「GLP-1ダイエット」が食べても太らないか口コミから検証

 
食べても太らないってまじですか?
GLP-1専門医師深堀純也院長
深堀院長


本当です。と言ってもその点は厳密に説明していきますので

しっかりとGLP-1について知っていきましょう。

 

こちらの記事よりも

下記の記事の方がお勧めです。

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットの口コミ、体験談まとめ【肥満の悩み終了のお知らせ】

まず「GLP-1」という言葉を聞いたことはありますか?

これは別名「痩せるホルモン」と呼ばれ、日本では糖尿病治療薬として活用されています。このGLP-1が分泌することで、

私たちは無理のない自然な健康ダイエットを実現させることができます。

ここでは、現在注目を集めているGLP-1についていったいどのような作用があるのか、

また、食べ物から摂取する方法やGLP-1を摂取することによってもたらされる効果について解説します。

■GLP-1ダイエットの基本解説!

GLP-1は、もともと私たちの身体の中に存在している消化管ホルモンであり、食欲を抑制させる効果があります。食欲をコントロールする働きを持っています。しかし、肥満の方はGLP-1の分泌が極端に少ないために空腹感が強く、食欲を抑えられずに肥満の悪循環が繰り返されています。

GLP-1はグルカゴン様ペプチド-1(Glucagon-like peptide-1)を指し、食事をして胃の中に食べ物が送られると、ブドウ糖を検知し自然とGLP-1が分泌されるようになります。GLP-1は血糖値を下げようと、食後に分泌量が活発化することから、糖尿病治療に使用されています。

また、GLP-1には食欲を抑制させるための満腹中枢を刺激する作用や、食べ物の消化・吸収・排出のスピードを遅らせることができます。その結果、自然で無理のないダイエットへ導くことができると言われているのです。

以下にGLP-1の特徴をまとめてみました。

・食事を摂取することでGLP-1が小腸の腸壁細胞から分泌される

・満腹中枢を刺激し糖質の吸収を抑制する

・膵臓からインスリンの分泌を促す

・GLP-1の分泌量には個人差が生じる

このように、GLP-1にはさまざまな特徴があることがわかります。GLP-1は食事をすることで分泌が起こり、その分泌量が多ければ多いほど満腹中枢を刺激するため、食べ過ぎを予防することができます。また、ブドウ糖の吸収スピードを遅らせることで、脂肪がつきにくい体質へ変えることを期待できるでしょう。他にも、血中のブドウ糖をエネルギーに換える働きを担っています。

要約:GLP-1は私たちが元々持ってて、GLP-1が増えると食欲が無くなる

■GLP-1が騒がれている最も大きな理由

GLP-1は、もともと身体の中にある消化管ホルモンの一種です。そのため、誰もが持っているホルモンだと言えます。このGLP-1が自然なダイエット効果を発揮するとして、現在注目されています。ここからは、GLP-1によって得られる効果についてみていきましょう。

〇GLP-1によって得られる効果とは?

・食欲抑制効果&満腹中枢の刺激

GLP-1には、自然な食欲抑制効果があります。これは、GLP-1が分泌されることで満腹中枢を刺激するため、無理に食べることを我慢せず自然なダイエット効果を期待できます。

そのため、これまで食べることを我慢するダイエットを苦痛に感じていた方にオススメです。

・血糖値を一定に保つ効果を期待できる

とくに肥満体型の方は、食べ過ぎることで血糖値が激しく上昇し、空腹時には一気に低下してしまいます。これを繰り返すことで血糖値の変動が激しくなり、より肥満を招いてしまうと考えられています。しかし、GLP-1を摂取することによって血糖値の激しい変動がなくなり、その結果身体が自然に痩せる効果を発揮し始めるようになります。

・食べ物の消化・吸収・排出スピードをコントロールする

GLP-1は、胃の中に入ってくる食べ物を消化し、小腸で吸収、そして排出という一連のスピードを遅らせる作用があります。消化・吸収・排出のスピードを遅らせることで急激な血糖値の上昇を予防し、身体の各臓器へ大きな負担をかけることを防ぐことができます。

・糖尿病治療薬として活用される

GLP-1は、膵臓を刺激し、インスリンの分泌を活発化させる作用を持っています。また、その作用によって血糖値を安定させる働きを持っているため、日本では糖尿病治療薬として活用されています。

要約:ダイエット効果と糖尿病予防に使えます!

〇痩せるホルモン「GLP-1」が減るとどうなるの?

GLP-1の分泌量が減少することで、身体の中に入ってきたブドウ糖を完全に代謝することができず、脂肪となり蓄積されてしまうのです。そして、満腹中枢を刺激する要素がなくなるため、これまで以上に暴飲暴食を重ねてしまう恐れがあります。

このように、GLP-1が身体の中から活発に分泌されなくなると、痩せホルモンが減少するために、逆に太る可能性が高くなることはお分かりいただけるでしょう。このGLP-1は、そもそも分泌量には個人差があるため、分泌量が多い方ほど太りにくく、少ない方ほど太りやすい傾向にあることが分かっています。

〇痩せるホルモン「GLP-1」の分泌を促進させるにはどうすればいい?

痩せるホルモンと言われる「GLP-1」は、小腸の腸壁細胞から活発に分泌されます。そのため、GLP-1が活発に分泌されるよう、腸内環境を整えることを最優先に考えましょう。

腸内環境は加齢とともに悪化する傾向にあるため、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす対策を行いましょう。腸内環境がよくなれば、痩せるホルモンとなるGLP-1の分泌量も活発化します。

そのため、まずは腸内環境を良い状態に整えるためにも善玉菌を増やす生活習慣に改善しましょう。痩せるホルモンと言われるGLP-1を分泌させるためには、腸の働きを活発化させ、身体の新陳代謝を高めることが大切です。

要約:小腸に気を遣えばGLP-1ダイエットにいい!

■GLP-1は危なくないのか?いえ、全く

GLP-1は、身体の中でたくさん分泌されればされるほど太りにくいと言われています。GLP-1を活発に分泌させるためには、食べ物から効果的に摂取することができます。また、食事からGLP-1を活発化させる方法以外に、医療よる治療行為としてGLP-1を摂取することもできます。

ここからは、GLP-1を摂取することの危険性や副作用についてみていきましょう。

〇GLP-1を摂取すると起こる危険性は何?

GLP-1は、食べ物から摂取する場合はとくに危険性はありません。では、医療による治療行為としてGLP-1を摂取した場合はどんな危険性があるのでしょうか?

GLP-1は身体の中の血糖値が高い時にインスリン分泌を促進させるため、正常な血糖値であれば過剰分泌を起こさない仕組みとなっています。インスリンが過剰分泌されることに不安を感じている方も、安心してGLP-1を摂取できるようになっています。

〇GLP-1を摂取すると副作用はある?

GLP-1を服用し始めた初期の頃は、胃のむかつきや吐き気が起こる場合があります。しかし、これはGLP-1の摂取を継続することで症状が自然と消えていくと言われています。個人差はありますが、副作用はまれに起こることであり、すべての方に起こるとは言い切れません。

要約:元々病院で処方されてる薬なので、まあ心配するほどのものではありません!

■GLP-1分泌を補助する効果的な食べ物

GLP-1が効果的なダイエットに最適なホルモンであることが分かりましたね。

ここからは、GLP-1の分泌を活発化させるために摂取すべき効果的な食べ物にはどのようなものがあるかみていきましょう。

〇GLP-1の分泌を活発化させるために摂取すべき食べ物は何?

一つ目が、乳酸菌です。乳酸菌が腸内環境をよい状態に整え、GLP-1の分泌の効果をあげます。腸内環境を整えるために乳酸菌を積極的に摂取しましょう。そうすることでよりGLP-1が活発に分泌されるようになります。乳酸菌を多く含む食べ物は以下のようなものがあります。

・ヨーグルト

・味噌

・キムチ

二つ目が、オリゴ糖です。オリゴ糖や食物繊維を豊富に摂取することは、腸内環境を整えるために必須です。オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌のエサとなり、GLP-1が活発に分泌されるために必要不可欠な存在です。オリゴ糖や食物繊維を多く含む食べ物は以下のようなものがあります。

・タマネギ

・ネギ

・キャベツ

・ゴボウ

・アスパラガス

三つめが、EPAです。EPA(エイコサペンタエン酸)は、青魚の中に多く含まれており、これを多く摂取することでGLP-1が活発に分泌されることがわかっています。EPAを多く含む食べ物は以下のようなものがあります。

・サバ

・イワシ

・サンマ

・アジ

この中でもとくにサバにはEPAが豊富に含まれているため、食べても太らないEPAが効果的に作用してくれると言えるでしょう。また、青魚をお刺身として食べる場合は、より一層EPAの含有量が多くなるため、効果的に摂取することができます。

四つ目が、サプリメントです。青魚が苦手な方はどのようにしてEPAを摂取すればよいかというと、サプリメントになります。手軽に摂取できるサプリメントを効果的に活用しましょう。サプリメントであれば、青魚が苦手な方でも毎日続けることができます。

接種で気をつけなければいけないものが、アルコールです。アルコールにはガンジダ菌がいて、大量に摂取することにより増殖して下痢や便秘を繰り返し、腸炎を起こす恐れがあります。このような症状が起こると、GLP-1の分泌が阻害され、太りやすい体質に変わってしまいます。腸内環境をよい状態に保つためにも、ガンジダ菌を増やさない努力を行う必要があります。

〇GLP-1は治療によって簡単に増やすことができる!?

GLP-1は、食欲抑制効果があることが分かっているため、アメリカにおいて肥満治療薬として使用されています。日本では保険適用外でGLP-1メディカルダイエットとして治療を受けることができます。

毎日食べ物から効果的にGLP-1を摂取することが難しい方など、手軽に行うことができるダイエット法です。なかなか思うように痩せることができず、肥満であることを悩み続けているという方は、ぜひ一度カウンセリングを受け、治療を行うべきかを医師に相談してみてもよいでしょう。

要約:食べ物はあくまで補助的なもので、GLP-1治療が最も効果が高い!

■GLP-1はこういう人におすすめ

GLP-1を摂取することで、自然なダイエットを行えることが分かりました。GLP-1は私たちの身体の中で自然と作られる物質であり、GLP-1を活発化させる食べ物を摂取すること以外にも、医療による治療効果によってGLP-1摂取をすることも可能です。

GLP-1がこれほど自然なダイエットに効果を発揮することがわかれば、いつもダイエットに失敗してきた方にとっては、ぜひ挑戦してみたいと感じるのではないでしょうか?

これまでに以下のようなことを経験された方は、ぜひ一度、夢のような自然なダイエット効果を期待できるGLP-1ダイエットに挑戦してみましょう。

・運動が苦手で継続することができない方

・食事制限ができずに暴飲暴食してしまう方

・ダイエットしてもリバウンドで一層肥満体型になってしまった方

・食べることを我慢するダイエットが辛い方

■GLP-1専門医師のまとめ

 
深堀院長
GLP-1は食欲を自然と抑えるので、必死に食べてもすぐに満腹になるため、食べ過ぎた!と思ってもそこまで太らないんです。今まで食欲が抑えきれなくてリバウンドをしまくってしまったという方は、最先端のダイエット医療にチャレンジしてみるのは、ありだと思いますよ!
ランニングしている男性
最新情報をチェックしよう!