GLP-1ダイエットはリバウンド無しのストレスゼロって本当?

暴飲暴食
質問者
ダイエットしたいけれど「リバウンド」が怖いです。GLP-1ダイエットにもリバウンドのリスクはあるんですか?
GLP-1専門医の深堀純也先生
医師

GLP-1ダイエットは従来のダイエット法と比較してリバウンドのリスクが低いといえます。

なので、今までリバウンドしてダイエットに失敗した人にGLP-1ダイエットはオススメの方法です。

 

こちらより下記の記事をおすすめします。

GLP-1ダイエットはガチでリバウンドなし!肥満治療に出会うまでの軌跡

 

 

GLP-1がリバウンドしづらい特徴

リバウンドが気になり食べられない女性

ダイエットにおいて失敗のリスクとして無視できないのが「リバウンド」です。

リバウンドとは、ダイエットによって減少した体重が元に戻る、あるいは元の体重以上に太ってしまうことをいいます。

 

ダイエットの目的は基本的に「体重を減らす」ことにあるので、リバウンドすることはそのままダイエットの失敗を意味しています。

今まで、メディアを中心にさまざまなダイエット方法が提案されてきました。

体重や体型が気になる人は、それらのダイエット法をいくつか実践してきたことでしょう。

 

しかし、すべての人が等しくダイエットに成功したわけではなく、中にはリバウンドによってダイエットを断念してしまった人もいると思います。

そんな人にオススメしたいのが、リバウンドのリスクの少ない「GLP-1メディカルダイエット」です。

GLP-1ダイエットがリバウンドのリスクが少ないダイエット法であるという根拠の1つは、GLP-1というホルモンの作用の1つである「食欲を抑える」ことにあります。

 

GLP-1は体内でさまざまな作用を示すことがわかっていますが、その1つに「満腹中枢を刺激する」という作用があります。

満腹中枢が刺激されることにより、普段の食生活において満腹感を感じやすくなります。結果、自然に食事量を減らすことができるのです。

 

ダイエットを継続している限り、基本的にリバウンドのリスクは低いです。

では、なぜリバウンドを起こしてしまうのか、そこにGLP-1とリバウンドの相性の正体が隠れています。

ダイエットをしていくと、次第に体重の減少が弱まり、代わりに太りやすい体質に変化します。

 

これは、食事制限により筋肉量が減少し、摂取カロリー量が少ない生活に体が順応したことによりダイエット前の状態よりも体は脂肪やカロリーを溜めこみやすくなっているためです。

もし、この状態でダイエット前の食事量や運動量に戻してしまうと、あっという間に太ってしまい、人によっては元の体重よりも重くなってしまうリスクも発生します。

 

問題なのは「ダイエット前の食事量に戻してしまう」ことにあります。

ダイエットにおいて食事量を抑える、つまり「摂取カロリー量を制限する」ことは必須であるといえます。

ですが、食事制限は多くの人にとって辛いことであり、相応にストレスを溜めこんでしまいます。

 

加えて、ある程度の運動も必要としますので、運動が得意ではない人が感じるストレス量は相当なものになるでしょう。

蓄積したストレスは「暴飲暴食」という形で発散されてしまうケースも考えられます。

ダイエットによって太りやすい体質になっているので、一気に食事量を増やしてしまうと体重が増えやすくなってしまうのです。

 

ここで話をGLP-1の作用に戻したいと思います。GLP-1は満腹中枢を刺激する作用があるため、食事量を減らしても満腹感を感じやすくなっています。

つまり、食事量を減らして空腹を感じることによるストレスの発生を抑えることができるのです。

食事制限においてストレスを感じない、つまり辛いと感じないということは「継続しやすい」ということでもあります。

 

食事制限を継続できるということは、ダイエット中止によるリバウンド発生のリスクを減らすことに繋がるのです。

また、GLP-1ダイエットでは基本的に「過度な運動」を前提としていません。

食事量を減らすのが基本のダイエット法であるGLP-1ダイエットですが、痩せるためにある程度の運動を必要とします。

ダイエットの基本である「摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やす」ためには、ある程度の運動が必要不可欠なのです。

しかし、GLP-1ダイエットが必要とする運動量というものは、さほど辛いものを前提としていません。

前述の通り運動が得意ではない人ほど運動療法に関してストレスを感じやすいものですが、そうなるとダイエットは長続きしません。

 

ですが、過度な運動を前提としないGLP-1ダイエットであれば、運動が苦手な人でも取り組みやすい運動から始めることができるので、長続きと運動のステップアップを実現しやすいのです。

GLP-1は血糖値を下げる効果も期待できる

さらに、GLP-1が持つ他の作用についても注目する必要があります。

それは、日本において糖尿病治療に用いられるほどの「血糖値へのアプローチ」です。

そもそもGLP-1メディカルダイエットで使用される注射薬は、肥満治療ではなく糖尿病治療の目的で開発されました。

 

その使用において患者さんの体重減少がみられたことにより、ダイエット目的への転用が注目されたのです。

現に、海外では肥満治療目的でも認可されているほどです。

さて、血糖値がなぜリバウンドに関係するのかといえば、血糖値も体重増加に少なからず関わっているからです。

食事により上昇した血糖値は「インスリン」により全身のエネルギー源などの形で消費されますが、消費しきれなかった分については脂肪として溜め込む仕組みになっています。

 

GLP-1には「血糖値を下げるインスリンの分泌を促す」「血糖値を上げるグルカゴンの分泌を抑える」「胃から腸への食べ物の移動速度を抑える」という作用により、血糖値の急上昇を抑える作用があります。

つまり、血糖値の急上昇による血糖の脂肪としての蓄積が発生しにくいということであり、結果的に太りやすい体質を改善することになるのです。

もう1つ理解しておきたいポイントは「副作用のリスクが低い」ことです。

注射薬として利用するGLP-1も治療薬の1つですから、診療の際に医師から説明があると思いますが「副作用」のリスクは存在します。

 

もし辛い副作用が続くのであれば、GLP-1ダイエットを継続するモチベーションは大幅に失われてしまうでしょう。

しかし、中途半端にやめてしまえばリバウンドのリスクを回避することは難しくなります。

実際にGLP-1メディカルダイエットにおいて副作用のリスクは存在するとはいえ、そこまで重篤な副作用の心配はいりません。

 

実際に発生しうる副作用としては「吐き気」や「悪心」などであり、GLP-1ダイエットを続ける中で次第に副作用は治まる傾向にあります。

そもそも、GLP-1は人の体内において小腸から分泌されるホルモンであり、それによって重篤な副作用が発生することは考えにくいのです。

 

ただし、インスリン注射やSU薬などの一部の治療薬とは相性が悪い(低血糖のリスクがある)ので、GLP-1ダイエットのカウンセリングの際に使用中の医薬品を担当医にきちんと説明しておきましょう。

注射で4ヶ月で20キロ減の事例

おなかに注射して減量成功した人

では、実際にGLP-1ダイエットに成功した経験がある患者さんに、リバウンドやストレスがどうであったか話を聞いてみることにしましょう。

 

「今まで、さまざまなダイエット法を実践してきましたが、自分の性格が災いしたのか、リバウンドして失敗ばかりしていました。

私は『たくさん食べること』が大好きであり、人よりも食事量が多いことは自覚していました。

しかし、運動はそこまで好きではないので、徐々に体重は増え続けていきました。

 

最初のころは『痩せなきゃ!』という思いが強くて食事制限もできていたのですが、もともと食べることが好きなので食事制限も運動も長続きしませんでした。

ダイエットをする中で次第にイライラがつのり、結果、数キロ痩せては戻るを繰り返していたのです。

GLP-1ダイエットでは、数か月継続していく中で今のところその兆候は見られていません。

 

以前ほど『たくさん食べる』ことに執着しなくなったのは自分でも大変驚いています。

食事制限でストレスを感じなくなったせいか、苦手な運動も少しずつですが続けています。

やはり食事量に大きな問題があったせいか、4か月で20キロも痩せることに成功しました!」

GLP-1の口コミを紹介!

口コミを紹介する女性

その他にも、GLP-1ダイエット経験者の口コミについて紹介します。

自然に食事量を減らせる

  • 「自然に食事量が減った」
  • 「食欲が抑えられて食事量が少なくても問題ない」
  • 「食費が少し浮いた」
  • 「間食をやめられた」
  • 「食事制限にストレスを感じない」

「自然に」食欲を抑えられるという点が、リバウンドのリスクを抑えることに寄与しています。

「食費が浮いた」というのは少し面白いですが、単純に食事量が減少すればその分だけ食費が節約できるのも当然といえば当然ですね。

血糖値が改善した

  • 「高かった血糖値が改善できた」
  • 「健康診断で驚かれた」
  • 「健康的だと感じている」
  • 「前よりも体の調子が良い気がする」
  • 「糖尿病の不安が払しょくできた」

食事量が減り、インスリン等の作用により血糖値の急上昇を抑えることができるので、血糖値が改善する可能性がある点もGLP-1ダイエットの魅力であるといえます。

そもそもGLP-1の薬は糖尿病の治療薬として開発されているわけですから納得できます。

身体的な負担が少ない

  • 「激しい運動が必要ないのでありがたい」
  • 「注射って痛いイメージがあったけど、十分我慢できるレベル」
  • 「遠隔診療で通院の負担が無い」
  • 「副作用は最初だけだった、今は大したことが無い」

「運動」「注射」「通院」「副作用」という4つのポイントにおいて、患者さんへの負担が抑えられている点も評価ポイントです。

負担に感じることがあれば長続きしない、つまりリバウンドのリスクを考慮しなければならないため、こうしたポイントは決して無視できません。

GLP-1の投与頻度ってどれくらい?

GLP-1の投与頻度を教える看護婦

GLP-1ダイエットでは、基本的に「自己注射」によってGLP-1を補う形になります。

その自己注射の頻度ですが、利用する医療機関等や契約するコースにより異なります。

毎日1回の注射をする場合もあれば、1週間に1回の頻度で構わない場合もあります。

詳しくは利用予定の医療機関等に問い合わせてください。

GLP-1専門医の深堀院長のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生ダイエットにおいてリバウンドの存在は無視できない驚異の1つであり、

痩せるのに成功するためには回避しなければならない事柄です。

GLP-1ダイエットはリバウンドを回避できる可能性が高いダイエット法であり、

今までリバウンドに泣かされてきた人にもオススメのダイエット方法です。

ダイエットしたい女性が腰にメジャーをまく
最新情報をチェックしよう!