GLP-1ダイエットの口コミ!食欲が抑えられ痩せた方が続出中

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットの口コミ、体験談まとめ【肥満の悩み終了のお知らせ】

 

 

昔からぽっちゃり体型だったので、あまり気にしていなかったのですが、健康診断で肥満体型を指摘され、さらに「このままでは生活習慣病になりますよ!」と言われ食事指導を受けました。

しかしどうしても食欲が抑えきれず、肥満体型を改善できません。GLP-1ダイエットなら痩せられるんでしょうか?

GLP-1専門医師深堀純也院長 深堀院長

食欲のコントロールについて、GLP-1受容体作動薬を使ったメディカルダイエットを行うことによって、改善させられる可能性は大いに期待できると考えられます。メディカルダイエットはカウンセリングも併用した治療であるため、ストレスからくる過食症状も改善させる期待が高いです。

 

メディカルダイエットは、日本では2型糖尿病の治療で使用されているGLP-1受容体作動薬を使った肥満治療です。アメリカでは肥満治療が盛んに行われていることから、日本でもメディカルダイエット専門医が増えてきており、GLP-1受容体作動薬を使用した肥満治療が行われてきています。

ストレスからくる食べすぎや、常に血糖値が高い状態が習慣化されてしまうと、食欲がコントロールしにくくなってしまいます。過剰な食欲は、様々あるダイエット方法の高い壁となって立ちふさがり、肥満改善に大きな支障を及ぼしてしまいます。そんなコントロールしにくくなった食欲を整えるために効果的な、専門医が行うメディカルダイエットについて紹介していきたいと思います。

1 GLP-1で肥満解消の口コミ

専門医が介入するということは、「肥満体型だと病気なの?」と思えますよね。肥満体型自体は病気ではありませんが、生活習慣病になりやすい状態であることには間違いありません。生活習慣病は体型の他、血液検査のデータ、血圧など様々な所見から判断されます。

生活習慣病にはなってはいないけど、なりやすい状態が肥満であり、積極的に改善したほうが良いと言えます。しかし、肥満改善は個人で行うにはなかなか難しいものがあり、意地や根性だけでは解決できない問題でもあります。

そこで医療的な治療から肥満を改善しようとしたものがメディカルダイエットです。口コミでもとても多いのですが、肥満を改善し、生活習慣病を予防するための治療としてアメリカでは積極的に行われるようになっています。日本でもメディカルダイエットを行える専門医が増えてきており、クリニックでの肥満治療が行われるようになりました。

1-1 メディカルダイエットは医療行為?

メディカルダイエットは、GLP-1受容体作動薬を使用し、カウンセリングを併用して肥満体型改善を行っていきます。専門医がカウンセリングを行い、処方薬であるGLP-1受容体作動薬を処方します。GLP-1受容体作動薬は処方薬であること、また注射薬であることから、医療行為の元、行われるダイエット方法であると言えます。

1-2 最先端医療を用いた肥満改善!

最先端医療とも言えるメディカルダイエットは肥満改善に向けて効果的な治療と言えます。肥満大国と言われるアメリカにおいて、すでに実績が多く、その効果は実証されています。日本では、まだメディカルダイエットの専門医が少なく、クリニックも限られている現状があります。しかし、最先端医療を応用し、インターネットを使った遠隔診察やカウンセリング、処方箋の発行を行うことができます。

2 GLP-1受容体作動薬とは?

GLP-1受容体作動薬は自己注射薬であり、2型糖尿病治療に使用されています。2型糖尿病をGLP-1受容体作動薬で治療を行っていき、その経過をまとめ評価・研究していったところ、肥満治療にも効果があることが分かりました。まずGLP-1とはどのようなものか、そして肥満治療になぜ効果があるのかについて紹介していきたいと思います。

2-1 GLP-1とは?

GLP-1を正式名称で表すと“グルカゴン様ペプチド-1 (Glucagon-like peptide-1)”となります。略してGLP-1と呼びます。GLP-1は1983年に明らかにされた消化管ホルモンの1種で、消化管に入った炭水化物を認識して消化管粘膜上皮から分泌されます。

分泌されたGLP-1は膵臓ランゲルハンス島B細胞に作用して、インスリン分泌を介した血糖降下作用を示します。中枢神経系では、レプチン受容体を発現する延髄孤束核ニューロンにおいてGLP-1の産生が行われているとされ、このニューロンが脳内における唯一のGLP-1産生ニューロンと考えられています。

さらに、ニューロンだけでなく脳内免疫細胞であるミクログリアにおいてもGLP-1が産生されていると考えられており、GLP-1は脳内免疫にも関与していると考えられています。簡単に説明すると、GLP-1とは消化吸収に関与するホルモンの1種であり、脳内で合成されるホルモンであると言えます。

2-2 GLP-1はなぜ肥満治療に効果的?

GLP-1受容体作動薬を使った2型糖尿病の治療経過や薬剤効果を評価・研究していくと、インスリンの分泌を促進させる以外にも効果があることが分かりました。その効果には、グルカゴン分泌抑制、胃内容物排出遅延、中性脂肪吸収阻害、ナトリウム排泄促進による血圧の調整作用、食欲抑制、神経保護作用などが挙げられます。

これらの効果は、“肥満治療に応用できる可能性がある”と考えられアメリカで研究が行われました。その研究と実証の結果、肥満治療としての効果と安全性が確立され、アメリカでは肥満治療としてGLP-1受容体作動薬を使用したメディカルダイエットが行われるようになりました。

2-3 GLP-1と糖尿病治療の関係について

GLP-1受容体作動薬は、2型糖尿病治療の自己注射薬として使用されます。その理由は上記のように膵臓ランゲルハンス島B細胞に作用してインスリン分泌を促進させ、血糖を整える効果があるためです。GLP-1は糖尿病の治療薬になるということはこれまでの紹介で分かっていただけたと思います。しかし、“なぜ1型糖尿病には使われないのか?”気になりませんか?1型糖尿病と2型糖尿病の違いについて簡単に説明していきます。

・1型糖尿病とは

1型糖尿病とは、膵臓ランゲルハンス島B細胞が機能しない生まれつきの疾患です。膵臓ランゲルハンス島B細胞が機能しなければ、インスリンを分泌させることができないため、糖吸収ができず、エネルギーに変換することができません。そのため、インスリン補充療法を行わなければどんどん痩せていき、命に係わる危険な状態となります。GLP-1は膵臓ランゲルハンス島B細胞に働きかけインスリン分泌を促進させるホルモンです。しかし、膵臓ランゲルハンス島B細胞が機能していない状態ではその効果を全く発揮させることができないのです。

・2型糖尿病とは

2型糖尿病は、膵臓ランゲルハンス島B細胞は正常に機能しているのですが、乱れた食生活や不摂生、食べすぎからその働きが追い付かなくなり、罹患すると考えられている疾患です。膵臓ランゲルハンス島B細胞が正常に機能しているため、治療として、GLP-1受容体作動薬を使うことができます。また経口からの血糖降下薬の内服を併用することも可能となります。

3 GLP-1メディカルダイエットの効果とは

GLP-1受容体作動薬の自己注射を行い、カウンセリング治療を併用しながら肥満体型を改善し、健康的な体型に整えていきます。GLP-1は肥満体型改善に驚くほどの効果が期待できます。その効果や副作用の有無について紹介していきます。

3-1 GLP-1の驚くべき効果

上記でも簡単に紹介しましたが、GLP-1受容体作動薬を自己注射していくと、“食欲抑制効果”が表れます。今までコントロールできなかった旺盛すぎる食欲が自然とコントロールできるようになるため、食欲を我慢するという辛い思いが伴う食事制限などを行う必要がなくなります。

また、これも上記で簡単に紹介しましたが、“胃内容物排出遅延”という効果が表れます。これは空腹感を感じにくくする効果があるため、1回の食事での満足感を持続させ、すぐに空腹を感じ食欲が沸き起こるのを防ぐ効果があります。

肥満体型を改善するためには、食生活の見直しは必須と言えます。しかし、一度調整のつかなくなった食欲を無理に調整しようとすると、必ずストレスを感じてしまいます。そこからリバウンドという悪循環が生まれます。様々なダイエット方法の口コミや挫折エピソードを見ていくと、食欲をコントロールするというのは意地や根性だけでは解決できない難しい問題であることが伝わってきます。

GLP-1メディカルダイエットの場合、食欲を調整し、増えすぎた食欲を抑える効果がありますので、今まで食べすぎていた食生活を自然と改善させることができます。また、空腹による生理的な食欲も同時に適切な時間に感じるよう整えてくれるため、食欲を我慢するという辛い思いをすることはまずない肥満体型の治療方法となります。

3-2 GLP-1には副作用があるの?

GLP-1受容体作動薬を用いた専門医によるメディカルダイエットは、医師が診察をしながら状態を確認し、GLP-1受容体作動薬の自己注射量を決定します。「自己注射薬」と聞くと“副作用が強いのでは?”とか“痛いのでは?”という不安が出てくると思います。

副作用について、GLP-1受容体作動薬を使った2型糖尿病の治療でも、メディカルダイエットでも、重篤な副作用について、ほとんど報告が上がっていません。GLP-1自体が脳で自然に作られるホルモンであり、膵臓ランゲルハンス島B細胞のインスリン分泌を調整する働きをするため、過剰に膵臓ランゲルハンス島B細胞を動かし、インスリン分泌を過剰に促進させることはありません。そのため、従来のインスリン補充療法と違い、低血糖状態を引き起こしやすいというような重篤な副作用はまずありません。

薬であるため、全く副作用がないとは言えませんが、報告されている副作用の例として、軽い吐き気と便秘が上がっていますが、腸閉塞などの重篤疾患に繋がる可能性は、定期的に専門医の診察を受けているため、限りなく低いと言えます。

これらのことから、肥満体型改善の効果が高く、副作用も少ないということがGLP-1メディカルダイエットの最大の利点であり、驚くべき効果が期待できると言ってもいいでしょう。

■GLP-1専門医師のまとめ

GLP-1専門医師深堀純也院長
深堀院長
GLP-1メディカルダイエットは専門医が診察を行い、GLP-1受容体作動薬を使い、カウンセリングを併用した肥満治療になります。乱れた食欲のコントロールをつけることができるダイエット方法であり、その効果はとても大きく期待できるものであると言えます。副作用もほとんどなく、安全性も高いと言えます。GLP-1受容体作動薬は自己注射薬になるため、注射手技を覚える必要があり、“痛くないの?”という疑問があると思いますが、使う注射針はとても細く、痛みを最小限に抑える工夫がされています。正しい手技を身に付ければ、最小限の痛みで行うことができます。治療期間などは適宜専門医が相談を受けることができますので、まずは気軽なご相談をされてみてはいかがでしょうか。
ポーズを決めている男性
最新情報をチェックしよう!