GLP-1ダイエットが腸内からあなたを痩せさせる!やせるホルモンの秘密とは?

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

「GLP-1ダイエットは小腸を意識してさらに痩せる!」

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットは「小腸」を意識してさらに痩せる!

「巷で話題のGLP-1って何?ダイエット効果があるって聞いたけど、どのように治療が行われるのか知りたい。それから副作用も心配…」と思っている方へ。そこで今回は、GLP-1の基礎知識から、どのように治療が行われるか、治療のデメリットや副作用、さらには治療に向いている人まで解説します。多様な作用を持つGLP-1ですが、特に”今までダイエットに失敗してきた人”は必見です!またGLP-1は、ダイエットだけでなく健康においても大切なホルモンなので、事前に知識をつけておきましょう!

 

1.GLP-1とは

GLP-1ホルモンがインスリンの分泌を促す仕組み”ダイエット効果がある”と巷で話題のホルモン、GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)。あまり聞き馴染みはありませんが。実は「もともと人間の体内に備わってるホルモン」で、主に2型糖尿病に対する治療薬としても注目されています。

 

糖尿病に大きく関わっている要因として「血糖値の上昇」が挙げられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進することで血糖値の上昇を抑制し、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

 

【GLP-1分泌からインスリン分泌までの過程】

1、食事(炭水化物)によって血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

4、β細胞内からインスリンが分泌される

 

つまりGLP-1とは、「血糖値が上昇したときにインスリンの分泌を促進するホルモン」ということになります。その他にも、食欲の抑制効果など、ダイエットにうれしい作用を持っています。GLP-1は、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる救世主なのです。

 

またGLP-1は、インスリンの分泌を促進するだけでなく、「すい臓にあるβ細胞の増殖」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる作用」、「血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌」といった多様な作用も持っています。

 

2.GLP-1の特徴

GLP-1ホルモンがペプチドの分泌を促す仕組みご紹介したように、多様な作用を持っているGLP-1。ここでは具体的な特徴を見ていきましょう。またGLP-1は、痩せホルモンとしての作用はもちろん、健康維持においても役立つホルモンなので、しっかりと知識を入れておきましょう。

 

2-1.血糖値上昇を抑制

最初にお伝えしたようにGLP-1には、インスリンの分泌を促進することで、血糖値の上昇を抑える作用があります。血糖値とは「血中の糖分濃度」のことで、食事(主に炭水化物)をすると、血糖値が上昇します。食べ過ぎによって血糖値が高いままになると、体脂肪がつきやすくなるのです。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患にもなりかねません。それくらい血糖値は健康において大切な指標であり、血糖値をコントロールして健康維持するためにも、GLP-1が作用してくれるのです。

 

2-2.食欲の抑制

GLP-1のダイエット作用として「食欲の抑制」もあります。体内のGLP-1増加によって、空腹感が抑えられ、ゆるやかに体重が落ちていきます。我慢することなく食事量を減らせるので、食べすぎを防ぐことができるのです。一方で、肥満体型の人はGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」といった悪循環となっています。この悪いサイクルを断ち切るためにも、GLP-1は大きな役割を果たしてくれるのです。

 

3.GLP-1治療はどう行うのか

注射のシルエットダイエット効果をあ高めるためには、体内のGLP-1をより分泌させる必要があります。Gそこで有効なのが、治療薬の投与です。主に2型糖尿病の治療に用いられる「GLP-1受容体作動薬」という治療薬を使い、GLP-1の分泌促進をはかります。ここでは、具体的にどのように治療が行われるのかみていきます。

 

3-1.注射器を用いる

GLP-1の治療には、注射器が用いられます。「シリンジ」や「ペン型注射器」「オートインジェクター」といった注射器を使って、薬液を体内へと投与していきます。治療は、病院でもできますが、自宅にて自分でおこなうことが多いのが特徴です。

 

シリンジ:誰でも一度は見たことのあるノーマルな注射器です。注射器によって薬液を吸い上げて体内へと投与します。

 

ペン型注射器:言葉通り「ペンの形」をした注射器です。すでにペンの中に薬液が充填されているのが特徴で、1回の注射ごとに針を付け替えて使用します。またペン型注射器には、「1回分の薬液が充填されているタイプ」と「注射する前に薬液の量を調整するタイプ」があります。

 

オートインジェクター:「オート」が意味するように、ほぼ全自動で体内へと薬液を投与することができ注射器です。そのハイテク性が魅力で、ほとんど手間がかかりません。一方で、針を交換できないので、1回かぎりの使い切りタイプとなります。

 

3-2.投与の頻度

どのくらいの頻度で注射するかというと、「週1回の投与」もしくは「毎日1~2回の投与」が一般的です。個人の体質に合わせて決めるので、医師と相談しつつ、きちんと指示に従って治療を行いましょう。

 

3-3.治療・診察の場所について

治療は、基本的には自宅で自分で治療を行います。定期的な診察については病院で受けることが多いですが、なかにはスマホを使った「遠隔診察」が可能な病院もあるので、時間がない人でも安心ですね。初診をも遠隔できる病院もあります。

 

4.GLP-1治療に向いている人

痩せ効果のあるGLP-1治療ですが、具体的にどのような人が治療に向いているのか解説していきます。一言で言えば、「通常のダイエットにストレスを抱えてしまう人」に向いています。通常、ダイエットではハードな運動や食事制限が必要不可欠ですが、なかにはストレスが溜まってしまう人もいます。以下の3パターンに当てはまる人は、GLP-1治療が向いているので、治療を検討してみると良いでしょう。

 

4-1.運動が苦手な人

通常、本格的に痩せるとなると「ハードな運動」が必要不可欠になります。痩せるために走ったり、筋トレをしたりと、莫大カロリーを消費しなければなりません。運動好きな人なら大丈夫ですが、運動嫌いな人にとっては耐え難いものですよね。そこでGLP-1治療薬を行うと、ハードな運動をせずとも自然に体重が落ちるようになります。

 

4-2.食事制限にストレスを感じる人

ハードな運動と並んでストレスを感じてしまうのが、食事制限です。食べたいものを何ヶ月も我慢する生活は、正直かなり辛いですよね。いくら痩せるといえど、精神的負担が大きくなってしまいます。そんな人にもGLP-1治療が適しています。最初にお伝えした「GLP-1の食欲抑制」効果によって、空腹感が抑えられ、無理なく体重を減らすことができるのです。

 

4-3.リバウンドに悩まされてきた人

痩せてもすぐに体重が戻ってしまう…とリバウンドに悩まされてきた人も、GLP-1治療に適しています。本当の意味でのダイエット成功とは、単に一時的に痩せるだけでなく「体重をキープする」ことですよね。また、短期間で体重を落としすぎると、その反動で体重が戻りやすくなってしまいます。一方のGLP-1治療では、ゆるやかに体重が減っていくので、リバウンドものリスクも軽減されます。

 

4-4.治療薬に依存しすぎないこと。健康的な生活を心がける

身体に負担をかけずに痩せられるGLP-1治療ですが、治療薬に依存しすぎるのはNGです。注射しているからといって、過度にカロリーを摂取したり、まったく運動せずに家でゴロゴロしたり、それでは本末転倒です。たとえ薬を投与していても、健康のために「炭水化物の量を調整する」「野菜を積極的に食べる」、「毎朝のウォーキングを心がける」など、自分ができることをコツコツと積み重ねていきましょう。

 

5.GLP-1のデメリット・副作用

治療でもっとも不安に思うのが副作用ですよね。「深刻な副作用が起こるのでは…」と不安に思う人も多いはず。正直、「100パーセント何も起こらない」と言い切ることはできません。ただGLP-1は、”もともと体内に存在しているホルモン”なので、合成化学薬品のような副作用が起こることはまずありません。しかし、いくつか気をつけてほしい症状があるので、事前に確認しておきましょう。

 

5-1.下痢や便秘

GLP-1治療を始めた当初に、下痢や便秘といった症状があらわれることがあります。多くの場合は、自然に症状は消えていきます。もし症状が気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

 

5-2.頭痛や吐き気

同じく治療を始めたばかりの頃に、頭痛や吐き気が起こることも。これらは「感受性の高い人」に起きやすい症状です。そのまま放っておいても症状は自然に消えますが、もし気になる場合は、お医者さんに相談するのが良いでしょう。

 

5-3.薬の兼用による低血糖

治療薬の「単体投与」では問題ありませんが、糖尿病治療によく使われる「インスリン」や「SU薬」といった治療薬と一緒に使用している場合、低血糖を引き起こすおそれがあります。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状があらわれ、そのまま放っておくと、意識障害や昏睡といった生命にかかわる症状へと発展してしまうこともあるので、注意が必要です。

 

5-4.医療大国アメリカで承認済み

前提としてGLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認されています。日本でも「糖尿病治療薬」として厚生労働省の認可を受けており、そもそも国が安全性を保証しています。先ほどの「糖尿病治療薬との兼用」のような例を除けば、重大な副作用を心配する必要はありません。安心して治療を受けて大丈夫です。

 

6.まとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、どのように治療が行われるか、治療のデメリットや副作用、さらには治療に向いている人まで解説しました。最初にもお伝えしたように、GLP-1は、「すでに人間の体内にあるホルモン」なので、合成化学薬品のような副作用は心配しなくて大丈夫です。GLP-1治療にはさまざまなメリットがあるので、今までダイエットに失敗してきた人はもちろん、ストレスなくダイエットを成功させたい人にはおすすめです。GLP-1によって、あなたの体がより健康になることを祈っています。

男性の水泳選手
最新情報をチェックしよう!