GLP-1治療とは?基礎知識から適している人まで詳しく解説します

こちらの記事よりも

下記の記事をおすすめします。

↓こちらをクリック↓

GLP-1とは?どこよりも詳しく!78歳の祖母にも分かるよう説明してみた

GLP-1製剤とは医薬品のことであり、れっきとした医療による肥満治療です。

GLP-1は血糖値に作用され、食欲を減退する効果があります。

インクレチンと呼ばれるホルモンの総称があり、その中の1つがGLP-1ということになります。

GLP-1を摂取するには、自己注射にて体内に注入する形になりますが、心配はいりません。

ほとんど痛みがない極細の注射針となります。

 

1.GLP-1とは

ダイエット効果があると話題になっている「GLP-1」。正式には「グルカゴン様ペプチド-1」といい、実は人間の体内にもともと存在しているホルモンなのです。主に「2型糖尿病」に対する治療薬として医療業界でも注目を集めており、一方でダイエット効果のあるホルモンとしても知られています。

 

糖尿病になる大きな要因として「血糖値の上昇」が挙げられますが、GLP-1には、インスリンの分泌の促進によって血糖値の上昇を抑制することで、糖尿病を予防したり、ダイエット効果を発揮したりする効果があります。

 

【GLP-1分泌からインスリン分泌までの過程】

①食事(炭水化物)によって血糖値が上昇する

②小腸にある”L細胞”からGLP-1が分泌される

③すい臓のβ細胞の表面にある”GLP-1の受容体”にくっつく

④同じくすい臓のβ細胞内からインスリンが分泌される

 

GLP-1とは、「血糖値が上昇したときに限って、インスリンを分泌を促進させるホルモン」ということです。インスリンの分泌促進のほかにも、「食欲の抑制効果」「すい臓にあるβ細胞の増殖」「血糖値の上昇時に作用するグルカゴンの分泌」、「食べ物の胃からの排出を遅らせる作用」などがあります。糖尿病を患っている人はもちろん、痩せたい人にもうれしい作用がたくさんあるのです。

 

2.GLP-1の特徴

GLP-1の特徴について、具体的に掘り下げていきます。前述したようにGLP-1は、ダイエットはもちろん、健康を維持する上でも大切なホルモンなので、しっかりと知識を入れておきましょう。

 

2-1.血糖値上昇を抑制

先述したように、GLP-1には、血糖値の上昇を抑制する効果があります。血糖値とは血中の糖分濃度のことで、主に炭水化物を摂取することで上昇します。血糖値が上昇すると、GLP-1によって、インスリンの分泌が活発になるわけです。ただ、炭水化物の過剰摂取によって血糖値の高いままになると、どんどんと体脂肪がついてしまいます。さらに悪化すると、糖尿病をはじめ心筋梗塞、脳梗塞といった重大な病気へも発展することも。それらを防いで健康を保つためにも、GLP-1は大切な働きをしてくれるわけです。

 

2-2.食欲を抑える

GLP-1には、血糖値の上昇を抑制する以外に、食欲を抑制する働きもあります。GLP-1が体内に増えると、空腹感が軽くなって食事量が減り、ゆるやかに体重が落ちていくのです。一方で、肥満体型の人は体内にGLP-1が少ない傾向にあり、「空腹感が長く続く→必要以上に食べてしまう→さらに体脂肪がつく」という悪循環に陥ってしまうわけです。GLP-1治療を行えば、それらの悪いサイクルから抜け出すことができます。

 

3.GLP-1治療について

ダイエット効果を得るためには、GLP-1の治療が有効です。正確には「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれる治療薬を注射器で投与し、GLP-1増加をはかる方法となります。この治療薬は主に「2型糖尿病」に対して使われますが、ダイエットしたい人にも使用可能で、すぐれた効果を発揮してくれます。

 

3-1.治療・診察は?

GLP-1治療ですが、基本的には自宅で行うことが多いです。普段は自宅にて自分で注射をして、薬液が足りなくなったら病院で補充する、かたちになります。また、定期的な診察についても、通常の通院だけでなく、スマホでの「遠隔診察」を受けられる病院もあります。時間がない人や通院が難しい人でも、気負うことなく治療をスタートできますよ。また、初診も遠隔で行なっている病院もあるので、とても便利です。

 

3-2.治療の頻度について

治療薬の注射は、一般的には「週1回」または「毎日1~2回」の頻度で行います。ただ、病院での治療コースがあったり、個人の体質に合わせて決めたりするので、お医者さんの指示にきちんと従うことが大切です。

 

3-3.注射器の種類について

先述したように治療薬は「注射器」で投与しますが、注射器には「シリンジ」「ペン型注射器」「オートインジェクター」の3種類があります。いずれも自分でも簡単に投与できるので、心配しなくて大丈夫です。それぞれの特徴を解説していきます。

 

シリンジ:いわゆるノーマルな注射器です。注射器で薬液を吸い上げて、体内へと投与します。

 

ペン型注射器:文字通り「ペンの形」をしていて、機能性の高い注射器です。すでにペンの中に薬液が充填されており、針を1回ごとに付け替えて使用します。またペン型注射器には、「1回ちょうど分の薬液が充填されているタイプ」と「薬液の量を調節してから打つタイプ」があります。

 

オートインジェクター:名前の「オート」が意味するように、ほぼ全自動で体内へと薬液を投与できる注射器です。ハイテク性に優れている一方で、針を付け替えることができないので、1回きりの使い切りタイプとなります。

 

4.GLP-1治療は危なくないのか

「治療薬って危なくないの?副作用は起こらないの?」と不安に思っている人も多いはず。結論から言うと「合成化学薬品のような副作用は起こらないが、薬の効きすぎによってまれに症状が出ことがある」です。先述したようにGLP-1は、”もともと体内に存在しているホルモン”なので、特殊な事例がない限り、命にかかわるような副作用があらわれることはありません。ただ、いくつか気をつけたい症状があるので、以下のことを確認しておきましょう。

 

4-1.アメリカでも承認されている

まず前提としてGLP-1は、アメリカでは「肥満治療薬」として承認されています。日本でも「糖尿病治療薬」として厚生労働省の認可を受けており、そもそも国が安全性を保証しているので、安心して治療を受けて大丈夫ですよ。

 

4-2.下痢や便秘

GLP-1治療を始めた当初に、下痢や便秘といった症状があらわれることがあります。多くの場合、症状は自然に消えますが、もし症状が気になる場合は、医師に相談しましょう。

 

4-3.頭痛や吐き気

同じく治療の開始当初に、頭痛や吐き気が起こることもあります。これらは「感受性の高い人」に起こりやすい症状です。そのまま放置しても症状は自然に消えますが、もし気になる場合は、医師に相談するのが良いでしょう。

 

4-4.薬の兼用による低血糖

GLP-1受容体作動薬「単体」での投与であれば心配ないのですが、糖尿病治療によく使われる「SU薬」や「インスリン」といった治療薬と一緒に使っている場合、低血糖を引き起こす恐れがあります。低血糖になると、冷や汗や動悸、手足の震えといった症状があらわれ、そのまま放置すると、意識障害や昏睡といった重大な症状へと発展してしまう恐れもあるので、十分に注意が必要です。

 

5.GLP-1治療に適している人

具体的にどのような人にGLP-1治療が適しているのか見ていきましょう。一言でまとめるとGLP-1治療は、「一般的なダイエットに過度なストレスを抱えてしまう人」に適しています。一般的なダイエットでは、食事制限やハードな運動が必要不可欠になりますが、それだと精神的・肉体的な負担が大きくなってしまいますよね。以下のパターンに当てはまる人は、治療を検討してみるといいかも。

 

5-1.食事制限にストレスを抱えてしまう人

通常のダイエットの成功において欠かせないものといえば、食事制限ですよね。たしかに食事制限は優れたダイエット効果を得られますが、それを何ヶ月も続ける生活は、正直かなりストレスが溜まってしまいます。食事制限のせいで精神がすり減ったことのある人も少なくないはず。そんな人はぜひGLP-1治療を検討してみてください。最初にお伝えしたGLP-1の「食欲の抑制」効果によって、空腹感が軽くなって食べる量が減り、ストレスなく体重を減らすことができます。

 

5-2.運動嫌いな人

食事制限と並んで、本格的にダイエットする時に必要なのが「ハードな運動」です。大量のカロリーを消費するために、毎日のように走ったり、筋力トレーニングをしたり、それを数ヶ月も継続しなければなりません。これらは、運動好きな人であれば問題ありませんが、運動嫌いな人にとってはストレスが溜まる一方です。そこで、GLP-1治療を行うと、ハードな運動をしなくても、自然と体重を減らすことができます。

 

5-3.リバウンドを繰り返してきた人

「ダイエットに成功したことはあるけど、毎回リバウンドしてしまう…」という人にもGLP-1治療が適しています。ただ一時的に体重を落とすだけでなく「体重をキープ」してこそ、本当の意味でのダイエット成功といえますよね。また、短期間で体重を落とすと、その反動でリバウンドしやすくなります。一方、GLP-1治療では、ゆるやかなペースで体重が落ちていくので、リバウンドものリスクも軽減されるのです。

 

5-4.治療薬に頼りすぎないこと。健康的な生活を心がける

身体への負担なく痩せられるGLP-1治療ですが、治療薬に頼りすぎるのはNGです。注射しているからといって、毎日のように炭水化物を食べ過ぎたり、運動せずに家でひたすらゴロゴロしたり、それでは健康体は手に入りません。たとえ治療薬を使っていても、健康のために「炭水化物の量を調整してみる」「食事に野菜を取り入れる」、「定期的にウォーキングする」など、まず自分ができることを考えて、コツコツと積み重ねることが大切です。

 

6.GLP-1専門医のまとめ

GLP-1専門医の深堀純也先生GLP-1の基礎知識をはじめ治療方法・治療方法・治療の危険性・治療に適している人まで詳しく解説しました。何度も繰り返しますが、GLP-1は、すでに人間の体内に存在しているホルモンなので、「糖尿病治療薬との兼用」のような特殊な状況でないかぎり、治療によって深刻な副作用が起こることはありません。安心して治療を受けて大丈夫です。

GLP-1治療にはいくつもメリットがあるので、今までダイエットが失敗続きだった人はもちろん、無理なく痩せたい人は、治療を検討してみてください。GLP-1治療によって、あなたの体が、今よりもっと健康になることを祈っています!

チーズなどがのっているパン
最新情報をチェックしよう!