話題の「GLP-1」の体重減少効果やリスク・食事で増やす方法まで

こちらの記事より

下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

噂のGLP-1ダイエットは本当に体重減少する?衝撃の結果公開!

簡単に言うと、GLP-1製剤と使って血糖値を下げるダイエットが、GLP-1ダイエットです。

GLP-1受容体作動薬とも言いますが、インクレチンというホルモンの中の1つがGLP-1です。

このブログの数々のページで記載しているのでお分かりかとは思いますが、

体重減少については効果がどの程度あるのかこちらでも解説しています。

GLP-1ダイエットは医療ですので、ダイエット実践者は患者さんということになり

ビクトーザ という注射を使って痩せる方法になります。

世界の、特にアメリカではとてもポピュラーな肥満治療でして

日本でのGLP-1は医薬品としての認可はあれど美容方面での認知は少ないです。

 

 

1.GLP-1について

巷で話題の痩せホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」と呼ばれています。あまり聞き馴染みのないGLP-1ですが、実はもともと人間の体内に備わってるホルモンで、主に2型糖尿病に対する治療薬として注目されています。

 

 

糖尿病に大きく関わっている要因として「血糖値の上昇」が挙げられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑制することで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

 

【GLP-1分泌→インスリン分泌のプロセス】

1、食事(炭水化物)によって血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

4、β細胞内からインスリンが分泌される

 

つまりGLP-1とは、「血糖値が上昇したときにインスリンの分泌を促進するホルモン」ということになります。その他にも、食欲の抑制効果など、ダイエットにうれしい作用を持っています。GLP-1は、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる救世主なのです。

 

またGLP-1は、インスリンの分泌促進だけでなく、「すい臓にあるβ細胞の増殖」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる作用」、「血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌」といった多様な作用も持っています。

 

2.GLP-1のダイエット効果とは

さまざまな作用を持っているGLP-1ですが、ここではGLP-1のダイエット効果について見ていきます。痩せホルモンとしての作用はもちろん、健康体を手に入れるためにも大切なホルモンなので、以下のことはしっかりと抑えておきましょう。

 

2-1.血糖値上昇を抑制

前述したようにGLP-1には、インスリンの分泌を促進することで、血糖値の上昇を抑える作用があります。血糖値とは「血中の糖分濃度」のことで、食事(主に炭水化物)をすると、血糖値が上がります。食べ過ぎによって血糖値が高いままになると、体脂肪がつきやすくなるのです。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患にもなりかねません。それくらい血糖値は健康において大切な指標であり、血糖値をコントロールして健康維持するためにも、GLP-1が活躍してくれます。

 

2-2.食欲の抑制

GLP-1のダイエット効果として「食欲の抑制」も挙げられます。体内のGLP-1が増えることで、空腹感が抑えられ、ゆるやかに体重が落ちていくのです。我慢することなく食事量を減らせるので、食べすぎを防ぐことができるのです。一方で、肥満体型の人はGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」といった悪循環となっています。この悪いサイクルを断ち切るためにも、GLP-1は大きな役割を果たしてくれるのです。

 

3.GLP-1を「治療薬」で増やす

GLP-1の分泌を増やす有効な方法として「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を使った治療があります。この治療薬は主に「2型糖尿病」に対して使用されますが、ダイエットしたい人に向けても使用されており、すぐれたダイエット効果を発揮してくれるのです。

 

3-1.注射器を用いて投与する

GLP-1の治療薬は、「注射器」を使って体内へ投与するのが特徴です。注射器には「シリンジ」「ペン型注射器」「オートインジェクター」の3タイプがあり、病院での治療はもちろん、自宅にて自分でも簡単に投与できるます。

 

シリンジ:いわゆるノーマル形をした注射器です。注射器によって薬液を吸い上げて、体内へと投与します。

 

ペン型注射器:文字通りペンの形をした注射器です。すでにペンのなかに薬液が充填されており、1回注射するごとに針を取り替えて使います。またペン型注射器には、「1回ちょうど分の薬液が充填されているタイプ」と「薬液の量を調整してから打つタイプ」があります。

 

オートインジェクター:「オート」が意味するように、ほぼ全自動で薬液を投与できるハイテク注射器です。しかし、針を交換することができないので、1回限りの使い切りタイプとなっています。

 

3-2.治療の頻度は?

注射の頻度は、「週1回」もしくは「毎日1~2回」が一般的ですが、個人の体質に合わせて決めるので、お医者さんと相談しながら、きちんと指示に従って治療を受けましょう。

 

3-3.診察は?

病院での治療はもちろんですが、基本的には自宅で自分で治療を行い、薬液が足りなくなったら病院で補充する、という形になります。診察についても、病院への通院だけでなく、なかには「遠隔診察」を行なっている病院もあます。時間がない人や病院から自宅までアクセスが困難な人でも安心です。また、初診から遠隔で行える病院もあります。

 

4.GLP-1治療のリスク

治療においていちばん気になるのが「治療のリスク」ですよね。「いくら効果があっても、副作用が起きるのでは…」と不安に思う人も多いはず。正直に言うと、「100パーセント何も起こらない」と言い切るのは難しいです。しかし、GLP-1は”もともと体内に存在しているホルモン”なので、合成化学薬品のような副作用が起こることはまずありません。ただ、気をつけたい症状が複数あるので、事前に確認しておきましょう。

 

4-1.下痢や便秘

GLP-1治療を始めた当初に、下痢や便秘といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるものです。多くの場合、しばらくすると自然に症状は消えていきますが、もし不安な場合はお医者さんに相談しましょう。

 

4-2.頭痛や吐き気

同じく治療当初に、頭痛や吐き気が起こることもあります。これらは「感受性の高い人」に起こりやすい症状ですが、そのまま放っておいても症状は自然に消えていきます。こちらも、もし気になる場合は、お医者さんに相談するのが良いでしょう。

 

4-3.薬の兼用による低血糖

治療薬の「単体での投与」では心配ないのですが、糖尿病治療によく用いられる「インスリン」や「SU薬」といった治療薬と一緒に投与している場合、低血糖になる恐れがあります。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状が起こり、そのまま放置すると重症化し、意識障害や昏睡といった命にかかわる症状へと発展することもあります。糖尿病治療薬を兼用している人は、十分に注意しましょう。

 

5.GLP-1を「食事」で増やす

GLP-1は、治療薬だけでなく、食事から増やすこともできるんです。日常でよく見かける食材のなかでも、GLP-1増加にすぐれた効果を発揮してくれる食材があるので、ここでいくつかご紹介していきますね。

 

5-1.乳酸菌が豊富な食材

腸にやさしいイメージのある乳酸菌ですが、GLP-1の分泌にも大きく作用します。先述したようにGLP-1は「小腸で分泌されるホルモン」です。乳酸菌を小腸に届けることで、腸壁が刺激されて、GLP-1の分泌を促進されます。主にヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌などに豊富です。どれも日常でよく見かけるものなので、意識的に摂取したいところですね。

 

5-2.EPAが豊富な食材

サバなどの青魚に豊富に含まれている「EPA」。正式には「エイコサペンタエン酸」といわれる成分です。またEPAは、健康に欠かせない「必須脂肪酸」の一種でもあります。しかし体内で合成できないので、食事から補わねばなりません。サバだけでなくイワシやマグロ、サケなどに豊富に含まれています。魚料理を作るのがめんどくさいという人は、サバ缶やサケ缶がおすすめですよ。EPAは、ダイエットだけでなく健康維持においても大切な成分なので、意識的に摂取したいですね。

 

5-3.鉄分が豊富な食材

体内のGLP-1を増やすには、「鉄分」もおすすめです。鉄分のもつ「解毒作用」によって、腸内環境が改善されて、GLP-1の分泌促進へとつながります。主にレバーや赤身のお肉、シジミなどに豊富です。また鉄分は、野菜や海藻類にも含まれますが、それら単体だと吸収されにくいので、タンパク質やビタミンCと一緒に摂ると、吸収力をアップさせることができます。また鉄分は「貧血予防」にも効果的なので、健康増進のためにも積極的に摂取しておきたいですね。

 

6.まとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、治療薬や食事でGLP-1を増やす方法・治療のリスクについて解説しました。いかがでしたか?何度も繰り返しますが、GLP-1は、もともと人間の体内にあるホルモンなので、特殊な事例がない限り、重大な副作用への心配はいりません。また、食事から増やすことも可能なので、普段の生活でも意識したいですね。今までダイエットが失敗続きだった人はもちろん、ストレスなく痩せたい人は、ぜひ一度お医者さんに相談してみてくださいね。

 

 

 

野菜や肉などの料理
最新情報をチェックしよう!