【2019年ダイエット決定版】GLP-1で痩せた体験談や口コミを検証してみた

GLP-1製剤を注射して血糖値を下げ、食欲を抑えるメディカルダイエットがテレビやメディアにて着目されたことによりその方法が口コミなども広まり拡散され、数々の方が新しいダイエット方法としてネット検索し出しています。

だけどGLP-1が実際どんなものか全くわからない!本当に体重が減るの?ダイエットに使って安全なの?運動とかいらないの?日本で認可されてる薬なの?など全ての疑問まとめを解説します。

GLP-1ダイエットを体験談動画で検証!本当に安全?

こちらがglp-1ダイエットを体験された方4人がざっくばらんに話している動画となります。

動画内容を要約しますと

・注射の痛みは少ない

・1ヶ月で10キロ痩せた人もいる

・食欲が減退する

というのが主な内容です。

しかし、この4人はたまたま大丈夫だっただけで、本当に安全なのか?という部分も気になりますね。

その点も解説します。

 

GLP-1とは、正式名称がグルカゴン様ペプチドー1で、インクレチンと呼ばれるホルモンの総称の中の一つです。

いわゆる人間が元々持っているホルモンの一種です。

もともとは2型糖尿病の患者さんに使用されていた薬で、慢性的に血糖値が上がっている方への処方薬として使われていましたが、近年ダイエット効果が高いと注目されました。

特徴としては小腸からインスリンを分泌促進し、血糖値を下げるという働きを持っているのですが

GLP-1ダイエットにて注入されるGLP-1受容体作動薬はGLP-1ホルモンの分泌を増加することで

食欲を抑制し、体重が減少するというダイエットとなっています。

そのGLP-1が日本で認可されているのか?という点についてですが

アメリカと違い、現在日本では「肥満を病気」として捉えていないので

GLP-1は美容関連の薬として扱われています。

ですが「保険外診療」としては承認されています。

元々は糖尿病患者に対して処方されている薬ですので

さすがに病院が出す薬が危なかったら大変ですよね。

実際にGLP-1ダイエット薬は2年以上も前から日本で実践者が増えています。

危ない薬でも何でもない、ということですね!

アメリカでは肥満治療薬として認可済み

安全性を理解しやすい内容としては

すでにアメリカでは「抗肥満薬」としてすでにポピュラーであり

実際にアメリカ食品医薬品局(FDA)で認められています。

すでに外国では大勢の方がGLP-1ダイエット薬を使っている

ということですので、日本ではまだ知名度が無いだけと言えるのではないでしょうか。

GLP-1薬は病院で処方されている

「もし安全なんだったらやってみようかな」

と、思われた場合どうやってGLP-1ダイエットを始めるか

という風に思われる方もいるかもしれません。

確かにGLP-1ダイエット薬を使えば今までのダイエットとは違い

「空腹に耐えることがない」という最大のメリットがあります。

多くのダイエットは忍耐が必要、それが失敗の原因と言えますが

その根本的な悩みを解決するのがGLP-1ですからね。

しかし実際にGLP-1受容体作動薬を手に入れるのは

医師からの処方でないと現在は難しいです。

ハードルとしては一度クリニックに行ってカウンセリングを受けて

その後薬を処方されるという流れになります。

しかしGLP-1ダイエットを継続するに当たっては

逐一通院しなければいけないものではなく

遠隔でのオンライン診療でも完結出来るのでお手軽にダイエットを継続することが可能です。また、オンライン診療の際にGLP-1ダイエットを実践できるかどうかに関しては、まずは無料で聞くことができるクリニックもあるようです。

GLP-1ダイエットの痩せるメカニズム

GLP-1ダイエット薬を使うことによって痩せることが出来る理由は

大きく言えば二つあります。

空腹感を減退する

1つめに、空腹感を減退するという作用があります。

「空腹感」というのは、いわゆる脳から出る信号なのですが

この信号は実際に胃にものが入っていたとしても

暇な時であったり、食欲が増進される効果を持つ香辛料を食べたりすると

脳が「お腹が空いたよ!」という信号を発するんです。

人間は元々栄養を溜め込もうとする欲求もありますので

必要以上のカロリーを求めてしまうこともあるんです。

そんな時に効果的なのが、GLP-1の分泌による食欲減退です。

GLP-1を投与していると、腸からインスリンが分泌されるようになり

血糖値をコントロールすることが出来るんです。

それにより、食欲が必要以上に増進しないようになるんですね。

少量の食事で満腹感を得やすい

そして2つめは、少量の食事で満腹感を得られる、ということです。

ダイエット中の食事はカロリーを制限することもあるために

満足な量を食べられないこともしばしばです。

そういった時に「もっと食べたいな・・・」という欲求が止まらず

ついつい定食屋ではご飯をおかわりしてしまったりします。

しかしGLP-1の薬を投与されていると

早めに「満腹感」を得ることが出来るんです。

その理由はGLP-1が腸から分泌されることにより

胃の活動がゆっくりになるんです。

するとどうなるかというと「ゆっくり食べているのと同じ状態」

を作ることが出来るんです。

よく言われるのは、早く食べ過ぎるよりもゆっくり食べる方が満腹感を得やすい

という情報を一度でも聞いたことがないでしょうか?

それはつまり、ゆっくり食べることによって

「長時間食事をしているので、たくさん食べている」

と脳が判断するために、満腹感を得やすくなるんですね。

そしてGLP-1を摂取すると、ゆっくり食べているのと同じ効果があり

胃の中での食べ物の消化にも多く時間を使うことになります。

ですので腹持ちもよくなり、次の食事も我慢しやすいのです。

GLP-1は薬を使わずダイエット出来る?

クリニックで診察とかちょっとめんどくさい!個人でできないの?

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

運動療法や食事療法で何とかしたいと思われる方も多いのですが

現時点でGLP-1を摂取をするにあたって

単独で実践すると効果は現状薄いです。

よく「サバ缶を食べるとGLP-1を増やせる」だとか

「GLP-1を増やすサプリメントがある」だとか

様々な情報がネット上では飛び交っていると思いますが

実際のところ、世界の論文を見ていても実証されている論文数は極端に少なく

憶測の域を出ていないというのが現状です。

間違いがなく成功させたいならばやはりGLP-1の薬を

しっかりとクリニックにて詳細に実践方法を確かめ、薬を処方されることであると言えます。

 GLP-1は副作用など個人差は無い?

「薬には副作用がある」というイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

ですのでGLP-1の薬にも副作用、リスクがあるんじゃないか?

という疑問を持たれている方も一定数いらっしゃるでしょう。

副作用についてですが、実際のところ確かにゼロではありません。

まず前提として、GLP-1というのは人間が元々体内で持っているホルモンです。

そして太っている人はGLP-1の分泌量が少ない傾向がある。

だからこそそれを増やそう!という治療法になりますので

何か合成化学薬品のようなものを体内に取り入れる訳ではないのです。

しかし、副作用がゼロという訳ではなく、いくつかの報告はされています。

主に吐き気、頭痛、便秘、など副作用の一種を感じることがあるという方もいますが

そのほとんどは内容量を守っていないですとか

食べる量が減ったので自然と便通が滞った、などなど

過失の部分、やダイエットなら当然という部分も副作用として報告されています。

また、そういった副作用を報告される方も、継続することにより

自然と上記の症状は改善されていったという報告も受けておりますので

副作用については特に気にする必要は無いかと思います。

また1つ注意点として、極端に低血糖の場合は使用は控えた方がいいという事でしょうか。肥満に悩まれる方は低血糖の方はおそらく少ないと思いますが、頭に入れておいた方がいいでしょう。

GLP-1ダイエットまとめ

GLP-1を専門に扱う病院はまだ多くはありません

その中でもおすすめなのが、2019年出来立てほやほやの

「GLP-1ダイエット専門クリニック」というのがあるんです。

それが日本初のGLP-1専門クリニックである「東京GLPクリニック」です。

東京GLPクリニックの医師陣は、ダイエットについて専門知識が豊富で

GLP-1を投与しながら、個人差がある痩せ方について適切なアドバイスをしてくれますし

遠隔診療も行なっているので継続するためのハードルは低いです。

都内で診療しにいけるという方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ケーキと苺が皿に乗った
最新情報をチェックしよう!