GLP-1ダイエットの効果は?やせホルモンを使った簡単な方法で全国の肥満者が感激

質問者:GLP-1ダイエットは、どんなダイエット効果が期待できるの?

医師:食欲を抑えられる効果を中心に、血糖値にもアプローチするダイエット効果を期待できます。

GLP-1ダイエットは「食事」「食欲」がキーワード

GLP-1ダイエットの効果の基本は、「食欲」など食事に関係することです。

自然に食欲を抑えられる

GLP-1メディカルダイエットの魅力の1つが「自然に食欲を抑えられる」ということです。

無理な食事制限をしないで、自然に食欲を抑えて食事量を抑えることがGLP-1ダイエットの基本です。

理由は「満腹中枢」にある

ではなぜ、GLP-1ダイエットは自然に食欲を抑えることができるのでしょうか。その秘密は「GLP-1の働き」にあります。

そもそも「GLP-1」とは何かといえば、人の小腸から分泌されているホルモンの一種です。

小腸の下部から分泌されているGLP-1はさまざまな作用をもっていて、その中の1つに「満腹中枢を刺激する」という作用があります。

満腹中枢は、満腹感を感じさせる部位で、そこを刺激されることで私たちは満腹感を感じ、食欲を抑えることができます。

逆に言えば、満腹中枢が働かなくなれば満腹感を感じることができず、私たちはいつまでも空腹を感じて食事を継続してしまいます。

分泌されたGLP-1は満腹中枢を刺激する作用を持ち、満腹感を感じやすくしてくれます。

日常的に満腹感を感じやすくなることで自然と食事量を減らすことができるのです。

痩せる生活のための効果を発揮してくれると考えると、ダイエットしたい人にとってGLP-1は非常に有益な存在です。

GLP-1ダイエットと食事

次に、GLP-1ダイエットにおける食事の重要性について解説します。

ダイエットにおいて食事制限は重要

GLP-1ダイエットに限らず、ダイエットにおいて食事量をコントロールすることは重要なポイントです。

昨今、糖質ばかりが悪者扱いされているものの、やはり摂取カロリー量をコントロールすることはダイエットにおいて重要なアクションです。

ダイエットの基本は「運動による消費カロリーの増加」と「食事制限による摂取カロリーの減少」です。

食事は栄養を摂取するための大切なものなので、これをゼロにすることは健康上よくないです。

ですが、摂取カロリーを減らすことは太らないために重要なことであり、とくに現時点で食事量が多い人にとって最重要課題です。

無理な食事制限はストレスの原因に

しかし、ダイエットが長続きしない最大の理由も、食事制限にあります。

筆者の知り合いにも「食べるのが唯一の楽しみ」と豪語するほど食事が生活においてただの栄養摂取ではなく、生活における楽しみの一つとなっている人は少なくありません。

食事を楽しみにしている人は、食事量を減らすことで過剰なストレスを感じるケースがあります。

とくに、空腹を感じるほどに食事量を減らしてしまうと、かなりのストレスを感じるケースが珍しくありません。

ストレスを発散させる方法はさまざまですが、その中の一つに「食事」、とくに「暴飲暴食」という形で発散しようとする人もいます。

一度、たがの外れた食欲は浴槽からあふれ出すお湯のごとく暴走し、一気に摂取カロリー量を増加させてしまいます。

結果、カロリーと糖質の摂取量が増えてしまい、リバウンドしてダイエットに失敗してしまうのです。

GLP-1ダイエットはGLP-1の作用によって満腹中枢を刺激し、食欲を自然に抑えることができます。

この「自然に抑えられる」というのが実は重要なポイントで、食事量を減らしてもストレスを感じにくくなります。

結果、ストレスからくる暴飲暴食の反動のリスクが抑えられ、リバウンドによるダイエット失敗のリスクを減らすことにつながります。

GLP-1ダイエットの口コミは?

では、実際にGLP-1ダイエットで食欲を抑えられ、ダイエットに成功したのでしょうか。体験者の口コミをみてみましょう。

体験者の口コミ、重要部分を抜粋

「今までダイエットに成功したことが無かったのに痩せた」

「食事量が自然に減った」

「リバウンドしない」

「副作用が少ない」

「体への負担が少ない」

このように、成功したという口コミが数多く投稿されています。

食事量に関しても「自然に減った」という口コミから、ストレスなく食事量を減らせていることがわかります。

「無理なく」という点においては、他にも「副作用が少ない」と「負担が少ない」という2つのポイントがあります。

ダイエットというものは一朝一夕でなんとかなるものではなく、基本的に数か月~数年の長い時間をかけて行います。

つまり、負担が大きいダイエット法は長続きせず、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

副作用や負担が少ないということは、ダイエット中にストレスを感じるリスクが少なくなるということであり、長続きしやすいという点においてメリットがあります。

GLP-1ダイエットは「血糖値」にも影響  

GLP-1ダイエットは「食欲」に関することがアピールされがちですが、実は私たちの生活において重要な「血糖値」についてもアプローチすることができるダイエット法です。

血糖値とダイエットの関係

「血糖値」と聞くと、職場の健康診断などで医師から「血糖値が高めですね」などのニュアンスで耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

そもそも血糖値とは何かといえば「血液中のブドウ糖の濃度」のことです。

食事によって摂取した糖質は血液によって全身に運ばれ、各臓器・細胞のエネルギー源として消費されます。

「血糖値が高い」ということは、「血液中のブドウ糖濃度が高い」ということです。

エネルギー源が多いのはよいのではないかと思われるかもしれませんが、血糖値が高いことは健康上あまりよくないことなのです。

血糖値が高い状態が続くと、血管がダメージを負います。

血管がダメージを負うということは、全身のさまざまな臓器にとってもリスクとなります。

高血糖状態が続いてしまう状態を「糖尿病」といい、腎臓や心臓、その他さまざまな臓器の病気を引き起こしてしまいます。

また、ダイエットにおいても血糖値が高いことは問題になります。

先ほど「血糖は消費される」ということを説明しましたが、いくらでも消費できるわけではありません。

血糖を消費させる役割を担うホルモン「インスリン」は血糖値を下げるために全身の細胞に血糖を送り込みますが、それには限界があります。

要するに、血糖は多すぎると余ってしまうのです。

余った血糖はどうするのかといえば、私たちも押し入れタンス、倉庫に余剰品や不用品を収納するように、インスリンは余った血糖を「脂肪細胞」に貯めこむ性質があります。

名前のとおり脂肪として蓄積されるので、太る原因になるのです。

GLP-1と血糖値の関係

血糖値が低いこと(低血糖)も問題ですが、現代社会において高血糖は健康上かなり重大な問題であることがわかります。

では、GLP-1ダイエットが血糖値とどのように関係するのかというと、GLP-1が持つ作用が深く関係します。

まず、GLP-1は「インスリンの分泌を促す」という作用があります。

前述の通りインスリンは血糖値を下げるホルモンであり、その分泌を促すことで血糖値を上がりにくくしてくれます。

次に「グルカゴンの分泌を抑える」という作用です。

グルカゴンというホルモンは体内で糖の生産を促す作用がある、血糖値を上げるホルモンなのです。

GLP-1はその分泌を抑制することにより、血糖値の上昇を抑えてくれます。

3つ目に「食べ物の移動速度を抑える」という作用です。

食べたものは食道から胃、腸を通りますが、その移動速度を緩やかにすることで糖質の吸収速度を抑えてくれます。

結果、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。

これらの作用により、GLP-1は血糖値に対してプラスに作用してくれるのです。

血糖値の高さが気になっている人にとって、ダイエットと同時に血糖値の改善も期待できるGLP-1ダイエットは相性がよいといえます。

糖尿病治療に利用されている実績

さて、血糖値に対してアプローチするといわれても、本当にその作用を期待できるのかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

ですが、GLP-1が「糖尿病治療」において利用されているとすれば、その信ぴょう性は高まるのではないでしょうか。

そもそもGLP-1メディカルダイエットで利用される注射薬は、もともと糖尿病治療のために開発された薬です。

そのダイエット効果が注目されて肥満治療に転用されるようになりましたが、もともとは血糖値に関する作用に注目されて開発された薬なのです。

つまり、GLP-1は血糖値に対するアプローチが医学的に認められているということなのです。

GLP-1ダイエットは安全なの?

ここまでにGLP-1ダイエットの効果について解説しましたが、プラスの作用だけでなくマイナスの作用、つまり健康上なにかしらのデメリット・リスクが生じるのではないかと疑ってしまう人も多いのではないでしょうか。

認可されている医薬品である

医薬品の健康上のリスクについてはさまざまな視点から物をいうことができ、一言で説明すると「認可されている医薬品である」という言葉が最も合致します。

GLP-1ダイエットで使用される薬は、日本では糖尿病治療薬として、アメリカやヨーロッパでは肥満治療薬としても認可されている医薬品です。

もし、健康上致命的な作用があるとすれば、国が認可するわけがありません。

つまり、GLP-1ダイエットで利用される薬は、その安全性が責任ある機関によって認められているということなのです。

もちろん、薬である以上は「副作用」のリスクは伴います。

ですがGLP-1ダイエットの薬は最初の内だけ副作用が発生しやすく、使用し続ける中でそのリスクは次第に減少するとされています。

また、発生する副作用も重篤なものではなく、血糖値関連で低血糖を疑っている人でも基本的に安心して利用できます(ただし、血糖降下薬など一部の医薬品との併用は問題となる)。

 

GLP-1専門の医師まとめ

 
深堀院長

GLP-1ダイエットは食欲へのアプローチを基本として、体への負担を少なくダイエットできる点が大きなメリットとなります。

その効果は、とくに今まで食事制限に失敗してきた人にとってメリットが大きいです。

興味のある方はGLP-1ダイエットを取り扱っている医療機関に問い合わせてください。

ハンバーガーを食べる男性
最新情報をチェックしよう!