GLP-1ダイエットって危なくないの?副作用はないの?回答します

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

glp1ダイエットの副作用はやばい!?口コミの真偽に回答!!

この記事では、GLP-1ダイエットの基本知識をはじめ、痩せ効果や危険性まで幅広くご紹介しています。無理なく痩せられると評判のGLP-1ダイエット。次こそ本気で結果を出したい人は必見です!

「GLP-1ダイエットをしたいと思っているけど、危なくないの?どのように行うのか分からないのでGLP-1ダイエットについて詳しく教えてほしい。」と考えているあなたへ。
そこで今回は、GLP-1ダイエットの基礎知識をはじめ、効果や危険性について詳しく解説していきます。すぐれた痩せ効果のあるGLP-1ダイエットですが、メリットとデメリットを両方知ってから始めましょう。

1.そもそもGLP-1ダイエットって?
巷で話題になっている「GLP-1ダイエット」。すぐれた効果があると話題のダイエット方法ですが、GLP-1とは、もともと人間の体に存在しているホルモンのことです。
GLP-1は、小腸から分泌されて、血糖値の上昇を抑える「インスリン」の分泌を促します。血糖値が高いままだと糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞といった重大な疾患のリスクにもなりかねません。それらを予防するためにも、GLP-1は欠かせないホルモンなのです。人間の健康を支えていると言っても過言ではありません。
そんなGLP-1の特性を利用して、体重減少に応用したのがGLP-1ダイエットです。

1-1.痛みの少ない注射で行う
GLP-1ダイエットでは、体内にGLP-1を増やすために「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる薬液を、注射器を使って体内へと投与します。注射にはほとんど痛みはなく、かつ自分自身で打つことができます。通院もしくら遠隔診察にて、「GLP-1ダイエットが可能かどうか」を判断した後、自宅に治療キットが送られてきます。ただ、極端な低血糖の方や、別の薬を服用している場合、その種類によって受診出来ないことはありますが、基本的にGLP-1ダイエットを出来ない方はほとんどいないようです。

1-2.頻度は「毎日1回」または「週1回」
GLP-1ダイエットでの注射は、「毎日1回」または「週1回」のペースで行うことが多いです。病院によって違ったり、お医者さんと相談しながら決めたりするので、きちんと指示に従うことが大切です。また、注射の方法については、お医者さんが最初にしっかりと教えてくれます。ルールを守ってGLP-1ダイエットを進めましょう。

1-3.GLP-1は糖尿病治療に有効
GLP-1受容体作動薬は、一般的には「2型糖尿病」に対する治療薬として使われています。日本では「糖尿病治療薬」として厚生労働省から認可を受けており、その安全性も保障されているのです。一方、アメリカでは「肥満治療薬」としても広まっており、肥満改善の救世主としても注目されています。

2.GLP-1のダイエット効果とは?具体的に解説
では具体的に、GLP-1にはどのようなダイエット効果があるのか見ていきましょう!体内にGLP-1が増えると、さまざまな効果が期待できるんです。

2-1.食欲を抑える
GLP-1を代表するのが、食欲を抑える効果です。体内にGLP-1が増えることで、空腹感が軽くなり、食事量が減ります。そうすると結果的に体重が落ちていくわけです。自然と食欲が抑えられるので、辛い食事制限やハードな運動をしなくても痩せることができますよ。

2-2.太りにくい体になる
GLP-1は、肥満体型の人に少ない傾向にあります。GLP-1が少ないと「空腹感が続く→余計に食べてしまう→さらに脂肪がつく」といった悪循環になっているわけです。逆にGLP-1が増えると、痩せやすく太りにくい体になります。「太っている人はより太りやすく、痩せている人は太りにくい」ということです。

2-3.全身にあらゆる効果をもたらす
GLP-1には、食欲を抑える他にも、全身の臓器に対してさまざまな効果があります。たとえば、腎臓での利尿作用の促進、食べたものの胃からの排出を遅らせる、脂肪の分解を促進する、など多様です。GLP-1は、ダイエットだけでなく、健康増進においても重要なホルモンなのです。

3.GLP-1ダイエットは危なくないの?
ほとんど痛みがなく、簡単な注射で痩せられるGLP-1ダイエット。「簡単にダイエット効果を得られるのは分かったけど、危なくないの?デメリットは?」と考えている人も少なくないはずです。ここでは、GLP-1ダイエットの危険性について解説していきます。

3-1.GLP-1は体内にあるホルモンなので安全性は高い
GLP-1注射は、当たり前ですが、体内のGLP-1を増やすための治療です。もともと体内にあるGLP-1量を増やすだけなので、重大な副作用などが起こることはほとんどありません。安心して治療を受けて大丈夫です。

3-2.ハードな運動や食事制限より安全
一般的なダイエットだと、ハードな運動や食事制限を行いますよね。しかし、人によっては肉体的・精神的ストレスを抱えてしまう人も多いはずです。運動しすぎや栄養不足によって、かえって不健康な体になってしまうこともあります。それならば、むしろGLP-1ダイエットの方が安全と言えるでしょう。

3-3.稀に胃腸症状や頭痛が起こる
GLP-1ダイエットを始めた当初、便秘や下痢などの胃腸症状や、頭痛や吐き気が起こることがあります。また、これらの症状は、間違った処方をした場合や、食事量の減少によって食物繊維などが不足することでも起こり得ます。ほとんどの場合、自然と症状は消えていきますが、もし気になる人はお医者さんに相談しましょう。

3-4.糖尿病薬の兼用による低血糖
普通にGLP-1ダイエットを行うぶんには安全ですが、糖尿病治療によく使われる「SU薬」や「インスリン」と兼用した場合、低血糖を引き起こすリスクがあります。低血糖になるも、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状が現れることも。さらに放置すれば、意識障害や昏睡になることもあります。低血糖は、健康な人でもなり得る症状ですが、もし糖尿病治療薬と兼用するようなことがあるなら、きちんとお医者さんに伝えて、指示に従いましょう。

4.GLP-1ダイエットを助ける食材もある
これまではGLP-1ダイエットの注射や危険性についてご紹介しましたが、ここでは「GLP-1ダイエットを助ける食材」をご紹介します。注射のような高い効果は得られませんが、食事によってGLP-1の分泌を助けることは可能です。

4-1.GLP-1ダイエット成功のカギは「小腸」にある
最初に記述したように、GLP-1は、小腸から分泌されるホルモンです。つまり、食事によって腸内環境を整えることで、GLP-1を増やすことができます。

4-2.ヨーグルトなどの善玉菌
腸内環境を整える、と聞くとヨーグルトを思い浮かべる人が多いはず。まさにその通りで、ヨーグルトに含まれている「乳酸菌」や「ビフィズス菌」といった善玉菌よって、腸内環境が良くなり、GLP-1分泌が促されます。ヨーグルト以外にも、チーズや納豆、キムチ、味噌といった発酵食品にも多く含まれています。また、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」も併せて摂取するのがおすすめです。

4-3.食物繊維
腸内環境を良くするには、食物繊維もおすすめです。小腸が刺激されて、GLP-1が分泌されやすくなります。また、GLP-1分泌に必要な食物繊維は「1日あたり18g程度」とされています。いくつか例を挙げると、茹でインゲン豆、おから、エンドウ豆、シソ、納豆などに豊富です。食物繊維は、普段の食事だと不足しやすいので、積極的に食べたいところですね。

4-4.鉄分
鉄分によって、腸内に解毒作用が働き、GLP-1分泌に役立ちます。腸が健康になればなるほど、GLP-1も分泌さやすくなるので、意識的に摂りたいところです。鉄分は、主にレバーや赤身のお肉、シジミなどに豊富に含まれています。また、女性は鉄分が不足しやすく、めまいやふらつきの原因になることもあるので要注意です。

4-5.青魚に多く含まれるEPA
サバなどの青魚にたくさん含まれているEPAも、GLP-1分泌に役立ちます。EPAは、オメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸のひとつで、血液をサラサラにしたり、心筋梗塞や動脈硬化を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたりする効果があります。健康に欠かせない一方、体の中で合成することができないため、食事から摂取する必要があります。主にサバやマグロ、ブリ、サンマ、ニシンなどに豊富ですね。

5.注射だけに依存しないことが大切。健康的な生活を意識しましょう
GLP-1注射の方法やメリットについて解説しましたが、「注射を打っているから運動しなくて大丈夫」「好きなものを好きなだけ食べてもOK」と履き違えないないようにしましょう。ダイエットのための運動は不要ですが、健康増進のための運動は大切です。また、いくら食欲が抑えられても、甘いものやアルコールなど不健康なものばかり食べていると、理想の体になるのは難しいでしょう。定期的にウォーキングをしたり、野菜を食べたりと、健康的な生活を意識することが大切です。

6.まとめ
GLP-1ダイエットの基礎知識をはじめ、効果や危険性について詳しく解説しました。いかがだったでしょうか?今や巷で話題となっているGLP-1ダイエット。すぐれた痩せ効果がある上に、誰でも簡単に、しかもほぼ痛みのない注射ができます。今までダイエットに失敗続きだった人や、本気で痩せたいと思っている人は、ぜひGLP-1ダイエットを検討してみてくださいね。

聴診器
最新情報をチェックしよう!