リバウンド無し!GLP-1でダイエット失敗リスクを抑える!

GLP-1メディカルダイエットは、GLP-1受容体作動薬という自己注射薬を使用する肥満治療です。

このダイエットは専門医が介入する最先端医療であり、アメリカでは多くのダイエット成功実績があります。

自分で毎日注射するだけで、辛い食事制限をすることなく、自然と健康的な体型まで痩せることができます。

GLP-1メディカルダイエットは治療終了後でも、リバウンドのリスクが限りなく低く抑えることが期待できます。

今回はそんなGLP-1メディカルダイエットについて紹介していきたいと思います。

GLP-1が世界仰天ニュースで話題!

スイーツを食べる女性

2018年7月31日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」にて未来型肥満治療としてGLP-1メディカルダイエットが紹介されました。

その内容はGLP-1というホルモンは自然に食欲を抑えることができるというものです。

太ることの原因は、ただ単純に「食べ過ぎ・飲み過ぎ」することです。

しかし、ただ単純な「食べ過ぎ・飲み過ぎ」なのですが、「食べる量・飲む量を少なくすればいいだけで肥満体型を改善できる」と思うのは安易な考えなのです。

「食べる量・飲む量を少なくする」というのは、湧き上がる空腹感から生じる食欲を無理して抑え込む必要があるからです。

無理して抑え込んだ食欲は強いストレスとなり、必ずと言っていいほどその反動が生じます。その反動がリバウンドを引き起こします。

食欲というのは人間の生理的欲求なので、自分の意志だけで抑え込むというのはとてもストレスがかかるのです。

本来であれば食べる量・飲む量は自分の意志で調整できるのですが、食べ過ぎ・飲み過ぎの状態が習慣化してしまうと、食欲の制御ができなくなってしまいます。

そのメカニズムとして考えられるのが、常に何かを食べ高い血糖値を維持していると、脳がその状態を「普通である」と誤認識してしまい、食欲のコントロールが利かなくなります。

食欲のコントロールが利かなくなると、常に空腹感がつきまとい、しかもその状態を「異常」だと気づかせることがなくなります。

この食欲のコントロールが利くように整えることが、ダイエットを成功させ、健康的な体型を維持するためのカギとなります。

様々なダイエット方法を試してみて、成功したものの、その後リバウンドしたという話は珍しくないと思います。

ダイエットというのは、成功させた後も辛いと感じることを継続しなければ、体型の維持ができなく、その辛いと感じることの多くは食欲という欲求を我慢し抑えることです。

食欲のコントロールをつけることは、数多いダイエット方法の中でも一時的にしか効果がないものばかりが紹介されています。

完璧に食欲のコントロールをつける方法は、辛抱強く、一時的にしか効果のない空腹対策を数か月から数年という長い時間をかけなければ解決できません。

その理由は、食欲のコントロールが乱れる食習慣に長い時間をかけてきたためなのです。

本来ならば食欲のコントロールが乱れるまでにかけた時間と、同じくらいの時間をかけて辛抱しなければ、改善は見込めないのが現状でした。

長い時間辛抱するというのはとてもストレスがかかりますし、辛抱することでリバウンドのリスクを高くする可能性があります。

GLP-1受容体作動薬を用いた、GLP-1メディカルダイエットは、乱れた食欲を整え、コントロールできるようにする効果があります。

そのため、湧き上がる食欲を我慢して辛抱することがなく、リバウンドのリスクを限りなく低くすることができるのです。

GLP-1注射のメリットを列挙します!

糖尿病の測定機器や注射器

GLP-1メディカルダイエットは、上記でも少し紹介した通り、GLP-1受容体作動薬という自己注射薬を使用し、肥満治療を進めていきます。

そのGLP-1受容体作動薬は日本では2型糖尿病治療に使われている自己注射薬です。

しかし、アメリカでは、GLP-1受容体作動薬を使用する肥満治療がすでに確立されており、専門医も沢山いる状況にあります。

GLP-1受容体作動薬には、2型糖尿病治療以外にもダイエットに効果的とされる薬効があります。

その薬効には、インスリン分泌を促進させ血糖を正常値に保つ効果、胃に入った食べ物を長くためておく効果があります。

その薬効により血糖値の上昇を防ぎ、胃に食べ物を長くためておけることから、コントロールできなくなった食欲を整えることができるようになります。

他にも、中性脂肪の吸収をしにくくする効果や、血圧のコントロールをつける効果があるとされています。

ダイエットにはこれらどの薬効も嬉しいですよね!

GLP-1受容体作動薬を自己注射することで得られる最大のメリットは、乱れた食欲を整えることにあると言えます。

食欲が乱れてしまうと、普通の食事量では満足することができず、食べることをどうしても我慢しなくてはならなくなります。

食べたいのを我慢するというのはとても辛いことですし、ストレスがたまります。

肥満体型になってしまうと、常に何かを食べていないと落ち着かないという状態や、一回の食事量で数千カロリーもの食べ物を食べないと、落ち着かないという食欲が異常なことだと気づくことができなくなってしまいます。

しかし、GLP-1受容体作動薬を使用すると、胃の中に食べ物を長くためておくことができるようになるため、自然と食欲を抑えることができるようになります。

「今まであれだけ食べても満足感がなかったのに!?」と、今までの食欲が異常なまで旺盛であったことに気づけることになります。

食欲が整ってくると、一回の食事で満足できるようになりますし、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると、その満腹感から「食べ過ぎた、飲み過ぎた」と感じることができるようになります。

治療が終わっても、食欲が整っているため、食べ過ぎることがなくなりますので、リバウンドのリスクを大きく低くすることができるようになります。

食欲が整うことにより、「どうしても食べたい!」という異常なまでの食欲がなくなりますので、食べたいのを我慢する必要がなくなります。

食べたいのを我慢する必要がないから、辛くないのもGLP-1メディカルダイエットのメリットであると言えます。

以上のことをまとめて、GLP-1受容体作動薬を使用したメディカルダイエットのメリットを挙げると、「辛くない!」「普通の食事量で満足できる!」「食欲が整うからリバウンドのリスクが低い!」ということが言えます。

GLP-1は痩身以外にも良い効果あり!

血圧計

GLP-1メディカルダイエットで、GLP-1受容体作動薬を使用すると、ダイエット以外にも良い効果があります。

上述でも紹介しましたが、その薬効の中には「血圧のコントロールをつける」というものがあります。

肥満体型になってしまうと、血管の中にも脂肪がたまることになってしまうため、血管が固くなってしまい、どうしても血圧が高くなる傾向があります。

本来なら血管は柔らかく、体を動かすことによって、血液の循環が促進され助けられるようになっています。

しかし、肥満体型になってしまうと、動くことも億劫になってしまい、血管も固くなってしまうため、生活習慣病の高血圧を引き起こしやすい状況になってしまいます。

GLP-1受容体作動薬は、ちょっと高めの血圧を整える効果があるため、血圧が気になっている場合は一石二鳥の治療になるかもしれません。

GLP-1メディカルダイエットを始めることで、少しずつ痩せていくことができます。

痩せていくと当然、たまっていた脂肪が消費されていくことになるため、痩せること以外にも様々な良い効果があります。

まず、体重が軽くなるため、動くことによって体にかかる負担を減らすことができます。

体が軽くなると、今まで動くことによって関節にかかっていた負担が大きく減ることになります。

例えば、肥満体型によって感じていた膝の痛みや腰の痛みがなくなる可能性が期待できます。

動くことによって感じていた関節の痛みがなくなると、動くことが億劫に感じなくなってきます。

すると、自然と健康に対する意欲も出てくるため、今までの生活習慣を見直すことに繋がってきます。

痩せてくることで、自然と健康に対しての意欲が出てくるため、食生活の見直しや、普段の生活でもなるべく体を動かそうといった考えを持つことができるようになります。

また肥満体型に感じていたコンプレックスを払拭することができるため、今まで着なかった服を楽しんだり、髪形を変えてみたりとファッションを楽しむことができるようになるかもしれません。

安全性、副作用の有無について

女医

GLP-1受容体作動薬は自己注射薬です。「注射!」と聞くと、「痛い!」とか「怖い!」とかというイメージを持ちやすいと思います。

また、自分で注射するため「安全に注射できるのか?」とか、「薬の副作用は強いのでは?」と不安に感じる部分も多いと思います。そんな不安に答えていきたいと思います。

まず、安全性について、GLP-1受容体作動薬の自己注射は、医療について資格と知識のある医師や看護師以外でも注射できるように、安全に配慮して作られています。

その注射方法については、診察時に説明できるのと、注射薬についている説明書にも記載がされています。

また、注射針は細く短いものを使用しますので、安全に注射ができ、痛みが最小限になるように工夫された作りとなっています。

GLP-1受容体作動薬の安全性と副作用についてですが、これは2型糖尿病治療やアメリカにおける肥満治療の実績で確立されていると言えます。

副作用はほとんど表れない場合が多い傾向にありますが、使い初めに下痢、便秘、吐き気などの症状が現れる場合もあります。

しかし、その症状もすぐに治まる傾向がありますし、気になる場合はその都度、専門医に相談していただければと思います。

毎日「チクッ」と注射するだけで、痩せることができるGLP-1メディカルダイエットは、安全性も副作用もほとんどない最先端医療の肥満治療と言えます。

GLP-1専門医の深堀院長のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生

GLP-1メディカルダイエットは安全性も高く、副作用も少ない最先端医療の肥満治療と言えます。

また乱れた食欲を整え、コントロールできるようにするため、リバウンドのリスクを低くすることができます。

これまでのダイエット方法と違い、「食欲がコントロールできるようになる」のは大きなメリットであり、治療終了後もリバウンドリスクが低い最先端医療を利用したダイエット方法と言えます。

ジーンズとウエスト
最新情報をチェックしよう!