GLP-1ダイエットはリバウンドの恐怖を払拭します!

こちらの記事より下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエットはガチでリバウンドなし!肥満治療に出会うまでの軌跡

 

 

ダイエットをした経験はあるでしょうか?

そしてそのダイエットは成功したでしょうか?

 

多くの方にダイエット経験はあるでしょう。

そして失敗をしているのではありませんか?

 

ダイエットをすると一時的に体重は落ちますよね。

運動の効果が現れたり、食事制限の効果が現れたりします。

 

でもその効果って長続きしませんよね。

リバウンドをする確率が極めて高いのがダイエットなのです。

 

最近注目されているのがそのリバウンドをいかにして防ぐのか、ということ。

ちなみにマンツーマンのトレーニングで痩せられることで話題の○イザップですが、被験者の多くのリバウンドが起きている、って知っていましたか?

 

そこで注目をしてほしいのがGLP-1ダイエットです。

食事制限の必要もありませんし、運動をする必要もありません。

リバウンドが起こらない、現在最も成功確率が高いとされるダイエットなのです。

 

ではなぜGLP-1ダイエットであればリバウンドが起きないのでしょうか?

「リバウンドが起こらないなんてありえない」と思っている方もいるでしょう。

 

こちらではGLP-1ダイエットの真相に迫ります!

 

1. GLP-1で食べたい!が終わる

折れた割り箸

リバウンドって何が原因だと思いますか?

実はそのほとんどの原因が「食べ過ぎ」です。

 

ダイエットを行って目標体重に到達したとします。

目標体重に到達したら、きつかったダイエットともおさらばですよね。

 

運動もやめるでしょうし、食事制限もやめることになるでしょう。

そしてダイエットを始める前と同様の食生活をしてしまうのです。

ダイエットする前と同じ食生活をしてしまえば、リバウンドをしてしまうのも当然。

 

そこでチェックしてほしいのがGLP-1と食欲の関係性です。

実は食欲の抑制作用があるのがGLP-1ダイエットなんですよ。

 

1.1 GLP-1と食欲の関係性

 

GLP-1には食欲を抑制させる作用がある、といってもにわかには信じられませんよね。

でも食欲に対して作用することは科学的にも証明されている事実なのです。

 

食べても食べてもお腹が空いているように感じてしまう、ということもあるでしょう。

実は満腹中枢への刺激が遅れていることが原因です。

満腹中枢が刺激されなければ、「いくらでも食べられる」と勘違いしてしまうもの。

 

そこでGLP-1の出番なのです。

GLP-1はホルモンの一種なのですが、メインの作用は膵臓(すいぞう)を刺激してインスリンを分泌させることです。

それ以外にも視床下部(ししょうかぶ)を刺激して、脳の満腹中枢を刺激する、というものもあります。

 

GLP-1を摂取することで、少量しか食べていないのに満腹感を得られるということ。

 

もう一つ注目してほしいのが物理的な満腹感もGLP-1によって得られる、ということです。

 

食べ放題などに行くと120分などの時間制限がありますよね。

最初の40分くらいで1回満腹感がやってきますよね。

しかし30分くらい経つと、まだお腹に入るような感覚が出てきませんか?

 

実は食べ物が胃に入っている時間は約20分から約30分程度とされています。

そして腸に送られて消化吸収されるのです。

 

腸に送られて消化吸収をされると、胃や腸に空きが出てきますよね。

そうするとまだ食べられる、という感覚になってしまうのです。

食後のデザートがやめられない、という方は胃腸の働きが活発すぎる可能性もありますよ。

 

そんな時に役立ってくれるのもGLP-1。

胃や腸にも作用することが分かっているのです。

 

まずは胃の分泌液を抑制してくれるので、胃酸になどが少なくなります。

よって消化されにくくなり、食べ物が胃に残りやすくなります。

 

さらに腸の排出作用を弱める働きもあります。

腸に食べ物が留まるようになるので、満腹感が結果として持続するようになるわけ。

 

なぜGLP-1がリバウンドを起こしにくいのか分かりましたね。

満腹感が得られやすくなり、さらに持続するのです。

「食べ過ぎる」ということから開放されますよ。

 

なんだかGLP-1はすごい物質のようにも見えて、怖さも感じてきてしまったのではありませんか?

ではそもそもGLP-1ってなんなのでしょう?

 

1.2 GLP-1とは?

 

小腸から分泌されるホルモンの一種です。

誰からでも分泌されているもので、危険なものではありません。

 

分泌の仕組みは食べ物を食べて、その食べ物が小腸に送られると分泌されることになります。

食べ物を食べると血糖値が上昇しますよね。

GLP-1はインスリンの分泌させる機能があるので、血糖値を下げるのに関わっているのです。

 

問題は

 

「痩せている人はGLP-1が分泌されやすい」

「太っている人はGLP-1が分泌されにくい」

 

ということ。

 

要は痩せている人は痩せやすい体質、太りやすい人は太りやすい体質ということなのです。

 

だからこそ注射でGLP-1を補って痩せるというメディカルダイエットが流行っています。

GLP-1を注射で1日1回補充してやると痩せやすくなる、ということも証明されています。

もともと体内にある物質なので危険性もありませんよ。

 

2. GLP-1の働きとダイエットの関係

 

GLP-1によるダイエットはストレスを発生させにくい、とのメリットがあります。

通常のダイエットは心身に大きな負担をかけてしまいます。

そのストレスがリバウンドの原因を作ってしまうことも。

 

なぜGLP-1ダイエットはストレスを発生させないのでしょうか?

GLP-1の働きにも注目してみましょう。

 

2.1 GLP-1ダイエットはストレスフリー

不機嫌そうな顔で腕を組んでいる女性

普段どおりの生活をしたまま無理なく痩せられるからストレスを感じません。

 

では通常のダイエットをイメージしてみましょう。

まずは食事制限です。

 

好きなものを我慢しなければいけませんし、空腹感にも我慢しなければなりません。

そのストレスはかなり大きなものですよね。

身体が生理的に望んでいることを我慢する、というのは簡単ではありません。

 

次に運動についてもイメージしてみましょう。

 

長時間の有酸素運動って大変ではありませんか?

30分も1時間も走っていたら疲れてしまいますよね。

時間がなければ行えませんし、しなかったらしなかったことがストレスにもなっちゃいます。

 

でもGLP-1ダイエットは食事制限もしません。

運動も必要ありません。

だからストレスフリーなのです。

 

2.2 なんで普段どおりの生活で痩せられるの?

 

体質を変える機能を持っているからです。

ちょっと難しい話になってしまうかもしれないのでお付き合いください。

 

まず我々が太るメカニズムですが、食べたものが消化吸収され血液によって全身の細胞に送られること深く関わっています。

もう少し具体的に説明すると、食べると血液に糖が入っていき血糖値が上昇するのです。

 

血糖値が上昇したままだと危険なので、インスリンなどの血糖値を下げる物質が分泌され糖は血液から各細胞に送られます。

基本的に糖はエネルギーとして利用されますが、余分なものは脂肪細胞に蓄えられ太ってしまうわけ。

 

太っている人は普段から食べ過ぎなので、血糖値が急上昇しやすくなります。

血液の中が糖まみれになってしまうわけ。

 

そんな状態は良くないので、急激に血糖値を下げなければなりません。

なので大量の糖が細胞に送られてしまうのです。

これが太るメカニズムです。

 

でもGLP-1ダイエットを行えば、血糖値を下げるインスリンが分泌されやすい体質になるということ。

急激な血糖値の上昇も起こりえません。

要は太りにくい体質になるのです。

 

体質自体が太りにくくなるのですからストレスはありませんよね。

普段どおりの生活でも良いのですから。

 

3. GLP-1がリバウンドしづらい理由

 

理由は単純明快で、ダイエットの大敵である食欲を抑制できるからです。

 

自分の食欲を憎んでしまった経験はありませんか?

食後にまだお腹が減っている感覚があるので、菓子パンを食べてしまう、カップラーメンを食べてしまう、ということもあるでしょう。

その積み重ねが肥満を呼び込んでしまうのです。

 

でもGLP-1ダイエットは痩せやすい体質になるだけではなく、食欲自体を抑えてくれます。

だからこそリバウンドしづらいのです。

 

3.1 GLP-1ダイエットでリバウンドするケースってあるの?

 

基本的にはありません。

GLP-1の注射する容量が少なすぎた場合には効果が出ないことも考えられますが、適量を毎日注射していれば効果が出てくれるはずです。

 

もしも注射を受けても痩せるような傾向が現れない場合には、医師に相談してみましょう。

食欲以外に何かしらの太る原因が隠れているかもしれません。

 

ただ少量の食事であったとしてもあまりにも高糖質や高脂質、そして高カロリーな食事であれば太った体型が維持される可能性はありますよ。

一般的な食生活であれば問題ありませんが、炭水化物ばかりとっている、脂たっぷりのお肉ばかり食べている、という方は食生活を多少は見直したほうが良いでしょう。

 

もう一つ可能性としてあるのはGLP-1ダイエットを中止したケースです。

体内のGLP-1の量が減ることになるので、元の太りやすい体質に戻る可能性があるので気をつけてくださいね。

食欲ももとに戻ってしまいます。

 

もちろん永遠にGLP-1ダイエットをしなければならないわけではありません。

やめるのであれば痩せたときの食生活にしっかりと慣れてからのほうが良いですよ。

 

3.2 GLP-1のようにリバウンドしにくいダイエット法ってあるの?

笑顔でOKサインを出している女性

現在のところはGLP-1と同様の効果のあるダイエット法は見つかっていません。

体質を痩せやすくして食欲まで抑えてしまうほどの高機能なダイエット法ですから。

しかも科学的にも効果は証明されています。

 

物理的に胃を小さくする「スリーブ状胃切除術」や「胃バンディング術(ラップバンド)」といった方法もたしかにあります。

 

しかしそれらの方法をもってしてもリバウンドしたケースが報告されているのです。

 

○イザップのようなマンツーマン的なトレーニング・ダイエットもリバウンドは多数報告されていますよ。

 

4. やせるホルモンの安全性と副作用の有無

工事現場の看板

痩せるホルモンを利用したGLP-1ダイエットですが、問題は「注射をする」というところですよね。

怖さを感じている方もいるのではありませんか?

安全性と副作用を確認しなければ利用したくありませんよね。

 

GLP-1については、誰からも日々分泌されている物質なので危険性はありません。

身体が拒否反応を起こしてしまうようなことも考えられません。

そもそもヨーロッパやアメリカなどのダイエット先進国では医療系のダイエット施術としてすでに認可されているのです。

 

※アメリカでは2014年に肥満治療薬として承認されています。

※日本では糖尿病治療薬としての認可をされています。

 

ただ医療系の施術でもあるので、100%副作用がないとは言い切れないことも事実です。

副作用の発生確率は低いですが、その中でも多く報告されているのは軽い吐き気と頭痛です。

 

GLP-1が効きすぎてしまう人もいるので、医療機関と相談して用量を減らすなどの対策を取るのもおすすめですよ。

また最初に副作用が出たとしても、徐々に症状が落ち着き1ヶ月後や2ヶ月後にはほとんど副作用がなくなった、ということも珍しくありません。

 

副作用とはちょっと違いますが、痛みが気になる方もいるでしょうか?

まぁ注射が苦手な方はちょっと嫌かもしれませんが、ものすごく細い針を利用して注射するだけです。

痛みもほとんどありません。

 

糖尿病の患者さんは毎日注射しますよね。

痛みが原因で治療を途中でやめてしまった、といった話を聞いたことがあるでしょうか?

ないですよね。

 

だから痛みに関しては気にしないでOKです。

最初はチクっとしますが、慣れてくれば何にも感じなくなりますよ。

 

5. GLP-1専門医 深堀院長のまとめ

 

GLP-1はリバウンドを防いでくれるダイエット法です。

食事の制限もいらず、運動もいらないのでそもそもリバウンドをする要因がないのです。

 

食欲が抑制されればドカ食いもしませんし、運動しなくても痩せるので運動の有無も関係ありません。

 

ただリバウンドが全く起こらないわけではありませんよ。

GLP-1ダイエットをやめてしまえば再び太ってしまう可能性もあります。

よって治療をやめるにしても、体質的に確実に痩せやすくなってからにしましょう。

 

中途半端な時期にGLP-1ダイエットをやめてしまえば、リバウンドしてしまう可能性大です。

 

最後にGLP-1ダイエットの危険性についてもお伝えしました。

こちらは何も心配はいりません。

医療機関で行われることでもあるので、もし副作用が出てもしっかりと対応してもらえます。

 

副作用報告もゼロではありませんが、ほとんどが軽いものばかり。

身体が慣れれば副作用を感じなくなるケースもあるほど。

 

リバウンドする確率が極めて低く、安全性が極めて高いのがGLP-1ダイエットの魅力です。

ビールと枝豆と唐揚げ
最新情報をチェックしよう!