GLP-1で楽してダイエットできるかも!?話題の痩せ薬の秘密

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエット薬は日本で認可されてる?

 

 

今まで、さまざまなダイエット法が編み出され、ネットやテレビなどのメディアを中心に情報が拡散されてきました。しかしながら、ダイエット法の中には苦労などの面で相性が良くない方法も少なくありません。そこで、楽してダイエットできるかもしれない方法として注目されている「GLP-1」について解説します。

GLP-1とは痩せ薬なのか?

「GLP-1」は、正式には「グルカゴン様ペプチド-1」という名前のホルモンです。人間の体の中に存在するホルモンの一種であり、アメリカでは以前から肥満に対する治療薬として利用されていました。

GLP-1は血糖値を下げる

食事をすると血糖値が上がりますが、このときGLP-1が小腸にある「L細胞」から分泌されて、すい臓の「β細胞」の表面にある受容体に結合します。これにより、β細胞からインスリンを分泌させるのです。なおGLP-1は、血糖値が高い場合にのみインスリンを分泌させる特徴があります。

GLP-1が抱えるジレンマ

もう一つの特徴として、GLP-1は肥満の傾向にある人ほど、分泌量が少ないという特徴があります。前述のとおりGLP-1は肥満の治療薬として用いられる、つまりダイエットに効果を発揮するホルモンであることがわかります(詳しい内容については次の項目で解説します)。

また、これも前述のとおりGLP-1は人の体内で分泌されているものであり、摂取しなくても体内に存在して機能しているはずです。つまり、本来であればその機能が最大限に発揮されるべきはずの肥満体質の人ほど、GLP-1が少ないというジレンマを抱えていることになるのです。

GLP-1を用いた治療の特徴

GLP-1は、「GLP-1受動態作動薬」の注射という形で肥満治療を受けることができます。前述のとおりアメリカでは以前から肥満治療薬として用いられており、認可を受けている治療法なのです。しかし、日本では医療機関においてGLP-1の導入は進んでいるものの、保険診療の対象には含まれていません。

また、治療を受けられる医療機関もさほど多くないので、GLP-1を用いた治療を受けたい場合は治療を受けられる医療機関を探さなければならない上に、自費診療で治療費を100%自己負担しなければならないという点に注意が必要です。

GLP-1のダイエット効果の特徴

GLP-1が肥満対策に効果を発揮する理由を一言で表すと、「痩せるホルモン」です。

血糖値の上昇を抑制

具体的なGLP-1の効果は、第一に「血糖値の上昇を防いでくれる」ことが挙げられます。昨今、肥満の本当の原因としてメディアに取り上げられることの多くなった血糖値を、GLP-1はその上昇を抑制してくれるのです。血糖値が高い状態が続くと体に脂肪が蓄積しやすく、これが肥満の原因であるとされています。

血糖値を下げる働きを持つのは「インスリン」なのですが、GLP-1にはこのインスリンの分泌を促す作用があるのです。GLP-1のように、インスリンの分泌を促す作用を持つホルモンのことを総称して「インクレチン」といいます。

また、インスリン以外にも血糖値の上昇を抑える作用があります。1つ目は「グルカゴン」に関係しています。グルカゴンは血糖値を上げる作用があるホルモンなのですが、GLP-1にはこのグルカゴンの分泌を抑える作用があるのです。

また、血糖値に関しては他にも「食べ物の移動速度」に関する作用があるのです。GLP-1には、食べ物が胃から腸へと移動する動きを遅らせる作用があります。消化が早まると、その分だけ血糖値の急上昇が発生し、いわゆる「血糖値スパイク」を引き起こしてしまいます。消化スピードを遅らせることにより、食事による血糖値の上昇スピードを緩やかにしれくれるのです。

このように、GLP-1には「インスリンの分泌を促す」「グルカゴンの分泌を抑える」「食べ物の移動速度を抑制して血糖値の急上昇を抑える」という3つの働きにより、血糖値の上昇を抑制する作用があることがわかります。

満腹中枢を刺激する

第二に、GLP-1には「満腹中枢を刺激する」作用があります。満腹中枢とは満腹感を発生させる視床下部の部位であり、これに問題が生じると過食などの摂食障害を引き起こしてしまいます。

GLP-1は、脳の中枢神経に働きかけて、満腹中枢を刺激する作用があります。満腹中枢が刺激されれば満腹感を感じますから、食事量を減らしても空腹感を感じるリスクを減らすことができるのです。結果、自然と食事量を減らすことができ、無理なく食事量をコントロールすることができます。

ダイエットにおいて、食事量のコントロールは重要なポイントです。食事量を減らすこと自体は基本的に誰にでも可能なことですが、重要なことは栄養を確保することと、食事量のコントロールを継続することにあります。無理に食事量を減らして空腹感を感じ続ければそれがストレスとなり、暴飲暴食を引き起こすリスクを高めることになるのです。

また、血糖値を下げることも空腹感に関係しており、その点から考えてもGLP-1は食事量のコントロールをサポートする作用を期待できます。

GLP-1の安全性は既に認可が下りている

さて、ダイエットに関係することについては、さまざまな「危険性」についてのリスクを考慮する必要があります。では、GLP-1には何らかのリスクを伴う可能性はないのでしょうか?

血糖値の過剰な低下は健康面でのリスクを伴う

問題があるとすれば、それは「血糖値を下げる」ことにあります。昨今、メディアで「血糖値が高い=太る」という紹介がされる機会が多くなり、血糖値が全て悪いというイメージをお持ちの人が少なくありません。しかし、そもそも「血糖」とは人間が活動する上で重要な要素でもあるのです。

そもそも「血糖」とは何かといえば、血液中のブドウ糖のことであり、血糖値とは血中ブドウ糖濃度のことをいいます。血糖は血管により全身をめぐり、インスリンの働きによってさまざまな組織に取り込まれてエネルギーとして利用されるのです。要するに血糖とは、体を動かすための大切なエネルギーとなります。

血糖値が高いことを「高血糖」、逆に血糖値が低いことを「低血糖」といいます。ダイエットや体重に関連するトピックでは何かと高血糖が悪者扱いされています(実際、健康とは言えません)が、ならばその真逆である低血糖は良い状態なのかと言えば、そうではありません。

前述のとおり血糖とは細胞のエネルギー源であり、仮に血糖が無くなれば人は生きていくことができません。低血糖とは血液中のブドウ糖の量が少ないことなので、言い換えれば細胞に供給するためのエネルギーが不足していることになります。

血糖値が下がるほどに重篤な症状が発生し、軽度な場合であれば集中力の低下や手足の震えなどの症状で済みますが、さらに血糖値が下がるとけいれんや昏睡などの状態に陥ってしまうのです。

GLP-1は低血糖のリスクが少ない

GLP-1は血糖値の上昇を抑える作用があるので低血糖のリスクがあるように思われます。しかし、実際にはGLP-1の作用によって重度の低血糖が起こるリスクは極めて少ないといえます。

先程も少し触れていますが、GLP-1の特徴の一つに「血糖値が高くないと作用しない」という特徴があります。そもそも低血糖は血糖値が高くない状態でさらに血糖値が下がることが問題であるため、血糖降下薬による副作用として危険視されることが多いです。

同じく血糖値を下げるGLP-1ですが、血糖値が低い状態では作用しないため低血糖を引き起こすリスクは極めて低いといえるのです。

そもそも体内で分泌される成分である

そもそもの問題として、GLP-1は元々「体内で分泌されるホルモンである」という点を忘れてはいけません。前述のとおり分泌量には個人差はありますが、体内に分泌する仕組みがある成分であるため、体内に自然には存在しない成分と比較するとその危険性は極めて少ないと評価すべきでしょう。

GLP-1の血糖値低下効果は低血糖を引き起こすリスクが極めて低く、体内で分泌されているホルモンである、これらを総合的に考慮するとGLP-1に対して危険性のリスクを考慮する必要性は極めて少ないと評価できます。

本当に危険性は無いの?

「本当に危険性はないのか?」と聞かれれば、100%安全とは言い切れないと言わざるを得ません。例えば風邪薬にだって副作用があるように、GLP-1を用いた治療法には副作用の報告もあるのです。

GLP-1を用いた治療において報告されている副作用としては、「頭痛」「吐き気」「胃の不快感」が挙げられます。ですが、これも何度も説明していますがGLP-1は体内で分泌されるホルモンであることと、血糖値が低い状態では作用しないこと、加えてアメリカでは認可を受けている治療法であることを忘れないでください。もし、危険性が高い治療法であれば、認可されることはまず無いでしょう。

日本でGLP-1を用いた肥満治療を受ける場合であれば、仮に何らかの症状が発生した際には早めに担当医に相談して、治療継続の是非を判断してもらいましょう。

GLP-1を補助的に分泌できる食べ物

GLP-1は、さまざまな「食べ物」の働きによってその分泌量を増やせるとされています。積極的に食生活に組み入れることでGLP-1を増やし、楽にダイエットできる可能性を高められるでしょう。そんな「GLP-1を増やせる食べ物」をいくつか紹介したいと思います。

発酵食品

1つ目は「発酵食品」です。ヨーグルトや納豆などの発酵食品には「乳酸菌」が豊富に含まれており、これが腸内環境を改善してGLP-1の分泌を促すとされています。主に以下の食べ物に乳酸菌が多く含まれています。

・ヨーグルト

・納豆

・味噌

・ぬか漬け

・チーズ

・キムチ

一般的に発酵食品同士を組み合わせる食べ方が良いとされており、食べ方を工夫することができます。ですが、これらの食べ物は好き嫌いが大きく分かれる食べ物でもありますので、苦手だという人は乳酸菌のサプリメントを摂取することをオススメします。

食物繊維の多い食べ物

2つ目は「食物繊維の多い食べ物」です。消化されない食物繊維は腸に刺激を与え、GLP-1の分泌を促すとされているのです。

食物繊維は野菜類に多く含まれているというイメージがありますが、100gあたりの含有量で言えば「豆類」に多く含まれています。例えば食物繊維のトピックで取り上げられることの多い「キャベツ」は100gあたり2g未満ですが、健康面で取り上げられることの多くなった「おから」だと100gあたり11gほど含まれており、5倍以上の含有量であることがわかります。

また、乳酸菌の多い「納豆」も100gあたり6.7gほど含まれているため、毎日の食生活に組み入れたい食品であることがわかります。

食物繊維は、欧米の食生活が入り込んだ現代日本の食生活において不足しがちな栄養です。便通や肥満、美容などにも深く関わる栄養であるため、GLP-1のためだけでなく健康的な生活を手に入れるためにも食物繊維は積極的に摂取するように心がけてください。

青魚

3つ目は「青魚」です。青魚とは「サバ」や「ブリ」、「サンマ」などの缶詰で有名な魚のことです。青魚の何が良いのかと言えば、青魚に含まれている「EPA」という栄養がGLP-1の分泌を促すとされているのです。また、EPAにはこの他にも嬉しい効果があり、例えば中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果が知られています。

生の青魚を購入するのも良いですが、缶詰にもEPAやDHAは豊富に含まれています。缶詰なら保存も効いてそのまま食べられるのでオススメです。青魚も好き嫌いが分かれる食べ物ではありますが、これもサプリメントがありますので、魚を食べずにEPAを摂取したい場合にはサプリメントを購入することをオススメします。

鉄分の多い食べ物

4つ目に「鉄分の多い食べ物」です。鉄分を摂取すると腸内で解毒作用を発揮し、腸内環境を整えることによってGLP-1の分泌を助けることが期待できます。鉄分は肉類の中でも赤身やレバーに多く含まれているのです。貧血を起こしやすい女性にとって重要な栄養でもあります。

「チラコイド」を含む食べ物

最後に「チラコイド」を含む食べ物をオススメします。チラコイドにはGLP-1の分泌を促す作用があることがわかっており、他にも満腹ホルモンを分泌させて空腹感を抑える作用や脂肪の消化と吸収を遅くする作用があるため、チラコイド単体でもダイエット効果を期待できます。「ほうれん草」を食べるか、サプリメントから摂取することをオススメします。

糖質やアルコールは避ける

逆に、GLP-1の分泌を妨げる食べ物は「糖質」や「アルコール」を多く含む食べ物です。ダイエットにおいて大敵ともいえる糖質とアルコールは、過剰摂取により腸内環境をあっかさせて、GLP-1の分泌を妨げてしまいます。GLP-1の分泌には腸内環境を良好に保つことが必要であり、糖質やアルコールの他にも腸内環境を悪化させる食生活や生活習慣は避けなければなりません。

サプリメントは無いの?

ここまでに何度か「サプリメント」という言葉を使いました。サプリメントはさまざまな栄養を手軽に摂取できるアイテムであり、苦手な食べ物や毎日食べることが難しい食べ物に多く含まれる優秀な栄養を摂取する方法として優れています。

では、GLP-1にはサプリメントは無いのかというと、残念ながらGLP-1サプリメントは市販されていません。前述のとおりアメリカを中心にGLP-1は肥満の治療薬として用いられているように、GLP-1が含まれる薬は医師の処方が必要であるため、日本では市販されていないのです。

GLP-1はこういう人におすすめ

最後に、GLP-1はどんな人にオススメなのかについて解説します。

ダイエットしたい人

GLP-1は、ダイエットに向いている成分です。なので、ダイエットしたい人にとってオススメの成分であることは間違いありません。医学的に見ても、治療法として確立している方法であるため、ダイエットに有効である根拠は十分です。

血糖値が気になる人

GLP-1は、血糖値が気になる人にもオススメです。GLP-1はインスリンやグルカゴンと言った血糖値に関するホルモンの分泌に影響し、血糖値の上昇を抑えてくれます。高血糖が続くと「糖尿病」になり、さまざまな病気の原因になるのです。

今までにダイエットに失敗したことがある人

中でも、今までに何らかの方法でダイエットを行い、失敗している人にとってオススメの方法であるといえます。有効な食べ物を食べて腸内環境を改善し、GLP-1の分泌を促すことによってダイエットにつながるこの方法は、数あるダイエット法の中でも特に難易度が低い方法であるといえます。

本格的にGLP-1を活用したいのであれば医師に相談を

GLP-1を利用したダイエットは手軽な方法ではありますが、どんなダイエット法でもそうであるように具体的なダイエット効果の現れ方には個人差があります。劇的に痩せられる人もいれば、あまり効果を実感できない人もいるでしょう。

本格的にGLP-1を活用して痩せたいのであれば、GLP-1を用いた医療を利用するのが一番です。日本ではあまり馴染みがありませんが、一部の医療機関ではGLP-1を用いた肥満治療を行っています。興味がある人は、GLP-1を利用した治療を提供している医療機関に問い合わせてください。

GLP-1ダイエット専門医のまとめ

GLP-1専門医師深堀純也院長
深堀院長

いかがでしょうか。GLP-1は体内で分泌されるホルモンですが、効果的にこれを増やすことによってダイエット効果を得られる可能性が高いです。これだけで痩せられるかどうかは人それぞれですが、他のダイエット法とも組み合わせやすいのでオススメの方法となります。

サプリメントが無いのは残念ですが、一部の医療機関ではGLP-1を用いた治療を行っているところもあります。まずは食生活を改善して分泌量を増やし、本格的にGLP-1の効果を実感したい人は医療機関に問い合わせてください。

3人の女性
最新情報をチェックしよう!