GLP-1ダイエットは一瞬のブームなのか?サバ缶食べればいいの?

こちらの記事より
下記の記事をおすすめします。
↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットが注目される理由!サバ缶ブームはなぜ終焉を迎えるのか?

「GLP-1ってどんなものなの?ダイエット効果があるって聞いたけど本当?また治療方法やデメリットについても知りたい」と思っている方へ。そこで今回は、GLP-1の基礎知識と特徴、体内にGLP-1を増やす方法・治療方法や治療のデメリットまで詳しく解説します。たしかにダイエット効果の高いGLP-1ですが、治療薬だけでなく食事からの摂取など、さまざまな観点からダイエットにアプローチすることができるんです。健康を手に入れるためにも非常に大切なホルモンなので、ここでしっかりと知識をつけておきましょう!

1.GLP-1(やせるホルモン)とは

最近、巷で話題になっている”痩せ”ホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」といい、もともと体内に備わっているホルモンです。主に2型糖尿病に役立つ治療薬として医療業界でも注目されています。糖尿病の大きな原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑制することで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

【GLP-1はどのように分泌される?】

1、食事(炭水化物)によって血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面にある”GLP-1の受容体”にくっつく

4、同じくβ細胞内からインスリンが分泌される

GLP-1とは、「血糖値の上昇時にインスリンを分泌させるホルモン」ということになります。この他にも食欲の抑制効果があるなど、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたい人にとっても救世主のようなホルモンです。

インスリンの分泌以外にも、「すい臓にあるβ細胞の増殖」、「血糖値の上昇時に作用するグルカゴンの分泌」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる作用」もあります。

2.GLP-1の特徴

高いダイエット効果があるGLP-1ですが、具体的にどのような効果があるのか、それぞれ詳しく解説します。GLP-1は、痩せ効果はもちろん、健康を保つ上でも大切なホルモンなので、しっかりと知識を抑えておきましょう!

2-1.血糖値の上昇を抑える

前述したようにGLP-1は、「血糖値の上昇抑制」効果を持っています。血糖値とは血中の糖分濃度のことで、食事(主に炭水化物)によって血糖値が上がると、GLP-1がインスリンの分泌を促進させます。炭水化物の過剰摂取によって血糖値の高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなり、さらに悪化すると、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞といった重大な病気へのリスクも高まります。GLP-1は、それらを未然に防ぐためにも重要なホルモンなのです。

2-2.食欲を抑える

GLP-1は、「食欲の抑制」効果も持っています。GLP-1が体内に増えると、空腹感が軽くなるので食事量をコントロールでき、徐々に体重が落ちていきます。一方で、肥満体型の人は体内にGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感に襲われやすい→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」という悪循環に陥ってしまうわけです。GLP-1治療を行えば、それらの悪いサイクルを断ち切ることができます。

3.GLP-1は体内で増やすことが可能

GLP-1は、もともと人間の体内に備わっているホルモンです。そこで、2つの方法によって体内で増やすことが可能です。その方法とは、「治療薬の投与」もしくは「食事からの摂取」になります。どちらもダイエット効果を得られる上に、精神的なストレスなくGLP-1の分泌を促進できますよ。それぞれ詳しく解説します。

3-1.GLP-1を治療薬で増やす

まずは治療薬でGLP−1を増やす方法から。GLP-1の治療薬のことを「GLP-1受容体作動薬」といい、一般的には2型糖尿病に対して使われている薬で、ダイエット目的にも使用されます。治療薬は「注射器」を使って体内へと投与します。病院での治療はもちろん、自宅でも自分で簡単に投与できるのが大きなメリットですね。加えて、ハードな運動や食事制限をする必要もないので、ストレスを抱えることなく体重を落とせます。ゆるやかに効果が出てくるので、リバウンドのリスクも軽減。身体への負担が少ないので、無理なくダイエットしたい人にはおすすめです。

・注射の頻度は?

GLP-1受容体作動薬は、「毎日1~2回」もしくは「週1回」で投与するのが一般的です。その人の体質に合わせて決められるので、お医者さんと相談しつつ、指示に従うようにしましょう。診察は基本的に病院で行いますが、なかには遠隔診察を行なっている病院もあります。治療に関しては自宅でも可能で、誰でも簡単に注射できますよ。

・注射器はどんなものが使われるの?

注射器の種類は3つあります。いわゆるノーマルなタイプで、注射器で薬液を吸い上げて体内へと投与する「シリンジ」、あらかじめ薬液が充填されていて機能性に富んだ「ペン型注射器」、準備なしでほぼ全自動で注射できる「オートインジェクター」の3タイプです。

3-2.GLP-1を食事で増やす

GLP-1は、治療薬だけでなく、食事から増やすことも可能です。日常でよく見かける食材のなかでも、すぐれた効果を発揮してくれるものがあるので、いくつかご紹介していきます。

・乳酸菌が豊富な食べ物

腸にやさしいイメージのある乳酸菌ですが、体内のGLP-1増加に大きく役立ちます。前述したようにGLP-1は、最初に小腸で分泌されるホルモンなので、乳酸菌によって腸壁を刺激することで、GLP-1の分泌が促進されるわけです。乳酸菌が豊富な食材といえば、ヨーグルトが代表的ですね。その他にもキムチ、チーズ、味噌などがあります。どれも日常生活でよく見かけるものなので、意識的に摂取したいところです。

・EPAが豊富な食べ物

主に青魚に含まれている「EPA」も、体内のGLP-1増加に役立ってくれます。正式には「エイコサペンタエン酸」といい、EPAは、体内では合成できない一方で健康に欠かせない成分「必須脂肪酸」の一種でもあります。ダイエットのみならず健康体を作るためにも大切な栄養素なので、積極的に摂取しましょう。主にサバやマグロ、ブリ、イワシ、サケなどに豊富です。魚料理を毎日作るのがめんどうな人は、サバ缶やサケ缶がおすすめですね。

・鉄分が豊富な食べ物

GLP-1を増やすには鉄分もおすすめ。鉄分がもつ「解毒作用」によって、腸内環境が改善され、GLP-1の分泌量が増えます。主にレバーや赤身のお肉、シジミなどにたくさん含まれていますね。また鉄分は、野菜や海藻類にも含まれていますが、それら単体だと吸収力が弱くなるので、ビタミンCやタンパク質と一緒に取ることで、吸収力をアップさせることができますよ。まや鉄分は貧血にも効くので、ダイエットに限らず、健康増進のためにも積極的に摂取しておきたい成分です。

4.治療薬のデメリット

「いくらダイエット効果があっても副作用が心配…」と不安に思う人も多いはず。たしかに、「100%何も起こらない」とは言いきれませんが、もし症状が起こったとしても、GLP-1はもともと体内にあるホルモンなので、合成化学薬品のような副作用が出ることはありません。ただ、治療を始めると、以下の症状が起こることがあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

4-1.胃腸の不具合

GLP-1治療を始めた当初、便秘や下痢といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不具合によるものです。しばらくすると症状は自然になくなりますが、もし気になる場合はお医者さんに相談しましょう。

4−2.頭痛や吐き気

同じく治療当初に、頭痛や吐き気が起こる場合もあります。これらは、「感受性の高い人」に起こりやすい症状です。しばらく経つと自然に消えていくので心配は不要ですが、もし気になる場合はお医者さんに診てもらいましょう。

4-3.低血糖

GLP-1治療薬の”単体での投与”なら大丈夫ですが、糖尿病治療に用いられる「SU薬」や「インスリン」を一緒に投与している場合は、低血糖を引き起こすおそれがあります。低血統になると、冷や汗や動悸、手足の震えなどの症状があらわれ、そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった、命にかかわる症状へと発展してしまうこともあるので、要注意です。低血糖は健康な人でもなりえますが、特に薬を兼用している人は注意しましょう。薬を兼用している旨を、お医者さんにもきちんと伝えることが大切です。

4-4.アメリカで承認されている

GLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を保証しているので、先ほど言った薬の兼用のような特例を除けば、「深刻な副作用をもたらすのではないか…」といった心配は不要です。

5.治療薬がおすすめの人

GLP-1治療は、結論から言うと、「一般的なダイエットにストレスを抱えてしまう人」におすすめです。ダイエットの成功においては、食事制限や運動が必須ですが、これらは精神的負担が大きくなってしまいます。具体的にどんな人におすすめなのかを、3パターンに分けて解説します。

5-1.運動が苦手な人

ダイエットの成功において欠かせないのが運動です。本格的に痩せるとなると、莫大なカロリーを消費しなければならず、どうしてもハードな運動が必要になります。運動が好き人なら問題ありませんが、運動が苦手な人にとっては大変ですよね。そこでGLP-1治療薬を使うことで、ストレスを抱えることなくゆるやかに体重を落とせます。

5-2.食事制限に耐えられない人

運動と同じくダイエットに必要不可欠なのが、食事制限。食べたいものを食べられない生活は、正直かなり辛いですし、気づかぬうちに精神が疲弊してしまいますよね。いくら痩せるといえど、逆にストレスを抱えてしまう人も多いはず。そんな人にも、GLP-1治療がおすすめ。先述した「GLP-1の食欲抑制効果」によって、空腹感に襲われることなく、ゆるやかに体重を減らすことができるわけです。

5-3.リバウンドを繰り返してきた人

「痩せてもすぐにリバウンドしてしまう…」という人も少なくありません。GLP-1治療は、リバウンドを繰り返してきた人にもおすすめです。本当の意味でのダイエット成功とは、体重を維持することですよね。短期間で一気に体重を落とすと、その反動で体重が戻りやすくなりますが、GLP-1治療を行うとゆるやかに体重が落ちていくので、リバウンドもしにくくなります。

5-4.前提として、健康的な生活を送ること

ご紹介したように、ストレスなく体重を落とすことができるGLP-1治療ですが、「薬だけに依存する」のはNGです。治療薬を投与しているからといって、暴飲暴食を繰り返したり、まったく運動せずに家でひたすらゴロゴロしたり、それでは本末転倒です。たとえ治療薬を投与していても、「夜は炭水化物を控える」「野菜を積極的に食べる」、「GLP-1を増やしてくれる食材を摂取する」「毎朝20〜30分ウォーキングをする」など、健康のために自分ができることをやっていきましょう。

6.まとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、体内にGLP-1を増やす方法・治療方法・治療薬のデメリットについて詳しく解説しました。前述したように、GLP-1は、すでに人間の体内にあるホルモンなので、治療の危険度はきわめて低いです。一方で食事からもGLP-1を増やすことができるので、日常的に摂取したいところですね。今までダイエットに失敗してきた人はもちろん、これから本気でダイエットを始めたい人は、ぜひお医者さんに相談してみてくださいね。

鳥に白菜を上げている
最新情報をチェックしよう!