GLP-1ダイエットでリバウンド無しの人生を満喫できる?

腕でバツをしている女性
質問者

どんなダイエット法を実践しても「リバウンド」して失敗してしまいます。

リバウンドしないダイエット法ってありませんか?

fukabori_inchou
深堀医師

リバウンドのリスクが低いダイエット法として「GLP-1ダイエット」がオススメです。

GLP-1の作用によって摂取カロリーを効率よく抑えることができます。

 

こちらより下記の記事をおすすめします。

GLP-1ダイエットはガチでリバウンドなし!肥満治療に出会うまでの軌跡

 

 

GLP-1は腸で分泌されるやせホルモン

お腹(腸)の上に手を置く女性

 

 

 

GLP-1ダイエットは、一定の頻度で注射薬を使用することでダイエットする方法です。

薬を使用するダイエット法には「副作用」などのリスクが存在するのではないかと不安になる人も多いと思います。

GLP-1は小腸で分泌されるホルモン

そもそも「GLP-1とは何か?」というところから解説しましょう。

GLP-1とは、人の体内、具体的には小腸下部から分泌されるホルモンです。

 

食事をすることによって分泌されるホルモンであり、体内でさまざまな作用を示します。

その中のいくつかの作用が、GLP-1メディカルダイエットを成立させているのです。

ここでは簡単に説明しますが、GLP-1は別名「痩せるホルモン」と呼ばれています。

 

ただし、太っている人はその恩恵を受けにくく、そこにジレンマを感じてしまうものです。

GLP-1ダイエットは注射薬という形でGLP-1を補う方法であるため、利用者の体重や体型に関係なくGLP-1の恩恵を受けることができます。

では話を「副作用」に戻しましょう。

 

GLP-1は注射薬を使用するダイエット法であり、「薬=副作用」というイメージを強くお持ちの人も少なくないと思います。

しかし、前述の通りGLP-1はもともと体内で分泌されるホルモンであり、GLP-1ダイエットは注射薬によってそれを補っているに過ぎません。

 

体内で分泌されるホルモンを増やすだけなので、重大な副作用が生じる心配は必要ないのです。

ただし、注意点があります。1つは「副作用自体は発生する可能性がある」ということです。

GLP-1の注射薬を使用し始めたころは、胃腸症状などの副作用が生じる可能性があります。

 

この副作用は薬を使い続けることで次第に弱まるのですが、症状に不安を覚える場合は担当医に相談しましょう。

もう1つは「相性の悪い薬がある」ことです。詳しくは後述しますが、GLP-1の注射薬には血糖値を下げる作用も期待できます。

 

GLP-1ダイエットにおいて「低血糖」が発生するリスクは低いのですが、インスリン注射やSU薬など、糖尿病治療に用いられる医薬品と一緒に使用すると低血糖を起こす可能性があります。

GLP-1ダイエットを始める際にはカウンセリングが行われるはずなので、その際に使用中の医薬品についてきちんと説明しておきましょう。

食欲の悪魔とリバウンドから逃れる!

サラダとスナックどちらを食べようか迷う女性

先ほど「GLP-1は『痩せるホルモン』である」ということについて少し触れています。

ダイエットしたい人にとっては嬉しい名前ではあるのですが、同時に「結局リバウンドしてしまうのでは?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、GLP-1ダイエットはその性質上、リバウンドを起こしにくいことが知られています。

別のサイトでは「リバウンドしない新しいダイエット法!」として紹介されるほど、GLP-1ダイエットはリバウンドのリスクが低いダイエット方法なのです。

 

GLP-1がリバウンドのリスクの低いダイエット法である理由は「自然に食欲を抑える」という作用にあります。

先ほどGLP-1にはさまざまな作用があるということについて少し触れていますが、その中の1つに「満腹中枢を刺激する」という作用があります。

満腹中枢が刺激されると、少ない食事量でも満腹感を得やすくなるのです。

 

ダイエットの基本は「食事量を減らして摂取カロリー量を減らすこと」と「運動して消費カロリー量を増やすこと」の2つが基本となります。

そして、これらのアクションは人によって相性が大きく異なります。

例えば元から運動が好きな人は運動をしても苦に感じないでしょうが、運動が苦手な人には苦痛に感じる可能性があります。

食事についても同様です。食事量を減らすということは、それだけ空腹感を感じやすくなってしまいます。

空腹は多くの人にとってストレスの原因となるでしょう。

 

また、生活における楽しみについて、食事の楽しみのウェイトが大きい人ほど食事量を減らすことには抵抗を感じ、ストレスを溜めこんでしまう可能性が高くなります。

食事制限によるストレスを溜める生活が続くと、次第にダイエット自体が嫌になってしまいます。

その結果、食生活がダイエット前の水準に戻り、中には暴飲暴食という形で発散する人もいるでしょう。

それこそがリバウンドの原因となるのです。重要なことは、いかにストレスを溜めることなく食事量を抑える生活を続けられるかにあります。

 

GLP-1は少ない食事量でも満腹感を得やすく、空腹によるストレスを感じにくくなる効果が期待できます。

食欲を「無理なく」抑えることができることこそが、リバウンドの原因にしてダイエットの天敵である「食欲の悪魔」を撃退することにつながるのです。

ストレスを感じるということは、その行動の継続に無理があるということであり、結果としてその行動は長続きしません。

 

ダイエットにおいて「激しい運動」をその方法として選択する場合も同様であり、心身に過度な負担がかかることで無理が生じ、ストレスを溜めこんで運動をやめてしまう可能性が高くなります。

GLP-1ダイエットは、基本的に過度な運動やトレーニングを必要とするダイエット方法ではありません。

ダイエットである以上は運動をすることはもちろん必要なことなのですが、プロのスポーツ選手や運動部員が行うような激しい運動やトレーニングを前提としません。

 

利用者や医療機関の担当者によって異なりますが、軽い運動を継続することが基本となるので、運動が苦手な人でもダイエットを続けやすいといえます。

また、GLP-1ダイエットでは通院せずにメディカルダイエットを続けられる可能性があります。

「遠隔診療」が利用できる医療機関の場合、インターネットを利用して診療を受けることになります。

 

この場合、注射薬は郵送してもらえますので、遠方にしかGLP-1ダイエットを提供している医療機関が無い場合でも利用でき、頻繁に遠方まで足を運ぶ必要がありません。

さらに、口コミによると「注射の負担も少ない」という意見が多く見られます。

 

GLP-1ダイエットで利用する自己注射は、一般的な採血に利用される注射器よりも細い針を利用するため、感じる痛みが少ないとされているのです。

もちろん痛みの感じ方には個人差があると思いますが、「注射は痛いから嫌だな…」と思っている人でも負担は少ないのではないかと思います。

 

このように、食欲を抑えること以外にも、さまざまな点においてGLP-1ダイエットは「負担の少ないダイエット方法」であるといえます。

負担が少ない方法なので継続しやすく、リバウンドのリスクも低く抑えることができるのです。

GLP-1ダイエットの体験談を紹介

GLP-1ダイエットの体験談を聞きたい女性

それでは、実際にGLP-1ダイエットを利用した人の体験談を紹介したいと思います。

30代・男性の体験談

「ダイエットと聞くと、辛い食事制限と激しい運動を中心とする辛い生活が続くイメージが強かったです。

もともと本格的なダイエットをした記憶はありませんが、体重が気になったころに運動を始めて、同時に食事も質素なものを中心にした生活をしていました。

結局、長くても2か月くらいしか続かなかったと思います。

当然、体重は少し減って元に戻る、ということを繰り返していました。

ダイエットは成功しない、成功するのは一部の人だけだと長年思っていましたが、そんな中で出会ったのがGLP-1ダイエットでした。

友人に紹介されて始めてみたのですが、これが驚くほど効果的なダイエット法だったのです。

何より驚いたのは体重の減少ではなく、食事が少なくなっても空腹を感じないのです。

もちろん健康的なレベルで食生活を続けていますが、以前は『お前、食べ過ぎじゃないか?』と言われるくらい食べていたのが、今では『ダイエットしてるの?』と言われるくらいの食事量でも満足できています。

運動もそこそこのレベルで続けており、体重も順調に減り続けていると思います。」

40代・女性の体験談

「ダイエットの経験は何度もありますが、そのたびにリバウンドして体重はあまり減らすことができませんでした。

同年代の平均体重よりも多めの体重で生き続け、もっと歳を取らないと痩せられないのだろうと思っていましたが、GLP-1ダイエットは違っていました。

直近で試した『糖質制限ダイエット』では、好きな主食を食べることに罪悪感を感じていたのと、我慢するとイライラするという状況でした。

結局は長続きせずリバウンドしてしまった記憶を残したまま挑んだGLP-1ダイエットでは、数か月続けている現時点ではまだリバウンドの兆候は見られません。

やはり、数か月ダイエットが続けられているという点は大きいと思います。

GLP-1の効果でしょうか、以前ほど食べなくても満腹になって、食事量が数割ほど減っているように感じています。」

GLP-1は糖尿病予防にも便利!

太った女性のおなか

GLP-1はリバウンドのリスクが低いダイエット法であるだけでなく、利用者の健康にとって嬉しい効果ももたらしてくれる可能性があります。それは「糖尿病予防」です。

GLP-1は血糖値を下げる

GLP-1には満腹中枢を刺激する以外にも、全身のさまざまな臓器に作用することが確認されています。

その中に「インスリンの分泌を促す」という作用があるのです。

インスリンというホルモンは、血糖値が上昇した際に血糖値を下げる作用を示します。

GLP-1はインスリンの分泌を促すので、間接的に血糖値を下げる作用があるといえます。

また、GLP-1には血糖値を上げるホルモンである「グルカゴン」の分泌を抑える作用があります。

他にも、食べたものが胃から腸に移動する速度を抑えることも血糖値の急上昇を抑える効果があります。

もともと糖尿病治療のために開発されている

そもそもGLP-1の薬は、ダイエット目的ではなく「糖尿病治療」の目的で開発されたという生い立ちがあります。

使用してみた結果、副産物的な意味で減量効果が認められたため、ダイエット目的に転用されたのです。

GLP-1専門医である深堀院長のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生ダイエットにおいてリバウンドは重大な失敗要因となります。

今までダイエットに失敗してきた人は、リバウンドに泣かされてきたことでしょう。

その記憶が、その後のダイエットへのモチベーションを下げてしまえば、なかなかダイエットは成功しません。

GLP-1ダイエットはリバウンドのリスクが低く、体への負担の少ないダイエット法であるといえます。

今までリバウンドの経験がある人には特にこのダイエット法をオススメしたいです。

体重計に乗る女性
最新情報をチェックしよう!