やせるホルモンGLP-1を増やす基礎知識と治療薬・治療方法をご紹介

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

痩せホルモンGLP-1ダイエット2019年決定版!肥満の悩みを人生最後に

1.GLP-1とは

最近、巷で話題になっているホルモン「GLP-1」。ダイエット効果が高いと言われているホルモンですが、主に2型糖尿病に効果的な治療薬として注目されています。

GLP-1は、体内でのインスリン分泌を促進させるホルモンです。インスリンを分泌することで、血糖値の上昇を防いだり、食欲を抑えたりと、ダイエットに対しても嬉しい効果を発揮してくれます。

【GLP-1がインスリン分泌を促進させる過程】

GLP-1がインスリン分泌を促進させる具体的なプロセスは以下の通りです。

①小腸にあるL細胞からGLP-1が分泌される

②すい臓のβ細胞表面にある受容体にGLP-1がくっつく

③すい臓のβ細胞内からインスリンが分泌される

またGLP-1は、”血糖値が高い状態おときだけ”、インスリンを分泌させる特徴があります。そもそも血糖値が平常あるいは低いときは分泌されません。その他にもGLP-1には多様な働きがあり、血糖値上昇に作用するグルカゴンの分泌抑制、すい臓にあるβ細胞の増加、食べた物の胃からの排出を遅らせる作用、などがあります。

2.GLP-1の特徴とは

GLP-1は、高いダイエット効果を持つホルモンとして知られています。ダイエットにおいてうれしい効果がいくつかあるので、痩せたい人は必見です。なかでも代表的な効果を解説していきますね。

2-1.血糖値の上昇を抑制

最初にも言いましたが、GLP-1を象徴する作用として、インスリン分泌を促進することでの「血糖値上昇の抑制」があります。血糖値は、体の健康を保つうえでに大切な指標のひとつです。食事(主にご飯やパン、麺などの炭水化物)をすると血糖値は上がります。これらを過剰摂取すると、血糖値が高くなり、これが続くと体脂肪がついて肥満体型になるのです。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患へのリスクも高まります。

2-2.食欲の抑制

GLP-1には、食欲の抑制効果もあります。体内にGLP-1が増えると、空腹感が軽くなり、食事量をコントロールできるので、我慢することなく体重を減らせます。一方、肥満体型の人は体内のGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上にカロリーを摂取してしまう→さらに体脂肪がつく」といった悪循環に陥ってしまうのです。GLP-1は、体重のキープはもちろん、健康を維持する上でも欠かせないホルモンなのです。

3.GLP-1を体内に増やす方法

GLP-1を増やすには「治療薬の投与」もしくは「食事からの摂取」の2つの方法があります。どちらもダイエット効果を期待できますし、治療も気軽に受けることができますよ。それぞれ詳しく解説していきます。

3-1.GLP-1治療薬を投与する

GLP-1治療薬のことを「GLP-1受容体作動薬」といいます。注射器を使って、ダイエット効果を得る方法です。病院や自宅で簡単に投与できる上に、つらい食事制限やハードな運動をする必要がなく、ストレスをかけずに体重を落とすことができます。また、ゆるやかに効果が出てくるので、リバウンドのリスクも軽減。身体への負担がとても少ないので、無理なくダイエットしたい人にはおすすめです。

3-2.GLP-1を食事で増やす

GLP-1は、治療薬だけでなく、食事からでも増やすことができます。なかでも、GLP-1を増やしてくれる食材がいくつあるので、それぞれご紹介していきますね。

・乳酸菌

皆さんご存知の乳酸菌には、GLP-1を増やす働きがります。前述したように、GLP-1は最初に小腸で分泌されます。つまり、小腸を活発な状態にすれば、GLP-1がたくさん分泌されるわけです。そこで摂取したいのが乳酸菌です。腸に良さそうなイメージがありますが、まさにその通りで、乳酸菌を小腸に届けることで腸壁が刺激し、GLP-1が増えます。主にヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌などですね。どれも手軽に食べられるので、時間がない人にもおすすめです。

・EPA(エイコサペンタエン酸)

主に青魚に豊富に含まれている「EPA」。きっと誰しも一度は聞いたことがあるはず。EPAも、乳酸菌と同じく、摂取するとGLP-1がたくさん分泌されます。またEPAには「必須脂肪酸」と呼ばれる、健康維持に欠かせない一方で体内では合成できない成分の一種でもあります。健康体を作るためにも大切な栄養素なので、積極的に摂取しましょう。主にサバやマグロ、イワシ、ブリ、サケなどが代表的ですね。魚料理を毎日作るが面倒な人は、サバ缶やサケ缶がおすすめ。

・鉄分

GLP-1の増加において、鉄分もおすすめです。鉄分には解毒作用があり、腸内環境の改善に効果をもたらしてくれます。代表的な食材は、レバーや赤身のお肉、シジミなど。鉄分は貧血にも効くので、ダイエットに限らず、健康増進したい人も積極的に摂取しておきたい成分です。

4.GLP-1治療のリスク

「治療薬って副作用はないの…?」と思う人も多いはず。たしかに、絶対に何も起こらないとは言えませんが、万が一症状が起こったとしても、合成化学薬品のような副作用は出ませんし、自然に消滅するので心配ありません。ただ、投与を始めると、以下の症状が起こる可能性があるので、少し注意しておきましょう。

4-1.胃腸の不具合

GLP-1の治療薬の使い始め、便秘や下痢といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるものです。しばらく経つと自然に消滅しますが、気になる場合はお医者さんに診てもらいましょう。

4-2.頭痛や吐き気

胃腸の不調の他に、感受性の高い人は、頭痛や吐き気が起こることもあります。これらも、しばらく経つと自然に消えていくので心配はいりません。

4-3.低血糖

GLP-1治療薬の単体投与なら問題ありませんが、糖尿病治療を行っている方で「SU薬」や「インスリン」を一緒に投与している場合があります。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸が出たり、手足が震えたりする症状があらわれます。そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった、命にかかわる症状を引き起こす恐れもあるので要注意です。低血糖は健康な人でもなり得ますが、特に薬物治療を行っている人は覚えておきましょう。

4-4.アメリカでも承認済み

GLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認され、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を保証しているので、特殊な例を除けば、「重大な副作用をもたらすのではないか…」といった心配はいりません。

5.GLP-1治療がおすすめの人

GLP-1治療がどんな人が向いているのでしょう。結論言うと、いわゆる「ハードな運動や食事制限が苦手な人」にはおすすめです。GLP-1治療は、今までダイエットに失敗してきた人にうれしい効果を発揮してくれます。

5-1.運動が苦手な人

ダイエットにおいて必要不可欠なのが、運動です。カロリーを消費するとなると、相応の運動量が必要になり、思った以上にハードなトレーニングをしなければなりません。運動好きな人なら良いですが、苦手な人にとってはストレスがたまる一方です。しかし、GLP-1の治療薬を使えば、そのような運動も不要になります。精神・肉体的に疲れることなく、自然に体重を落とすことができるのです。

5-2.食事制限に耐えられない人

運動と並んで大変なのが食事制限ですよね。食べたいものを我慢してカロリーを制限すると、精神的ストレスがかかってしまいます。最近流行っている糖質制限なども同様です。そこで、GLP-1の治療薬を使うことで、食欲の抑制効果が働き、食べる量をコントロールできるようになります。我慢する必要なく、無理のない範囲でのダイエットが可能になるわけです。

5-3.今までリバウンドに悩まされてきた人

「ダイエットに成功したことはあるけど、毎回すぐに体重が戻ってしまう…」という人にもGLP-1による治療がおすすめです。体重・体型をキープできてこそ、本当の意味でのダイエットの成功です。GLP-1の治療薬を投与すれば、ゆるやかに体重が落ちていきます。急激に痩せて不自然な体型になることもないので、リバウンドもしにくくなります。

5-4.健康的な生活を送ることが重要

ハードな運動や食事制限が続かない人にとって、GLP-1での治療は効果抜群です。しかし、薬を投与しているからといって、食べすぎたり、家でゴロゴロしてばっかりの生活だと本末転倒ですよね。薬をだけに頼ることなく、できる範囲内で運動したり、食生活を改善したりすることが大切です。ご飯の量を減らしてみたり、定期的にウォーキングしてみたり、できることから始めていきましょう。

6.GLP-1ダイエットのまとめ

GLP-1の基礎知識から特徴、GLP-1を増やす食事、治療薬と副作用について幅広くピックアップしました。いかがでしたか?GLP-1は、健康体を作るために重要なホルモンであり、食事や注射によって分泌量を増やすことができるのです。GLP-1治療薬を使えば、ハードな運動や食事制限を必要もなく、自然に体重を落とすことができます。今までダイエットに失敗してきた人にとっては、まるで魔法のようなホルモンですよね。今回こと本気で結果を出したい!という人はぜひ、お医者さんに相談してみてくださいね。あなたの体がより健康になることを祈っています。

腕立て伏せしている男性
最新情報をチェックしよう!