GLP-1メディカルダイエットの効果がテレビで話題!

こちらの記事よりも

下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1メディカルダイエットにより「我慢無し」で激ヤセ者続出中!?

「GLP-1って何?ダイエット効果があるって聞いたけど実際のところどうなの?また治療方法や危険性についても知りたい」と思っている方へ。そこで今回は、GLP-1の基礎知識から、食事でGLP-1を増やす方法、治療方法や危険性、どんな人に向いているのかまで詳しく解説します。たしかにダイエット効果の期待できるGLP-1ですが、治療薬だけでなく食事からの摂取など、さまざまな観点からダイエットにアプローチすることが可能です。健康にいても大切なホルモンなので、事前にしっかりと知識をつけておきましょう!
 
 
 

1.GLP-1とは

血糖値の上昇を抑えると体に脂肪が付きにくくなる巷で話題になっている”痩せ”ホルモン、GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)。GLP-1はもともと体内に存在しているホルモンで、主に2型糖尿病に対する治療薬として医療業界で注目されています。糖尿病の大きな原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑制することで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

【GLP-1分泌→インスリン分泌までのメカニズム】

1、食事(炭水化物)によって血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面にある”GLP-1の受容体”にくっつく

4、同じくβ細胞内からインスリンが分泌される

つまりGLP-1とは、「血糖値の上昇時にインスリンを分泌させるホルモン」ということになります。この他にも食欲の抑制効果があるなど、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたい人にとっても救世主のようなホルモンなのです。

【インスリンの分泌促進以外の作用】

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・血糖値の上昇時に作用するグルカゴンの分泌

・食べ物の胃からの排出を遅らせる作用

2.GLP-1の特徴

GLP-1には、具体的にどのようなダイエット効果があるのか、それぞれ詳しく解説します。痩せ効果はもちろん、健康を維持する上でも大切なホルモンなので、しっかりと知識を抑えておきましょう。

2-1.血糖値の上昇を抑える

前述したようにGLP-1には、「血糖値の上昇を抑制する効果」があります。血糖値とは血中の糖分濃度のことで、食事(主に炭水化物)によって血糖値が上がると、GLP-1がインスリンの分泌を促進させます。炭水化物の過剰摂取によって血糖値の高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなるのです。さらに悪化すれば、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞といった重大な病気へのリスクも高まります。それらを未然に防ぐためにも、GLP-1は極めて重要な働きをしてくれるホルモンなのです。

2-2.食欲を抑える

GLP-1には、「食欲を抑制する効果」もあります。GLP-1が体内に増えると、空腹感が軽減されて、徐々に体重が落ちていきます。一方で、肥満体型の人は体内にGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」という悪循環に陥ってしまうわけです。GLP-1治療を行えば、それらの悪いサイクルを断ち切ることができます。

3.GLP-1を食事で増やす

EPAGLP-1は、日常の食事から増やすことができます。普段よく食べる食材のなかでも、すぐれた効果を発揮してくれるものがあるので、いくつかご紹介していきます。

・EPAが豊富な食材

主に、サバなどの青魚に含まれている「EPA」と呼ばれる成分です。正式名称では「エイコサペンタエン酸」といい、体内では合成できない一方で健康には欠かせない成分「必須脂肪酸」の一種でもあります。EPAは、ダイエットのみならず健康保持においても大切な栄養素なので、意識的に摂取したいところですね。サバ以外にもイワシやマグロ、サケなどに豊富に含まれています。魚料理がめんどくさいという人は、サバ缶やサケ缶がおすすめ。

・乳酸菌が豊富な食材

腸にやさしいイメージのある乳酸菌ですが、GLP-1増加にも大きく役立ちます。前述したようにGLP-1は、小腸で分泌されるホルモンです。そこで、乳酸菌を小腸に届けることで、腸壁が刺激され、GLP-1の分泌を促進されるわけです。主にヨーグルト、キムチ、チーズ、味噌などに豊富に含まれます。どれも日常生活でよく見かけるものなので、意識して摂取したいですね。

・鉄分が豊富な食材

体内のGLP-1増加には鉄分もおすすめです。鉄分が持つ「解毒作用」によって、腸内環境が改善され、GLP-1の分泌量が増えます。主にレバーや赤身のお肉、シジミなどに豊富に含まれています。また鉄分は、野菜や海藻類にも含まれますが、それら単体だと吸収されにくいので、タンパク質やビタミンCと一緒に摂りましょう。そうすると吸収力をアップできます。また鉄分は貧血予防にも効くので、健康増進のためにも積極的に摂取しておきたいですね。

4.GLP-1を治療薬で増やす

GLP-1は、食事の他に治療薬でも増やすことができます。「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を、注射器を使って体内に投与し、GLP-1の増加を狙います。高いダイエット効果を得られる治療方法です。病院はもちろん自宅での治療も可能で、だれでも簡単に投与できるのが特徴となります。

・投与頻度・診察

GLP-1受容体作動薬の投与は、「毎日1~2回」もしくは「週1回」が一般的です。その人の体質に合わせて決めるので、お医者さんと相談しつつ、きちんと指示に従うようにしましょう。診察は基本的に病院で行いますが、なかには「遠隔診察」を行なっている病院もあります。また初診をも遠隔でできる病院もあるので、時間がない人や、家から病院までアクセスが困難な人でも安心です。

・注射器の種類は?

使用する注射器には、「シリンジ」、「ペン型注射器」、「オートインジェクター」の3つのタイプがあります。それぞれ解説していきますね。

シリンジ:誰でも知っている、いわゆるノーマルな注射器です。注射器によって薬液を吸い上げて、体内へと投与します。

ペン型注射器:文字通りペンの形をした注射器。機能性に富んだ注射器で、すでに薬液が充填されており、一回ごとに針を付け替えて使用します。またペン型注射器には、「1回分の薬液が充填されているタイプ」と「薬液の量を調整してから打つタイプ」があります。

オートインジェクター:「オート」が意味するように、注射するまでの手間が一切なく、ほぼ全自動で薬液を投与することができる注射器です。ただ、針の付け替えができないので、1回きりの使い切りタイプとなっています。

5.GLP-1は危なくないのか

「治療薬って危なくないの?」と疑問に思う人も多いはず。たしかに、絶対に何も起こらないとは言い切れませんが、GLP-1はもともと体内に存在しているホルモンなので、合成化学薬品のような副作用が起こることはありません。ただ、いくつか気をつけたい症状があるので、それぞれ解説していきます。

5-1.下痢や便秘

GLP-1治療を始めたばかりの頃に、下痢や便秘といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるものですが、しばらくすると自然に症状は消えていくので心配は不要です。

5-2.頭痛や吐き気

同じく治療当初、頭痛や吐き気が起こることもあります。これらは「感受性の高い人」に起こりやすい症状で、そのまま放っておいても症状は自然に消えていきます。もし気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

5-3.薬の兼用による低血糖

治療薬の「単体での投与」では問題ないのですが、糖尿病治療によく用いられる「インスリン」や「SU薬」といった薬と一緒に使用している場合、低血糖になる恐れがあります。低血糖になると、冷や汗や動悸、手足が震えるといった症状が起こり、そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった命に関わる重大な症状へと発展することもあるので、十分に注意が必要です。

5-4.アメリカで承認済み

前提としてGLP-1は、医療大国アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。そもそも国が安全性を保証しているので、先ほどの「糖尿病治療薬との兼用」のような特殊な例を除けば、重大な副作用を心配する必要はありません。

6.GLP-1治療に向いている人

GLP-1治療は、「一般的なダイエットにストレスを抱えてしまう人」に向いています。ダイエットにおいては運動や食事制限が必須ですが、これらにストレスを感じてしまう人も少なくありません。具体的にどんな人に治療が向いているのかを解説します。

6-1.運動が嫌いな人

ダイエットの成功において運動は欠かせない要素のひとつです。本格的に痩せるとなると、相応のカロリーを消費しなければならず、そうしてもハードな運動が必要になります。運動が好き人なら良いですが、運動が嫌いな人にとっては大変ですよね。そこでGLP-1治療薬を使うことで、精神的負担をかけずに体重を落とせます。

6-2.食事制限にストレスを抱えてしまう人

運動と同じくダイエットに必要なのが、食事制限。食べたいものを我慢する生活は、正直かなり辛いですし、気づかぬうちにストレスが溜まってしまいますよね。そんな人にも、GLP-1治療がおすすめ。先述した、GLP-1の「食欲抑制効果」によって、空腹感が軽減され、ゆるやかに体重を減らすことができます。

6-3.リバウンドに悩まされてきた人

「痩せてもすぐに体重が戻ってしまう…」という人にも、GLP-1治療がおすすめです。本当の意味でのダイエット成功とは、体重を維持することですよね。短期間で一気に体重を落とすと、その反動で体重が戻りやすくなります。GLP-1治療を行えば、ゆるやかに体重が落ちていくので、リバウンドもしにくくなります。

6-4.健康的な生活を送ることが大切

たしかに、ストレスなく体重を減らせるGLP-1治療ですが、「薬だけに頼る」のはNGです。薬を投与しているからといって、暴飲暴食を繰り返したり、運動せずにひたすら家で寝ていたり、それでは本末転倒です。定期的に注射を打っていても、「夜は炭水化物を控える」「野菜を積極的に食べる」「毎朝20〜30分ウォーキングをする」など、健康のために自分ができることをコツコツやっていきましょう。

7.まとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、GLP-1を食事で増やす方法・治療薬について詳しく解説しました。先述したように、GLP-1は、すでに人間の体内にあるホルモンなので、治療の危険度はきわめて低いです。またGLP-1は、食事からも増やすことができるので、ぜひ日常的に摂取したいところですね。今までダイエットに失敗してきた人はもちろん、これから本気でダイエットを始めたい人は、治療に取り組んでみるのもありですね。

ベリーの入った容器を持っている子供
最新情報をチェックしよう!