GLP-1ダイエットにおける副作用の心配について完全回答!

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

glp1ダイエットの副作用はやばい!?口コミの真偽に回答!!

 

 

「GLP-1ってどんなものなの?怖いものだったら嫌だからちゃんと知りたい」と考えられているならばなおさらおすすめなのがGLP-1ダイエットです。そもそもアメリカでは誰もが知るくらい有名なダイエット方法であり

既存の概念を崩したダイエット方法と言っても過言ではないんですよ。

1.GLP-1がアメリカで人気となる理由

高いダイエット効果が期待できると話題になっているホルモン、GLP-1。正式名称は「グルカゴン様ペプチド-1」で、主に「2型糖尿病」に対する治療薬として、医療業界で注目されているホルモンです。糖尿病の最大の原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、血糖値の上昇を抑える「インスリン」を分泌することで、糖尿病を予防したり、無理のないダイエットをすすめてくれるする効果があります。

【GLP-1が分泌されるまでのプロセス?】

GLP-1が分泌されて、インスリン分泌が促進されるまでのプロセスた以下の通りです。

①食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する

②小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

③すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

④すい臓のβ細胞内からインスリンが分泌される

というプロセスになっています。つまりGLP-1とは、「血糖値が上昇したときに限り、ピンポイントでインスリンを分泌させるホルモン」です。また、それ以外にも、食欲を抑制する効果など、ダイエットに嬉しい効果もあります。GLP-1は、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人にとって、救世主のようなホルモンなのです。

またGLP-1には、インスリンの分泌以外にも多様な作用があります。

たとえば、

・血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・食べ物の胃からの排出を遅らせる効果

などが挙げられます。

2.GLP-1の最大の特徴「食欲への働き」

ダイエットに有効だと言われているGLP-1には、果たして、具体的にどのような効果があるのでしょう。痩せ効果はもちろんですが、カラダの健康を保つためにも欠かせないホルモンなので、知識としてしっかり覚えておきましょう。

2-1.血糖値の上昇抑制

前述したように、GLP-1には、インスリン分泌によって血糖値を抑制する作用があります。血糖値の上昇とは、主に炭水化物の摂取によって、血中濃度が高くなることです。食べすぎによって血糖値が高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなり、やがて肥満体型になってしまいます。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ心筋梗塞や脳梗塞など、重大な病気になる恐れもあるのです。そこで効果を発揮してくれるのがGLP-1。GLP-1は、血糖値が上がっときにのみインスリンの分泌を促進させ、血糖値上昇を防いでくれます。体内のGLP-1量が増えると、体脂肪もつきにくくなるわけです。

2-2.食欲の抑制

GLP-1には、血糖値上昇を抑制する以外に、食欲を抑制する効果もあります。GLP-1が体内に増えると、食べすぎを予防できるので、必要以上のカロリーを摂取することなく、ゆるやかに体重が落ちていきます。一方、肥満体型の人は体内のGLP-1量が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上のカロリーを摂取してしまう→さらに体脂肪がつく」という悪循環になってしまうのです。

3.GLP-1の治療はどのように行うのか

GLP-1を増やす方法として、治療薬が効果的です。GLP-1の治療薬「GLP-1受容体作動薬」は、2型糖尿病に対する薬として一般的に使われています。一方で、ダイエットしたい人にも使われており、注射器を使って薬液を体内に投与する治療が行われます。実際にどんな注射器が使われるのか、注射の頻度はどれくらいなのか、それぞれ詳しく解説していきますね。

3.GLP-1治療はどんな人に向いている?

前述したように、GLP-1受容体作動薬は、主に「2型糖尿病」の患者さんに使われています。もちろん痩せたい人でも使うことは可能ですが、特に「今まで何度もダイエットに失敗してきた人」にはおすすめです。具体的に以下の3パターンに当てはまる人は、GLP-1治療が向いていると言えるでしょう。

3-1.食事制限にストレスが溜まってしまう人

ダイエットにおいてもっとも苦痛に感じるのが、食事制限ですよね。この食事制限のせいでダイエットにつまずいてしまう人も多いはず。「我慢しなきゃ」と分かっているのに、つい食べてしまって、一向にダイエットが成功しないことがありますよね。GLP-1治療は、そんな悩みもすぐに解消してくれます。前述した「食欲を抑制する効果」によって、食事量をコントロールすることができ、、ストレスを抱えることなく体重が落ちていきます。

3-2.ハードな運動にストレスを抱えてしまう人

食事制限と並んでダイエットにおいて大切なのが、運動です。いざダイエットを成功させるとなると、ジョギングをしたり、筋トレをしたりと、あらゆる運動でカロリーを消費しなければなりません。トレーニングか好きな人なら問題ありませんが、運動嫌いな人にとってハードな運動は、とてもストレスが溜まってしまいますよね。そこで、GLP-1の治療薬を投与することで、苦手な運動をすることなく自然に体重が落ちるようになります。

3-3.今までリバウンドに悩まされてきた人

「ダイエットに成功したことはあるけど、いつもすぐに体重が戻ってしまう…」という人にもGLP-1治療がおすすめです。リバウンドしてしまう原因として、「急激なダイエット」があげられます。短期間で体重を落とすと、その反動で体重が戻りやすくなるのです。一方のGLP-1治療では、時間をかけてゆるやかに体重が落ちるので、リバウンドの心配がありません。今まで何度もダイエットに失敗してきた人は必見です。

3-4.健康的なライフスタイルを送ることが前提

たしかに、GLP-1治療では、無理なく体重を落とすことができます。しかし、薬だけに頼るのはNGです。治療薬を注射しているからといって、炭水化物を食べ過ぎたり、運動せずにひたすら家でゴロゴロしたりするのは、本末転倒ですよね。あくまでも健康的なライフスタイルを心がけることが大切です。

4.GLP-1治療の副作用

治療を始めるにあたってもっとも気になるのが、副作用ですよね。「いくら効果があっても副作用があると怖い…」と思っている人も多いはず。たしかに、絶対に副作用が起こらないとは言い切れませんが、仮に起こっても自然に症状は消えるので心配は不要です。ただ、少し注意してほしい症状があるので解説していきます。

5-1.頭痛や吐き気

治療当初、頭痛や吐き気があらわれれこともがあります。これらの症状は、感受性の高い人にあらわれやすいのが特徴です。しかし、しばらく経つと自然と消えていくので心配は不要です。もし気になる場合は、お医者さんに診てもらいましょう。

5-2.下痢や便秘

同じく治療当初に、下痢や便秘などの症状があらわれることも。これらは胃腸の不調によるものです。最初は異変が起こって不安になるかもしれませんが、しばらくすると自然に症状は消えていくので大丈夫です。

5-3.低血糖

GLP-1治療薬の”単体”での投与では問題ないのですが、糖尿病治療に用いられる「SU薬」や「インスリン」と一緒に投与している場合は注意が必要です。薬を兼用することで、低血糖を引き起こしてしまう恐れがあります。低血糖になると、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状があらわれることも。そのまま放置すれば、意識障害や昏睡になってしまうことがあるので、十分に注意が必要です。

5-4.アメリカでも承認済みなので安心

GLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも「糖尿病治療薬」として、厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を認めているので、薬の兼用などの特殊な事例がないかぎり、命に関わるような重大な副作用を心配する必要はないでしょう。気負うことなく、気軽に治療を受けて大丈夫です。

6.GLP-1の副作用などについてまとめ

GLP-1の基礎知識や特徴、治療方法・副作用について解説しました。いかがでしたか?最近話題になっているGIP-1治療ですが、実は思っている以上にメリットがたくさんあるのです。特殊な事例がない限り重大な副作用が起こることもないので、気負うことなく治療を受けることができますよ。まさに、今までダイエットに失敗してきた人の救世主とも言えるでしょう。今回こそはダイエットを成功させたい!と思っている方はぜひ試してみてくださいね。

ストレッチしている女性
最新情報をチェックしよう!