GLP-1って何?メディカルダイエットを始める人必見!

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1メディカルダイエットにより「我慢無し」で激ヤセ者続出中!?

 

人体には、さまざまな「ホルモン」が存在し、私たちの体の状態をコントロールしています。もし、そのようなホルモンの中に「痩せるホルモン」が存在するとしたら、積極的に利用したいと思いませんか?そこで、痩せるホルモンとも言える「GLP-1」の魅力について解説します。

GLP-1って、どんなホルモン?

GLP-1の最たる効果は「インスリンの分泌を促す」ことにあります。インスリンとは血糖値を下げる作用があるホルモンであり、これが十分に機能しないで分泌量が少ないと「糖尿病」になってしまいます。GLP-1はインスリンの量を増やすので、結果的に血糖値を下げることができるホルモンであると言いかえられます。

アメリカではその効果が実証されている?

今までGLP-1を聞いたことがないという人も少なくないと思いますが、実はGLP-1は肥満治療の現場においてすでに使用実績のあるホルモンでもあるのです。ただし、積極的に利用しているのはアメリカなどの外国であり、日本ではまだ浸透しきっているとは言い切れないのが現状です。

さて、アメリカでは医療現場において、肥満治療の方法として注射薬の形でGLP-1が利用されています。このことからもわかるように、GLP-1はアメリカの医療現場においてその有効性が認められているホルモンであり、認可も受けています。認可を受けているということはその効果だけでなく、安全性についても一定の評価を得ているということです。

太っている人はGLP-1が少ない

GLP-1は体内で分泌されるホルモンの一種なのですが、世の中には血糖値の高い人なんていくらでも存在します。GLP-1があればインスリンが分泌されて血糖値が下がり、高血糖の人なんてこと世に存在しなくなるのではないかと思われるかもしれません。

ここに、1つのジレンマが存在します。詳しい内容はのちほど解説しますが、GLP-1は肥満体質の人ほどその利用価値が高いにも関わらず、太っている人ほどその分泌量が少ないという研究結果が報告されています。そうでなくても、ホルモンの分泌量には個人差というものがありますので、人によってGLP-1の恩恵を十分に受けているかどうかは異なるのです。

GLP-1がもたらす効果とは?

GLP-1がもたらす効果について、もう少し詳しく解説します。

GLP-1は「痩せる」ことに効果あり!?

GLP-1は「痩せる」ことに対して効果が発揮される可能性が高いことが知られています。痩せられるホルモンであれば、これからダイエットを始めようとする人にとって利用価値の高いホルモンであると言えます。

なぜGLP-1で痩せられるのか?

さて、先ほどGLP-1の作用について「インスリンの分泌量を増やす」ことについて解説しています。では、なぜそれが痩せることにつながるのかについて解説します。

以前であれば、ダイエットの天敵は「カロリー」であるというイメージが定着していました。そのため、ダイエット成功のためには「いかに摂取カロリーを減らすか」「いかに消費カロリーを増やすか」ということにばかり着目されていました。

ところが近年、ダイエットの天敵はカロリーではなく「糖質」であると、数多くのメディアでアナウンスされています。これは、血糖値の過剰な上昇により糖質が最終的に「中性脂肪」として体内に蓄積されることが、太る原因であるとしていることが理由です。

ただインスリンが分泌されるだけでは、中性脂肪化を防ぐ効果としては弱いです(中性脂肪として蓄えているのがインスリンだから)。しかし、GLP-1にはインスリンの分泌を増やす以外にも、血糖値に関して2つの効果が期待されています。

GLP-1が持つ3つの効果

GLP-1が持つ「インスリンの分泌を促す」以外の作用として、1つ目に「グルカゴンの分泌を抑える」ことが挙げられます。グルカゴンは血糖値を上昇させる作用があるホルモンであり、これが多く分泌されると血糖値が急激に上昇してしまいます。GLP-1はグルカゴンの分泌を抑えることで血糖値の急上昇を防ぐことができるのです。

2つ目は「食べ物の移動速度を低下させる」ことです。そもそも血糖値が上昇するというのは、食べたものを消化することに由来します。

食べ物がすばやく移動するということは、それだけすばやく消化されているということ、これにより血糖値は急激に上昇します。GLP-1には食べ物の移動速度を遅くする作用があるため、食べたものをゆっくりと消化し、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。

このように、GLP-1には「血糖値を下げるインスリンを増やす」「血糖値を上げるグルカゴンを減らす」「消化スピードを遅くする」という3つの効果により、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるのです。

GLP-1が持つもう1つのダイエット効果

GLP-1は、他にもダイエットに関する嬉しい効果が期待されています。それは「満腹中枢の刺激」です。

満腹中枢が刺激されるということは、人は満腹を感じてそれ以上の食事を求めなくなります。食事量が多くなれば、それだけ糖質やカロリーの摂取量が増加し、太りやすくなります。

GLP-1は満腹中枢を刺激することにより食事量を少なくしても十分な満腹感を得られます。ここに大きなポイントがあるのですが、ダイエットにおいて食事制限は重要なことですが、食事に対する満足度が低下すると長続きせず、不満が爆発していわゆる「爆食い」をしてしまうリスクが高まります。少ない食事量でも十分な満腹感を得られれば、食事量が少ないことに対するストレスを緩和することができ、ダイエットを長続きさせやすくなるのです。

GLP-1が抱える危険性とは?

さまざまな効果によりダイエットのサポートをしてくれるGLP-1ですが、何かリスクが伴うのではないかと不安になる人もいるのではないかと思います。

血糖値を下げることが問題?

ちょうど、某番組で「温泉に入ると血糖値が下がり、下がりすぎると危険」という内容が放送されていました。温泉にそんな効果があるのは驚きですが、問題なのは「血糖値が下がりすぎると危険」という部分です。

血糖値が下がるということは、血液中のブドウ糖が少ないということです。そもそも血液中にブドウ糖が存在している理由は、食べ物から摂取した糖質が血液を通じて全身に巡り、体の各組織においてエネルギーとして利用するからです。

低血糖、つまり血液中のエネルギー源が少なくなることで体はエネルギーが不足して、さまざまな症状を呈することになります。低血糖による症状は主に以下のとおりです。

・だるさ

・強い空腹感

・顔面蒼白

・冷や汗

・動悸

・悪心

・頭痛

・吐き気

・目のかすみ

・集中力低下

・意識障害

・けいれん

・昏睡

上から下に向かうにしたがって、血糖値が低くなるほどに現れやすい症状です。ご覧の通り、血糖値が極端に低くなるとけいれんや昏睡などの重篤な症状を呈することがわかります。しかし、GLP-1ホルモンというのは血糖値が高くなると分泌されるものですので、なかなか低血糖が起こることはありません。ご安心ください。

GLP-1が持つ特徴

GLP-1は血糖値を下げるインスリンの分泌促進などの効果がありますので、これが作用しすぎると低血糖になり、場合によっては危険な状態になってしまう可能性を考える方もいますがご安心ください。

結論を述べると、GLP-1による低血糖のリスクはほとんど存在しないといえます。理由としては、GLP-1が持つ「血糖値が高くないと作用しない」という特徴が挙げられます。

GLP-1は体内の血糖値が高いと作用しますが、高くない状態だと作用しないという特徴があるのです。血糖値が高い状態であれば血糖値を下げても低血糖になるほどではないでしょう。血糖値が低い状態だと作用しないため、血糖値には影響を及ぼしません。

低血糖の主な原因は、血糖値が高くない状態で血糖値を下げるアクションを行った、あるいは血糖値を上げるアクションを行わなかったことが挙げられます。GLP-1はどちらにも該当しませんので、低血糖のリスクは少ないのです。

アメリカでは認可されているという事実

もう一つ、安心できる材料を紹介しておきましょう。それは「アメリカでは医療として認可を受けている」ことです。

前述のとおり、アメリカでは以前から肥満治療の治療薬として利用されており、これは認可を受けています。さて、仮に人体への悪影響が強く懸念される成分であれば、それを責任ある機関が認可を与えるでしょうか?答えはNOです。

もちろん、注射薬として利用するからには、副作用のリスクは存在します。ですが、副作用が発生した時点でGLP-1を利用した肥満治療を中止すればよいだけの話です。

GLP-1にオススメの食べ物

GLP-1を増やすためには「腸内環境」が深く関わっています。腸内環境を正常に保つことにより、GLP-1の分泌を促すとされています。

「納豆」はGLP-1にとって重要な食べ物

最たるものとしては「乳酸菌」と「食物繊維」が挙げられます。どちらも腸内環境を改善して便通や美容などに効果があることが知られています。この両方を含む食品としては「納豆」が有名です。

乳酸菌を含む食べ物は「発酵食品」です。納豆の他にもヨーグルトやキムチなどに多く含まれています。食物繊維は「豆類」や「野菜」に多く含まれており、とくに豆類や大豆製品には豊富な食物繊維が含まれています。

クセのある食べ物が多いのも事実

とはいえ、これらの食べ物がひとクセあるたべものであることは間違いありません。納豆やヨーグルト、野菜は苦手という人も少なくありません。苦手でなければ食生活に組み入れるのもさほど難しくないかもしれませんが、苦手な食材が多いとレパートリーに困ります。

そのような人にオススメなのは「サプリメント」です。乳酸菌や食物繊維などの健康に有用な栄養はサプリメントで補うという方法もあるのです。サプリメントは味や食感などの問題を回避し、飲み込むだけで豊富な栄養を摂取できる点が優秀です。

GLP-1のサプリって無いの?

ここで気になった人がいるかも知れません。「将を射んと欲すればまず馬を射よ」ということわざがありますが、将を射抜ければ早い話、要するにGLP-1を増やすために乳酸菌や食物繊維をサプリで摂取するのであれば、GLP-1をサプリで摂取したほうが早いのではないかという考え方です。

残念ながら、GLP-1をサプリで摂取することはできません。前述のとおり、医療現場では注射薬としてGLP-1が利用されているように、医師の処方がなければGLP-1を外部から摂取することはできないのです。乳酸菌や食物繊維のサプリであればドラッグストアや一部の食品スーパーで購入できますので、手軽さの面において大きなアドバンテージがあります。

GLP-1をぜひ利用して欲しい人

GLP-1を利用してほしいのは、やはり「痩せたい人」ですね。血糖値を下げることにより太りやすい体質を改善できる可能性があるGLP-1は、ダイエットを始めようとしている人にとって注目したい存在です。

また、ダイエットはどうでもよくても「血糖値が気になる人」もGLP-1に注目してほしいです。糖尿病になるとさまざまな合併症が怖いですし、最終的に人工透析になれば生活の質を大幅に下げてしまいます。

GLP-1専門医師 深堀純也院長のまとめ

GLP-1専門医師深堀純也院長
深堀院長
GLP-1は血糖値を下げることでダイエットにも効果的で、安全性も高い存在です。サプリなどによる直接的な利用は難しいですが、日本でも肥満治療として利用が進んでいるのも事実です。GLP-1を本格的に利用したいのであれば、肥満治療にGLP-1の利用を謳っている医療機関を探してください。
ストレッチしている男性
最新情報をチェックしよう!