GLP-1メディカルダイエットでズボラに痩せる!?

こちらの記事より

下記の記事をお勧めします

↓こちらをクリック↓

GLP-1メディカルダイエットにより「我慢無し」で激ヤセ者続出中!?

 

最近話題になっている”痩せホルモン”、GLP-1。「試してみたいけど、具体的にどんな治療をするの?リスクはないの?」と思っている人も多いはず。そこで今回は、GLP-1の驚くべき効果をはじめ、GLP-1を増やす方法、治療薬の使用方法ならびに副作用について詳しく解説していきます。ダイエットをより効率的に、有意義に進めるためにもぜひおすすめしたいホルモンなので、事前に知識をしっかりつけておきましょう!

1.GLP-1ズボラダイエットとは!

ダイエット効果が期待できる!と話題になっているホルモン、GLP-1。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」と呼ばれており、2型糖尿病に大きく役立つ治療薬として、医療業界で注目されているホルモンなのです。

糖尿病の原因として「血糖値の上昇」があげられますが、GLP-1には、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりするホルモンなのです。

GLP-1が分泌されるまでのプロセスは、

「食事(炭水化物)を摂ることで血糖値が上昇する」→「小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される」→「すい臓のβ細胞の表面に存在する”GLP-1の受容体”にくっつく」→「β細胞内からインスリンが分泌される」

となっています。

つまりGLP-1とは、「血糖値が上昇したときに、ピンポイントでインスリンを分泌させるホルモン」となります。それ以外にも、食欲を抑えてくれるなど嬉しい効果があります。糖尿病を患っている人をはじめ、痩せたいと思っている人を助けてくれる、救世主のようなホルモンなのです。

GLP-1には、インスリンの分泌以外にもいくつもの効果があり、「血糖値が上がった時に作用する”グルカゴン”というホルモンの分泌」や「すい臓にあるβ細胞の増殖」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる効果」があります。

1-1.「2型糖尿病」の治療薬として使われる

GLP-1の治療薬を「GLP-1受容体作動薬」と言いますが、これらは主に「2型糖尿病」を患っている方に使われています。

糖尿病における一般的な治療法である「インスリン療法」では、体の外からインスリンを補います。一方のGLP-1受容体作動薬は、患者さんみずからのすい臓からインスリンの分泌を促します。なので、すい臓からのインスリン分泌が足りない「1型糖尿病」の患者さんには向いていないのが特徴です。

1-2.ダイエットしたい人でも投与できる

GLP-1は、糖尿病の治療薬として活躍しているかたわら、ダイエットしたい人に向けても使われています。注射器による投与を行うことで、ゆるやかに体重を落としていきます。辛い食事制限やハードな運動をする必要がないので、無理なく健康を維持することができるのです。

2.GLP-1のらくらくダイエット効果!

GLP-1には、ダイエットしたい人・健康を維持したい人にとってはうれしい効果がいくつもあります。すぐれた効果を発揮してくれることから、医療の最先端アメリカでも「肥満の治療薬」として注目されています。なかでもGLP-1の代表的な効果を解説していきますね。

2-1.血糖値上昇を抑制

先ほども言ったように、GLP-1には、血糖値上昇を抑制する働きがあります。血糖値とは「血中にある糖分濃度」のことで、食べ物(主に炭水化物)を食べると、血糖値が上昇します。カロリーの高い食事ばかり摂り、血糖値の高い状態が続くと、体脂肪がつきやすくなり、結果的に肥満になってしまいます。さらに悪化した場合、糖尿病をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる病気になってしまう可能性もあるのです。また、血糖値を下げるために「インスリン」と呼ばれるものが分泌されます。インスリンが不足すると血糖値が高いままになるので、そこでGLP-1によって、インスリンの分泌を促し、GLP-1を体内に増やすことで血糖値を正常レベルへと近づけます。

2-2.食欲を抑えてくれる

GLP-1には、食欲を抑える効果もあります。体内にGLP-1が増えることで、今まで「もっと食べたい」と思っていた感情が抑えられ、しだいに食事量が減っていくのです。一方で、肥満体型の人は、体内にGLP-1が不足しているので、空腹を感じやすくなります。GLP-1が少ないがゆえに、余計に空腹を感じ、さらに食べてしまうという負のサイクルが生まれてしまうのです。体重維持あるいは体型キープにおいて、GLP-1は大切な役割を担っているのです。

3.GLP-1を増やす食べ物は?

体内のGLP-1量を増やすには「注射によるGLP-1受容体作動薬の投与」と「GLP-1を増やしてくれる食べ物の摂取」の2パターンがあります。普段の食事からGLP-1を摂取することも十分に可能なので、意識的に摂っていきたいですね。そこで、なかでもGLP-1が豊富に含まれている食材について、詳しく解説します。

3-1.EPAが豊富に含まれた食材

きっと誰しも一度は聞いたことがあるであろう「EPA(エイコサペンタエン酸」主に青魚に含まれている成分で、GLP-1の増加に大いに役立ってくれます。EPAを摂取することで、小腸にあるGLP-1が分泌されるのです。また、EPAには、健康維持には欠かせない「必須脂肪酸」と呼ばれる成分も含まれています。しかし、必須脂肪酸は体内で合成することができないので、食事によって摂取しなければなりません。

【代表的な食材】

イワシ、ブリ、サバ、マグロ、サンマ、サケなど

毎日のように魚料理を作るのは手間がかかって面倒かもしれません。そんなときは、「サバ缶」や「鮭缶」を利用して、EPAを摂取しましょう!

3-2.乳酸菌が豊富に含まれた食材

先述したように、GLP-1は、小腸のL細胞から分泌されます。つまり、小腸の動きが活発になると、GLP-1の分泌量が増えるというわけです。そこで注目したいのが「乳酸菌」です。乳酸菌といえば、ヨーグルトを思い浮かべますよね。ヨーグルトなどの食材を摂取して、乳酸菌を小腸に届けることで、腸壁が刺激されて、GLP-1がたくさん分泌されます。

【代表的な食材】

ヨーグルト、チーズ、キムチ、味噌など

どれも手軽に食べられるものばかりなので、意識的に摂取して、GLP-1を増やしましょう!

3-3.鉄分が豊富な食材

体内のGLP-1量を増やすには、鉄分の補給もおすすめです。鉄分には解毒作用があり、腸内環境の改善にも大いに役立ちます。

【代表的な食材】

レバー、赤身のお肉、魚、シジミなど

鉄分は、野菜や海藻類にも含まれていますが、お肉やお魚と比べると吸収率が低くなってしまいます。ただ、タンパク質やビタミンCと一緒に食べると、吸収率アップにつながるので、食べ合わせを意識してGLP-1を増やすのがおすすめです。

4.GLP-1治療薬の使用方法は?

食事によるGLP-1の増やし方をご紹介しましたが、続いては「GLP-1受容体作動薬」について解説していきます。GLP-1受容体作動薬は、主に2型糖尿病の患者さん、そしてダイエットしたい人に向けた治療薬です。注射器を用いて体内に投与し、「ペン型注射器」を解説します。

 

4-1.ペン型注射器

注射器には見えない、ペンの形をした注射器です。ペンの中に薬液が充填されていて、一回打つごとに針を取り付けます。注射器のタイプも2つに分かれており、1回分の薬液が充填されているタイプと、薬の投与量を調節してから打つタイプがあります。

 

4-2.投与頻度は?

GLP-1受容体作動薬の投与頻度は、「週1回の投与」または「毎日1~2回の投与」のどちらかになります。病院での投与はもちろん、自宅でも投与することできるので、事情があって通院が難しい人や、時間がない人でも安心して治療を受けられます。

実際に治療を行うときは、お医者さんから診察を受けて、個人に合った方法で行います。診察についても、初診から遠隔診療ができる病院もあり、薬も郵送してくれるので、気負うことなく治療を継続できますよ。

5.GLP-1の副作用は心配が無いレベル

「効果はありそうだけど、ちょっと副作用が怖い…リスクはないの?」と思うかもしれますん。たしかに、100%副作用がないとは言い切れませんが、重大な副作用が出ることはありませんし、仮に症状があったとしてもすぐに消えるの大丈夫です。ただ、いくつか注意してほしい症状があるので、治療前に覚えておきましょう。

5-1.下痢や便秘などが起こることがある

GLP-1受容体作動薬を投与すると、使い始めに下痢や便秘、吐き気といった症状があらわれることがあります。これらは胃腸の不調によるものです。ほとんどの場合は、そのまま症状が消えますが、症状が気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

5-2.低血糖になることも

治療薬単体では問題ないのですが、糖尿病治療をおこなっている方で、「インスリン」や「SU薬」と一緒に使う場合は、低血糖になる場合があります。体が低血糖状態になると、動悸や冷や汗をかいたり、手足がふるえたりする症状が出ます。健康な人でも起こることがありますが、特に薬物療法を行なっている人は注意が必要です。放置すると意識障害や昏睡といった、命にかかわる症状を引き起こすリスクもあります。

6.GLP-1専門医 深堀院長のまとめ

GLP-1専門医師深堀純也院長
GLP-1の効果や増やす方法、治療について詳しく解説しました。いかがでしたか?GLP-1はご紹介した通り、無理なくダイエットしたい人にはぴったりのホルモンなのです。食事で増やすこともできれば、治療によって増やすことも可能です。運動嫌いや食事制限にストレスを抱えてしまう人は治療を試してみるのも◯です。副作用もほとんどないので、安心して治療を受けることができますよ。あなたの体が、よりいっそう健康となることを祈っています。
フラスコを見ている男性
最新情報をチェックしよう!