GLP-1(やせるホルモン)ダイエット以外ではもう痩せられない!?

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

痩せホルモンGLP-1ダイエット2019年決定版!肥満の悩みを人生最後に

 

 

最近、巷でになっている”痩せホルモン”、GLP-1は腸から分泌されます。健康にも大いに役立ってくれるホルモンなので、GLP-1についてあらかじめしっかりと知識をつけておきましょう!

1.GLP-1(やせるホルモン)とは?

ダイエット効果抜群と話題になっているホルモン、GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)。主に2型糖尿病に役立つ治療薬として、医療業界で注目されているホルモンです。

糖尿病になってしまう大きな原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする作用があります。

【GLP-1が分泌されるまでの流れ】

1、食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する

2、小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

3、すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

4、β細胞内からインスリンが分泌される」

要するにGLP-1とは、「血糖値が上昇したときだけに、ピンポイントでインスリンを分泌させるホルモン」となります。その他にも、食欲を抑えてくれるなどうれしい効果があります。糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる、救世主のようなホルモンなのです。

またGLP-1にはインスリンの分泌以外にも、

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・食べ物の胃からの排出を遅らせる効果

・血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌

があります。

2.GLP-1(やせるホルモン)の特徴

GLP-1ホルモンがインスリンの分泌を促す仕組み多様な作用のあるGLP-1。具体的にどのようなダイエット効果があるのか見ていきましょう。また、実はGLP-1は、もともと体内に備わっているホルモンでもあります。”痩せホルモン”としての働きはもちろん、健康維持する上でも大切な役割を持っています。

2-1.血糖値上昇の抑制

GLP-1は、インスリンの分泌を促進することで、血糖値の上昇を抑える作用を持っています。血糖値とは、血中の糖分濃度のこと。ご飯やパン、麺、甘いものなどの炭水化物を食べると血糖値が上がり、その過剰摂取によって血糖値が高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなります。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ、心筋梗塞、脳梗塞といった命にかかわる病気にもなり得ます。それくらい、血糖値は健康に大きく左右する指標なのです。それらを抑制するホルモンとして、GLP-1は効果を発揮してくれます。

2-2.食欲の抑制

GLP-1を代表する効果として「食欲の抑制」もあります。体内にGLP-1が増えると、空腹感が軽くなり、食事量をコントロールできます。すると、ゆるやかに体重が落ちていくのです。そもそも食欲が抑えられるので、我慢する必要も一切ありません。一方で、肥満体型の人はGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→余計に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」といった悪循環となっています。この悪いサイクルを断ち切るためにも、GLP-1は大きな役割を果たしてくれます。

3.GLP-1(やせるホルモン)治療とは

「GLP-1を増やす治療方法があるって聞いたけど、具体的にどんなものなの?」と思っている人も多いはず。GLP-1治療は、「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を投与する方法です。注射器によって体内へ投与し、体重減少をはかります。

3-1.注射器で投与する

注射のシルエット前述したようにGLP-1の治療薬は、注射器を使って投与します。注射器の種類は「シリンジ」「ペン型注射器」「オートインジェクター」の3種類があります。

シリンジ:いわゆる、誰でも見たことのあるノーマルな注射器です。注射器によって薬液を吸い上げて、体内へと投与します。

ペン型注射器:文字通りペンの形をした注射器。すでに薬液が充填されていて、針は1回ごとに取り替えて使います。またペン型注射器には、「すでに1回ちょうど分の薬液が充填されているタイプ」と「薬液の量を調整してから打つタイプ」の2つがあります。

オートインジェクター:ハイテク性抜群の注射器、オートインジェクター。「オート」が意味するように、ほぼ全自動で体内へと薬液を投与することができます。しかし、針を交換できないので、1回限りの使い切りとなります。

3-2.GLP-1の治療頻度は?

「実際にどのくらいの頻度で治療を行うの?」という疑問が生まれるかと思います。治療の頻度は、「週1回の投与」もしくは「毎日1~2回の投与」が一般的です。その人の体質に合わせて決定するので、お医者さんと相談して、指示に従いましょう。また病院での診察・治療はもちろん、治療薬は自宅でも投与することができます。なかには、遠隔で初診や診察を行なっている病院もあるので、時間がない人や病院から自宅までアクセスが不便な人でも安心です。

4.GLP-1(やせるホルモン)のリスク

治療を受けるときに、もっとも気になるのが、副作用のリスクですよね。「いくら効果があるといっても副作用が怖い…」と思っている人も多いはず。たしかに、100%副作用が起こらないとは言えません。しかしGLP-1はもともと体内にあるホルモンなので、合成化学薬品による副作用が起こることはないので、重大な副作用の心配は不要です。ただ、いくつか気をつけたい症状があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

4-1.前提として「アメリカで承認済み」

外国人男性医師まず前提としてGLP-1は、アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を認めているので、特殊な事例がない限り、重大な副作用を心配する必要はありません。安心して治療を受けて大丈夫です。

4-2.頭痛や吐き気

治療薬を投与し始めの頃、頭痛や吐き気といった症状があらわれることがあります。これらは、感受性の高い人に起こりやすくなります。ただ、しばらく経つと自然と消えていきます。

4-3.便秘や下痢

同じく治療初期に、便秘や下痢がおこることもあります。これらは胃腸の不調によるものです。しばらくすると症状は消えるので心配する必要はありませんが、もし気になるようだったらお医者さんに相談しましょう。

4-4.薬の兼用による低血糖

GLP-1の治療薬”単体”での使用では問題ないのですが、糖尿病治療に使用される「SU薬」や「インスリン」といった薬と一緒に使うと、低血糖を引き起こすリスクがあります。低血糖になると、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状があらわれることも。さらに重症化すると、意識障害や昏睡といった重大な症状を引き起こす可能性もあるので、糖尿病治療薬を兼用している人は注意が必要です。お医者さんにもしっかりと伝えておきましょう。

5.GLP-1は食事でも増やせる

GLP-1は、食事でもを増やすことが可能です。普段何気なく食べているもの中でも、GLP-1を増やしてくれる食材があるので、いくつかご紹介します。

・乳酸菌が豊富な食材

腸にやさしいイメージのある乳酸菌。前述したように、GLP-1は小腸から分泌されるホルモンです。乳酸菌を小腸に届けてあげることで、腸壁が刺激されて、GLP-1の分泌量が増えます。ヨーグルトやキムチ、味噌などが代表例。日常的に食べられる食材ばかりなので、意識的に摂取したいところです。

・EPAが豊富な食材

EPAが豊富な食材もおすすめ。EPAは正式名称で「エイコサペンタエン酸」といい、主に青魚に含まれている成分です。また健康には欠かせないものの体内で合成できない「必須脂肪酸」の一種でもあります。主にマグロやサバ、サケ、イワシなどか代表例です。「魚料理は手間がかかるからめんどくさい」という人には「サバ缶」や「サケ缶」がおすすめ。GLP-1増加だけでなく健康においても大切な栄養素なので、積極的に食べたいところです。

・鉄分豊富な食材

鉄分が豊富に含まれた食材も、GLP-1の増加に役立ちます。鉄分の解毒作用によって、腸内環境が改善されて、GLP-1が増加しやすくなります。主にレバーや赤身のお肉、魚などに豊富です。鉄分は野菜や海藻類にも多く含まれていますが、これら単体では吸収率が低くなってしまいます。そこで、タンパク質やビタミンCと一緒に食べることで、吸収率をアップさせることができます。

6.GLP-1(やせるホルモン)まとめ

GLP-1の基礎知識をはじめ、治療方法やリスク、治療以外でGLP-1を増やす方法について解説しました。いかがでしたか?GLP-1治療は、ストレスなく痩せたい人にはぴったりの方法です。運動が苦手な人や、食事制限にストレスを抱えてしまう人、今までリバウンドを繰り返してきた人で、「今度こそは本気で痩せたい!」と思っている人は、ぜひ治療を受けてみてください。特殊な事例がない限り、リスクもほとんどないので、安心して治療を受けることができますよ。またGLP-1は健康維持にも大切なホルモンので、日常の食事から増やすのもおすすめですね。あなたの体が、よりいっそう健康となることを祈っています。

餌を食べている羊
最新情報をチェックしよう!