GLP-1メディカルダイエットの真髄は自然と痩せることにあり

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1メディカルダイエットにより「我慢無し」で激ヤセ者続出中!?

 

1.GLP-1メディカルダイエットとは?

ダイエット効果が期待できる!と話題になっているホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」と呼ばれており、2型糖尿病に大きく役立つ治療薬として、医療業界で注目されているホルモンなのです。

糖尿病の原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりするホルモンなのです。

GLP-1が分泌されるまでのプロセスは少し複雑で、

「食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する」→「小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される」→「すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく」→「β細胞内からインスリンが分泌される」

となっています。

つまりGLP-1とは、「血糖値が上昇したときに、ピンポイントでインスリンを分泌させるホルモン」となります。それ以外にも、食欲を抑えてくれるなど嬉しい効果があります。糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる、救世主のようなホルモンなのです。

GLP-1には、インスリンの分泌以外にもいくつもの効果があり、「血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌」や「すい臓にあるβ細胞の増殖」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる効果」があります。

2.GLP-1の痩せ効果は食欲抑制にあり

ダイエットに効くと言われているGLP-1。具体的にどのような効果があるのでしょう?GLP-1は、痩せ効果はもちろんですが、健康を維持するのためにも欠かせないホルモンなので、知識としてしっかり覚えておくと役に立ちますよ。

2-1.血糖値の上昇を抑える効果

先ほども言ったように、GLP-1には血糖値を下げる効果があります。血糖値の上昇とは、食事(主に炭水化物)によって、血中濃度が高くなることを意味します。食べすぎによって血糖値が高いままだと、体脂肪がつきやすくなり、肥満体型になってしまうのです。さらに高い状態が続くと、糖尿病をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞など、重大な病気になる恐れもあります。そこで効果を発揮するのがGLP-1です。GLP-1は、血糖値が上がっときにのみインスリンの分泌を促進させ、血糖値上昇を防いでくれます。体内にGLP-1の量が多いと、脂肪もつきにくくなるわけです。

2-2.食欲をコントロール(抑制)

GLP-1には、血糖値の上昇抑制のほかに、食欲を抑制する効果もあります。GLP-1が体内に増えると、食べ過ぎを予防できるので、必要以上のカロリーを摂取することなく自然に体重が落ちていきます。一方、肥満体型の人はGLP-1が少ないと言われており、「空腹感が続く→必要以上に食べてしまう→さらに脂肪がつく」という悪循環になってしまうのです。

3.GLP-1は体内で増やせる?その方法とは

GLP-1を体内に増やす方法を解説していきます。具体的には2パターンあり、「GLP-1治療薬による注射」もしくは「食事によるGLP-1の摂取」のどちらかです。

3-1.GLP-1治療薬を使ったダイエット

GLP-1を増やす方法として、「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を使ったダイエットが有効です。注射器を使って薬液を体内に投与し、GLP-1の量を増やすというもの。病院での受診はもちろん、自宅でも投与できるので、誰でも気軽に受けらます。

・注射の頻度はどれくらい?

治療薬による注射の頻度は、「週1回」もしくは「毎日1~2回」です。その人の体質に合わせて、お医者さんと相談して決めます。もちろん病院でも可能ですが、わざわざ病院に行かなくとも、自宅で簡単に注射できます。

・注射器の種類は?

ペン型注射器

文字通りペンの形をした注射器です。すでに薬液が充填されているので、シリンジよりも簡易的に使うことができます。針は1回ごとに付け替えますが、誰でも簡単にできるので安心です。またペン型注射器には、「1回分の薬液が準備されているタイプ」と、「薬液の量を調整してから打つタイプ」の2つがあります。

 

4.GLP-1治療はこんな人におすすめ

GLP-1受容体作動薬は、主に2型糖尿病の患者さんに向けて使われています。もちろんダイエットしたい人でも使うことができますが、今まで何度もダイエットに失敗してきた人には特におすすめです。

4-1.ハードな運動にストレスを抱えてしまう人

ダイエットと切っても切り離せない関係にある、ハードな運動。いざダイエットを成功させるとなると、走ったり筋トレをしたりと、あらゆる運動でカロリーを消費しなければなりません。トレーニングか好きな人なら問題ありませんが、運動嫌いな人にとっては、とても大変ですよね。すぐストレスが溜まってしまいます。そこで、GLP-1の治療薬を投与することで、自然に体重が落ちるようになります。

4-2.食事制限に耐えられない人

ハードな運動と並んで大変なのが、食事制限。この食事制限のせいでダイエットにつまずいてしまう人も多いはず。「我慢しなきゃ」と思っているのに、つい食べてしまいます。なかなか長続きしません。GLP-1は、そんな悩みもすぐに解消してくれます。前述した「食欲の抑制効果」によって、食事量がコントロールでき、無理なく体重を落とすことができるのです。ストレスを溜めることなく、快適にダイエットを進められますよ。

4-3.今までリバウンドを繰り返してきた人

「ダイエットに成功してもすぐに体重が戻ってしまう…」という人にもGLP-1治療がおすすめです。リバウンドする原因として、「急激な体重の減少」があります。短期間で一気に体重を落とすと、反動で体重が戻りやすくなるのです。一方のGLP-1ダイエットでは、時間をかけてゆるやかに体重が落ちるので、食べ過ぎない限りリバウンドの心配はありません。今まで何度もダイエットに失敗してきた人はぜひチャレンジしてみてください。

4-4.あくまでも健康的な生活を送ることが大切

たしかに、無理なく体重を落とすことができるGLP-1治療ですが、「薬だけに頼る」のはNGです。薬を投与しているからといって、炭水化物を過剰摂取したり、運動せずにひたすら家でゴロゴロしたり。それでは本末転倒ですよね。たとえGLP-1を投与していても、健康的な生活を送ることが大切です。

5.GLP-1にはどんな副作用があるのか

注射による治療で気になるのは、やはり副作用ですよね。GLP-1は、体にもともとあるホルモンなので、合成化学的薬物による副作用が起こることはありませんが、稀に症状が出ることはあります。少し注意が必要なので、以下の症状を覚えておきましょう。

5-1.下痢や便秘

GLP-1受容体作動薬は、使い初めに下痢や便秘などの症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるものです。また、感受性が高い人は、頭痛や吐き気を伴う場合もあります。ただ、いずれもしばらく経つと自然に消えていくので問題はありません。症状が気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

5-2.低血糖

低血糖を招くこともあります。しかしこれは、糖尿病治療薬の「SU薬」や「インスリン」を一緒に使っている場合に起こりやすいです。GLP-1受容体作動薬の単体の投与では問題ありません。低血糖状態になると、冷や汗をかいたり、動悸が出たり、また手足が震えるといった症状が出てきます。放置すると、意識障害や昏睡などの重大な病気になってしまうおそれもあるので、十分に注意しましょう。

5−3.アメリカでも承認済み

GLP-1は、アメリカでは「肥満治療薬」として承認されており、日本でも糖尿病治療薬として、厚生労働省の認可を受けています。国が安全性を認めているので、特殊な事例がない限り、重大な副作用を心配する必要はないでしょう。

6.GLP-1メディカルダイエットのまとめ

GLP-1の基礎知識や治療について詳しく解説しました。いかがでしたか?GLP-1は、ダイエットはもちろん、健康な体を作るために欠かせないホルモンであり、注射や食事によって分泌量を増やすことができるのです。さらに、治療薬を使えば、大変な食事制限やトレーニングをする必要もなく、ゆるやかに体重を落とすことができます。今までダイエットに失敗し続けてきた人にとっては、まるで魔法のようなホルモンなのです。今からダイエットをはじめたい人はぜひ、お医者さんに相談してみてくださいね。あなたの体がより健康になることを祈っています。

3人の女性
最新情報をチェックしよう!