GLP-1ダイエットは極細注射で1日1分のお手軽痩身医療!

食欲ってなんなんでしょうね・・・。

お腹いっぱい食べたはずなのに、まだ食べられると思ってしまいます。

 

そんな食欲に負けてしまい、ダイエットが失敗に終わってしまうケースも珍しくありません。

ものすごい空腹感に耐えきれず、ご飯の前にお菓子を食べてしまう、ということもあるでしょう。

 

そんな食欲におかげで失敗に終わってしまうダイエットはもうやめませんか?

近年、最新のダイエット法として「GLP-1ダイエット」なるものが登場しているんです。

 

GLP-1という人の体内にある物質を注射することで、あれだけ悩んでいた食欲を抑えることができるんですよ。

ドカ食いにも対処できるわけ。

 

もちろん安全性も確立しているので心配はありません。

 

今回は注射による最新ダイエット法についてお伝えしますね。

最先端ダイエットについて詳しく知りたい、という方は必見です。

 

1. GLP-1=ダイエットホルモン

 

まず理解して欲しいのが、GLP-1は何なのか、ということ。

いきなり「GLP-1と呼ばれるものを注射すると痩せる」と言われても怖いですよね。

どんな物質かもわからないわけですから。

 

まずGLP-1について知ってほしいのは、人の体内に存在するホルモンである、ということ。

ダイエットホルモンと呼ばれており、多く分泌される人ほど痩せやすいのです。

一方で分泌量が少ない方は太りやすくなることに・・・。

 

ではもう少し詳しくGLP-1について確認してみましょう。

 

1.1 GLP-1はどこから分泌されているのか?

腸内の細菌

小腸から分泌されています。

小腸から分泌され、膵臓(すいぞう)などの臓器に送られたり視床下部(ししょうかぶ)などの脳に関わったりするところにも働きを持っています。

 

GLP-1は決して危険な成分ではありません。

我々の体内に定期的に分泌されているホルモンであり、注射で摂取したからといって体に変調が起こるようなことは考えられにくいのです。

 

ではGLP-1は普段はどのように分泌されているのでしょうか。

そのメカニズムも確認してみましょう。

 

1.2 GLP-1が分泌される仕組み

 

小腸から分泌されることは述べましたが、小腸に食べ物が入ってきて刺激を受けると産出される仕組みを持っています。

 

要は食べ物を食べると食べ物が食道や胃を通り、腸に入ってくるわけですよね。

その過程で腸が刺激されるので、勝手にGLP-1が分泌されるのです。

 

実は人体にとってGLP-1は欠かせないものでもあります。

我々は食事をすると血糖値というものが上昇します。

 

食べ物を食べると、胃腸で消化されます。

そして消化された栄養素の糖分が血中に多く入り込んでくるんですよ。

 

そのままの状態になってしまったらどうなるでしょうか?

高血糖になって糖尿病の症状が出てしまいますよね。

血管が傷つきやすくなるなど、健康を害することになってしまうのです。

 

そこで体を守るためにGLP-1が分泌されるわけ。

小腸から分泌されたGLP-1は膵臓(すいぞう)に送り届けられます。

 

そして膵臓(すいぞう)で「インスリンを出せ!」と命令するのです。

インスリンには血糖値を下げる作用がありますよね。

インスリンが分泌されることで、血中の糖が減り、血糖値が正常化することに。

 

このようにGLP-1は体の健康を守るためにあるものなのです。

人体から自然に分泌され、体の健康を維持してくれるわけ。

 

でもダイエットとの関わり合いが見えてきませんよね。

 

実はGLP-1にはすごい機能があるんですよ。

体質自体を痩せやすくしてくれます。

今まで辛かったダイエットが嘘のように感じてしまうほどです。

 

ではGLP-1にはどんなダイエット機能を持っているのでしょうか?

 

1.3 GLP-1のダイエット機能とは?

 

まず注目すべきは血糖値の急上昇を抑える、というものです。

GLP-1には血糖値を下げるインスリンの分泌を促す作用があります。

その作用のおかげで血糖値の上昇が緩やかになることに。

 

急激な血糖値の上昇がなくなることで、インスリンの分泌量も結果として抑えられるのです。

 

血糖値が高まるのは身体にとって負担なので、急上昇してしまえば無理をしてでも下げようとします。

インスリンを大量分泌することになり、血中の糖分が一気に各種細胞に送られてしまうのです。

細胞には脂肪細胞もあり、脂肪細胞に糖が送られてしまえば増大してしまいます。

 

GLP-1を注射で補充してやれば、血糖値は急上昇しません。

血糖値の上昇が緩やかになればインスリンの分泌量も少なくすみ、太りにくく痩せやすい体質になるのです。

 

「体質は痩せやすくなったとしても食べすぎたらやっぱり太るのでは?」と思っている方も多いのではありませんか?

 

確かに脂肪が身につきにくくなったとしても、高カロリーなものばかりを大量に食べれば太るでしょう。

でもGLP-1は食べ過ぎにも対応してくれます。

 

さすがに大食いな人もお腹がいっぱいになれば食べられませんよね。

GLP-1には満腹感を発生させる機能もあるんですよ。

 

GLP-1は膵臓(すいぞう)以外にも脳にもおくられます。

脳に送られたGLP-1は様々な場所に影響を与えるとされており、その一つが満腹中枢なのです。

満腹中枢を刺激して、満腹感が出るようにしてくれます。

 

だってGLP-1って小腸に食べ物が入ってきて分泌されるものですよね。

食べたら分泌される物質が脳に届くのですから、満腹感に深く関わるのも当然です。

 

もう一つGLP-1にはびっくりする機能があります!

胃や腸の働きを抑制してくれます。

不健康な意味で働きを抑制するのではありません。

 

実は食べ物を胃や腸に長くあるように働いてくれるのです。

胃や腸に食べ物がある状態を想像してみましょう。

なんだかお腹いっぱいに感じてきませんか?

 

胃や腸にまだたくさんの食べ物がある、となれば食欲も湧きませんよね。

GLP-1は満腹中枢に働きかけるだけではなく、胃腸にまで働きかけて満腹感を出してくれるのです。

 

2. 注射で激やせしたアメリカの女性

 

いくらGLP-1にすごい機能があったとしても実際に痩せた人を知らなければ信用できませんよね。

実は、もうその注射を利用したダイエット法を実践して成功した方も出てきているのです。

 

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」を知っていますか?

そちらでアメリカ人女性のGLP-1注射によるダイエットが紹介されました。

その衝撃的な内容に多くの方が驚いたのです。

 

2.1 ダイエットしたアメリカ人女性について

 

アメリカ・ニュージャージー州在住のマリッサ・ジダジンスキーという女性がGLP-1注射によるダイエットを行いました。

 

彼女の悩みは食欲がどうしても抑えられない、というところ。

あまりに食べすぎてしまい、体重は100キロを超えてしまいました。

 

もちろん彼女は何も対処しなかったわけではありません。

 

「胃バンディング術(ラップバンド)」って知っていますか?

胃の上部をバンドで縛って胃を強制的に小さくするという外科手術までして痩せようとしたのです。

でも体に合いませんでした。

 

彼女はさらに思い切った決断をします。

なんと胃の一部を切除するという「スリーブ状胃切除術」までやってのけました。

 

それでも彼女の食欲はとどまるところを知りません。

せっかく手術で胃を小さくしたのに、たくさん食べるから胃がまた大きくなってしまったのです。

 

2.2 マリッサ・ジダジンスキーさんがGLP-1注射を行った結果とは?

ブカブカのジーンズを履いている女性

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」によると、彼女は注射を行ってからたったの4ヶ月で20キロも減量したとのこと!

 

実際に注射前のマリッサさんと注射を行って4カ月経ったマリッサさんの比較写真がテレビでは紹介されていました。

体格の良かった彼女が、なんとくびれがあるような体型になっているではありませんか!

 

しかも不健康といった感じもありません。

健康的に痩せられたことが確認できるのです。

 

マリッサさんはGLP-1ダイエットに関して、辛さは全く感じなかったとのこと。

彼女の場合は食欲が抑えられない、ということが問題だったのですがGLP-1注射を1日1回打つだけで「ご飯を少し食べただけでもお腹いっぱいになってしまった」そう。

 

彼女と同様に食欲が抑えられない、という方におすすめのダイエット法なのです。

 

3. GLP-1ダイエットをおすすめしたい人

 

  • 運動ダイエットが苦手な人
  • 食事制限が苦手な人
  • 体質的に太りやすい人
  • 健康的なダイエットをしたい人
  • ダイエットでリバウンドをした経験がある人

 

GLP-1ダイエットは万能と言ってもよいほどの効果を持っているので、おすすめできない人はほとんどいません。

さすがに、すでに痩せているのに痩せようとしている方には向きませんが・・・。

グローブとボール

まず注目すべきはGLP-1ダイエットには運動が不要、ということ。

有酸素運動も筋トレも必要ありませんよ。

だって体質に痩せやすくなるので、運動しなくても摂取カロリーが少なくなれば当然痩せます。

 

食事制限も不要です。

食欲が抑えられるのが、GLP-1ダイエットですからね。

炭水化物量も脂質量も当然少なくなります。

 

体質も変えてくれるのがGLP-1です。

糖の吸収率を下げてくれるので、同じように食事をしたとしても脂肪になりにくいのです。

体質的に太りやすい、という方ほどGLP-1ダイエットは成功しやすいですよ。

 

運動ダイエットも食事制限ダイエットも健康的とは必ずしも言えません。

過激な運動や断食系のダイエットは身体への負担も大きいです。

でもGLP-1なら注射をするだけなので、心身の負担はほとんどありませんよ。

 

万年ダイエッターという方もいるでしょう。

そういった方は何度となくリバウンドを繰り返してしまい、どんどん増量しているケースも珍しくありません。

でもGLP-1ダイエットはリバウンドが起こりにくいのです。

 

体質的に痩せやすくなるのはもちろん、食べる量自体を減らせる可能性が高いわけですからね。

もうリバウンドをしたくない、という方にもGLP-1ダイエットは向いています。

 

4. GLP-1注射ダイエットはこんな特徴あり

ストレスフリーな笑顔の女性

  • アメリカ・ヨーロッパでは承認済みである
  • 注射は毎日行う(極細針を使うので安心)
  • ストレスが発生しにくい
  • 食欲が自然にダウンする

 

安全性は極めて高いので安心してください。

すでにアメリカであるとかヨーロッパについては、肥満治療薬として承認を受けています。

日本では糖尿病治療薬としてのみ承認していますが、医療機関でダイエット目的として処方してもらうことも可能です。

 

注射については1日に1回の頻度ですることになりますが、自宅で自己注射できるので負担に感じることはありません(注射1回あたり1分程度で終了)。

さらに注射針の太さはわずか0.23ミリと極細です。

痛みもほとんどなく、ちょっとチクっとするだけです。

 

食欲対策に特に優れた機能を持っています。

空腹状態であったとしても少し食べただけで満腹考えられるようになります。

摂取カロリーが自然と減るので体重減につながってくるのです。

 

食欲を自然と抑制してもらえるので、ストレスが発生しにくいところもポイント!

自分で食事を我慢するのって大変ですよね。

 

でもGLP-1なら我慢は不要。

だって勝手に食べたくなくなるわけですから。

 

5. GLP-1専門医の深堀院長のまとめ

 

すでに海外では多数の実績を持っているのがGLP-1注射です。

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたマリッサ・ジダジンスキーさんの件はその一例に過ぎません。

 

医療系のダイエット法と聞くと辛いものを想像するかもしれません。

注射と聞くと怖くなってしまう方もいるでしょう。

 

でも海外ではすでに多くの方が実践して継続できているのです。

さらに注射するとはいっても病院でしなければならないわけではありません。

自宅で自分で出来るんですよ。

カレンダーとペン

注射は1日あたり1回が目安で、注射器の針は極細です。

注射時に強い痛みが発生することもなし。

 

安全性も確立されており、重い副作用報告はありません。

怖がっているだけではダイエットは成功しません。

一歩を踏み出してみませんか?

注射器や錠剤
最新情報をチェックしよう!