【GLP-1ダイエットに新薬】オゼンピックでの体重変化や従来の薬との比較!

2020年3月に国内で発売されたばかりの「オゼンピック」が、GLP-1ダイエットの新薬として注目を集めています。

しかし、

「従来のサクセンダやビクトーザとなにが違うの?」

「オゼンピックで痩せる仕組みは?」

「オゼンピックではどんな副作用が出る?」

と疑問に感じている人も多いかと思います。

そこで当記事では、

  • オゼンピックのメリット・デメリット
  • サクセンダやビクトーザとの違い
  • オゼンピックの副作用

など、新薬オゼンピックについて解説していきます。

5分ほどで読めますので、オゼンピックでのGLP-1ダイエットを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

GLP-1ダイエットの最新薬【オゼンピック】とは?

GLP-1ダイエットの最新薬【オゼンピック】とは?

オゼンピックとは、デンマークの「ノボ ノルディスク ファーマ」という会社が開発した、2型糖尿病治療に使われるGLP-1の新薬です。

2017年12月に米国食品医薬品局により最初に承認され、日本では2020年3月12日に承認されました。(いずれも2型糖尿病の治療薬として承認)

その後国内で販売が開始され、現在は世界中の33ヵ国で販売されています。

参考:ノボ ノルディスク ファーマ

GLP-1ダイエットの最新薬【オゼンピック】とは?

引用:糖尿病リソースガイド

オゼンピックの用量は全部で3種類あり、使用法は以下の通り。

  • 0.25mgSD製剤:導入時に使用
  • 0.5mgSD製剤:通常の維持用量に使用
  • 1.0mgSD製剤:効果不十分な場合の増量用

オゼンピックはGLP-1ダイエットでも使える最新のGLP-1薬として、現在注目されています。

論文発表されたオゼンピックの体重変化とは?

論文発表されたオゼンピックの体重変化とは?

オゼンピックを作った製薬会社「ノボノルディスク」は、オゼンピック投薬による体重変化の試験を行い、その結果を論文で発表しています。

論文によると、成人2型糖尿病患者に対し40週に渡りオゼンピックを投与したところ、大きな体重減少が認められています。

試験では、対象者を下記のようにBMIごとにグループ分けしています。

  • BMI25未満
  • BMI25~30未満
  • BMI30~35未満
  • BMI35以上

試験結果では、上記すべてのBMIグループにおいて体重減少が認められました。

【試験での体重減少量】

  • 「オゼンピック0.5mg」の投与で、すべてのBMIグループにおいて3.6~5.5kgの減少
  • 「オゼンピック1.0mg」の投与で、すべてのBMIグループにおいて5.2~7.6kgの減少

オゼンピックの投与量が多いほど、体重減少量も多くなっていることがわかります。

また、BMIが高い(25以上)成人は、BMIが低い(25未満)成人に比べ、より大きな体重減少が達成されました。

参考:ノボ ノルディスク

試験結果から分かるとおり、オゼンピックの投薬によって大きな体重減少が証明されています。

GLP-1ダイエットに使われる3つの薬を比較!

GLP-1ダイエットに使われる3つの薬を比較!

「新薬のオゼンピックって、従来のGLP-1薬と何が違うの?」

と疑問に思われる人も多いかと思います。

GLP-1ダイエットで使われる薬は、主に下記の3つ。

  1. サクセンダ(リラグルチド)
  2. ビクトーザ(リラグルチド)
  3. オゼンピック(セマグルチド) 

当項目では、これらの薬を下記の5つの観点から、比較します。

  • 減量効果
  • 安全性
  • 痩せる仕組み
  • 使い方や頻度
  • 副作用

それぞれの特徴も交えながら説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

GLP-1薬の体重減少効果の差

サクセンダ、ビクトーザ、オゼンピックの体重減少効果の大きさは以下の通りになります。

オゼンピック>サクセンダ≥ビクトーザ

参考:糖尿病トライアルデータベース『SUSTAIN10』

ずばり、新薬であるオゼンピックが1番体重減少効果が高いです。

サクセンダとビクトーザは有効成分が同じリラグルチドなので、体重減少効果は同等になります。

ただ、サクセンダのほうが最大用量が大きいです。

日本や海外で承認された安全な薬?

サクセンダ・ビクトーザ・オゼンピックの3つとも海外で承認され、安全性が認められています。

日本では、ビクトーザ・オゼンピックは糖尿病の治療薬として承認済みですが、サクセンダは未承認の薬です。

以下で、それぞれの薬ごとに詳しく解説します。

【サクセンダ】

サクセンダは、2014年12月にFDA(米国食品医薬品局)に肥満症の治療薬として承認されています。

そのほか、EMA(ヨーロッパ医薬品庁)やMFDS(韓国食品医薬品安全処)などでも肥満治療薬として承認されている体重管理治療薬です。

特に美容大国韓国では、主に若い女性から注目され大ヒットとなり注目を集めています。

2020年8月現在、日本では肥満治療薬として未承認です。

ただ、未承認のため保険診療の取り扱いはありませんが、自由診療で処方が受けられます。

ダイエット目的でサクセンダを使用したい場合は、国内で取り扱いのある医療機関で相談し処方を受けてください。

【ビクトーザ】

ビクトーザは、糖尿病の治療薬として2010年1月にFDAに最初に承認されました。

さらに、米国・欧米では2014年に肥満治療薬としても承認され使用されています。

日本国内でも同時期2010年1月に厚生労働省に糖尿病治療薬として認可されていて、現在に至るまで10年間多くの糖尿病患者に処方されています。

日本では肥満治療薬として未承認ですが、自由診療で処方が受けられます。

ビクトーザを使っての減量は、GLP-1ダイエットの実績があり信頼できる医療機関で相談してください。

東京GLPクリニックは、GLP-1ダイエットの書籍も出版している院長が監修する医療機関なので安心です。

【オゼンピック】

オゼンピックは新薬ですが、すでに多くの国で糖尿病治療薬として承認されています。

  • 2017年12月に最初に米国食品医薬品局が承認
  • 2018年1月にカナダ保健省が承認
  • 2018年2月に欧州委員会が承認

その後、日本では2020年3月に糖尿病治療薬として承認されました。

以上のように、各GLP-1薬は海外や国内で安全性が認められていますが、医薬品ですので必ず医師の指導のもと使用してください。

痩せる仕組みは?

サクセンダ・ビクトーザ・オゼンピックの3つとも痩せる仕組みは基本的にすべて同じで、GLP-1を補う働きをするというもの。

GLP-1は別名「痩せホルモン」とも呼ばれ、もともと人の体のなかにあります。

食事をすると小腸の腸管からGLP-1が分泌され、すい臓の細胞にある受容体に働きかけインスリンの分泌を促進。

インスリンが分泌されると血糖値が下がり、胃の中の食べ物がゆっくり小腸に送り出されて満腹感が継続し食欲を抑えられます。

しかし、太っている人は痩せている人に比べてGLP-1が分泌されにくく、食事をしても満腹感が得られにくい傾向があるのです。

そこでGLP-1ダイエットは、もともと人の体内に存在するGLP-1を薬で補うことで食欲を自然に抑制。

GLP-1は体内でさまざまな部位に働きかけますが、以下で3つのダイエット効果を詳しく説明します。

痩せる仕組みは?

引用:糖尿病サイト

脳に働きかけ食欲を抑える

GLP-1には、脳の迷走神経に働きかけて満腹感の情報を送り、食欲を抑制する働きがあります。

※迷走神経とは…感覚神経・運動神経のひとつで、頸部 (けいぶ) ・胸部・腹部に達して多くの内臓に分布。

GLP-1は、ヒトの小腸からも分泌されますが、その働きは「DPP-4」という酵素によって邪魔されてしまいます。
しかしGLP-1薬は、このDPP-4に邪魔されないように作られているので、脳まで届いて情報伝達できるというわけです。
  • これまでの自己流の食事制限ダイエット

食欲を自分の意志で無理して我慢することで、多くのストレスがたまる。

結果的にドカ食いをしてしまい、途中で断念。

しばらくたってまた挑戦するも、結局空腹感との闘いに負けてしまう…といったループに陥ってしまいなかなか痩せられないどころか、逆に余計に太ることも。
このように、自分の意思で食欲を抑えることは難しく、ダイエットを途中で挫折してしまう人も少なくありません。
一方、GLP-1ダイエットなら、今まで何度か失敗してきた人も最後のダイエットにできます。
  • GLP-1ダイエット

苦しい空腹感を自分で無理に我慢しなくても、GLP-1が脳に働きかけることで自然と食欲が抑えられます。

本当はもっと食べたいのに我慢することで苦しい空腹感と闘わなくてもすみ、お腹が空いて夜に寝られない…といったつらい思いもしなくてすみます。

胃の動きをゆるやかにし満腹感が早く得られる

GLP-1薬には胃のぜん動運動を抑え、動きをゆるやかにさせる働きがあります。

そのため食事中に満腹感が早く得られやすく、食べすぎを未然に防げるのです。

また、1回の食事量が抑えやすくなると同時に、食間もお腹が空きにくくなるので間食が減り、体重が減少しやすいというわけです。

胃の働きを遅らせ満腹感を持続させる

GLP-1を摂取すると、胃や腸の動きが弱まり胃腸にある食べ物や飲み物がゆっくりとしか排出されなくなります。

そのため胃腸内に飲食物がとどまる時間が増え、満腹感を通常よりも持続させることが可能です。

このように、GLP-1薬は体のあらゆる部位に働きかけることで自然に食欲を抑えられるため、つらい思いをすることなく自然に痩せられます。

使い方や頻度は?

サクセンダ・ビクトーザ・オゼンピックの投薬方法はすべて皮下注射です。

【皮下注射とは】

  • 皮膚と筋肉組織の間にある「皮下組織」に行う注射のこと
  • 注射に適している部位は、腹部など皮下脂肪の厚みがあって柔らかい部分
  • 注射場所は毎回変更し、前回の注射場所から2~3cm離して注射する

注射といっても、血液検査などで使う注射針とは違いGLP-1の皮下注射針は非常に細く、短い針を使用しますので、痛みはほとんどありません。

使い方や頻度は?

引用:糖尿病サイト

GLP-1ダイエットでの注射針は、太さ約0.2mm~0.3mm・長さ4mm~8mmと非常にコンパクトです。

操作は慣れてしまえば簡単で、注射が苦手な人でも負担になりにくくなっています。

各薬剤の使用頻度は、下記のとおり。

サクセンダビクトーザオゼンピック
1日1回1日1回1週間に1回

従来のサクセンダやビクトーザは毎日投薬する必要がありますが、注射が苦手な人はオゼンピックを選べば週に1回の投薬で済みます。

参考:糖尿病リソースガイド

副作用はある?

GLP-1は薬剤なので副作用は存在しますが、時間の経過とともに症状の改善がみられることがほとんどです。

従来のサクセンダ・ビクトーザ、新薬のオゼンピックは副作用の症状はすべてほぼ同じです。

【GLP-1薬での代表的な副作用】

  • 胃部不快感
  • 便秘
  • 吐き気
  • 下痢
薬への感受性が高い人は、治療初期に上記のような吐き気や胃のムカつきを感じることがあります。
便秘や悪心を感じるのは約5%以上、下痢や吐き気、腹部不快感を感じるのは1%~5%未満とされていますが、症状が出た場合はまず医師に相談してください。

GLP-1を服用することで起こる胃腸の症状は薬の効きすぎが原因とも言えます。

GLP-1薬が効きすぎることで胃のぜん動運動を抑える効果が強くなり、体が異変を感じて吐き気などの副作用が出てきてしまうのです。

また、副作用が出るか不安な人は、初回の投与量が少ないオゼンピックやビクトーザで少量から始めてみるのもおすすめです。

【各GLP-1薬の最小投与量】

サクセンダビクトーザオゼンピック
0.6mg0.3mg0.25mg

ビクトーザやオゼンピックは小刻みな調整が可能なので、副作用などの体の症状に合わせて微調整できます。

ただ、GLP-1ダイエットでは薬の副作用の症状が特にあらわれない人もいます。

もし副作用の症状が出ても数日で消えることがほとんどですが、信頼できるクリニックを選んでおけば症状が出てもすぐに相談できて安心です。

以上のように、 GLP-1ダイエットでは、副作用が出たときも医師が一人ひとりしっかりサポートしてくれる専門のクリニックを選ぶことが大切です。

どこでオゼンピックのダイエット治療が受けられる?

どこでオゼンピックのダイエット治療が受けられる?

オゼンピックでのダイエット治療は、東京GLPクリニックで受けられます。

GLP-1ダイエットを始める際には、信頼と実績があるクリニック選びをすることが安全な減量を成功させる秘訣。

東京GLPクリニックの無料カウンセリングでは、一人ひとりの体の状態を十分に考慮した最適なGLP-1薬を処方します。

また、独自に開発した専用のダイエット管理アプリでは、体重管理のほかオンラインチャット機能も搭載。

投薬中に気になったことがあれば、すぐにアプリで連絡を取り、その場で迅速なアドバイスが受けられます。

GLP-1を使ったダイエットは、医師の指導のもと行う痩身法です。

価格の安さや取り扱っている薬剤だけを基準にクリニックを選ぶと、医師のサポートがしっかりついていないことも。

GLP-1ダイエットでは、処方後もしっかりと医師のサポートがある専門のクリニックを選び、安心して減量することが大切です。

ダイエットはGLP-1で楽に成功させる時代!

ダイエットはGLP-1で楽に成功させる時代!

GLP-1ダイエットは、医療機関にて医師の指導のもと自分に合った種類の薬を正しく使用すれば安全に減量できます。

最新薬オゼンピックは従来のGLP-1薬よりも体重減少効果が高いという研究結果もあるので、使ってみたいという人は、まず取り扱っている医療機関にて疑問点や不安なことを医師に相談してみてください。

また、処方後もしっかりと医師のサポートがあり、信頼できるGLP-1ダイエット専門のクリニックを選ぶことも大切です。

安心してGLP-1ダイエットを実践することで、人生最後のダイエットを開始してくださいね!

【GLP-1ダイエットに新薬】オゼンピックでの体重変化や従来の薬との比較!
最新情報をチェックしよう!