GLP-1ダイエットは、我慢も何もないと体験談があり・・・本当?

こちらの記事よりも

下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットの口コミ、体験談まとめ【肥満の悩み終了のお知らせ】

1.GLP-1とは

すぐれたダイエット効果があると話題のホルモン、GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)。GLP-1は、もともと人間の体内に備わってるホルモンで、主に2型糖尿病に対する治療薬として、医療業界で注目されています。

糖尿病を引き起こす原因として「血糖値の上昇」がありますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病を防いだり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

【GLP-1分泌→インスリン分泌の過程は?】

1、食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

4、β細胞内からインスリンが分泌される

要するにGLP-1とは、「血糖値が上昇したとき”だけ”、インスリンを分泌させるホルモン」となります。その他にも、食欲を抑えてくれるなど、ダイエットにも嬉しい効果があります。GLP-1は、糖尿病を患っている人をはじめ、本気で痩せたい人を助けてくれる、救世主のようなホルモンなのです。

またGLP-1にはインスリンの分泌以外にも、

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・食べ物の胃からの排出を遅らせる効果

・血糖値の上昇時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌

といった多様な作用があります。

2.GLP-1効果

多様な作用を持っているGLP-1。ここではGLP-1の「ダイエット効果」について見ていきます。GLP-1は、痩せホルモンとしての働きはもちろん、健康維持する上でも大切な役割を持っています。健康体を手に入れるためにも、しっかりと知識を入れておきましょう。

2-1.血糖値の上昇抑制

GLP-1には、インスリンの分泌を促進することで、血糖値の上昇を抑える効果があります。血糖値とは「体内の糖分濃度」のことで、食事(主に炭水化物)をすると、血糖値が上がります。炭水化物の過剰摂取によって血糖値が高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなるのです。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞といった大きな病気になってしまうリスクもあります。それくらい血糖値は健康に大きく左右する指標であり、血糖値をコントロールして健康維持するためにも、GLP-1は大切なのです。

2-2.食欲の抑制

GLP-1のもうひとつのダイエット効果として、「食欲の抑制」があります。体内のGLP-1増加によって、空腹感が軽くなることで自然と食事量が減り、ゆるやかに体重が落ちていきます。我慢することなく食事量を減らせるので、暴飲暴食を防ぐことができるのです。一方で、肥満体型の人はGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」といった悪循環になっています。この悪いサイクルを断ち切るためにも、GLP-1は大きな役割を果たしてくれるのです。

3.GLP-1の治療はどのように行うのか

GLP-1の治療は「GLP-1受容体作動薬」という治療薬を使って行われます。注射器を使って薬液を体内に投与することでGLP-1の増加させ、高いダイエット効果を得る治療方法です。病院はもちろん自宅での治療も可能で、だれでも簡単に投与できるのが治療の特徴となります。

・投与頻度や診察は?

GLP-1受容体作動薬の投与は、「毎日1~2回」もしくは「週1回」が一般的です。一人一人の体質に合わせて決定するので、お医者さんに相談しつつ、きちんと指示に従うようにしましょう。診察は基本的に病院で行いますが、なかには「遠隔診察」を行なっている病院もあります。また初診をも遠隔でできる病院もあるので、時間がない人でも気軽に治療をスタートできますよ。

・注射器の種類は?

注射器にはいくつか種類があり、「シリンジ」、「ペン型注射器」、「オートインジェクター」の3つのタイプに分かれています。

シリンジ:誰でも知っている、いわゆるノーマルな注射器です。注射器によって薬液を吸い上げて、体内へと投与します。

ペン型注射器:言葉通りペンの形をした注射器。機能性の高さが特徴で、すでに薬液が充填されており、一回ごとに針を付け替えて使用します。またペン型注射器には、「ちょうど1回分の薬液が充填されているタイプ」と「打つまえに薬液の量を調整してから打つタイプ」の2つがあります。

オートインジェクター:ハイテク性抜群の注射器、オートインジェクター。「オート」が意味するように、注射するまでの手間が一切なく、ほぼ全自動で薬液を投与することができます。ただ、針の付け替えができないので、1回きりの使い切りタイプとなっています。

4.GLP-1治療にリスクはないのか

「治療にリスクはないの?」と不安に思う人も多いはず。たしかに、「100%何も起こらない」と言い切るのは難しいですが、GLP-1はもともと体内にあるホルモンなので、合成化学薬品による副作用はまず起こりません。ただ、いくつか気をつけたい症状があるので、それぞれ解説していきます。

4-1.便秘や下痢

GLP-1治療を始めた当初、便秘や下痢といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不具合によるものですが、しばらく経つと自然に消えていくので心配は不要です。

4-2.頭痛や吐き気

感受性が高い人は、頭痛や吐き気が起こることもあります。こちらも治療初期に起こる症状で、放っておいても症状は自然に消えていきます。もし気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

4-3.低血糖

治療薬の「単体での投与」では問題ありませんが、糖尿病治療によく用いられる「SU薬」や「インスリン」といった薬と兼用している場合、低血糖になる恐れがあります。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸、手足が震えるといった症状が起こり、そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった重大な症状へと発展することもあるので、十分に注意が必要です。

4-4.前提としてアメリカで承認済み

前提としてGLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を保証しているので、先ほどの「糖尿病治療薬との兼用」のような例を除けば、「重大な副作用が起こるのでは…」といった心配はしなくて大丈夫です。

5.GLP-1治療がおすすめの人

GLP-1治療は、一体どんな人におすすめなのでしょうか?一言で言うと、「一般的なダイエットにストレスを抱えてしまう人」におすすめです。具体的には、以下の3タイプの人はGLP-1治療を検討してみると良いかもしれません。

5-1.食事制限にストレスを感じる人

ダイエットでもっとも辛いのが、食事制限ですよね。痩せる為にはカロリー制限は必須なので、食べたいものをどうしても我慢しなければなりません。たしかに我慢すれば体重は落ちますが、ストレスが大きく、結果的にダイエットに挫折してしまう人も多いはず。そこで、GLP-1治療薬を行うことで、前述した「食欲の抑制作用」によって、空腹感に襲われることなく、ゆるやかに体重が落ちていくわけです。

5-2.運動が苦手な人

食事制限と同じくらい辛いのが、運動です。カロリーを消費するためには、必然的にハードな運動をせざるを得なくなります。しかし、運動が苦手な人にとっては精神・肉体的に大きな負担を抱えてしまいますよね。そこでGLP-1治療薬を使えば、そのようなハードな運動はしなくてOKです。たくさんの汗を流さずとも、自然と体重が落ちていきます。

5-3.リバウンドに悩まされてきた人

「ダイエットに成功しても、その後すぐに体重が戻ってしまう…」という人にもGLP-1治療がおすすめです。体重・体型を維持できてこそ、本当の意味でのダイエット成功といえます。短期間で痩せれば痩せるほど、リバウンドもしやすくなります。そこでGLP-1治療薬を投与すれば、ゆるやかに体重が落ちていくので、リバウンドしにくい体を手に入れることが可能です。

5-4.健康的な生活を心がけることが大前提

高いダイエット効果を期待できるGLP-1治療ですが、治療薬だけに頼るのはNGです。決して「薬を飲んでるから好きなものをたくさん食べても大丈夫!まったく運動しなくてもOK!」というわけではないのです。健康を保つするためにも、炭水化物の量を調整したり、適度な運動を心がけたりと、健康のために最低限できることを行いましょう。

6.GLP-1ダイエットのまとめ

GLP-1の基礎知識から治療方法・治療のリスク・おすすめしたい人まで幅広くピックアップしました。いかがでしたか?GLP-1は、ダイエットはもちろん、健康な体を作るために欠かせないホルモンであり、注射による体内投与で分泌量を増やすことができるのです。加えて、ハードな運動や食事制限をする必要もなく、ゆるやかに体重を落とすことができます。今までダイエットに失敗続きだった人にとって、まるで魔法のような治療方法ですよね。今年こそ本気で痩せたい!と思っている人はぜひ、お医者さんに相談してみてください。あなたの体が、いっそう健康になることを祈っています。

笑いながらパソコンをさわっている男性
最新情報をチェックしよう!