということ。

 

体質と関わってくるのがGLP-1の分泌量です。

GLP-1の分泌量が多い方であれば、血糖値が急上昇することはありません。

GLP-1の作用もあり上昇がなだらかになるので、細胞への糖の取り込み量も少なくなります。

 

問題となる脂肪細胞への糖の吸収量が抑えられるんです。

 

でもGLP-1の分泌量が少ない人はどうなるのでしょうか?

血糖値が急上昇してしまいます。

血の中に糖が多くある状態となってしまうんですね。

 

その結果、血液からより多くの糖が各種細胞に送られてしまうんです。

脂肪細胞にも大量の糖が送り込まれるので、脂肪細胞はどんどんと肥大してしまいます。

 

GLP-1というホルモンがいかに体質に深く関わっているかが分かってきたのではありませんか?

 

血糖値が急上昇してしまいやすい体質になってしまうと、少量の食べ物でも糖が体内に取り込まれやすくなるということ。

一方でGLP-1が分泌されやすい体質であれば、仮に食べすぎてしまったとしても糖の吸収は抑えられ気味に・・・。

 

知り合いによく食べるのに痩せている、という人はいませんか?

大食いなのに不思議ですよね、

 

実はそういった方は痩せやすい体質ということ。

GLP-1が関わっている可能性が高いです。

 

1.2 GLP-1が満腹中枢を刺激し食欲減退

さらに盛り付けられた野菜サラダ

GLP-1には痩せやすい体質ともう一つ「食欲抑制」という画期的な効果があります。

いつもよりも少ない量の食事であったとしても満腹感が得られる可能性があります。

 

ダイエットで食事制限が基本中の基本ですよね。

ダイエットの一つの目標が「摂取カロリー<消費カロリー」です。

 

でも消費カロリーを増やすのって大変じゃないですか。

ボディビルダーみたいにムキムキになれば、消費カロリーも多くなるでしょう。

1日何時間も運動すれば、消費カロリーも増大します。

 

でも現実的にそんなの無理じゃないですか。

仕事をしたり子育てをしたり家事をしたりしていては、ダイエットに割ける時間はそんなにありません。

 

だからこそ摂取カロリーを下げるために食事制限を行うんです。

でも食事制限も簡単ではありません。

糖質や脂質を抑えるために、炭水化物やお肉の量を抑えるという人もいます。

 

でもそれらの脂肪になる食べ物にも大切な栄養素はあるもの。

全く食べないで健康的な生活をおくれるはずがありません。

 

食事系のダイエットは、人間にとって極めて大きな欲の一つである食欲を抑えるものです。

なのでストレスがどうしても溜まってしまうんです。

 

空腹感に長時間耐えられるでしょうか?

お腹が減った状態のまま眠るってけっこう大変ですよね。

 

そこでいまブーム直前のGLP-1ダイエットが出てくるんです。

痩せホルモンであるGLP-1であれば、勝手に食欲が抑制されるんですよ。

 

そのメカニズムを紹介する前に、GLP-1が食欲にどのような作用を与えるのかを教えましょう。

 

  • 満腹中枢を刺激して満腹感を与える
  • 胃や腸に作用し満腹感を長時間保つ

 

まずは満腹中枢に注目しましょう。

満腹中枢というのはかなり厄介な存在であり、大量に食べたとしても刺激されるのはずいぶん経ってからなんですね。

 

ある程度食べてから20分から30分は必要なんです。

20分から30分のうちに大量に食べることだって可能ですよね。

そこでGLP-1のチカラが重要。

 

GLP-1はなにも膵臓(すいぞう)だけに作用するのではありません。

実は脳にも一部が影響を与えていることが研究から明らかにされました。

脳には満腹中枢があり、その満腹中枢にも刺激を与えていることがわかったのです。

 

GLP-1が分泌されやすい人は、満腹感も早期に得られやすい、といった特徴があるからこそ食欲が抑えられるのです。

 

さらに満腹感を長時間保つ作用もGLP-1にはあるんですよ。

 

飲食店で「いっぱい食べたはずだけど、まだ食べられそう」なんてことで、もう1品注文してしまう、といった経験をした方はいませんか?

食べたとしても、胃や腸から食べ物が排出されていけば、また食べたい気持ちが出てくるわけです。

「まだお腹に余裕があるな」と思ってしまうわけ。

 

でもGLP-1には胃や腸の働きを抑制させる作用があります。

これは健康に害を与えるということではないので安心してくださいね。

 

胃や腸の働きが抑制されることで、胃や腸に食べ物が長く留まるようになります。

長く留まるようになるということは、満腹感が長時間持続することに。

「もう一品」というようなこともなくなるでしょう。

 

ここで気づいてほしいのがGLP-1ダイエットに食事制限は必要ない、ということです。

勝手に食欲がなくなるわけですからね。

近い将来、必ずブームが訪れることでしょう。

 

2. GLP-1ダイエットという可能性

 

何も痩せるだけではありません。

将来的な病気を防ぐ、という可能性もあるのです。

GLP-1ダイエットの可能性は無限大です。

 

ではGLP-1ダイエットを行うと、どのような病気が抑えられる可能性があるのでしょうか。

 

2.1 糖尿病を防げる

GLP-1ダイエットはもともと糖尿病治療から生まれたものなんですよ。

糖尿病患者の人はインスリン注射を毎日打っていますよね。

 

その患者さんたちが健康的に痩せていくことが分かってきたんです。

よって痩身医療として用いられることに。

 

糖尿病は日常的な高血糖状態が原因となります。

高カロリーな食べ物を大量に食べたりしてしまうと、血糖値が上がったままになりやすくなります。

1日あたり5食も6食も高カロリーな食べ物を食べていたら、血糖値が上がりっぱなしになってしまっても仕方ありませんよね。

 

でもGLP-1はインスリンの分泌を促してくれるホルモンのインクレチンの一種です。

インスリンが分泌されれば血糖値は下がります。

高血糖の状態が抑えられるので、糖尿病になりにくい体質になる、ということ。

 

あなたの家族や親族に糖尿病の方はいませんか?

もしかしたら、あなたも今のままでは将来糖尿病になってしまうかもしれません。

 

痩身治療としてだけではなく糖尿病予防としてGLP-1ダイエットを行うのもありですよ。

 

2.2 血管の病気を防げる

 

  • 動脈硬化
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 壊疽(えそ)
  • 高血圧

 

などの病気を予防する作用が期待できます。

 

上記の病気はすべて高血糖も関わっているのです。

高血糖の状況が長く続くようなことがあると、血液自体にも問題が起こりますし血管もダメージを受けます。

よって血管系の様々病気を発症してしまうのです。

 

血管系の病気は命にも関わってしまいます。

糖尿病患者に多い足の壊疽(えそ)も血管が深く関わっています。

 

血液が末端まで送られなくなることで、結果的に腐ってしまうわけ。

 

でもGLP-1ダイエットを行えば、高血糖の状態を抑えられることに。

病脈硬化をはじめとする怖い病気の予防に大いに役立ってくれるのです。

 

若い時は血管系の病気についてはあまり気にならないかもしれません。

でも中高年になってくると、少しずつ問題が発生してしまいます。

その前にGLP-1をうまく活用して、健康的な将来をゲットしましょう。

 

2.3 感染症系の病気を防げる

感染症のもととなる菌

高血糖は免疫システムの機能を低下させることが分かっています。

よってGLP-1を用いることで血糖値を下げられれば、免疫機能を維持できるのです。

 

免疫機能が弱まればどういった事になってしまうのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、感染症にかかりやすくなります。

 

免疫機能が弱くなると

 

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 結核
  • 肺炎
  • 水虫
  • 膀胱炎
  • アレルギー

 

などにかかりやすくなる可能性がありますよ。

GLP-1そのものにも免疫機能を高めて炎症を抑える作用があります。

 

「最近風邪にかかりやすくなってきたな」と感じてきたら、もしかしたらGLP-1不足かもしれません。

 

3. GLP-1分泌はサプリで出来る?

 

GLP-1ダイエットを注射で行うのはちょっと怖いですよね。

だから食事やサプリメントでGLP-1を分泌する方法があれば知りたい、と思っている方も多いのではありませんか?

 

もちろん食事やサプリメントでGLP-1の分泌を高める作用が期待できるものもあります。

でもほとんどは証明されていないものばかり。

高い効果は期待できません。

 

食事やサプリはあくまで気休め程度です。

こちらにもいくつか効果があるとされるものを紹介しますが、確実な効果を得たいならクリニックでGLP-1注射を処方してもらいましょう。

 

3.1 食物繊維を摂取する

手のひらに乗ったアボガド

  • ひじき
  • アボガド
  • かぼちゃ

 

などに多く含まれているのが食物繊維です。

 

そもそもGLP-1は小腸で分泌されますよね。

そこで整腸作用がある食物繊維を摂取したほうが良い、という話になっているのです。

 

もちろん食物繊維は健康には欠かせないので、しっかりと食事で摂取しましょう。

だけどGLP-1の分泌には直接関わっているとはいい難いので、高い効果は期待できません。

 

ドリンク系のサプリメントもありますが、あくまでお腹の調子を整える程度の効果しか期待はできませんよ。

 

3.2 EPAを摂取する

 

  • マグロ
  • サバ
  • いくら
  • イワシ
  • アジ
  • サンマ

 

などに多く含まれており、青魚を食べると効率的に摂取できるとされています。

 

そもそもEPAとはオメガ3脂肪酸のことを指しています。

EPAが小腸でGLP-1を出す細胞を刺激してくれる、とのことです。

 

しかし論文数も極めて少なく科学的な証明がされているとは言いにくい状況。

まぁ魚は比較的健康的な食材なので、食事に取り入れるのはおすすめですがGLP-1ダイエットに繋がるかといえば難しいところですね。

 

3.3 乳酸菌を摂取する

 

GLP-1分泌との関連性は、食物繊維と一緒です。

乳酸菌は善玉菌の一種なので、腸内環境を整えてくれます。

よって小腸の働きが正常化してGLP-1が多く分泌される、とのこと。

 

乳酸菌を多く含んだ食材としては

 

  • 納豆
  • キムチ
  • ヨーグルト
  • 漬物

 

などがあります。

発酵食品を食べると乳酸菌を摂取できますよ。

 

こちらについても、やはり間接的な効果しか期待できません。

腸内環境を整えて、GLP-1を分泌しやすいようにするだけです。

摂取するのであれば、あくまで気休め目的程度にしてください。

 

GLP-1は痩身医療!副作用の問題は?

 

GLP-1は痩身医療であり、注射することになります。

しかし危険性はほとんどありません。

 

これまでに糖尿病患者の方が多く利用してきた薬剤でもあります。

危険性が高いものであれば痩身医療に用いられるわけがありませんよね。

 

もちろん肥満治療としても承認されていますよ。

2014年にアメリカで肥満治療薬として承認を受けています。

 

日本では肥満治療薬としては承認されていないものの、糖尿病治療薬としては厚生労働省からお墨付きを受けています。

 

日本の医療界はとにかく保守的なので、肥満治療薬として承認されるのには時間がかかってしまうのです。

 

でも痩身治療薬として使うことを禁止しているわけではないので、「違法なことをしているのでは?」といった心配をする必要はなし!

クリニックの待合室

そもそもGLP-1ダイエットは正規の医療機関で行われるものです。

医師から処方される注射なので、問題があるはずがありません。

 

もちろん医薬品なので100%副作用がない、ということではありません。

でも問題があればすぐに処方してくれた医療機関に連絡して対処すればよいだけ。

 

胃や腸に多少の不快感が出た、との報告はありますが、徐々に落ち着いたというケースがほとんど。

どうしても心配であれば、容量を減らして対処する方法もありますよ。

 

GLP-1専門医 深堀純也院長のまとめ

ブーム直前のGLP-1ダイエットについてお伝えしました。

GLP-1には極めて高い効果が期待でき、ダイエットで失敗してきた方でも成功できる可能性が極めて高いのです。

 

特に血糖値の上昇抑制作用と食欲減退作用には注目です。

 

さらに病気を防ぐ作用があることもお伝えしました。

 

  • 糖尿病予防
  • 血管系の病気の予防
  • 免疫系の病気の予防

 

GPL-1ダイエットは痩身治療だけの効果ではありません。

今後の健康にも良い影響を与えてくれる可能性があるわけ。

 

GLP-1ダイエットに関しては、食事やサプリメントでの対処を考えている方も多いでしょう。

しかしあくまで間接的な機能しかないので、大きな効果は期待できません。

GLP-1ダイエットをするのであれば、病院で行うのが基本ですよ。

 

医療系のダイエットですが安全性はピカイチなので安心してくださいね。

机に置かれた聴診器
最新情報をチェックしよう!