個人輸入でGLP-1ダイエットを始めるのは危険な理由を解説!

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエット薬を個人輸入する危険性について解説!多くのリスクが存在します

 

昨今、注目を集めている「GLP-1ダイエット」は、メディカルな手法が日本でも利用できます。注射薬などの治療薬で医師の処方を受ける場合は費用面を気にする人が多く、費用面などでメリットがある「個人輸入」でGLP-1ダイエットを始めようとする人も少なくありません。

しかし、個人輸入にはさまざまなデメリットがあることもあります。そこで、GLP-1ダイエットを個人輸入で始めることのデメリット・問題点について解説します。

1GLP-1ダイエットは診療が必須

外国人男性医師

まずは、GLP-1ダイエットの、医師の診療・処方の必要性について解説します。

1-1 食事や生活習慣の見直しでGLP-1ダイエットはできるかもしれないけれど…

GLP-1ダイエットには、「メディカルな方法」と「身近な方法」の2種類があります。後者は、食事や生活習慣を見直すことで、GLP-1ダイエットに重要なホルモン「GLP-1」の分泌を促そうという考え方です。

たとえば、食物繊維や乳酸菌などの栄養を摂取して、GLP-1の分泌を刺激したり、分泌する小腸の調子を整える方法があります。痩せるホルモンとも呼ばれるGLP-1を手軽な方法で増やせるのであれば、確かにダイエット方法として優れています。多くのメディアやウェブサイトでも紹介されているように、糖尿病治療や肥満治療にも利用実績のあるGLP-1を増やすことは理にかなっていますが、問題はGLP-1を一用とする人とGLP-1の相性です。

1-2 GLP-1ダイエットは注射薬などメディカルで本格的な手法が重要

血圧計をしている

GLP-1は、糖尿病治療や肥満治療(日本では認可外)の治療薬としても利用実績があります。GLP-1は、そうしたメディカルな利用法ではなく体内での分泌を促すというアプローチもありますが、ここにGLP-1の性質の問題がでてきます。

GLP-1の分泌は、肥満傾向にある人ほど分泌量が少なくなるという性質があります。逆に痩せている人ほどGLP-1が分泌されるのですが、痩せるホルモンをダイエットに利用したい人というのは、基本的に肥満傾向にある人です。つまり、GLP-1をダイエットに利用したい人ほど、体内での分泌量が少ないというジレンマを抱えています。

その効果に着目した治療薬は、体内での分泌量とは基本的に関係しません。つまり、メディカルな方法でGLP-1を利用する場合、体内での分泌量に関係なくGLP-1をダイエットに利用できるというわけです。先ほど述べた方法も併用すれば、さらに高いダイエット効果を実感できるかもしれません。

1-3 GLP-1ダイエットの薬を安く購入できる「個人輸入」はどうなの?

日本では、医師の処方が必要な薬を処方なし、つまりドラッグストアや薬局で気軽に購入することはできません。しかし、例外として「個人輸入」という方法があります。個人輸入は医師の処方なしで、比較的安い値段で薬を購入できる方法です。

しかし、GLP-1ダイエットに限らず、個人輸入で薬を購入することについてはいくつも問題・デメリットがあることは念頭に置く必要があります。それを考慮すると、個人輸入でのGLP-1ダイエットはオススメできないのです。

2 GLP-1個人輸入①「医師のサポートなし」

個人輸入によってGLP-1ダイエットの薬を購入することの問題点の1つは「医師のサポートを受けられない」ことにあります。

2-1 GLP-1ダイエットの薬の副作用

GLP-1ダイエットをメディカルな方法で行う場合注釈の利用は欠かせません。人生の中で薬を使用したことで経験したことがある人もいると思いますが、薬の使用には「副作用」という問題が生じることがあります。

GLP-1ダイエットに必要な薬にも、副作用が報告されています。胃腸症状や頭痛が主な報告内容ですが、人によってはそれ以外の症状が重く発生する可能性も捨てきれません。

2-2 担当医師がいないことによるGLP-1ダイエットへの不安

食事をしている男性

問題なのは、副作用が発生したときにすぐに対応できないことにあります。医師が処方した薬による副作用の場合、担当医は何が原因で、どのような症状が出ていて、どのように対応すべきかということを迅速に判断できます。

しかし、医師が処方しているわけではない薬による副作用の場合、まずは何が原因なのかなどについて把握するところから始めなければなりません。そのため、個人輸入で薬を購入する場合、そうした時間的なデメリットだけでなく、いざ副作用が生じたときの対応に不安を抱えながらダイエットを継続することになるのです。

2-3 医師の監督の下でのダイエットではないという危険性

そもそもダイエットというものは、体の状態を大幅に変化させるアクションとなります。ダイエットの仕方や経過によっては、体調を大幅に悪化させるケースも珍しくありません。肥満外来でGLP-1ダイエットをする場合、医師の指示の下で行うため、仮に体調の著しい悪化があれば適切な方向習性が可能です。

ところが個人輸入で薬だけ入手する場合、ダイエットになんらかの問題が生じてもそれを修正してくれる医師のサポートは存在しません。個人輸入でGLP-1ダイエットしようと思ったら、薬の存在だけでなくダイエットに至るまで、すべては自己責任です。医師の存在は、それだけ大きいということです。

GLP-1の個人輸入②薬の品質の問題

頭をかかえている男性

GLP-1ダイエットの薬を個人輸入で購入することの2つ目の問題点は「薬の品質等」です。

3-1 GLP-1ダイエットの薬の品質や数量などに問題があるかも?

こうした話はあまりしたくないのですが、個人輸入で薬を購入する際に薬の「品質」や「数量(内容量)」などに問題が生じないとも言い切れません。そして、いざという時にきちんと対応してくれるのか、迅速に対応してくれるのかといった点にも不安を感じてしまいます。

日本の大手通販サイトですら、時にお粗末な対応をすることがあります。ましてや個人輸入となれば、業者の素性にも不安を感じてしまうかもしれません。仮に安く購入できたとしても、医師の処方を受けた場合と同程度の品質でなければ「安かろう、悪かろう」という結果に終わってしまう可能性も否定できないのです。

3-2 個人輸入でGLP-1ダイエットの薬を購入するのは完全に自己責任

個人輸入の基本的なスタンスは「自己責任」です。ある程度は業者に責任を追及できるとはいえ、医師の処方を受ける方法で薬を入手するよりは自己責任の色合いが強いのが個人輸入です。

医師の処方を受けている場合、仮に処方された薬の服用において問題が発生した場合、処方した医師に責任やその後の対処を求めることができます。それができるというだけでも、相応の安心感を得ることができるという点は無視できません。

しかし、個人輸入の場合はそうもいきません。自分の責任で購入して使用した薬でなんらかの症状が発生して、医師に対して「責任をとって!」と言える立場にはありません。もちろん医師は頼られればきちんと治療してくれるでしょうが、仮に個人輸入で購入した薬で後遺症や副作用が発生して、それをきちんと治療できなかったとしても責任は取ってもらえません。

薬は、きちんとした品質でなければ時として健康を害するケースも考えられます。出所が不明瞭であり、品質に問題がある薬を何か月・何年も使い続けるということは、健康を捨てて生きることに等しいのです。

4  個人輸入によるGLP-1ダイエットのデメリット③「薬の購入手続き上の問題」

最後の問題点は「薬の購入手続き上の問題」です。個人輸入には「安い」「手軽」「まとめ買い可能」といったメリットがありますが、一方でそれらのメリットを帳消しにするような致命的なデメリットがあります。

4-1 GLP-1ダイエットの薬、安全に購入できないかも?

今までに通販サイトを利用したことがある人は経験があるかもしれませんが、相手の顔が見えない通販というものは、どうしても「購入手続き上のトラブル」が発生するリスクは避けられません。つまり、買った商品が届かない、届いた商品に何か問題が発生していたというトラブルの類です。

通販と同じような形態で薬の売買を行う個人輸入でも、同様のトラブルが発生します。購入した通りの薬が届かなかったり、そもそも薬が届かない(振込はしたのに、いつまでも商品が届かない)といったトラブルが発生する可能性があり、その発生の可能性を完全に否定することはできません。

4-2 GLP-1ダイエットの薬、高くても医師の処方が安全

自身のダイエットや体調に深く関係するGLP-1ダイエットに必要な薬を、前述のようなリスクがある方法で購入することの安全性は、どうしても疑わざるを得ません。安全に薬を入手できない方法でダイエットを継続するのは、やはりオススメできる方法とは言えません。

医師の処方を受ける場合、品質や数量に安心感がある薬を確実に入手できるという大きなメリットがあります。加えて、GLP-1ダイエットは何か月・何年という長い時間をかけて痩せる方法であるため、長い期間かけて薬を利用し続けるということはそれだけ薬の購入元の信頼性は極めて重要になります。

そもそもGLP-1ダイエットで肥満外来に支払うのは薬代だけではありません。支払う費用には治療費も含まれており、安全かつ信頼性の高いダイエット法を実践するための費用です。薬代だけみて個人輸入が費用面で優れているというのは、そもそも比較対象がおかしいともいえます。

5GLP-1ダイエットすることのメリット

個人輸入に頼らず肥満外来等の利用でGLP-1ダイエットすることには、さまざまなメリットがあります。

5-1 GLP-1ダイエットの薬の品質が確保されている

1つ目は「薬の品質が確保されている」ことです。医療機関が処方する薬は、その高い安全性をもって患者に提供されています。安全性や効果を確保できる薬を利用するので、安心してダイエットを開始、継続できます。

5-2 GLP-1ダイエットでいざという時には医師のサポートを受けられる

処置後も医師に相談できます

2つ目は「いざという時には担当医のサポートを速やかに受けられる」ことです。GLP-1ダイエットは開始直後は副作用が出やすく、ダイエットを継続する中でさまざまなトラブルが発生する可能性があります。そのような時に担当医がいれば、いざという時にも速やかにサポートを受けられます。

5-3 GLP-1ダイエットの費用対効果が確保されている

3つ目は「ダイエットに対する費用対効果が確保されている」ことです。入手する薬の品質や数量が常に一定であることにより、個人輸入のように費用対効果が下がる可能性があることはありません。常に一定の費用対効果でダイエットを継続できます。

6  GLP-1個人輸入のまとめ

この記事は個人輸入そのものを完全否定するわけではありませんが、払しょくしきない大きなデメリットがあることも事実です。安全かつ確実にGLP-1ダイエットを実施するためには、安心できる出所から薬を入手することと、医師のサポートを受けることが重要です。やはりGLP-1ダイエットは、肥満外来を利用したメディカルかつ安全な方法で利用すべきです。

パソコンと電卓
最新情報をチェックしよう!