やせるホルモンGLP-1を注射して気がついたら痩せていた件

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1ダイエット注射が既存の概念を覆した最大の理由!ノンストレスって本当?

 

 「ダイエット効果のあるGLP-1って何?治療を受けられるって聞いたけど具体的にどうやって受けるの?副作用や危険性があるのかも知りたい」と考えているあなたへ。そこで今回は、GLP-1についての基礎知識と治療方法、メリット、危険性について解説します。最近話題になっているGLP-1治療ですが、実はメリットがたくさんあるのです。あらかじめ知識を入れておいて、ダイエットライフに役立てましょう。

1.GLP-1を腸から分泌すればどうなる?

巷で話題になっている話題になっている”痩せ”ホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」と呼ばれており、主に2型糖尿病に有効な治療薬として、医療業界で注目されています。糖尿病の最大の原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、血糖値の上昇を抑える「インスリン」を分泌することで、糖尿病を予防したり、無理のないダイエットをすすめてくれる効果があります。

【GLP-1が分泌されるまでのプロセス】

①食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する

②小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

③すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく

④すい臓のβ細胞内からインスリンが分泌される

要するにGLP-1とは、「血糖値が上昇したときに、ピンポイントでインスリン分泌を促進させるホルモン」となります。その他にも食欲を抑制する作用があるなど、GLP-1は、糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人にとって嬉しい作用のあるホルモンなのです。

その他にも、

・すい臓にあるβ細胞の増殖

・血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌

・食べ物の胃からの排出を遅らせる効果

といった作用があります。

2.GLP-1の特性は食欲だけではない

ではGLP-1には、具体的にどのようなダイエット効果があるのでしょう。痩せ効果はもちろん、健康を保つためにも重要なホルモンなので知識としてしっかり抑えておきましょう。

2-1.血糖値の上昇抑制

GLP-1の大きな特徴として、インスリン分泌によって「血糖値を抑制する作用」があります。血糖値の上昇とは、主に炭水化物を食べることで、血中濃度が高くなることです。ご飯やパン、麺、甘いものなどの過剰摂取によって血糖値が高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなり、やがて肥満体型になります。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ心筋梗塞や脳梗塞など、重大な病気になるリスクも高まるのです。そこでパワーを発揮してくれるのがGLP-1。GLP-1は、インスリンの分泌を促進させて、血糖値上昇を防いでくれます。体内のGLP-1量が増えると、体脂肪もつきにくくなるわけです。

2-2.食欲の抑制

GLP-1には、食欲を抑制する効果もあります。GLP-1が体内に増えると、空腹感が抑えられて食べすぎを予防できるので、必要以上のカロリーを摂取しなくて済みます。結果的に、ゆるやかに体重が落ちていきます。一方、肥満体型の人は体内のGLP-1量が少ない傾向にあり、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」という悪循環になってしまうのです。

3.GLP-1は体内で増やせる!?その方法とは

GLP-1を増やすには、「食事で増やす」もしくは「治療薬の投与で増やす」もしくはのどちらかになります。それぞれ具体的に解説していきますね。

3-1.GLP-1を食事で増やす

GLP-1は食事によって増やすことができます。日常生活でよく見かける食材から摂取できるので、誰でも簡単にダイエットを効果を得られま。なかでも、以下の食材がおすすめです。

・乳酸菌

腸にやさしいイメージのある乳酸菌。前述したように、GLP-1は小腸から分泌されるホルモンなので、乳酸菌を腸に届けることで、腸壁が刺激されて、GLP-1量の増加へとつながるのです。ヨーグルトやキムチ、チーズ、味噌といった食材が代表例。どれも気軽に食べられるものばかりなので、意識して摂取しましょう。

・EPA

誰しもきっと一度は耳にしたことがある、「EPA(エイコサペンタエン酸)」。主に青魚に多く含まれる成分で、健康維持に必須ながらも、体内で合成できない「必須脂肪酸」の一種でもあります。GLP-1増加によるダイエット効果はもちろん、健康維持にも欠かせません。イワシやサバ、サケ、アジなどが代表例。「魚料理を作るのは手間がかかってめんどくさい」という人には、サバ缶やサケ缶がおすすめです。

・鉄分

鉄分のもつ解毒作用によって、腸内環境が改善され、GLP-1増加へと繋がります。また鉄分は貧血予防にも効果的なので、意識して摂取したいところです。主にレバーや赤身のお肉、シジミなどが代表例。鉄分は野菜や海藻類にも多く含まれていますが、単体だと吸収率が低くなってしまいます。そこで、タンパク質やビタミンCと一緒に海藻や野菜を食べることで、吸収率がアップさせることができます。

3-2.治療薬で増やすのが唯一のGLP-1ダイエット

GLP-1の治療薬「GLP-1受容体作動薬」を使ってGLP-1を増やす方法が現状GLP-1ダイエットと呼ばれる唯一の方法になります。主に2型糖尿病の患者さん使われていますが、ダイエットしたい人に向けても使用されています。注射器を使って体内に薬液を投与し、体重の減少をはかります。

・GLP-1の治療は注射器で行う

治療薬は通常、注射器を使って体内へ投与します。注射器のバリエーションは3つあります。

シリンジ:いわゆるノーマルな注射器、シリンジ。注射器によって薬液を吸い上げて、体内へ投与します。

ペン型注射器:言葉通りペンの形をした注射器。ペンの中に薬液が充填されていて、一回打つごとに針を取り替えて使います。また、ペン型注射器は「すでに一回分の薬液が準備されているタイプ」と「薬液量を調整してから打つタイプ」の2つに分かれています。

オートインジェクター:全自動タイプの注射器「オートインジェクター」。あらかじめ薬液が充填されており、針を取り付ける必要のない使い切りタイプです。準備の手間がいらないので、誰でも簡単に注射できます。

・投与頻度は?

投与は、「週1回の投与」または「毎日1~2回の投与」のどちらかになります。病院での投与はもちろん、自宅での投与も可能です。自分で簡単に注射できるので、時間がない人でも安心です。また、遠隔で初診・診察をおこなっている病院もあります。

4.GLP-1治療のメリット

前述したように、GLP-1受容体作動薬は、主に「2型糖尿病」の患者さんに使われています。もちろん痩せたい人でも使うことは可能ですが、特に「今まで何度もダイエットに失敗してきた人」にはおすすめです。治療における3つのメリットをそれぞれ解説します。

4-1.食事制限をしなくてOK

ダイエットにおける最大の壁が、食事制限ですよね。この食事制限のせいでダイエットにつまずいて、また「我慢しなきゃ」と思っていても、つい食べてしまっい一向にダイエットが成功しない人も多いはず。GLP-1治療は、そんな悩みも解消してくれます。前述した「食欲を抑制する効果」によって、空腹感が軽くなって、ゆるやかに体重が落ちていきます。

4-2.ハードな運動も不要

食事制限と並んで大切なのが、運動です。ダイエットを成功させるとなると、筋トレをしたり、走ったりと、あらゆる運動でカロリーを消費する必要があります。運動好きな人なら問題ありませんが、運動嫌いな人にとっては、とてもストレスが溜まってしまいますよね。そこで、GLP-1の治療薬を投与することで、ハードな運動をすることなくダイエットを成功させることができるのです。

4-3.リバウンドのリスクも軽減

「ダイエットに成功してもすぐにリバウンドしてしまう…」という人にもGLP-1治療がおすすめ。リバウンドしてしまう原因として、「急激なダイエット」があげられます。短期間で一気に痩せると、その反動で体重が戻りやすくなるのです。一方のGLP-1治療では、時間をかけてゆるやかに体重を落としていくので、リバウンドの心配がありません。

5.GLP-1は悪い報告があるのか?

治療を始めるときに気になるのが、薬の副作用や危険性ですよね。「いくら効果があっても副作用は大丈夫なの…?」と不安になっている人も多いはず。たしかに、100%何も起こらないとは言い切れませんが、GLP-1は体内にもともとあるホルモンなので、合成化学薬品のような副作用が起こることはまずありません。仮に起こっても自然に症状は消えるので心配は不要です。ただ、少し注意してほしい症状がいくつかあるので、あらかじめ覚えておきましょう。

5-1.便秘や下痢

治療当初に、便秘や下痢といった症状が起こることがあります。これらは胃腸の不具合によるもの。最初は不安になるかもしれませんが、しばらく経つと自然に症状は消えていきます。

5-2.頭痛や吐き気

同じく治療当初、頭痛や吐き気があらわれれことも。これらの症状は、感受性の高い人に起こりやすいのが特徴です。こちらも、しばらくすると自然に消えていくので心配は不要です。もし気になる場合は、お医者さんに診てもらうと良いでしょう。

5-3.低血糖

GLP-1治療薬”だけ”の投与では問題ないのですが、糖尿病治療に使われる「インスリン」や「SU薬」と一緒に投与している場合は要注意です。複数の薬を兼用することで、低血糖を引き起こすリスクがあります。体が低血糖状態になると、動悸や冷や汗、手足の震えなどの症状があらわれることも。そのまま放置すれば、意識障害や昏睡といった命にかかわる重大な症状に進展してしまうこともあるので、十分に注意が必要です。

5-4.医療大国アメリカでも承認済み

GLP-1は、アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、広く認知されています。日本においても「糖尿病治療薬」として厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を認めているので、特殊な事例がないかぎり、深刻な副作用を心配する必要はありません。気負うことなく治療を受けて大丈夫です。

6.GLP-1まとめ

GLP-1の基礎知識や特性、治療方法・危険性について解説しました。いかがでしたか?GLP-1は、すでに人間の体内にあるホルモンなので、治療によって化学的薬物がもたらすような副作用はないので、安心して治療を受けることができます。また、今までダイエットが失敗続きだった人は必見です。GLP-1が、あなたを理想のカラダへと近づけてくれることでしょう。

食事をしている男女
最新情報をチェックしよう!