GLP-1ダイエットが話題騒然!実際の口コミ情報まとめ

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットの口コミ、体験談まとめ【肥満の悩み終了のお知らせ】

 

「ダイエット効果のあるGLP-1ってどんなものなの?治療を受けられるって聞いたけどどうやって受けるの?副作用や危険性があるのかも知りたい」と考えているあなたへ。そこで今回は、GLP-1についての基礎知識と治療方法、危険性について解説します。最近話題になっているGLP-1治療ですが、実はメリットがたくさんあるのです。あらかじめ知識を入れておいて、有意義なダイエットライフを送るために活かしましょう!

1.GLP-1を小難しめに解説!

ダイエット効果のあるホルモンとして知られている「GLP-1」。もともと人間の体内にあり、正式名称は「グルカゴン様ペプチド-1」と呼ばれています。

食事をしたときに小腸から分泌されるホルモンで、インスリン分泌を促進する「インクレチン」と呼ばれるホルモンの一種です。インクレチンにはGLP-1の他に「GIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激 ポリペプチド)」があります。なかでもGLP-1には、2型糖尿病の新たな治療薬として注目されています。

【GLP-1が分泌される仕組みは?】

GLP-1は、インスリン分泌を促進させる効果のあるホルモンですが、そのプロセスは以下の通りです。

①食事によって血糖値が上昇し、小腸のL細胞からGLP-1が分泌

②膵臓のβ細胞の表面にあるGLP-1の受容体に、GLP-1がくっつく

③β細胞内からインスリンが分泌

※血糖値が上がったときにのみインスリンが分泌される

GLP-1分泌のスタート地点は小腸となっていて、さらに血糖値が上昇しないと分泌されないのが特徴ですね。

またGLP-1には、インスリン分泌以外にもさまざまな作用があります。「血糖値上昇に作用するグルカゴンの分泌を抑制作用」や「すい臓のβ細胞の増殖作用」、「食べた物の胃からの排出を遅らせる作用」などが挙げられます。

GLP-1は、糖尿病への対策はもちろん、ダイエットにおいても大変役立つホルモンでもあります。なかでも代表的な効果をいくつか解説しますね。

2.GLP-1がなぜ自然と痩せるのか?

2-1.血糖値の上昇を抑制する

先述したようにGLP-1には、血糖値が上がったときにインスリンを分泌させる効果があります。血糖値は、ダイエットにおいて大切な指標のひとつです。食事(主に炭水化物)をすると血糖値は上昇しますが、血糖値が高いままな状態が続くと、体脂肪がついたり、糖尿病などの生活習慣病を招いたりします。場合によっては心筋梗塞や脳梗塞といった、命にかかわる重大な病気になってしまうこともあるので、健康を考える上で血糖値を考えることは大切なことなのです。

2-2.食欲を抑えられる

GLP-1のもう一つの特徴として、「食欲の抑制」が挙げられます。体内のGLP-1量を増やすことで、空腹感が抑えられ、食べる量をコントロールできるのです。太っている人は、体内やGLP-1量が少なくなっており、空腹感が続いて余計に食べてしまう、という悪循環に陥ってしまいます。そもそも空腹感がないので、ゆるやかに自然と体重が落ちていきます。あ

3.GLP-1の治療方法は1日1分

ダイエット効果を高めるために、注射によってGLP-1を増やす方法があります。「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を使い、体内へと投与します。

3-1.注射器を使って投与する

GLP-1受容体作動薬は、注射器を使って投与するのが一般的です。注射と聞くと大変そうなイメージがありますが、全くそんなことはありません。では、具体的な投与の方法をご紹介しますね。

注射器について

注射するペン型注射器なんですが、文字通り”ペンの形”をした注射器で、ペンの内部に薬液が充填されているのが特徴です。注射を一回打つごとに、針を取り替えてて使います。またペン型注射器には、薬の量を調整してから投与するタイプと、すでに一回分の薬液が充填されているタイプ、の2つに分かれています。自分でも簡単に使えますし痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

 

投与の頻度は?

GLP-1治療薬の投与頻度は、「週1回」もしくは「毎日1~2回」になります。お医者さんと相談しながら、その人の体に合わせて決められます。また病院での注射はもちろん、自宅での注射も可能です。事情があって通院が難しい人、遠方に病院があって通院まで時間がかってしまう人でも安心です。

4.GLP-1の副作用はごく少数の報告

「いくら効果があるからといっても副作用が心配…」と思う人も多いはず。たしかに、100%完全に何も起こらないとは言えません。しかし、仮に症状が起こったとしても、自然に消滅するので心配は不要です。投与を始めると、以下の症状が起こる可能性があります。

4-1.胃腸の不具合

GLP-1の治療薬の使い始めた頃に、便秘や下痢といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるもの。ほとんどは、しばらく経つと自然に消滅しますが、もし症状が良くならなかったり、気になる場合はお医者さんに診てもらいましょう。また、感受性の高い人は、胃腸の症状以外にも、頭痛や吐き気が起こることもあります。

4-2.低血糖

GLP-1受容体作動薬の「単体での投与」だけなら問題ありませんが、糖尿病治療を行っている方で「SU薬」や「インスリン」を一緒に投与している場合、低血糖になることがありますがきちんと医師の処方を受けていれば心配はありません。

低血糖とは、文字どおり血糖値が下がってしまうこと。体が低血糖状態になると、冷や汗や動悸が出たり、手足が震えたりする症状が出ます。低血糖は健康な人でもなり得ますが、特に特に薬物治療を行っている人は注意が必要です。そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった、命にかかわる症状を引き起こす恐れもあります。

4-3.アメリカでも承認済み

GLP-1は、アメリカでは2014年に「肥満治療薬」として承認され、肥満を改善する救世主的な存在として注目を浴びています。日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。。国が安全性を保証しているので、先ほどの薬の兼用など特殊な例を除けば、「重大な副作用をもたらすのではないか…」といった心配は不要です。

5.GLP-1治療は9割の人にお勧め!

GLP-1治療でのダイエットはどんな人が向いているのか解説していきますね。いわゆる「食事制限や運動が苦手な人」にはおすすめです。今までダイエットに失敗してきた人に、すばらしい効果を発揮してくれますよ。

5-1.食事制限にストレスを抱えてしまう人

ダイエットをする上でもっとも辛く感じるのが、食事制限ですよね。たしかに、カロリーを制限すると痩せることはできますが、それ以上に精神的ストレスがかかってしまいます。昨今流行っている糖質制限なども同様です。続けるのに大きなストレスを抱えてしまう人が多いはずです。そこで、GLP-1の治療薬を使うことで、食欲が抑えられて食べる量をコントロールできるようになります。我慢する必要なく、無理のない範囲でダイエットを進めることができるのです。

5-2.運動が続かない人

食事制限にならんで辛いのが、ハードな運動です。体重を落とすとなると、相応の運動量が必要になり、思った以上にハードなトレーニングをしなければなりません。運動好きな人なら良いですが、苦手な人にとっては大変ですよね。しかし、GLP-1の治療薬を使えば、ハードな運動も不要になります。精神、肉体的に疲れることなく、体重を落とすことができるのです。

5-3.今までリバウンドを繰り返してきた人

「ダイエットに成功したけど、すぐに体重が戻ってしまう」という人にもGLP-1による治療がおすすめです。体重・体型をキープできてこそ、本当の意味でのダイエットの成功と言えますよね。GLP-1の治療薬を投与すれば、ゆるやかに体重が落ちていきます。急激に痩せて、不自然な体型になることもないので、リバウンドもしにくいです。今まで何度もリバウンドを繰り返してきた人は、ぜひ試してみてください。

5-4.健康的な生活を送ることが大前提

たしかに、食事制限やハードな運動が続かない人にとって、GLP-1での治療は有効です。ただ、薬を投与しているからといって、暴飲暴食を蹴り返したり、まったく運動しなかったりだと、意味がありませんよね。薬をだけに頼ることなく、できる範囲内で健康的な生活を送ることを意識しましょう。炭水化物の量を控えてみたり、野菜を食べてみたり。また20~30分のウォーキングを定期的に行ってみたり。できることはたくさんあるので、日常的に意識していきましょう。

6.GLP-1専門医 深堀院長のまとめ

GLP-1専門医師深堀純也院長
GLP-1の基礎知識や治療方法、危険性について解説しました。いかがでしたか?最近話題になっているGIP-1治療ですが、ご紹介したように、メリットがたくさんあるのです。心配するほどの副作用も起こらないので、気軽に治療を受けることができますよ。まさに、今までダイエットに失敗してきた人の救世主とも言えるでしょう。今回こそは!と思っている方はぜひ試してみてくださいね。
カフェで話している男女
最新情報をチェックしよう!